ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

休日モード

2014-01-31 USB-DACでハイレゾを楽しむ・・・その3

Zonotone 6.5N AC-2000 Meister ゾノトーンのRCAケーブル・・・意味のわからないケーブル選び

されどRCAケーブル・・・ゾノトーン AC2000 MEISTER

Zonotone 6.5N AC-2000 Meister

これはエントリークラスのRCAケーブルです。

オーディオは底なし沼の、うんちくだらけの、意味不明とも言える自分の理論が一番であるから可愛げのない、独善的なバカな趣味です。

どこまで行くのか、どこで終止符を打つのか、終着駅はあるのか、絶え間ない探究心のまるでストーカーな、信じられない異常心理の作用する、偏執病的な趣味です。

ナルシストな耳に、重厚なアンプに、キラキラなコネクターを掛けて錯覚で割ったら何が残るのか?

いい音に聴こえた。 です。

音楽を聴くというより、音を聴くのです。

コンサートホールのピアノのメロディーではなくて鍵盤を打つ音そのものに執着するのです。

例えばAKBの歌って踊ってを音的に分解し一つ一つの周波数だとかデジベルだとか、気難しい法医学者のように解明し、それをいかに正しく再現するかに情熱を傾けます。

可愛い笑顔、幼稚な歌詞とまたまたお遊戯のようなメロディー、あぁ・・いいなぁではないのです。そういう俗世間ではない、ピュアな音、ただそれだけを求めるのです。

それが悪いとは言いません。僕には到底真似出来ない音に対するひたむきな姿勢を貫いているのです。

技術の進歩にはそういうパラノイア的なものがなくてはいけません。

人間はなんというか究極を求める事に、常軌を逸した、例えばそれが底なしの満足を求めるために必要なんだと思うと、地面に穴を掘り続けることをいとわない複雑怪奇な生き物なんです。

世の中にはある一部分にこだわる人がいます。

それを、フェチといいます。

wikipediaでフェチを調べるとかなり面白いです。

オーディオにおけるケーブルフェチ、まあ、ケーブルに性的興奮を覚えるかどうかは別として、やたら詳しく解説する人がいます。

電気ではケーブル選定や敷設には神経を使います。

動力線と信号線は区別して敷設します。環境によっては信号線にシールド線を使ってノイズ防止対策をとり機器の誤動作を防止します。

単純なON、OFF信号でも弱小信号であればノイズが乗ると誤動作します。

それより遥かに複雑な信号を送るオーディオでケーブルに神経を使うのは当然といえば当然です。

粗悪なケーブルを使うとまともな音なんて流れません。

ただし、粗悪なケーブルの場合です。

RCAケーブル、ノジマ電機やヤマダ電機でぶら下がって売っている赤と白のRCAケーブルは粗悪なケーブルなのか?

粗悪なケーブルではありません。JVCRCAケーブルは5万円のRCAケーブルとなんら変わりのない、5万円という先入観で聴くと肩すかしを食らいます。

値段の差を感覚で表すと対数表示なるのがオーディオの世界です。しかもそれは非常に脆い。

一方では音が変わったという人がいるかと思えば、僕のようによくわからない、いやまったくわからないという人がいます。

この違いはなんなのか?

100歩譲って、ケーブルを敷設する環境はどうなのか?

アナログ音声にこだわるオーディオマニアのケーブルの引き回しと一般的に音楽を楽しむ人のケーブルの引き回しは、ケーブルの本数からして違います。

アンプのワッテージもスピーカーの出力も次元が違います。

そして、一般人は音声出力をRCAのようなアナログケーブルではなくて光ケーブル使ったりしています。

RCAケーブルが威力を発するのはあくまでも、アンプの裏がケーブルだらけ、アンプはA級の大発熱量、使う電流値の数倍違う、大げさにいうと待機電力だけでも電球光らせることが出来る。

そのような環境で音を聴く人達の音の実験室のような環境でケーブルがあちこち這い回されている場合は、たかが、というと怒られてしまう、人によってはされどRCAケーブルになるのかもしれません。

しかし、それは単にアンプやスピーカーのセッティングでいかようにも変える事が出来ます。

仮に、どんな単純な環境であれケーブルで音が変わるんだというのであれば、オーディオの世界では、ケーブルの交換は1番最後に行う行為だと思います。

とりあえず繋げてみて、じっくりエージングさせて音を流して、足りない雰囲気があればケーブルを変えてみる。

それは、途方もない地道な作業で、気が付くと家の中は使わないケーブルだらけだったりします。

徒労に終わるでしょう。でも、自分を何かの形で納得させます。それは値段であったり、パッケージの記述方法、外見、ネット上のレビューです。

試しにケーブルの仕様を読んでみます。

なんじゃこれ?の世界です。

例えば、このゾノトーンのケーブルにはこう書かれてあります。

「繊細ながらも温かさを持ち、パワフルで音場感あふれるサウンド・・・」

実際聴いみてもJVCのケーブルと音の違いが分からないどころか、音場感溢れるサウンドに聴こえない。

そう聴こえる場合のシステムはどのようなシステムだったのか、何と比べて繊細で温かさを持ち、パワフルで音場感溢れたのかの明記は当たり前ですがありません。

はぁ・・・何かの便秘に効くサプリメントのようです。

まるで導線が生きているかのようです。ここまでくれば宗教です。つくづく人間の心理はまか不思議です。なんにでも命や意思を吹き込み魂を感じとるのです。

6Nこれは銅の純度を表していて、9が何個連なるかの標記です。

例えば8Nというと99.999999%が銅ですよという意味です。

99.9999%と99.999999%は何か人間が音楽を聞いていて電気信号を損なう要因になるような問題があるのか?って思います。

銅よりは抵抗の少ない銀製ですと軽く10万はこえます。

中には50万ていうケーブルも。

同じ素材でもメーカーによっては値段が倍違っていたりします。

ケーブルによって音の味付けが変わるといいます。

ものは言いようなんです。

達人はケーブルに使われている材質でこのケーブルは高音に特化して味付けされていると言います。

単なる電流が導線を流れるだけではないのか?

導線の素材で音の周波数の増幅が行われるのか?

高調波でのケーブルによる変化はあるのかもしれないが、オーディオ機器で使われる帯域で人間の耳に聴き取れる変化があるのか?

それでも音が変わったと言い切れるのか?

また、RCAケーブルには音の出口、入り口の印があるものがあります。

驚き以外何ものでもありません。

電流の流れる方向をより一方向に流れやすいように考えられた新種の銅材なのか?

あるいは導線には電流の流れやすいという順方向のような方向というのが存在するのであれば、電気設計は根底から考えなをさなくてはいけません。

それとも、通常はシールドを接地させるのはアンプ側であるが、シールド接地の暗黙のルールがオーディオメーカーで足並み揃えているのか?

しかも、接地はどうしてるのか?電源グラウンド?信号グラウンド?

そんなの家にあるの?

