ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

休日モード

2012-12-31 Kuwahara Gaap用のクランク・・・IRDトリプルが素晴らしかった

IRD DEFIANT CRANKSET・・・自転車レストアの雑誌とIRD デファイアントロード トリプル クランク

今年も今日で終わりです。

久しぶりに買った自転車の雑誌

なんですが、隅から隅まで読みました。

f:id:annion:20121230214239j:image:w640

今、興味がある事が沢山書かれていました。

雑誌は雑誌ならではの企画力で勝負してネットに負けないコアな情報を印刷する事で売り上げ部数増やすしかないのですが、ビビっと来ました。

自転車のレストアです。

MTBやロードもレースなんかを目指しているのだと最新のバイクになるのですが、まあ、カッコが良ければいいじゃん、となると別に中古であろうが1970年代物であろうが錆びてようがチェーンが付いていれば良くて、ママチャリなんかはシングルスピードで日本の街をガンガン走っています。

で、8速のクランクが非常にカッコ良い。

ロードマン憧れのパーツはシマノDura-Aceなんですが、最近の新幹線のようなデザインとトータル変速性能を上げる目的からか、標準のPCDとか一切無視して独自のチェーンリングになったりしてて面白みがない。

と思っている方、沢山いらっしゃるはずです。

シマノDURA ACEがだんだんおかしくなっていく変遷

f:id:annion:20121230215504j:image

f:id:annion:20121230215503j:image

f:id:annion:20121230215502j:image

f:id:annion:20121230215501j:image

僕はその中の何人かのうちの1人で、クランクの趣向も変わりまして、太いクランクより細いクランクの方が好きになってしまい、多分、ヤフオクに出さない約束でタダで最新のDura-aceあげるよと言われても、かなり嬉しいかも知れませんが、一生、自転車に取り付けることなく終わってしまいそうです。

もう、最新のカーボンだとかそういう自転車よりスチール系のラグ溶接の管理が悪いと錆びてしまうような自転車に興味湧いてきたよという方、沢山いらっしゃるはずです。

僕もその中の何人かのうちの1人ですが、ということで、今は貴重品となりつつあるランドナー系のパーツが物凄い魅力的に思えるのですが、いざ、自分の自転車に取り付けようと思うと色々問題が出てきます。

      • まず、手持ちに8速の変速機がない。
      • それと、スクエアタイプのBBが普通に買えないし、BBの軸長がクランク買うまでよくわからない。
      • さらに、MTBの8速化は逆にお金がかかる。
      • 最後は、色々考えると面倒臭くなってしまう。

で、面倒臭くなったので組み立てるのやめようと思っていたKuwahara Gaapなんですが、IRDというメーカーが現行の10速、9速コンパチのPCD110、74でJISテーパーのクランクでしかも、8速が主流だった頃のデザインを踏襲したトリプルクランクを販売していたのです。

