ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

休日モード

2014-09-14 久しぶりにキャンプに行った・・・その1

小川キャンパル カーサイドリビング DXを使ってみたレビュー

小川キャンパル カーサイドリビングDXレビュー

雨に対しては小川キャンパルのテント並みの防水性能あります。

さすがというか、当たり前というか小川キャンパルのテントと同様の作りです。

アルミのポールも太くて丈夫です。

生地も厚いです。

やはり、価格はこういうところで反映されています。

ただ、付属のペグとハンマーはどうしょうもなく使えないです。

こんなことでコストダウンはかるくらいなら最初からまともなペグを付属させるか、ペグは付けないほうがいいです。

よくあるのですが、何故、ここで力を抜くのでしょうか?

小川キャンパルを販売するお店はペグ類は売っているようなお店ですから、ペグは別途購入でいいかと思います。

組み立てはメインポールを上に上げる補助がいると楽にポールをタープの裾のポケットに入れることが出来ます。

一人で組み立てるにはちょっとアルミのポールを曲げそうな雰囲気あります。

コツとしましてはアルミのポールの短い方を最後にタープのポケットに入れるほうがポールを曲げないで済みます。

組み立て自体は5分程度です。

タープの組み立てよりペグダウンや吸盤の取り付けの方に時間がかかります。

小川キャンパルのテントやタープは張り姿が奇麗な物が多いのですが、このカーサードリビングもいい張り姿だと思います。

風や雨の侵入防止のスカートが付いていますが、車の下からくる風には無防備ですので冬は寒いです。

雨に関しては車の屋根から落ちてくる水滴が問題になりまそうですね。

f:id:annion:20140914074615j:image

f:id:annion:20140914074613j:image

f:id:annion:20140914074612j:image

f:id:annion:20140914074610j:image

ちょっと広角レンズなので寝ています。

f:id:annion:20140914074609j:image

ホンダフリードスパイクは車高が1720mmですが、低いです。身を屈めた状態が多くありました。

せめて1800mm程度の車高があればもっと快適だと思います。

車の屋根は2000mm以上の幅が必要ですが、屋根が前下がりの流線型ですとちょっと左右の高さが変わります。

やはり、ベストな車種はハイエース系かと思います。軽ワゴンには無理だと思います。

f:id:annion:20140914074720j:image

ポールの作りは強度満点。

アルバーゴのようにメインポールが曲がるなんていうことはありません。

少々の風でもタープがねじられることもなかったです。

f:id:annion:20140914074719j:image

f:id:annion:20140914074717j:image

車の屋根にタープを固定する吸盤です。

屋根を濡らして吸盤を付けると確実ですが、この吸盤は消耗品です。

一泊の使用で吸盤にへこみの形がついてしまいました。

また、冬の寒い日は吸盤能力は落ちます。

f:id:annion:20140914074715j:image

タープ内の空間は大人二人に子供一人で一杯です。

タープの中で食事を作ろうなんて無理です。

奥に行く程天井が低くなりますので、奥は荷物置き場以外の使用方法はないです。

メーカーもそのことわかっているのか前に出口はありません。

前はフラップになっていてメッシュにすることが出来ます。

雨が降ってもここからの雨漏りは無いと思います。

f:id:annion:20140914074911j:image

天井の真ん中に一本ファイバー製のポールを差し込みますので、軽いLEDランタンですと吊るせそうです。

f:id:annion:20140914074909j:image

f:id:annion:20140914074908j:image

f:id:annion:20140914074907j:image

小川キャンパルのカーサイドリビング

一度車に取り付けてしまうと車の移動が出来ません。

車を動かすにはポールを前面に立ててタープを自立させた状態にするか、地面に寝かせる必要があります。

地面に寝かせるとタープの中のテーブルや椅子は外に出さないと風で飛んでいきそうです。

車を気楽に動かせないということに使いにくさがあります。

ちょくちょく車を動かす滞在型のキャンプには使い勝手が面倒ですし、天気のいい時期のデイキャンプや料理を作らない車中泊にはちょっと装備が重装です。

どういうキャンプに適しているのかというと、食材も買った、お風呂も入った、暗くなる前にキャンプ場について寝る場所は車中ですが、ちゃんと椅子に座って簡単な料理も作りたい、翌日はのんびりとタープ内で過ごして片付けは楽に終わらせたい向けのせいぜい一泊か、あるいはキャンプ場を日替わりで移動するようなキャンプかなと思います。

通りすがり通りすがり 2016/05/05 10:01 はじめましてキャンピングカーを所有しているものです。
この場所は駐車場ですよね。基本この様な場所でオートキャンプは迷惑行為です。
昨今車中泊の常識が低下し大変悲しいです。
2014年とはいえWEB上で公開している以上、WEBへのUPは謹んでほしいです。
どんどん車中泊できる場所がなくなる一方ですよ!

キャンパーキャンパー 2016/05/05 10:06 バカだねあんた!
ここ富士見パノラマのテント設営OKなんだよ
ちゃんと調べてから文句いいなよ!
恥ずかしい人やね

あけ太郎あけ太郎 2016/05/05 10:21 通りすがりへ
あなたのような人種がいる事が悲しい
調べなよ、暇なんだろ

annionannion 2016/05/05 10:24 通りすがりさん
ここテントOKなんですよ。
ご苦労サマ

リビングDX欲しい通りすがりリビングDX欲しい通りすがり 2016/08/27 02:28 遅コメですが・・

通りすがりさんの意見にも一理あるかと思います。かくいう私も、『ん?ここは・・・』と感じましたし・・
車中泊のマナーが指摘されている昨今ですので、これを見た読者の方が誤解、勘違いされないよう、冒頭にでも、テントOKな場所で・・・の注釈があれば良かったのかな?と思います。 リビングDXのレポート、大いに参考になりました。ありがとうございます!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annion/20140914/p1
リンク元