面白い。本当にこの人間の感覚、特に聴覚に関する人の信念は岩をも動かすものです。

ケーブル交換というのは最終的には自己満足に終止符を打つものかも知れません。

可愛い彼女と二人で聴く音楽は心地よい。自己満足以外なにものでもない高価なケーブルで聴く音楽は心地よい。境遇は違えども感覚は同じです。

そういうお前がなんでRCAケーブルとか持ってるの?ですが、ヘッドフォンアンプにRCAケーブルが付属品でなかったのです。

別途買わなくては行けない。

家に余ってるケーブルでいいやと思っていました。

そうすると、某カメラ店のお兄さんが、ケーブルによる音質の違いを語ってくれたのです。

某カメラのお兄さんが、何聞くのですか?っていうからJAZZとかフュージョンとかです、って答えたら3万円もするケーブル持って来ました。

さらに電源ケーブルも変えたほうがこのヘッドフォンアンプが持つ性能をフルに出すことが出来ますと。

僕は人から嫌われたくない心の小さいタイプですので、まあ、いいかと思ったわけです。

で、ポイントで買えるケーブルにしてくれと言って持ってきたのがこれでした。

Zonotone 6.5N AC-2000 Meister

Zonotone 6.5N AC-2000 Meister

Zonotone 6.5N AC-2000 Meister

Zonotone 6.5N AC-2000 Meister

奇麗ですよね。まぁ、こういうのでだまされるのですね。

人間は見てくれに弱いのです。

2014-01-27 USB-DACでハイレゾを楽しむ・・・その2

KORG DS-DAC-100をMACBOOK PRO Retinaに繋げてみた

KORG DS-DAC-100はMacbook Pro RetinaUSB3.0ではノイズが多くて全く聴けない

P1250002

KORG DS-DAC-100はMacBook PRO RetinaUSB3.0では認識し、動作はするが音がノイズだらけ。聴けたものではありません。

WINパソコンのUSB3.0ではノイズなく聴けるのでMAC特有のものと思われます。

MACにセルフパワーのUSB2.0ハブを使ってもダメでした。

早くKORGMACで安定動作するドライバーのアップデートを望むところです。

FAQによると近日中に新型MAC対応のドライバーをリリースする予定であるらしいので、それまではとりあえずはWINで使う事にしました。

もし、MacBook Pro RetinaKORG DS-DAC-100を動作させようとするのであれば覚悟が必要です。

また、AudioGateもMac版よりWin版の方がコントロールパネルを操作出来るので、使いやすいです。

KORGはサイトで障害情報はわかりやすい形でアップすべきです。

P1250001

接続はパソコンにドライバーとAudioGateをインストールして付属のUSBケーブルで本体とパソコンを繋ぐだけです。

AudioGateはDS-DAC-100を認識するとアクティベート完了です。

認証番号を入力する必要はありませんが、これは毎回パソコンを立ち上げるたびに行いますので、ハードが認識されないとダメです。

AudioGateのインターフェイスはこんな感じではっきり言ってダサいです。

f:id:annion:20140126160747j:image:w600

もっとインターフェイスハイエンドオーディオっぽいデザインにできないのだろうかと思います。

で、Blue Coast Recordsで無料のDSD音楽ファイルをダウンロードして早速聴いてみました。

1bitオーディオは音があるかないかを1bitで表しその代わりサンプリングを一秒間に2.8M〜5.6M回数行うものなのでマイクの性能がいいとどんなに瞬時の音であれ、音があればなんでも拾います。

TVは30Hz、人間の目では一秒間に30枚写真を連続で流せば普通に動いて見えるのです。分解不可能な高解像度の音はどんなものか・・・。

DSD音源を初めて聴いたが、再生装置がしょぼいのか、イマイチはっきりとこれって凄いねとは思えなかった。

まず、2.8MHzを聴く。聴いていて何を基準にすればいいのかと思いました。

で、2倍の5.6MHzを聴く。違いは全く分かりません。

もの凄く神経を際立たせて聴きましたが音の違いは分かりません。全くといっていい程わかりません。

駄耳だからでしょうか?

もしかしたら女性ボーカルの息遣いや、ビブラートの余韻がより長めに出ているのかもしれません。

ようはPCM44.1kHz/16bitの音源に対して原音に近いDSDの忠実度はどうなのかということになるかと思いますが、同じ音楽のCD音質がないので比較が出来ません。クリアな音だなと言えばクリアな音かもしれませんが、2.8MHZと5.6MHzの違いは分かりませんでした。

DSDの音を想像するに、LIVEのMCでアーチストがしゃべってる・・・後ろでミュージシャンが次の曲の譜面を開いた音、ギターのペグを回してチューニングを行っている音、ピックを落とした音、ドラムスが椅子の位置を変えた音、こういう音はもしかしたら聞き取れるかもしれない・・・しかし、その音は音楽とは全く関係ない音でCIA核爆弾の起動スイッチを押した音を発見する種類の音です。

まず、そこまでボリュームを上げるとスピーカーコーンだけでなく鼓膜を破ります。

また人間の耳には聞こえないレベルの音圧が測定器に波形として残っていてもそれは一曲の録音時間が伸びるだけです。

DSDをはじめ、ハイレゾはマスター音源に近い、しかしそれは人間が感動する音質には直接繋がっているわけではないということです。

理論的にはハイサンプリングの結果、より滑らかな音の再現に繋がる、音は演奏者の演奏に忠実にマイルドにもシャープにもなる・・・確かにそうです。

しかし、人間はそれを聞き取る事の出来るエスパーではない。

音というのは映像に比べて人間の限界が視覚より聴覚のほうがはるかに低いためにわからないのです。

ピュアなハイエンドオーディオを持っている、マイクを通した咳払いがつもよりクリアに聞こえた・・・かもしれないと感じた。

やはり、DSDになろうがハイレゾになろうが、かもしれないを感じるようになるためには、お金がかかります。

そのようなことをあれこれ考えていました。

44.1kHz/16bitを192kHz、2.8MHz、5.6MHzでリアルタイムでアップサンプリングして同じ音楽を聴いてみた。

違いが分かりません。しいて言いますと、TVで高級ワインとテーブルワインを芸能人がテイスティングする番組がありますが、そういう感じです。

音に関してソムリエレベルではないので、自分でアップサンプリングの設定せずに他人に設定してもらって音を聴いても正解させることは出来ません。と胸をはって言えるレベルです。

しかし、44.1kHzと5.6MHzとでは音圧は上がっていることは感じます。それと、多少音にザラツキ感があるような感じが・・・。

AudioGateのレベルゲージですと1dBの違いです。これは元の約1.26倍になります。

ひょっとするとハイエンドオーディオでしたら音の違いは感じ取れるかも知れません。

ということで、

じゃあ、音楽は違いますが、DSDファイルとCD音源を聴き比べてみると・・・

これ、なんとなくですが・・・DSD音源のほうがクリアに聞こえます。

これが同じ録音であればDSD音源とCD音源の違いは、かろうじてではありますが、聞き分けることが出来るのではないかと・・・自信はありませんが思います。

この、自信はないけどなんとなく音がクリアに聞こえる。とまで駄耳に思わせる音質の違いは、多分数値に表すと対数的に桁数がとんでもないことになりそうです。

このなんとなくクリアな音かもしれないを、いや流石にマスター音源ですねと言わしめる再生装置を揃えるのは二桁違ってくるのでしょうね。

で、気になるDS-DAC-100のヘッドフォン出力はどんなものか?

仕様はこういう感じで、

主力インピーダンス:10kΩ以上

出力:85mW+85mW 32Ω

僕の駄耳では非常にフラットな音質に聞こえます。

ボーカルはそれなりですが、高音、低音ともにフラットです。ただただフラットです。

ヘッドフォン出力はそのまま主要規格に準じるのかどうかわかりませんが、あまり力を入れていないようですから、ヘッドフォンで聴く場合、別途ヘッドフォンアンプを繋げるのがいいかと思います。

あまり多くは期待していませんでしたが、ぱっと聴いた感じですとちょっとがっかりでした。

で、このままでは単に気のせいかもしれないけども、ちよっといい感じのヘッドフォンアンプをパソコンに付けただけのようになります。

はっきりと音の違いが分かるのかどうか、KORG DS-DAC-100にヘッドフォンアンプを通して音を聴いてみる事にしました。に続く。

2014-01-25 USB-DACでハイレゾを楽しむ・・・その1

KORG DS-DAC-100

DSD再生対応USB-DACから始める極小オーディオ

音楽をどのような状態で聴くのか。

庶民に聞いてみた。

リビングの腰が痛くなる椅子に座ると外から原付バイクがビーンという音を引きずりながら走る音や、宅急便のトラックの扉を開ける音までが家の中に入ってくる。

当然、外で子供達が走る足音も聞こえると思えば、近所のおばちゃんの話し声が・・・。

すぐ近くでワンコが爪を鳴らしながらペタペタと歩き回り、キッチンから水がジャージャー流れる音や食器のカチャカチャ音、階段をドタドタ歩く音、最近買ったダイソンサイクロン掃除機のキィーンという音、いきなりTVから爆笑問題が出てきたり、キッチンから訳の分からんポップスがゴミのような音で聞こえたりする。

そんなところで目頭熱くしながら音楽が聴けますか?

