ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

休日モード

2014-11-29 超初心者が戦車のプラモを作る

U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊” 作成 その2

超初心者が戦車模型を作る。1/35 U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊”

で、順調に作っています。

f:id:annion:20141129164519j:image

転輪ですが、色々な戦車模型のブログを見ると転輪は取付けてから塗装派、個々に塗装してから取付ける派に別れるようです。

模型初心者はやはり、個々に転輪を塗装してから取り付けたほうがいいのではないかと思います。

何故かというと転輪にはゴムが巻いてあるんです。

このゴムは黒色で塗るんですが、組み立ててしまうと奥の方が塗れません。

見えないから塗らなくて良いんだ、なんて考えると合理的で素晴らしいのですが、なんか、心に引っかかります。

塗れてない部分があるとそこだけ空白の時間になってそうな感じがします。

新入社員の時、初心を忘れるな、を絶えず心に呪文のように唱えていました。

俺は人の見てない所で頑張るんだ。そうすると、社長になれる。

これを初心としていました。

今ではその逆で、人の見ている所で頑張っても誰も見てない。

当たり前がわかりました。

だから、見えない所は塗らない。

いや、だからこそ塗らなくてはならない。

で、転輪は塗った後に取り付ける事にします。

スプロケットのような動輪ですが、これはゴムが巻いてないので取り付けてしまいます。

f:id:annion:20141129214537j:image

ここで、なぜ、この戦車は前後に動輪のようなギヤが付いているのか?

4WDですか?

この戦車は前も後ろもなくて…だったら砲身は前後にないとね。

で、苦労してパーティングライン消した転輪を取り付けたい欲望を殺しながら、シャーシの上を少しだけ組み立てて、難題である砲身の組み立てに移りました。

この砲身、サンドイッチ状?モナカ状?になっていて左右に分割されています。

f:id:annion:20141129164602j:image

金型の都合上こんなに長いのを一本物で型どるのは困難なのかも知れません。

それは、分かる。

しかし、この砲身を一本物のようにパーティングラインを消すのはそれはそれでかなり困難です。

というのも、細いスジが精密に彼方此方掘られているからです。

ベテランAFVモデラーは朝飯前かも知れませんが、初心者は朝飯抜きになります。

しかも、上手くラインを消せないかもしれない。

失敗したら、戦車じゃ無くなる。

さらに、この戦車は砲身が二本もある。

実在する戦車はメタル製の砲身が売ってたりしますが、ガンダムに出てくる架空の戦車の砲身なんて作ったって売れない。

かと言ってラインを消さなければ模型としての戦車が台無し。見えない所を塗らない方がまだマシになります。

モナカ状態で分けるのではなくて一本物を分割で成形できそうな気がするのですが。

あれこれ考えてるんだったら、とっととやれよ。

で、やりました。

こんな感じで接着して。

f:id:annion:20141129164725j:image

f:id:annion:20141129164723j:image

クリップで固定して。

パテ盛って、ヤスリで磨いて、指先の感覚でラインが消えていることを確認して。

f:id:annion:20141130030149j:image

f:id:annion:20141130030147j:image

でも、ここでサーフェーサーを吹いて本当に消えているのかいないのかを再確認しなくてはいけないと世のモデラーさん達は言っています。

f:id:annion:20141129164823j:image

習うより慣れよ、ではなくて、習うより真似ろです。

消えたスジを彫り直して。

完成。

f:id:annion:20141129164850j:image

今回は砲身で精魂尽き果てました。

砲身が二本もある戦車は買ってはいけない

戦車の素晴らしい作品。あれ、プロのモデラーさんの場合、作業代金的には10万円超えても文句言えないということが、よくわかりました。

2014-11-28

パンケーキレンズで何も考えずに写真を撮ってばかりいるとコンデジでいいんじゃないかと思った。

新宿 Olympus OM-D E-M1

35mm換算で28mmという画角のpanaの単焦点レンズを持って新宿を2日ほどほっつき歩いたんですが、軽くてコンパクトで目の前にあるものパチパチと写真撮れて、ブレないから三脚いらないし、F2.5なんで薄暗い喫茶店の中でも手持ちで撮れるし、いいことだらけでした。

ただ、本人の悪いところであるんですが、ファインダー覗くと絞りだとかISO感度だとかみんな忘れます。それと、諦めが早い。

もっと寄ってとか離れてとかの動作を殆どしない。

通行人にご迷惑かけるのではないかと小心者になってしまいます。

カメラ持っている時に一番欲しいのは光学迷彩服です。

歩いて止まって、90度振り向いてチラッとファインダー覗いてすかさずシャッター押す。

ひどい時はファインダー覗かないでテキトーにシャッター押す。

フィルムカメラの時代ですとフィルム代と現像代で破産するような感じですが、これも、オートフォーカスと優れた何でも自動モードのおかげです。

こういう撮り方はコンデジでいいのではないか?

で、人間の見た感じはレンズでは50mmって言われていますが、本当にそうなんだろうか?