これを写真で見たときにはそれほど凄いとは思わなかったのですが、実物を見たときはなんと美しいクランクなんだろうと思ってしまいました。

で、BBとともにゲットしましたので紹介します。

IRD デファイアントロード トリプル クランク

重さ:734g

f:id:annion:20121230230130j:image:w640

f:id:annion:20121230230128j:image:w640

f:id:annion:20121230230127j:image:w640

このクランクのデザインはまさに、スギノや初期のDura-aceやホワイトインダストリーズです。

カッコ良いなぁ〜。

高級アルミの削り出しではありませんが、この鋳物感がなんとも言えない。

型にハマるというとあまりいい意味では使われないですが、型にアルミが溶けたの入れて、不良品は型にハマらないで「す」があったりして町工場的でいいじゃないか。

と思っていたらアルミ冷間鍛造という、あのグッと押して固める製法で出来たクランクらしい。じゃあ、「す」はないわけです。

それどころか、仕上げが実に美麗です。

ひさしぶりに自転車のパーツに魅せられてしまいました。

では、アルミ冷間鍛造の精密さと仕上げの綺麗さですが、

f:id:annion:20121230230440j:image:w640

f:id:annion:20121230230439j:image:w640

f:id:annion:20121230230438j:image:w640

f:id:annion:20121230230437j:image:w640

チェーンリングはCNCですが、鏡面バフ仕上げです。

f:id:annion:20121230230435j:image:w640

アームのへこみは旋盤で削っています。

f:id:annion:20121230230434j:image:w640

というくらいにCNC以上の出来栄えです。

このIRDのトリプルクランクのインナーギアはミドルギアに取り付けられています。スパイダーではないのです。

f:id:annion:20121231001343j:image:w640

f:id:annion:20121231001342j:image:w640

スパイダーとクランクは一体型です。チェーンリングとの組み合わせも精密そのものですが、アルミ冷間鍛造の精度の高さがわかります。

f:id:annion:20121231001340j:image:w640

このクランクの作りはアルミ冷間鍛造と旋盤の削り出しを併用した作りです。

バイトの跡が見えたりします。

f:id:annion:20121231002048j:image:w640

f:id:annion:20121231002047j:image:w640

値段はお手軽な価格ですが、仕上げは値段以上のものがあります。

レトロなスタイルで9速、10速化を狙っているのでしたらこのIRDのトリプルはお勧めですし、高いお金払って一昔前のビンテージクランク買うよりいいと思います。

買って良かったなと思えるクランクでした。

f:id:annion:20121231002046j:image:w640

で、後はレトロな8速によく似た9速対応のディレイラーを必死で探しているのですが、ないのです。

しょうがないので、8速のディレイラーを探して9速で使うしかないのですが、9速用のXTRのシフターに9速用のアルテグラスプロケットに8速用のリアディレイラー取り付けて変速出来るのかというと、とあるランドナー乗り、仮にBQさんとしておきますが、BQさん曰く、出来るに決まってる。というのです。

根拠は俺は7速を8速で使っていたといいますので、段数的には比例しているのですが、チェーンの幅とか、チェーンラインとか軸長とか、そういうよく分からないもの大丈夫なの?

大丈夫ですよ。やった事がある。

適当でいい加減な人の理論は疑いの眼差しになるのですが、やった事がある。という、実践したものに関しては、事実なので信用します。

TANGE LN-7922

重さ:242g

クロモリ中空シャフト

f:id:annion:20121231004937j:image:w640

で、BBなんですが、シェル幅68mm、軸長118mmのJISテーパーのものです。

何故TANGEなのかっていうと、軸長118mmがショップにTANGEしかなかったからです。それでも今では高級な部類にはいるTANGEのBBです。

Kuwahara Gaapは軸長は116mmだったんですが、何故、118mmにしたのかというと、軸長が分からない時は軸長は一つ上のサイズを使え。ということを何処かで誰からか分からないですが、かなり前に言われたことをうる覚えで記憶していたのて118mmにしました。

とにかくですが、チェーンラインなどという何処かの寸法を足したり半分にしたりして何かで割るなどということを行うと平気で1mm、2mmなんて狂うものなので、なんだかんだいいつつもいい加減で、自転車の調整は最後はこんなものかなで終わりです。

で、IRDのクランクは48Tです。

昔のXTRの46Tが重くて踏めないという残念な人にはこの歯数がなんとも優しい。

これで今後、アウターをメインにして走る事が出来るかもしれない。

やったー!