ノーであります。

金満家に聞いてみた。

リビングにアンプとフロアスピーカーをでんと置いて、音場の中央に座り静かに目を閉じる。

椅子もズズンと沈む高級ソファーである。

フロアスピーカーから空気の振動とともにドラムがドンと鳴り響く。

ベースがリズムをとりギターは鼓膜のすぐ近くだ。

リモコンでボリュームを上げるとアンプの青いLEDランプが点滅し部屋全体が音に包まれる。

日曜日の朝10時はこうのようにしてアドレナリン全開ですぎて行く。

f:id:annion:20140122195317j:image:w800

こういうことが出来る人は数千人の中の一人です。

で、こういうことが出来るお友達がいて、聴きたい音(聴きたいCDとは言わない)持ってきてと言われて、レンタルでダビングしたお気に入りのCDを持って行くと、「こういう光ディスク入れるとモーターが変調起こすんだよな、ほらよく見てごらん、この光ディスクは少し歪んでるだろ・・。音質劣化だから市販の安物のメディア使わないほうがいいよ。」と訳の分からない事言われるのですが、お金の力は恐ろしいもので、ただ、この人お金持ってるというだけで博識、造詣深い、などと暗示にかかってしまい、言葉の一つ一つをメモってしまったりする。

「いいかい、CDは高速で回転してるんだよ。メディアが歪んでいるとそこで渦巻き型の風が発生し、基盤を揺らしそれが音の定位を揺らげてしまうんだよ。」

いいから早く鳴らせよと思うのだが、いっこうに音楽が鳴らない。

なんだ、その歪んだCDを平らにしているのか・・・。

違う、セッティングしているのだ。エージングであるらしい。

f:id:annion:20140122200049j:image:w800

で、30分後デーンと音が出てくるのですが、ボーッとしていると、「君の想像を絶する音かもしれないね」と言われたりして、あぁ、噛み合ない、あるいは、分かち合えないというのはこういうことなのかと思う。

つまり、人間、悲しいかな同じ趣味を持っていても、到達するレベルにおいてどうしてもかなわないことがあるのです。

諦めるのか?

ノーであります。

技術や市場は最終的に庶民の味方です。

今は、太い、でかい、重い、高価な重厚長大オーディオより軽薄短小オーディオで最良な音を求めるのが旬なのです。

ソニーiPodに対応すべくハイレゾというCDを超えたハイサンプリング、高ビット音源の再生機を積極的に展開しています。

今後、DAPハイレゾ再生可能ということに社運をかけているような勢いです。

で、以前よりどうだろうと思っていたことにPCオーディオという世界があります。

PCオーディオサウンドブラスターで凝った方もいるかと思いますが、音楽はネット配信が当たり前という時代背景からパソコンとオーディオが急接近です。

記録容量を気にする事なく原音をそのまま保存。それを聴けばいい。

これ、安上がりで簡単です。

パソコンにUSBDACというデジタル、アナログ変換機を繋いでアンプに出力、あるいは直接ヘッドフォンで聴く。

しかも、データはCD音質44.1kHz/16bitの上を行く96kHz/24bitや192kHz/24bitのCDの4倍にも及ぶハイサンプリング周波数・256倍にも及ぶ高量子化ビット数、人間に聞こえる以上の高解像度の音楽データです。

聞こえないのら不要でしょ。不要です。でも、LIVEに行くと空間には20kHz以上の音が満ち満ちています。

だからLIVEは感動する。というのがハイレゾの謳い文句。このリアルなLIVEの空気感の再現、ボーカルの息遣い、ギターのピッキングの際のピックが弦をたたく音の再現、古くからのオーディオマニアが大金をつぎ込んだ世界ではないでしょうか?

こういう音楽データがダウンロード出来るようになったばかりか、ブルーレイオーディオからのハイレゾ音源をリッピングすることも可能です。

ソースはすべてパソコンで操作可能。もうディスクという名のメディアは不要で、CD作成前のマスター音源にちかいものを入手することが出来ます。

これでCDデッキが不要、ケーブル不要、レコードにこだわる人は別として重量級のレコードプレイヤーなんてのも不要。

ということでずっと気になっていたUSB-DACを買いました。

KORG DS-DAC-100

このDACハイレゾ音源の他にDSDファイルを何のファイル変換もせずに再生することが出来ます。

スタジオで録音した音をプレイバック的に再生出来てしまいます。サンプリング周波数は2.8MHz〜5.6MHzの1bit。ここらへんの難しいうんちくは1bitオーディオで検索すれば色々出てきますが、簡単に言うと音を録音して再生するために6回も変換処理していたのが、3回で済む。というもので、マスター音源により近いという音楽ファイルです。

じゃあ、いつも聴く音楽がDSDファイルで供給されているのか?

されていません。つまり、猫に小判豚に真珠です。

でも、KORGDS-DAC-100は今手元にあるCDのWAVファイルをDSDPCMハイレゾにアップコンバートして再生してくれます。

それはソフト的な小手先ではありますが、今までとは違っているのはもとのWAVファイルを変換して保存したものを再生するというのではなくてリアルタイムにアップコンバートしながら再生します。

そういう時代になったのかと思いました。しかもこの値段で。

という勢いで買ったのですが、実はDS-DAC-100の前にDS-DAC-10という先行機種がありました。

アップコンバートにはかなり懐疑的ではあったので躊躇していました。

しかし、Photoshopで低解像度の画像を同じようにアップコンバートすると高解像度の画像に見えるのです。

同じパソコンの処理、音と画像という違いはあれど一度試してみるかと思いました。

映像の高解像化が進むなかで音に関しては目に見えない抽象的なものであるために、あるいは高解像な音を再生するのは映像より遥かにコストがかかることから、逆にコンパクト化し、かつ、いい音に聴こえるように味付けするという処理が一般化され、そういう音を聴き続けているとLIVEに行き生音を聴いたときに驚きのあまりとち狂ってしまうのです。

しかし、最近、高容量のブルーレイが一般化すると映像と同じく音楽も高解像化されてきました。

今までネットからはmp3などの音源で我慢していたのが、ハイレゾ音源が普通に手に入るようになりました。

過去のCD音質もソフト的にアップコンバートして疑似ハイレゾ化してくれるということはまさにPhotoshopの画像処理。

楽しそうではないでしょうか?

で、この人の目のような形をしたのがDS-DAC-100です。先代のDAC-10がオーソドックスは弁当箱タイプでしたから外見は全くの別物です。

でも、スペックはほぼ同じ。しかし、基盤関係は先代を一皮ブラッシュアップされているかもしれません。そう願いたいです。

KORG DS-DAC-100

背面にはXLR(バランス)出力が追加されています。

電源は残念な事に非力なUSBバスパワー。

非常に残念です。

KORG DS-DAC-100

電源が貧弱にもかかわらずこういうところは一人前にハイエンドオーディオっぽいです。

インシュレーターは真鍮削り出しのスパイクです。

KORG DS-DAC-100

P1240011

KORG DS-DAC-100

この中央でスパイクを受け振動をインシュレートします。

これも真鍮製の削りだしです。

KORG DS-DAC-100

KORG DS-DAC-100

KORG DS-DAC-100

筐体はアルミ製。塗装はつや消しの焼き付け塗装。

残念なのは電源のみ。どうしてオプションでもいいから100V電源から電力取らないようにしたのだろう。

一人前のインシュレーター、アルミのボディー、表示は小さなLED、バランス出力、でも電源はバスパワー?