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/標準レンズ

ここを読むと「レンズは50に始まり50に終わる」という格言まであったそうですが、昔のカメラの世界、多くの才能が、意味のないこだわりで潰れたりしたんでしょうね。

で、カメラをぶら下げて写真を撮ると人間の見た風景と実際に撮った風景が殆ど違ったイメージになってしまって、こんな写真いつ撮ったっけ?が非常に多いです。

こういう身に覚えのない写真枚数を減らしたいと思う時に一番欲しいのが、視野角調整メガネです。

メガネの横のダイヤルで、24mmから200mmの画角に調整出来て、見たもの全てがレンズになるので、もっと楽に、簡単に、素早くシャッター押せるかも知れないし、自分で撮った写真は覚えておけるのではないかと思います。

しかも、絶えずファインダー覗いた状態で世の中見渡せているのでシャッターチャンスつかみやすい。

指で四角作って、おぉ、イイねえ〜と言わなくていい。

ということで、広角パンケーキレンズは現代のデジカメの高い性能のおかげで何も考えずに、ファインダーさえ覗かないで写真が撮れてしまいます。

これではいかん、背景をボカした写真を撮らないとダメだ。

で、今年はオリンパスの60mmのマクロレンズで素人モデル撮影してさんざんでしたので、中望遠レンズに挑戦したいと思っていたら、オリンパス40-150mm F2.8 PRO が来年あたりに出るんですね!ヨドバシのポイント頭金にして買おうかな…

Tokyo Shinjuku Japan

Tokyo Shinjuku Japan

Tokyo Shinjuku Japan

Tokyo Shinjuku Japan

Tokyo Shinjuku Japan

Tokyo Shinjuku Japan

Tokyo Shinjuku Japan

Tokyo Shinjuku Japan La SCALA

Tokyo Shinjuku Japan La SCALA

Tokyo Shinjuku Japan La SCALA

Tokyo Shinjuku Japan

2014-11-24 超初心者が戦車のプラモを作る

U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊” 作成 その1

超初心者が戦車模型を作る。1/35 U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊”

プラモデルモデラー

モデラーに美人モデラーがいらっしゃるのか?

ネットで調べてみました。

プラモデル女子、模型女子、モケジョです。

います。っていうか何処かにいるようです。

で、美人モデラーを探すのは諦めて一日中ひきこもってプラモデルを作っていました。

プラモデル

何が大変かと言うと、部品をランナーから切り離す、はたいしたことないです。

新宿ヨドバシカメラで模型用のニッパーを買いました。

ホームセンターで売っている電工用のニッパーは模型用途にはダメです。

どうダメなのかというと、ニッパーで切る前にニッパーを差し込んだ時点で部品がもげてしまう。

ニッパーで切るとその衝撃で細い部品が折れてしまう。

ニッパーで切るとその衝撃でやはり切る部分以外の場所で切れてしまう。

ということなので、刃の薄いニッパー買いました。

で、買って正解。部品を痛めずに部品を切り取ることが可能になりました。

大変なのは、ランナーから切り離した部分とパーテイングライン消しが大変です。

表面処理は「大人のプラモ道」仲田裕之さんのアクトON TVを録画していますので参照しました。

金属ヤスリと紙ヤスリでシコシコ磨きます。

いや、退屈極まりないです。

音楽聴きながらシコシコ磨きますが、自転車のパーツをポリッシュするような夢はありません。

車輪一個に5分かかります。

ギザギザのある動輪にいたっては10分かかります。

つまり車輪10個の表面処理で軽く小一時間かかってしまいます。

しかも、途中休憩入れないと目がシバシバしてくるので車輪10個で一時間半もかかります。

f:id:annion:20141124190752j:image

f:id:annion:20141124190751j:image

f:id:annion:20141124190750j:image

f:id:annion:20141124190748j:image

果たして、このライン消しの時間は価値として何点だろうと思います。

よく考えると、自分が費やす一日の大半の時間は価値として何だろうの連続ですから、とりあえず手を動かしている事になるヤスリでプラモデルの部品を磨くのが自問自答するような虚無な時間かというとそうではありません。

微妙な力加減、指先の動きなどはボケ防止になりそうです。

人間の一生は限られた時間です。

その時間をいかに有意義に過ごすか、ヤスリでプラモデルの部品を磨くことが有意義に過ごす時間なのか?

いや、趣味というもの。人間を豊かにします。このプラモデルを完成させることで、新しい話題が生まれ出会いがあるかもしれない。

ということを考えながら磨いていました。

そうこうしている間に磨き終わった部品は中性洗剤を混ぜたぬるま湯に浸けておきます。

というのも「大人のプラモ道」でカウンタックを作った北澤志朗さんが金型から剥がすための油がパーツに多少ついているかもしれないからと言っていたからです。

それは大変です。

自転車の塗装も油分はしっかり落とさないと大変なことになります。

f:id:annion:20141124190840j:image

f:id:annion:20141124191112j:image

で、色々組み立てていくと、色々な事に気がつきます。

シャーシの前部に取り付けるこのパーツ

f:id:annion:20141124190929j:image

接着すると接合面が出来てしまいます。

これは許される接合面なのか?仮組みすればわかります。

f:id:annion:20141124190928j:image

f:id:annion:20141124191027j:image

仮組すると合わせ目が見えてしまうので、

f:id:annion:20141124191025j:image

合わせ目が目立たないようにヤスリで消します。

ただ、ヤスリで磨いただけでは消えないのでパテを薄く塗って磨いて消すという、この程度の事は模型を作らない人間でもちゃんとわかります。

f:id:annion:20141124191019j:image

f:id:annion:20141124191015j:image

f:id:annion:20141124191143j:image

で、そんなこんなでここまで作って精魂尽き果てました。

f:id:annion:20141124191141j:image

来週まで続く。

2014-11-23

U.C.ハードグラフ 初めての模型製作第一弾は地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊”であった。