肝心のリアディレイラーなんですが、8速まで選択肢を広げると色々ありました。

で、続く。

2012-12-30 軍艦島の模型をとうとうオクでゲットした!けど…

アオシマ ハイ・スタンダード情景 1/1400 軍艦島 軍艦島の模型を検証する・・・その1

アオシマ ハイ・スタンダード情景 1/1400 軍艦島

2010年に模型メーカーのアオシマ世界遺産暫定リスト入りしている長崎軍艦島を模型化しました。

当時、欲しい、ホシイー病にかかっていましたが、お値段が23,100円というハイグレードな値段とそのわりにチープな見てくれから、これ、企画はいいが、結果的にかなり肩透かし食らう物かも知れないと思って買いませんでした。

こういうものを買おうという人種は少々のことでは驚かないいわゆるマニアな方々か、あるいは自分でグレードアップする手腕のあるモデラーであるはずです。

模型メーカーのアオシマさんももう少し仕上げとかに究極を求めてもよかったのではないかというより、求めるべきでした。

値段はさておいて最終的に買わなかった原因のひとつはスケールです。

スケールが1/1400というよくわからないスケールなんです。

長崎端島ですが、世の中では「軍艦島」です。どうしてウォーターラインシリーズの1/700にしなかったのか?

1/700だとモデラーがよりリアルに手を加えることが出来るスケールです。

それと、戦艦大和と大きさの比較ができるし、二式水上戦闘機を浮かべることもできるじゃないか。

ポリストーン完成品ではなくて完全に模型にすれば良かったのです。

何故か知らないけど、期待が大きくて残念だったりすると怒りを覚えてしまうものです。

おかげで失ったよとか、時間を返せとかわけのわからない怒りのようなものなので気分が悪くて、しょうがないから全然欲しくないものを買ったり食ったりして後悔したりします。

で、その怒りも後悔も軍艦島の模型の存在も忘れてしまっていた頃、オークションに新品状態で出品されていました。

半額のお値段でだーれも入札していなかったので入札したら落札してしまったので紹介します。

軍艦島 全景

組み立て、塗装は世界企業の中国です。

f:id:annion:20121230125820j:image:w640

f:id:annion:20121230125818j:image:w640

で、実際の軍艦島の写真と軍艦島の模型をよく似たアングルで比べてみよう。

f:id:annion:20121230151952p:image:w640

f:id:annion:20121230151950j:image:w640

f:id:annion:20121230152419j:image:w640

f:id:annion:20121230152421j:image:w640

f:id:annion:20121230152657j:image:w640

f:id:annion:20121230152656j:image:w640

f:id:annion:20121230152927j:image

f:id:annion:20121230152926j:image:w459

f:id:annion:20121230153125j:image:w640

f:id:annion:20121230153124j:image:w640

f:id:annion:20121230153318j:image:w600

f:id:annion:20121230153316j:image:w600

f:id:annion:20121230153456j:image:w640

f:id:annion:20121230153455j:image:w640

模型の出来としては残念なものです。お粗末です。

大きさも中途半端、やはり1/700スケールにすべきでした。

模型化の企画があって、実現には熱意や苦労があったと思いますが、それらが一切見えて来ないです。

何処かで諦めてしまったんでしょうか?

確かに部品点数や一つ一つの部品を見ているとコストがかかっているようですが、これまた残念なのは、コストがかかっているなぁーというより、この値段で買ったんだけど、手にとってみると何だこの出来の悪さはという不満ばかり出てきます。

仕上がりが悪いのです。

仕上げさえ良ければもう少しモデラーを納得させるものになってたはずです。本当に惜しいことしましたね。

ただ、こういう場所が日本にあっのか!っていう驚きを感じる事は出来ます。

しかし、軍艦島、このような国家プロジェクトとも言うべき世界に類を見ない海上都市なんですが、あまりにも情報が少ないような気がします。

1974年1月に炭鉱は閉山ですが、1974年とは山口百恵が「ひと夏の経験」を歌ってた頃で化石の時代でもないのでもっと庶民の暮らしを撮った動画や写真があってもいいのではないかと思います。

石炭掘るために企業が島を買い取ってそこに都市を作ってしまったという、今考えると有り得ないことが実現していたのですが、エネルギーというものはそこまでしてしまうような資源なのです。