この仕様からしてDAC付きのヘッドフォンアンプにはならないだろうと思われます。

で、ノートパソコンに繋いでみて色々と障害に合いました・・・に続くです。

2014-01-16 脛骨および腓骨骨折治療も折り返し地点に到達

脛骨および腓骨骨折その後…術後4ヶ月と3週経過・・・松葉杖二本から一本に

いよいよ骨折治療も折り返し地点にきました。と思えた日。

先週の診察でまだ骨は完全ではないけども全荷重行きましょうと医者からの診断を受けてリハビリに望んだのですが、まともに立つこともままならない状態で落ち込んでいまして、心を入れ替えて先週の連休はただひたすら松葉杖一本での歩行練習を家の中で行っていました。

壁に手をついてひたすら足踏みを500回行い、キッチンのふちに手を添えて行ったり来たりを30分、これを準備運動にして3セット行い左手で松葉杖を持ち骨折した右足を前に出し、次に健康な左足を前に出す。

この時に身体を支えるのは左手の松葉杖と骨折した右足になり右足には2/3荷重がかかります。

右足の足の裏あたりの右側面に鈍痛が走ります。しかしここは骨折して手術を行った部位ではありません。筋肉というより感覚的には踵の骨あたりの鈍痛です。

これは我慢。

最初は左手で持った松葉杖と右足を前に出す。

勇気を持って左足を右足に揃える。

右足の踵あたりに鈍痛が走る。

バランスが崩れる。

転倒は危ないので身体を保持する杖を右手て持っているのでどうしても杖をついてしまう。

この動作を30分続ける。

股関節、左右の膝に痛みが走る。

歩き方や身体を支える筋肉が弱くなっているのと筋肉の使い方が良くないのだ。

こういう練習を真面目に行って2日目に左足が右足より前に出す事が出来るようになりました。

しかしまだ踵の鈍痛があります。

右足を前に出し、体重を右足に乗せて身体を前に出すときに右膝が突っ張ってしまう。

何故かとうとやはり右足首の可動域がまだまだ狭いからです。

可動域確保はもう歩いて拡大させるしかないのでぎこちないけどとにかく歩くことにしました。

松葉杖は一本で、バランス崩したときにバランスを保持するために右手には杖を持ち、リハビリの先生に言われた歩き方のイメージを持ちつつゆっくりと右足出して、左足を右足に合わせるようにして歩く練習です。

で、足が歩く動作に慣れてきて左足が右足より前に出せるようになり、いままで25歩かかっていたところが11歩で歩けるようになりました。

しかし、まだ歩くというイメージには遠く、右足がガリ股になったりします。

身体を垂直に、骨盤を水平にを心がけて歩くうちに右足の踵あたりの痛みも和らいできました。

で、連休最終日には杖なしで松葉杖一本で歩けるようになりました。

本日のリハビリでは松葉杖から杖に持ち替えて、杖一本での歩行訓練です。

かろうじて杖一本で歩く事が可能となり、次のリハビリまでに杖一本による歩行を完成させようと思っています。

来週のリハビリまでは自宅にいる時間で松葉杖一本、あるいは杖一本での歩行訓練、100歩歩いて立ち止まり、50回の膝曲げ屈伸運動、100歩歩いて50回の屈伸運動を行います。

杖の付き方、長さの決め方も教わり、家の登山用の杖は使えないので、歩行用の杖を買いました。

まだ、平地での歩行が松葉杖一本で可能となった程度で登り坂、下り坂、階段はこれからです。

もうあとは歩くイメージを持ちつつとにかく転倒に気をつけながらひたすら歩くだけとなります。

ということで、この状態の時期は骨折治療の折り返し地点、ここからは自分のヤル気となります。

骨折は外科的治療の他リハビリが大事、リハビリで正しい荷重の掛け方を教わり骨に刺激を与え丈夫にいていく、関節を柔らかくし筋肉の柔軟性を持たせて無理なく筋力をつけていき、正しい歩行の姿勢へと繋げていきます。

骨折して苦しい思いをしている方、僕のような怠け者でも4ヶ月と3週でなんとか行けそうなところま来ましたので、ダメだなぁ・・と思うことありません。

本当はもっと自分で努力していれば今頃は階段の練習をしていたと思います。

骨折した、治療して、リハビリしてもとに戻る。

という事になるのですが、もとに戻るというのはもとの状態に戻るということです。

例えば車椅子生活の人が骨折した場合、元に戻るということは車椅子生活が出来るようになった。ということです。

人間、頭なんてバカでいい。顔なんて僕のようにイケメンでなくてもいい。歩けるということがいかに幸せなことなのか、そのために骨、筋肉、全てを健全に保ち自分の身体を痛めつるのではなくていたわってあげましょう。

2014-01-14 初めての電動エアガン 東京マルイ HK416D

東京マルイ HK416D

さて、東京マルイの電動エアソフトガンであるHK416Dを入手しました。

これは当たり前ですが実物ではなくておもちゃです。玩具、遊戯銃、ASGKです。

こういうジャンルのおもちゃは初めて買いました。

これまで買ったジャンルのおもちゃ

      • フィギュア(リアルタイプ、萌えタイプ、怪獣、クリーチャー物)豊富な感じでどこかに、多分、押し入れの中の箱の中のどこかにあります。
      • ラジコン タミヤ京商に電動カー これはもうありません。今後も買わないです。
      • モデルガン(コルトピースメーカー)西部劇の銃ですが弾は飛びません。早撃ちとクルクル回して格好つけるために買いました。壊れて捨てました。
      • 鉄道模型 線路のポイント部分のみ。車両は高いのでありません。
      • プラモデル (EVA系、1/35ミリタリー系、第二次大戦中のドイツ空軍、アメリカ海軍B-17ランカスター爆撃機等)作ってない、今後作る予定のない箱のままの姿で恐らく大量に押し入れにあります。
      • 木製帆船 東急ハンズで6万円くらいしたビクトリー号を買いましたが、完成出来ませんでした。恐ろしいくらいの加工技術が必要でした。死ぬまでにもう一度チャレンジしたいです。
      • 電動エアソフトガン 東京マルイ HK416D。
東京マルイ HK416D

で、箱を開けるとこれが凄いのなんのって・・・。

恐ろしくハイクオリティです。そのわりに箱のデザインがイマイチです。

箱のデザインはこういう感じがいいです。

f:id:annion:20140111124821j:image

で、実際はこのように味気ない箱です。

f:id:annion:20140101192008j:image

こういう感じで入っているのですが、本来なら型抜きされたズポンジじゃないかと思います。

しかし、やはり一言で言うとカッケ〜銃です。

f:id:annion:20140101192006j:image

なぜ、HK416Dにしたのかというと、1番新しい電動エアソフトガンであるということと、駐車場で試射した電動ガンと形がよく似ていたからです。

で、電動ガンは生まれて初めて手にしましたので、良くわかっていません。

ですから、間違ったことを偉そうに、あるいは得意そうに言ったりしますが、どうぞご容赦ください。

で、パッケージで目に付いたのが「次世代」という表記です。

ということは現世代というのがあるのですが、東京マルイでは標準、スタンダードと言っています。

世代と標準品のどこが違うかというと、リコイルショックの有無です。

鉄砲は、撃つと当然ですが反動があります。タイでM16とベレッタとリボルバーを撃ったんですが反動からするとM16よりベレッタのほうが強かったような記憶がありますが、同じく撃ったリボルバー(名前は忘れたけど銀色でした)の反動は制御不能で、リボルバータイプの銃で15m先の的に弾を当てるのはダーティーハリーじゃないと絶対無理です。

そういう銃の命中精度に影響するリコイルショックをギミックとしてBB弾を発射する機構に組み込んでいるのです。

なんでわざわざ銃としての性能を下げるようなことをサービスではなくて価格に上乗せして行うのかというと、趣味だからです。

銃を撃った時の反動がよりリアルであるからです。

リアルさからいうと、この電動ガンはほとんどがアルミダイキャスト製でずっしりと重いです。

ただ、リアルさを求めるあまり重かったり、リコイルショックがあったりすのるのはサバゲーなどのゲームではどうなんでしょうか?

オリバーストーン監督のプラトーンウィレム・デフォーが森の中を走り回ってベトコンを撃っていたような軽快な動きなど、この電動ガンではかなり難しいと思います。

電動ガンで難しいので実銃でとすとほぼ不可能なことのように思います。

触ると指切りそうな感触で、何気無く持つと、思った以上に重くて指が滑って爪で引っ掻いてしまいました。

いや、重い。

馬鹿にして持つと手首が軽く折れ曲がってしまう重さです。

こんな銃、見たことも触ったこともない。

そもそも電動ガンを触ったのはこれで二度目であるが。

で、こんなオール金属で出来た実銃のような電動ガンが紙の箱の中に入っているので、あァこれはオモチャかと思えるのであって、これがペリカンのケースに入っていれば本物だと思うはずです。

で、構えてみる。

違和感あり。

これはどういう違和感かというと、銃が奇麗すぎます。

まぁ、新品ですから奇麗なんですが、タイでみた実銃はどうだったかな?