では、ちょくちょく1号塔から順を追って写真に撮っていきますね。

2012-12-09 自転車でカメラを運ぶ場合にカゴがあれば嬉しい

Portland Design Works Takeout™ Basketはカメラ用の自転車のかごに最適だったこと

カメラ用の自転車のカゴ・・・Portland Design Works Takeout Basket

自転車、とくにMTBにカゴを付けるとどんな名車もオヤジっぽくなるので嫌なんですが、この度、Kwahara Gaap用に自転車のカゴを買いました。

自転車の前輪にかごをつけるようになったのはいつ頃からなのか?・・・五分程調べてみた。

日本では自転車はまだまだ邪魔者扱いでありますが文明文化の国々ヨーロッパでは自転車は折りたたんだり輪行バックに自転車を入れなくても公共交通機関に自転車を持ち込めることが可能な国があります。

通勤用の自転車購入に補助金が出る国もあるらしく、自転車マナーを教育として行う国々もあるらしいです。

さすが、自転車発祥の地でありますが、日本もいいことは右に倣えをおこなうと自転車の可能性はかなり広がります。

普通に自転車専用の車両が女性専用車両の隣りあたりに出来れば、かなり難しいことですが、仮に出来たとして、そこで自転車にとって大事なってくるのは何かというと、ノーブレーキピ○ストやマナーの無い独りよがりなロー○ィーを撲滅することではなくて、かごです。

自転車の前に付けるカゴ。

f:id:annion:20121202195956j:image

自転車にチェーンらしきものがついてクランクを回して後輪を動かすようになったのは1879年であるらしいです(Wikipedia)。

日本で最初に自転車の前輪に荷台がつけられたのは実用車であり、昭和6年(1931年)であるようです。

そして婦人用の自転車のハンドル部分にかごが取り付けられたのは昭和27年頃だそうです。

比較的自転車の前のカゴは歴史が浅いのです。

で、自転車の前につけるかご。ほとんどがママチャリ専用のデザインになっているというか、カゴとくれば買い物カゴなので取り外して買い物カゴとして使えるような自転車の前カゴもあります。

ただ、ママチャリですといいのですが、ちょっと奮発して買ったシティーサイクル用のカゴとなるとほとんど無いのです。

ママチャリでない、シティーサイクル以上の自転車用のカゴは需要が無いのか・・・?

需要が無いのかも知れません・・・本当にそうなのか?

もしかしたら物凄い需要があってシティーサイクル以上の自転車に乗っている人はハンドルに取り付けるカゴは喉から手が出るほど欲しく思っているのかも知れませんが、ただ、そういうスマートでお洒落でシティーサイクル以上の自転車に取り付けても違和感のないカゴが無いので買わないだけかもしれません。

で、僕がその中の一人です。

色々と楽天アマゾンサイクルベースあさひで定期的に探してもありません。

じゃあ、自転車発祥の地ヨーロッパあたりはどうなんだろう、しかもPayPalで買えるやつ。

何個か見つけたんですが、

Copen hagen parts The Bike Porter

f:id:annion:20121202194926j:image

f:id:annion:20121202195019j:image

悪くはない。でもハンドル一体ということがいったいどうしたことかと思います。

しかも日本の楽天とかで買うとお値段が24.000円〜。

しかも重さが1683gというFOX 36並みの重量します。

そこまで出すのならEASTONのカーボンハンドル買いたくなります。

で、目に留まったのがこれ。

Takeout™ Basket

f:id:annion:20121208132351j:image:w640

f:id:annion:20121208132349j:image:w640

バスケットとカバンつきで$120です。

安いので買いました。

重さは500g

新しく買ったTakeout Basketはアルミ製のパイプ出できたカゴですが、正確に言うと荷台かも知れません。

f:id:annion:20121208132638j:image:w640

f:id:annion:20121208132835j:image:w640

f:id:annion:20121208132834j:image:w640

お買い得感があるなと思ったのは防水性のあるショルダーバックが付いているのです。

f:id:annion:20121208132518j:image:w640

f:id:annion:20121208132517j:image:w640

また、このショルダーバックはカゴにバンド止め可能で転んでもカゴの中身が散らばらいし、心ない方からの強奪にも耐えられます。

しかも、カゴの大きさがマイクロフォーサーズなカメラにジャストな大きさです。

f:id:annion:20121208132610j:image:w640

f:id:annion:20121208132609j:image:w640

f:id:annion:20121208132607j:image:w640

で、ハンドルに取り付け可能なのか?