実銃のM16はもっと仕上げが雑だったような記憶があります。

それと、ものすごくソリッド感がありすぎです。

よく映画で銃を構えるとカチャッという音がするのですが、このHK416Dという銃はあまりにもしっかりとパーツが組み合わさっているのかカチャッという音なんかしません。無音です。

まるで全てがアルミの削りだしのようなソリッド感がこれは無可動銃ではないかと思わせて、これが逆にリアルさを欠いています。

HK416D右側面

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

これはセレクタースイッチ

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

撃てない、セミオート、フルオートで30発。

実銃は1分間に650発も撃つそうなので1秒間に10発から11発撃ちます。つまり3秒で撃ち尽くすというこですからマガジンチェンジはかなり頻繁かと思います。

セレクタースイッチは金属製です。

ただセミオートの時はこのレバーが手に当たります。

ボルトキャッチ

これはマガジンが空になるとヒョコっと起き上がってトリガーが引けなくなるというもの。

弾がなくなったよと教えてくれるのですが、この東京マルイのHK416Dにはこの機能が備わっています。

マガジン変えてチャージングハンドル引いてボトルキャッチレバー押すと初弾の装填が完了という大事なパーツです。

知らないと「撃てない」と東京マルイの故障受付に電話するはめになりますね。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

トリガー

引き金です。

これを引くと弾が出ます。

初めて引き金を引いた時、これ、けっこう怖かったりします。

あらぬ想像をします。

音はどの程度か?鼓膜に響くか?

衝撃は?肩の骨に響かないか?

はたまた、弾が暴発しないか?

弾が逆から出てきたらどうしよう?

しまいに、火傷しないか?

などと考えながら引き金引きます。

撃つとあっけなかったりして、なかなか的に当たらないジレンマ感じたりして余裕が出てきます。

が、銀色のリボルバーは音と反動ともにヤバイです。

回転しながら撃つ、なんて不可能。

手首折るか、最悪自分で自分を撃ちます。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

軍隊はもちろんサバゲでもマナーがあってトリガーに指をかけてはいけないそうです。セレクタスイッチをセーフにしても、マガジン抜いていてもトリガーに指をかけると叱られます。

こういう感じで持ったり

f:id:annion:20140113194848j:image:w800

こういう感じで持ったりします。

f:id:annion:20140113195248j:image

なるほど〜

それと

グリップです。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

グリップの中指と薬指の間にあるこの出っ張りの位置が下過ぎます。

薬指が当たります。

僕の手が小さ過ぎるのであろうか。

手袋を想定しているのか?

ちょっと手のひらの方の丸みがおびすぎているというか、親指から下にかけてグリップが太すぎるような感じがします。

つまり、このグリップは僕の手の形状に合っていません。

もうちょっと丸みを削るか、細身のグリップのほうがいいような気がするのですが、なんと、このグリップの中に強力なモーターが入っているようです。

驚き桃の木山椒の木です。

ぱっと見ですが、ここにはバッテリーが入っているものと思っていました。モーターはストックに中にあるのだと。

f:id:annion:20140111182420j:image

モーターとギアボックスが別体でモーターはギアボックスに固定されていないのです!

それでよくギアが噛まないなと思います。

東京マルイの技術力はそんじょそこらの機械メーカー顔負けに凄いぞ!

文字は全てレーザーエッチングです。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

文字は高級感満点なんですが、レシーバーと呼ばれる本体にパーティングラインがあります。実銃がどうなのか判断つきませんが、折角なのでこのパーティングラインを消した上での塗装もいいのかなと思います。

HK416D左側面

左側面は右側面と違っておもちゃっぽいです。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

マガジンリリースボタン

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

このボタンは樹脂製ですが、押すと本当にマガジンは自重で落ちます。

にもかかわらずマガジンを差し込むとマガジン自体のぐらつきありません。

精度いいですね。

おもちゃなんですが、もはやおもちゃの域は完全に超えていて装飾品のレベルだと思います。

MADE IN JAPAN TOKYO MARUI ASGKの刻印あります。

フォワードアシストノブ

弾を装填するボルトキャリアと言われるものが閉塞しなかった場合にこのノブを押して手動でボルトを前進させるものであるようです。

ダミーですがスプリングのテンションで押す事が出来ます。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

エジェクションポート

ここは排莢口です。

チャージングハンドルを引くとパカッと開きます。

このカバーは金属製です。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

で、この弾を装填するボルトキャリアと言われるもの、この電動ガンは単にダミーのプレートで重量感というかいかにもプレート然としていますが、モールドがプレス加工品だからです。

しかし、このいかにも金属が熱くなって焼けた後のような質感は素晴らしい。

写真で再現するの難しいのですが、まあこんな感じで焼き色しています。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

で、不思議なものがこのとって付けたような出っ張り。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

これは調べるとケースディフレクターという名称で排莢したときに薬莢が顔に当たらないうに薬莢を前方に飛ばすためのものであるようです。

それにしても、後付けのような感じで違和感がありますね。

レールハンドガード

この階段のようなハンドガード?

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

これって持つもの?って疑問に思うくらい握りにくい。

素手で握ると手の皮がむけそうだ。

ネット上の写真を拝見すると、電車でGOの様な取手を銃に対して垂直に取り付けています。

f:id:annion:20140113162110j:image:w800

箱の中探したけどない。

買わないといけないのか!

ただ、このレールハンドガードというものですが、銃身に触れていません。

この部分は熱くなるのでフローティングにしているようです。

たしか、M16はプラスチック製だったと思います。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

しかし、ピカティニー規格というレールハンドガードには様々な小道具を取り付けることが出来て、それがカスタム化となっているようです。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

レシーバーと呼ばれる本体はアルミの鋳造物で焼き付け塗装、ハンドガードは削り出しでアノダイズド塗装っぽいです。で、塗装の違いは質感の違いにつながっています。

マズルというもの。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

マズルは銃の反動を抑えるためにあってマズルブレーキといいます。

で、これがマズルフラッシュ。

シュワちゃんがよくプレデターで発光させていましたし、スタローン系はこういうの好きです。

f:id:annion:20140111210228j:image

実際、こんな火花が出るのかというとタイでM16撃った時は出ませんでした。といってもフルオートではなかったので出なかったのかもしれませんが、出たら驚いて銃を落としていただろうと思います。

この007は銃というより火炎放射器ではないかと思われても仕方ありません。くらい出てます。映画の場合は後付けのCGです。

チャージングハンドル

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

f:id:annion:20140111221116j:image

このような指使いで後ろに引いて戻して第1弾を装填します。

リアサイト

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

フロントサイト

P1120033

リアサイトもフロントサイトも塗装が染め塗装のような質感です。

前と後ろのサイトと的を合わせるのですが、タイで撃ったM16ですとこの3点を合わせるのは難しいというより、3点をじっと合わせ続けるのが困難です。

撃つと反動でマズルと顔が簡単に動いてしまうのでゴルゴ13クラスなら出来るのでしょうが、2発の弾を同じ的に立て続けに当てるのは神業です。

で、いまでは前と後ろを合わせて狙うというより赤い点を的に合わせればいいという便利なドットサイトというものがあるようで、ヒストリーチャンネルで見た特殊部隊の100%がドットサイトを付けていました。

で、折角ですからドットサイトを買わなくてはいけませんが、色々と種類があるので誰かの真似をしなくてはいけません。

f:id:annion:20140113174158j:image:w800

f:id:annion:20140113132936j:image

f:id:annion:20140113133457j:image

f:id:annion:20140113175354j:image:w800

f:id:annion:20140113134239j:image:w800

f:id:annion:20140113175753j:image:w800

f:id:annion:20140114172641j:image:w800

f:id:annion:20140114173243j:image:w800

で、三番目の方のようなものにしようと考えています。

ストック

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

ストックは長さを3段階に調整可能

一番長くすると目をリアサイトに合わせるのが難しく、銃を引き寄せられないので一番短くした状態がベストのような感じがします。

このストックはえらく大きいです。

実銃はこのストックの中になにか入っているのでしょうか?

東京マルイ HK416Dシルエット

ストックがぼてっとしています他、レールハンドガードが太くて先端が直角に下りているので全体的にはM16のようなスマートさはありません。

しかし、色んなものをくっつけてカスタムしていくと形は変わりますし、恐らく4kgを超えて構えるだけで大変なことになりそうです。

実銃がH&Kのサイトで見ると3.74kg程ですので重さもよく似ていますね。

値段は安売りでもなかなか買うに踏み切れない値段しますが、この素材でここまでハイクオリティであれば、東京マルイは頑張ってる値段なのではないかと思います。

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

HK416D Tokyo Marui Electric Airsoft Gun

サバゲやらないし、付属のBB弾でいずれ段ボール箱に的を作って撃ってみようかと思います。

ということで誰もいない室内で3mの距離による実射へと移るのであった。

2014-01-12

覚え書き・・・よく打つキーボード

[W][E][R][T][Y][U][I][O][P][A][S][D][G][H][J][B][K][N][M][,][.][back space][=][ENT]であった。

2014-01-11

自転車のレストアは大人の趣味・・・Gios Torino

http://elliottbaybicycles.com

自転車を買ったけど・・・。

自転車の好みは乗るにつれて、新しい自転車を見るにつれて変わってきます。

乗るのが楽しい、タイムを縮めたい、レースで順位を上げたい、という時期は毎年出されるどこが変わったか分からない最新式の自転車に興味がいってしまいます。

しかし、もういいのだ。

去年、あのヒルクライムで念願の完走を果たしたし、トヨタ日産ホンダの旧車をレストアして走りを楽しむようにあの往年の名車を蘇らせて多摩川を爽快に走ろうじゃないか。

ということでアメリカの旧車をレストアするエリオット湾自転車店のページで見つけた台湾製ではなくてイタリー製のGios

Gios Torino

どういう状態からここまで磨き上げたのかはわからないけれど、フレームの色を塗り替え、変速機やクランクはミル(バフがけ)して磨きを丁寧に行って蘇らせています。

カンパのスーパー・レコードをこの状態で持つ事自体大変なことなんですが、総額いくらかかってるかは別として、過去の名品を蘇らせて夢を感じるのは、いやロマンを感じるのは大人の趣味ですね。

f:id:annion:20140110200700j:image:w800

f:id:annion:20140110201509j:image:w800

f:id:annion:20140110200813j:image:w800

f:id:annion:20140110200814j:image:w800

f:id:annion:20140110200815j:image:w800

f:id:annion:20140110200816j:image:w800

f:id:annion:20140110200817j:image:w800

f:id:annion:20140110200818j:image:w800

f:id:annion:20140110200819j:image:w800

今のカーボン全盛のフレームにはない細身のスチールチューブのホリゾンタルフレーム、特に、後輪とトップチューブ、シートステイの位置関係にとてもソリッド感あります。

f:id:annion:20140110203638j:image:w900

惜しいのはサドルです。写真的にはバックをボカせば100点です。

それ以外は、いや〜この自転車は素晴らしい。とため息つきます。

2014-01-10 今年買ったカメラ用のかばん

Ficouture 3way Camp Tool Bag 13 カメラバック再び・・・タウンユース的な工具バック

フィクチュール 3ウェイツールバッグ

f:id:annion:20140105163232j:image

年始の初売り、1月2日ですが越谷レイクタウンに去年お世話になった方へのプレゼントを買いに行きました。

混雑した中、松葉杖つきながらプレゼント用のボールペンとセカンドバックを探していたのですが、ふと、道に迷ってどこかのウインドウの前でたたずんでいると脇目にチラリと巾着の形をしたやたらポケットの多い緑色のカバンが目につきました。

振り返ると、カバンの背後から「買いなさい」と後光がさしているように見えました。

よくよく見ると円形のカバンで回りにポケットが沢山ついている。そのポケットの大きさがマイクロフォーサーズレンズにピッタリな大きさのような感じがする。

形状的には3wayで手提げ、ショルダー、リュックタイプになります。

f:id:annion:20140105163257j:image

カメラバック、されどカメラバック。

何故、カメラバックでこんなに試行錯誤行うのか?

答えがわかりました。

カメラに対して中途半端に取り組んでいるからです。

中途半端な人間はその道の専用品というのは使いにくいのです。

そのくせ身分不相応なハスキー三脚を買ったりするあたりも中途半端さが影響しているのだ。と今年に入って思いました。

そういう自覚が乏しかった去年は、カメラバックはカメラ屋で買うなという今までの3年あまりの短い経験からカメラでも使えるカメラと普段使いに適したバックがあればいいな、を時間があるとネットで探していました。

いいのがあれば即保存、これを繰り返しつつ、パソコンの画像ホルダーにはどこでDLしたかわからない写真だらけです。

で、越谷レイクタウンで見たバックは実物見たら検討しようと思っていたカバンの中の一つでした。

覚えていたサイトはこちら

Ficouture

写真ではゴツそうで重いのかなと思っていたのですが手にすると意外と軽い。

というのも素材がCORDURA(コーデュラ)製だからです。

CORDURA(コーデュラ)はインビスタ社のナイロン系素材でアウトドア用品ではよく使われています。

吉田カバンではビジネスバックによく使われています。

バリスターナイロン程でないにしろ撥水効果があってそこそこ丈夫なナイロン素材です。

f:id:annion:20140105163329j:image

Ficouture 3way Camp Tool Bag 13の詳細

サイトではアウトドアのキャンプ用のバックというカテゴリーのようですが、ホームセンターに行くとこのようなバックは工具入れです。

f:id:annion:20140105163618j:image

f:id:annion:20140105163616j:image

f:id:annion:20140105163615j:image

f:id:annion:20140105163614j:image

バックというものポケットは使える大きさであれば数は多い方がいいです。

カバンの中に手を突っ込んであれこれ探さなくてよくなります。

f:id:annion:20140105163756j:image

カバンの内側はフニャフニャした内ポケットがあります。

底はスポンジのような緩衝材で入れた物を保護してくれます。

物を入れても水滴形になりません。

f:id:annion:20140105163754j:image

f:id:annion:20140105163753j:image

標準的に外ポケットにレンズを入れて歩かないと思いますが、撮影時は外ポケットにちょろっとレンズ入れるかも知れません。

レンズの大きさ的には標準的なマイクロフォーサーズレンズは入ります。

ただ、高級なF2.8通しのレンズは入りません。

f:id:annion:20140105163752j:image

大事なレンズは通常カバンの中に入れます。

カバンの中にポケットがありますのでここですと6本のレンズが入ります。

f:id:annion:20140105163749j:image

個人的には厚みのあるカバンは嫌いなのですが、このように円形の巾着タイプのものはあまり厚みを感じないのは何故でしょうね?

ということで今年はカメラバック探しは封印して、これでいこうと思います。

2014-01-09 脛骨および腓骨骨折のリハビリがうまくいかない

脛骨および腓骨骨折その後…術後4ヶ月と2週経過・・・いよいよ全荷重になるが歩けない

骨折、しかも脛骨を骨折するなんて想像もしていませんでした。

去年の8月28日に手術、今年の1月9日に全荷重となりました。

レントゲンではまだ脛骨の後ろの方に骨が出来ていませんが、骨が出来そうな状態であるのでじゃあ、全荷重行きましょうかという診断です。

診察後、リハビリで足の柔軟後、いよいよ歩行訓練。

平行棒を使っての歩行訓練開始

両手で平行棒を持ってバランスを整えながら片足で立つ訓練

これが、やはりくるぶしあたりに鈍い痛みがあります。

もちろん、両手を離してバランスを取りながら片足で立つことは出来ません。

片足で立つ。

足の色んな筋肉がピクピクと反応しますが、筋力がないので全て負けてしまって倒れそうになります。

今回のリハビリでは片足で立つことは出来ませんでした。

この時点で歩行は無理です。

次に平行棒で両手で支えての歩行は傍から見るとおそらく操り人形が歩くような感じだと思います。

つまり、骨折した右足で身体を支えて左足を右足より前に出すという行為が出来ない。

どうしたんだ?