アップライズMTB用のハンドルには難しいです。

昔のクロカン用のフラットバーか、ライズの小さいハンドル向けです。

つまり、25.4φでもこういうライズのあるハンドルには取り付けられません。

f:id:annion:20121208092619j:image:w640

もちろんロード用のハンドルには取り付け可能です。

ライズさえあっさりしていれば今や標準となった31.8φのハンドルにも取り付け可能です。

また、ステムの横幅が極端に広いのは無理です。

ステム幅の限界は45mmです。

f:id:annion:20121208132743j:image:w640

f:id:annion:20121208132742j:image:w640

f:id:annion:20121208133128j:image:w640

f:id:annion:20121208133126j:image:w640

f:id:annion:20121208133125j:image:w640

で、このカゴでもう一つのいいところはこの出っ張り。

ここは自転車盗難防止用の鍵をひっかける出っ張りなんですが、カゴがベルボンのUltrek UT-43Qと横幅がほぼ同じです。

f:id:annion:20121208132915j:image:w640

f:id:annion:20121208093157j:image:w640

ですからベルクロのバンド二本で固定すればすっきり三脚がおさまります。

f:id:annion:20121208093302j:image:w640

f:id:annion:20121208093301j:image:w640

自転車を利用して写真を撮りに出かける場合はやはりママチャリ実用車になるのですが、三脚の取り付けは後ろの荷台かフレームのどこかになるかと思われます。

本当は荷台を分解すれば三脚なってしまうようなトランスフォーマー自転車の荷台があれば世界的なヒット商品となって大金持ちになれると思います。

で、欠点ですが、このカゴのサイズは汎用ではありません。

2012-12-01 パークツールのTW-1とTW-2の精度はいかに?

パークツールのTW-1とTW-2を検証する・・・PARK TOOL TW-1 TW-2は正確なのかという疑問

パークツールのTW-1とTW-2のトルク値をデジタルトルクレンチで検証してみることにした。

世の中、ネジを締めて組み立てた物は沢山あって、この世にネジがなければスカイツリーは建たなかったので、ネジを発明した人はWikipediaによるとアルキタスが発明したとする説と、ペルガのアポロニウスが発明したとする説やギリシャの学者エウスタシウスはアルキメデスだということらしいのですが、ノーベル賞を100個くらいあげてもいいし、あるいは特許でも取得していれば世界一の大金持ちになって、Appleマイクロソフトgoogleなんかを子会社にしていたかも知れません。

いずれにせよ日本人でないことは確かです。

しかし、日本人が発明したもので検索をかけると驚くようなものを発明していますので、自分が日本人であったことを後悔したくなるような場面に遭遇したら是非「日本人が発明したもの」を調べましょう。

で、数年前に自転車組み立て用に買ったパークツールのトルクレンチ

f:id:annion:20121129133236j:image

何の疑いもなくサスペンションを三本このトルクレンチを使って組み立てました。

しかし、パークツールのトルクレンチは正確なのかという疑問がないわけではないですが、構造的に誤差が出そうな構造でもないし、かといって精度が必要な締め付けに適したトルクレンチでももちろんないのですが、どの程度の精度を持っているのかというのは知っておいたほうがいいし、もし、使い物にならない程の誤差があるのなら手締めの感覚で締めて行ったほうが楽でいいです。

想像するに一応安いとはいえ商品ですしオモチャのカテゴリーでもないので使い物にならない誤差はないと思うのですが、ひょっとしたら、ひょっとしてオモチャだったりするわけで、同社の使い物にならないスポークテンションツールのように単なる壁の飾りで終わってしまいます。