次に松葉杖一本での歩行。

これも出来ない。

歩く、身体を支える部分の筋力が出来ていないのです。

1/2荷重になって松葉杖での歩行がかなり出来るようになって自宅での筋力トレーニングを怠っていました。

足首の可動域確保していた時は一日に3000回は足首を動かしていました。

しかし、身体がある程度動くようになると、怠けてしまいそういう訓練は行わなくなってしまうのです。

なんというか、だめな奴です。

しかも、正月は初売りで歩いたのみ、後は家でバカみたいにのほほんと暢気に暮らしていました。

なんと、愚か者なんだろうかと本日痛感しまして、家での歩行訓練を自ら課さねばなりません。

まず。

二本足で立つ。

壁に両手でついてバランスとりつつ足踏み。

慣れると一歩前、一歩後ろの足踏み。

まだ、両手を離して足踏みをすることが出来ません。

体重計で荷重を計ると55kg程度かかっています。

これで壁から両手を離すと全荷重になります。

とりあえずは繰り返し、立つ、足踏みを行おうと思っています。

次のリハビリの時はせめて片足で立てるように筋力をつけたいと思います。

やっと全荷重だと喜んだのもつかの間、歩くような身体を作っていなかった為に歩けませんでした。

骨折して1/3荷重になったらリハビリの先生に聞いて歩くための筋力アップを行ってください。

そうしないと、ようやく全荷重になったにもかかわらず歩けないじゃん!になってしまいます。

術後の骨折治療は本人の意思によるリハビリがとても大切です。

筋力アップはもの凄く大切ですから絶対に行いましょう。

2014-01-05 Macはお金がかかる

Logitec LBD-PME6U3MSV・・・Apple MacBook PRO Retina でブルーレイ

MacBook Proブルーレイドライブ

MacBook Proを使って一ヶ月、ようやくMACWinにはない不便さにも慣れてきたのですが、やはり最大の不便さは光学ドライブがないことです。

Apple光学ドライブを否定というわけではないけど標準でついてきませんので別途光学ドライブを買わなくてはいけないのですが、Appleストアで売っているのはDVDドライブのみで、今後もブルーレイドライブは販売しそうにないのでいずれは光学ドライブは買わなくてはいけません。

Apple対応のブルーレイドライブはネットで検索すれば色々出てくるのですが、Apple製品の分かりやすい所といいところはApple対応製品はApple製品売り場に置いてあるので、Apple製品売り場においてあるApple対応製品で万が一動作しない場合、「動きませんよ」と言えば容易に交換してもらえる強みがあります。

別にMacBook Proブルーレイ見たいとは思わないのですが、ソフトをインストールする時に光学ドライブは必要です。

どうせDVD買うのでしたらブルーレイドライブにしますよね。

で、買ったのが

Logitec LBD-PME6U3MSV

f:id:annion:20140105113702j:image

Appleの困った所はというかお金のかかるところはフリーソフトWINDOWSに比べて圧倒的に少ないのでMAC上で買ったハードを動かすソフトをまたまた別途買わなくてはいけません。

Logitec LBD-PME6U3MSVはROXIO toast 11というライティングソフトが同梱されています。

それはいいのですが、ブルーレイの再生ソフトは別途購入する必要があります。

ライティングは出来るけども再生が出来ないなんて中途半端ですね。

ブルーレイ再生のフリーソフトWinほど多くはありません。

MacWinのようにフリーソフトキワモノソフトも少ない。

パソコン的にはやはりWindowsのほうが面白くてやりたいこともほぼフリーソフトで出来てしまいます。

当分はMacWinの両使いです。

で、ブルーレイを付けてみますと、アルミと黒の樹脂でできたLogitecは違和感ないです。

ただ、Macのスーパードライブのような高級感ないです。

USB3.0対応です。

パソコンのバッテリーのみでリッピングやダビングすると当然ですがバッテリーの持ちは半分程に減ります。

f:id:annion:20140105113726j:image

f:id:annion:20140105113724j:image

Mac対応ですのでUSBは挿すだけで認識します。

ただ、たまに認識しなくなるときがあります。

そういう不安定さはWinでは気にならないのですが何故かMacでは気になります。

多分、どちらかというと自己責任が強いWinに求める質とAppleがコントロールしてユーザーに提供する度合いの強いMacに求める質が違うのだと思います。

2014-01-04 クールな自転車ベル

自転車のベル再び the bike bell with an extra L

The Belll

自転車のベルはチン!と音を鳴らすだけのものなので古来よりベル型をしているのですが、デザイン的にどれもこれも同じようなものばかりで、自転車のライトと同様にこれはいいなというものがなかなかありません。

去年は自転車のベルと自転車のライトを探しまくっていたのですが、自転車のベルらしくないベルやライトらしくないライトが本当にないのです。

ベルでチン!と鳴らすのではなくて電池で音を出す自転車のベルはないものかと探していたらヒットしたのがこれです。

f:id:annion:20140104155656j:image:w800

The Belll

the bike bell with an extra L

最初はMac系のベルかと思っていました。

電池電子音を鳴らすのかなと思っていてどんな音がするのだろうと興味あったのですが、電子音による警告は見送ったそうです。

残念ながらベルなのですが、ただ、デザインはそのまま踏襲していていかにも電子音を鳴らす自転車のベルのようなものになっています。

ベルはどこにあるのかといと

f:id:annion:20140104160651j:image

のような感じで箱の中にベルが隠されています。

色々とカスタマイズ出来るみたいでwebにカスタマイズ用の画像を送れば3,835円で

f:id:annion:20140104160652p:image

このような感じで作ってくれます。

自転車の盗難防止にこのベルにFacebookのように自分の顔写真を印刷していれば心ないドロボーもパスしてくれるのではないかと思います。

オリジナルは日本円で2,412円です。

2014-01-02 年末の板金塗装

板金塗装の値段・・・ホンダフリードスパイクの板金塗装

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたいます。

年末の忙しい時に板金塗装しました。

日本の正月

正月は西暦が進むにしたがって、昭和の世代が変わり行くにしたがって、あるいは一人暮らし、核家族化が進むにしたがって過ごし方も変わって来ました。

年齢が数え年であった一昔前は1月1日は国民全員の誕生日であったそうです。

しかし、今では12月31日と1月1日の違いがわからなくなりました。

もう日本は365日忙しい国になってしまいました。

板金塗装の値段

車は奇麗な方がよい。

去年、大衆車を買いました。

ラジコンカーのようなシャーシにカパッてボディーを被せたような感じの車です。

車の洗車に関しては、一度プロの洗車屋に出してノウハウ一部始終観察して会得しましたので自信満々で毎週、カーシャンプーで奇麗に磨いていました。

隅々まで奇麗にして、洗車後の車のボンネットに映る空の写真とか撮って喜んでいました。

しかし、足を骨折して車の洗車が出来なくなると車が汚れていきます。

耐えられないのでガソリンスタンドで手洗い洗車をお願いしていたのですが、ガソリンスタンドの手洗い洗車、高校生のアルバイト並みです。

早く骨折を直して生まれたてのようにピカピカにしなくてはと思っていました。

ところが、です。

車の運転は出来ないので、もっぱら車の運転は家族が行う事になります。

で、運転が下手なのでリアバンパーとフロントバンパーに傷を付けてくれました。

で、板金塗装の見積もりをとり、一番安いところでお願いしました。

この程度の傷では大体この程度の値段です。

リアダンパー2箇所

傷は引っかき傷でパテ補修アリです。

f:id:annion:20140101164805j:image

f:id:annion:20140101164804j:image

f:id:annion:20140101164803j:image

フロントダンパー2箇所

バンパー下部はパテ補修アリ、フォグランプ部は塗装のみ

f:id:annion:20140101164802j:image

f:id:annion:20140101164801j:image

塗装は2コートパールです。

部位カーコンビニ倶楽部ホリデー車検ホンダ(車を買った店)
フロントバンパー26,163円30,000円25,000円
リアバンパー29,900円40,000円25,000円
ブース使用料3,250円--
合計(税抜き価格)59,313円70,000円50,000円