反対にソコソコ使える精度であるのならば、値段からしていい買い物したと思えるし、人にもこれ安くていいよと勧めることが出来るということです。

予想ですが、多分、ソコソコの精度があるのではないかと思います。

検証してみました。

検証で使うトクルレンチはTOP社のデジタルトルクレンチで、つい先日入手した物です。

締めたボルトのトルクを知るには増す締め法と戻しトルク法、マーク法があるらしいのですが、戻しトルク法で検証。それぞれのピーク値を採用して、戻しトルク法で測ったピーク値を比較しようじゃないかということです。

マーク法は面倒臭い、増す締め法はピーク値が分からないのが理由です。

自転車で締め込むトルク値は一般的に使われているトルク値よりかなり低いので世間的にあーだこーだ言われる程の精度が必要なのかと思うのですが、自転車のパーツの取り扱い説明書見ると必ず締め込みトルク値か書かれています。

人間か乗るもので、間違えれば転んで下手すると死んでしまうおそれもあることから締め込みトルク値を書いてあるのでしょうが、まあ、自転車は殆ど自己責任の世界なのでメーカーは書くことによって色々な面で救われるわけです。

f:id:annion:20121129205610j:image

f:id:annion:20121129205609j:image

PARK TOOL TW-1を戻しトルクで検証する

PARK TOOL TW-1

0〜7N/m

最小目盛:0.25N/m

検証方法はデジタルトルクレンチ TOP DS-030-10BNで締めこみPARK TOOL TW-1で緩めたときのピーク値とPARK TOOL TW-1で締めこみデジタルトルクレンチ TOP DS-030-10BNで緩めたときのピーク値とを比較した。

デジタルトルクレンチ TOP DS-030-10BNで2N/mで締めこんだボルトをPARK TOOL TW-1で緩めたときのトルク値を3回計った。
DS-030-10BN2.02N/m1.99N/m2.00N/m
TW-11.8N/m1.9N/m1.9N/m
デジタルトルクレンチ TOP DS-030-10BNで5N/mで締めこんだボルトをPARK TOOL TW-1で緩めたときのトルク値を3回計った。
DS-030-10BN4.98N/m4.99N/m5.00N/m
TW-14.5N/m4.5N/m4.5N/m
デジタルトルクレンチ TOP DS-030-10BNで6.5N/mで締めこんだボルトをPARK TOOL TW-1で緩めたときのトルク値を5回計った。
DS-030-10BN6.53N/m6.51N/m6.53N/m6.50N/m6.50N/m
TW-15.75N/m5.3N/m5.6N/m6.0N/m5.3N/m
プレート式トルクレンチPARK TOOL TW-1で2N/mで締めこんだボルトをデジタルトルクレンチTOP DS-030-10BNで緩めたときのトルク値を3回計った。
TW-12N/m2N/m2N/m
DS-030-10BN1.46N/m1.53N/m1.62N/m
プレート式トルクレンチ PARK TOOL TW-1で5N/mで締めこんだボルトをデジタルトルクレンチTOP DS-030-10BNで緩めたときのトルク値を3回計った。
TW-15N/m5N/m5N/m
DS-030-10BN4.32N/m4.33N/m4.36N/m
プレート式トルクレンチ PARK TOOL TW-1で6.5N/mで締めこんだボルトをデジタルトルクレンチTOP DS-030-10BNで緩めたときのトルク値を5回計った。
TW-16.5N/m6.5N/m6.5N/m6.5N/m6.5N/m
DS-030-10BN5.62N/m5.70N/m5.54N/m5.87N/m5.82N/m

て、結果なんですがそれぞれ戻しトルク値を比べてみると

TW-11.8N/m1.9N/m1.9N/m
DS-030-10BN1.46N/m1.53N/m1.62N/m
TW-14.5N/m4.5N/m4.5N/m
DS-030-10BN4.32N/m4.33N/m4.36N/m
TW-15.75N/m5.3N/m5.6N/m6.0N/m5.3N/m
DS-030-10BN5.62N/m5.70N/m5.54N/m5.87N/m5.82N/m