ボッタクリ店はリアバンパーに傷が2箇所ある場合、個別で見積もりされます。

そういうお店はスルーしましょ。

車を買ったお店ですと若干安くしてくれます。

f:id:annion:20140101174038j:image

f:id:annion:20140101174037j:image

f:id:annion:20140101174036j:image

f:id:annion:20140101174035j:image

f:id:annion:20140101174034j:image

仕上げは並だと思います。再塗装は厚塗りになりますのでどうしても塗装面が波紋のようになります。

また、プライマー吹いているのかどうかはわかりませんが、それは一年もすればわかります。

クリアコート部分程度の損傷ですとソフト99で綺麗に塗装できます。

で、予算が少しあまりましたのでハンドルに純正のハンドルカバー巻いてもらいました。

f:id:annion:20140101180147j:image

f:id:annion:20140101180146j:image

先代のスパイクも皮製のハンドルカバー巻いていたのですが、今回ちょっと下手だと思います。

皮製ですので霧吹きで水を噴いて乾燥させて革クリーム塗り込めばもう少しマシになるかと思います。

ということで今年も色々と頑張りたいと思います。

2014-01-01 溢れる才能と角松敏生

怒濤の角松敏生

お正月は昔聴いていた音楽を聴きまくるという「お正月は昔聴いていた音楽を聴きまくる病」にかかります。

今年は角松敏生

f:id:annion:20131231204121j:image

バブルを享楽した大人達はまさに時代の申し子であった角松敏生の音楽を利用して夜な夜なきらびやかな街角で婦女子を落としまくっていたのですが、ジャズフュージョン大好きな少年達は角松敏生の音の一つ一つやアレンジに感動を覚えていました。

僕は将来は金髪のアメリカ人と結婚することを夢見ていた勉強に頑張る坊主頭の学生でしたので、アメリカ人とのコミュニケーションツールとしてジャズフュージョンを聴いていて、何気なくFMで聴いた角松敏生の音楽が晴天の霹靂で、こういう日本人がいたのかという驚きのもとCDを買って聴いたのが始まりでした。

しかし、角松敏生の音楽活動凍結宣言以来ここ十数年忘れていたのですが、田村正和をTVで拝見してふと、そういえば角松敏生はどうしただろうと思って十数年ぶりにCDを引っ張り出して聴いたのですが、当時はLIVEをブルーレイなどのメディアで見る事は出来ず角松敏生の音楽が非常に神経質そうな感じもしていて山下達郎に一面かぶったりしていたのですが、音楽プロデューサーとしての才能も発揮していた実績もあって僕的には角松敏生山下達郎以上の80年代から90年代初期を代表する音楽家でありました。

角松敏生はTV出演などメデイアへの進出はほぼ皆無に等しかったため、一般的には彼の名前は知っているが実像、つまり、本人の真なる才能を多くの人に知らしめることはなかったのですが、凍結宣言以降も角松敏生の変わる事のない根強いファン、あるいは彼の才能を評価する音楽界が彼をそっとしておかなかったのです。

復帰後の実際のLIVEを映像で見ると、玄人をうならせるパフォーマンスを繰り広げているのですが、今、こうやって二枚のブルーレイ角松敏生のLIVEパフォーマンスを見ると、やはりこの人は最高のコンポーザーでありパフォーマーな音楽家であり、さらに優れた音楽ディレクターであるのを再認識した次第です。

この人はただ者ではないと。

歯をくいしばって、見ようによっては演歌歌手のようなひねりを取り入れた、または、ヒトラーの演説のように観客を説得する振り付けの歌い方、時折見せるドヤ顔、一流のミュージシャンを従えて、彼らのソロパートをちゃんと持ってくるアレンジ、曲のどれもこれもが完成度が高い、当時凄いなと思っていた以上に、今はもっと凄いと思ってしまう。

恐らく、LIVEでの観客は再アレンジされた昔のナンバーを提供されるという喜びと、コンポーザーとしての角松敏生の音楽の現場が怒濤のように押し寄せられて息をつく暇もないのではないかと思います。

たんなる時代に合った流行ではなかった、もの凄い才能がつまっていた。

それが今でも最高のパフォーマンスを提供し続ける理由なのだと二枚のブルーレイを見て思いました。

で、一枚目のブルーレイ

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2009 “NO TURNS”

f:id:annion:20131231211522j:image:w800

恐らく、一曲一曲が角松敏生のベストテイクといってもいい素晴らしいLIVEです。

ギラギラ少年が、踊り狂った女子達が大人になった角松サウンドです。

若かりし頃の角松サウンドもいいですが、このLIVEのまさにグルーヴィーな角松敏生、買って聴いてください。

しかもステレオ音源は96kHz/24bitのハイレゾです!

鏡の中の二人

沖縄出身のバックグランドボーカルの「ナミコ」さんとのデュオ

LIVEで、コーラスを担当する人のソロを聴きたいと思ったことは度々ありますし、聴く事も出来るLIVEもあります。

角松敏生は音楽を組み立てるときにミュージシャンの持つイメージを大切にするといいます。

このミュージシャンはこういう演奏をする、だからこういう音楽が出来る。

R & Bのメローなナンバーです。

コーラスの「ナミコ」がどんな声を出すのだろうと期待するのですが、出てきた声が期待通り。

圧倒的な声量に、あとはこの曲を楽しむだけというのは贅沢です。

Tokyo Tower

大人のTokyo Tower

今まで聴いたTokyo Towerの中でのベストテイクです。

むしろカリスマ的なものを感じます。

ALL IS VANITY

スチールギターの名手、今剛と演奏技術ではピカイチと言われる梶原順ツインギターが聴けるのも角松敏生くらいです。

野呂一生とタッグを組んでいるドラムの江口信夫ジャニーズ出身のベーシスト松原秀樹の演奏と続きノンストップでジャンプする

Girl In The Boxへと続きます。

角松敏生のギターソロになり「飛ばないよ」で観客と一体化しクライマックスです。

これだけの音楽を30年以上も作り上げてきたのは素晴らしいの一言。

そして、もう一枚は

TOSHIKI KADOMATSU 30th Anniversary Live 2011.6.25 YOKOHAMA ARENA

f:id:annion:20131231205542j:image:w800

これはもう絢爛豪華です。

音源はステレオだけでなく5.1chもDTS HD のハイレゾ音源にグレードアップです。

ドラムはいきものがかりなどの人気ミュージシャンのLIVEでドラムをたたく玉田豊夢江口信夫ダブルキャスト

ホーンにはテクニック系のギタリストである梶原順と親交の深いこれまた演奏ハイテクニック系のハイパーサックスプレイヤーの本田雅人

そして、そしてトランペット大野克夫大野雄二とともに活躍した数原晋が。

ギターは梶原順ツインギター相手に鈴木英俊

パーカッションは斎藤ノヴと国内最高のパーカッショニストと言われる田中みちあきのタッグです。

ベースはパフォーマーな中村キタロー

コーラスはおなじみの沖縄のシンガーであるチアキとナミコ

そして、そして大儀見 元というこれこそ音楽界のハイパーマルチクリエイターが参加。

角松敏生はレコーディングのミュージシャンをLIVEに連れてくるということをポリシーにしているとMCで述べていますが、これがいかに難しいことか。

このLIVEのもう一つの目玉はキーボードが3ユニットです。

椎名林檎をはじめ多くのアーチストのレコーディングやLIVEに参加する森俊之友成好宏、そしておなじみの小林信吾

これだけの人を集める事が出来るのかと思いますが、それよりこれだけのミュージシャンをまとめ上げて音楽にした角松敏生の能力に感服いたしました。

ブルーレイはACT 1とACT 2の2枚組です。

ACT 1はR & B で渋く、あるいはソウルフルな角松敏生の世界です。

ACT 2はバラードを歌い上げたりグルーブ感満点の構成、まさに心地よいフュージョン的です。

そして

smile

もう一人のバックグランドボーカルのチアキさんとのデュオ

チアキさんはナミコさんと違って乙女の声を持っていました。

ちゃんとコーラスのソロもアレンジするなんて、しかもこの曲は沖縄的でした。

懐深いというか、引き出し沢山あるというか、枯れる事のない才能、1960年生まれの53歳です。

サポートするミュージシャンも同年代。

あと、何回このような素晴らしいLIVEが出来るのか?

また考え込んじゃうのか、それとも限界を感じるのがいつなのか?

何も産まないと判断すると今度は本当に引退するかもしれません。

今行かないと後悔するのが角松敏生のLIVEだと思います。