やはり低いトルク値は誤差が激しいですが、TOPのデジタルトルクレンチTOP DS-030-10BNでは精度保証は6N/mからなので低いトルク値を正確に捉えるのは検査専用のトルクレンチが必要ということになります。

例えば合否判定は±1%〜±9%の間なんですが、デジタルトルクレンチを真とするとTW-1の相対誤差は

23%24%17%
4%4%3%
5%2%1%2%8%

パークツールのTW-1は大まかなトルクの目安で締めこむには使えるトルクレンチだと思います。

PARK TOOL TW-2を戻しトルクで検証する

f:id:annion:20121201203412j:image

f:id:annion:20121201203411j:image

PARK TOOL TW-2

0〜70N/m

最小目盛:5N/m

検証方法はデジタルトルクレンチ TOP DS-135-15BNで締めこみPARK TOOL TW-2で緩めたときのピーク値とPARK TOOL TW-2で締めこみデジタルトルクレンチ TOP DS-135-15BNで緩めたときのピーク値とを比較した。

デジタルトルクレンチ TOP DS-135-15BNで10N/mで締めこんだボルトをPARK TOOL TW-2で緩めたときのトルク値を3回計った。
TOP DS-135-15BN10.0N/m10.0N/m9.9N/m
TW-27.5N/m7.5N/m7.5N/m
デジタルトルクレンチ TOP DS-135-15BNで25N/mで締めこんだボルトをPARK TOOL TW-2で緩めたときのトルク値を3回計った。
TOP DS-135-15BN25.1N/m24.9N/m25.0N/m
TW-221N/m21N/m21N/m
デジタルトルクレンチ TOP DS-135-15BNで40N/mで締めこんだボルトをPARK TOOL TW-2で緩めたときのトルク値を3回計った。
TOP DS-135-15BN40.0N/m40.1N/m40.2N/m
TW-232N/m31N/m31N/m
プレート式トルクレンチPARK TOOL TW-2で10N/mで締めこんだボルトをデジタルトルクレンチTOP DS-135-15BNで緩めたときのトルク値を3回計った。
TW-210N/m10N/m10N/m
TOP DS-135-15BN8.1N/m8.3N/m8.6N/m
プレート式トルクレンチ PARK TOOL TW-2で25N/mで締めこんだボルトをデジタルトルクレンチTOP DS-135-15BNで緩めたときのトルク値を3回計った。
TW-225N/m25N/m25N/m
TOP DS-135-15BN20.8N/m20.7N/m20.8N/m
プレート式トルクレンチ PARK TOOL TW-2で40N/mで締めこんだボルトをデジタルトルクレンチTOP DS-135-15BNで緩めたときのトルク値を3回計った。
TW-240N/m40N/m40N/m
TOP DS-135-15BN32.4N/m33.9N/m32.9N/m

それぞれの戻しトルク値を比べてみると

TW-27.5N/m7.5N/m7.5N/m
TOP DS-135-15BN8.1N/m8.3N/m8.6N/m
TW-221N/m21N/m21N/m
TOP DS-135-15BN20.8N/m20.7N/m20.8N/m
TW-232N/m31N/m31N/m
TOP DS-135-15BN32.4N/m33.9N/m32.9N/m

デジタルトルクレンチの値が真だとするとTW-2の相対誤差は

7%9%12%
0.9%1.4%0.9%
1.2%8.5%5.7%

です。

トルクレンチはスケールの中間あたりの値が正確です。

TW-1もTW-2も目盛りの刻みがちょっと大きいので読み取りはまさに目分量なんですが、おおまかな締め込みトルクとしては大きな間違いのない精度は保っていると思います。

自転車メンテナンスでは使えるのではないかと思われます。