先月、富士見パノラマでジャパンシリーズを見に行った日、すわっこランドで風呂に入ろうと思って車で20号線で移動。

途中で「万代書店」発見

f:id:annion:20141122113056j:image:w640

で、入りました。

「万代書店」は高峰山の帰り道でも発見して、高峰山でMTB乗った後は「万代書店」に寄って帰るのが楽しみでした。

「万代書店」とは本屋ではありません。「まんだらけ」のようなお店です。

あまり興味を惹く物はありませんでしたが、なんと、バンダイのU.C.ハードグラフがシリーズ7全シリーズ揃っていました。

その中でシリーズ6まで大人買いしました。

f:id:annion:20141122152741j:image:w640

「万代書店」は買い取り商品販売が基本ですので、全て中古品です。

大人買いした「U.C.HARD GRAPH」シリーズの内訳は

第一弾「ジオン公国軍 機動偵察セット」

第二弾「ジオン公国軍 ランバ・ラル独立遊撃隊セット」

第三弾「地球連邦軍 陸戦MS小隊ブリーフィングセット」

第四弾「地球連邦軍 対MS特技兵セット」

第五弾「ジオン公国軍 サイクロプス隊セット」

第六弾「地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊”」

です。

第七弾は航空機でしたのでパスです。

で、ガンダムですが、僕はガンダム全く分かりません。地球連邦軍ジオン公国軍はこのシリーズの模型が出て何となく区別があるのだと思った程度です。

セーラさんとアムロシャアとかの名前は知っていますが、誰と誰が味方で敵でとかそういうの知りません。

ガンダム地球対どこかの侵略してきた宇宙人が操作するロボットとの対決だとばかり思っていました。

そういうガンダムを全く知らない大人が、なぜU.C.ハードグラフの模型を大人買いするのか?

それは、このU.C.ハードグラフの模型がタミヤ模型と同じ、いやある部分ではタミヤ模型のクオリティーを超えているからです。

模型に関しては集中力が五分以上続かない、一箇所に長時間居るのが苦痛なので、全くダメです。

先日も風の谷のナウシカを作ろうと思って箱を開けてカイの胴体を接着しようと思ったら、接着剤がないのに気がついて作るのを諦めました。

つまり、模型に関しては全くの素人です。

そういう大人がバンダイのU.C.ハードグラフを買い、ちょっと作ってみるかと思った次第ですから片腹痛いですね。

で、作る前にU.C.ハードグラフの漫画をネットで立ち読みしたところ面白そうだったので、電子書籍で二巻買って読んでしまいました。

f:id:annion:20141122150850j:image:w360f:id:annion:20141122150846j:image:w360

面白かったのでwikiガンダムを調べ始めると、ガンダム、侮るなかれ、これ独立戦争の物語です。

宇宙でのロボット同士の戦いではありませんでした。

ハリウッドで映画化されるとスターウォーズ超えるのではないか。

1980年代から今も続くガンダムに35年を経過して、ガンダムって面白いかもしれないと趣味を満喫するために働くことを信条とする大人が今さらガンダムにはまってしまうと、どこでブレーキをかければいいのか?

そうなるのは怖いので、あえて、これ以上手を染めないようにしています。

で、今回、無謀にも模型製作にチャレンジするのはこの、大砲が2個もついている地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊”です。

このパッケージの絵が素晴らしい。

この絵だけでも価値があるのではないかと思われます。

捨てるのはもったいないのでこの箱絵は奇麗に切り取って保存。

スキャンしてデジタルデータで保存しておきたいと思います。

f:id:annion:20141122152836j:image:w640

内容物はこんなに沢山のパーツが入っています。

中にはエッチングパーツまでもあります。

一個、一個切り取ってヤスリで奇麗に表面処理して組み立ててから色塗るなんて想像を絶する作業ですよね!

世のモデラーさん達、その集中力と持続力はたいしたものです。

と、作る前から考えてしまいました。

f:id:annion:20141122152830j:image:w640

最近のプラモデルの説明書は素晴らしいの一言。

例えば、仕事で使う機械類、測定器類、このような説明書であればヒューマンエラーも少なくなるのではないかと思います。

f:id:annion:20141122152824j:image:w640

あらゆるネットでの模型制作、特にAFV関係のブログを見つつ、作例を、作成方法を真似しまくって、超初心者が、風の谷のナウシカの製作を先延ばしにして完成させたいと思います。

2014-11-22

Really Right Stuff BH-30とBH-25の比較

最近、写真は相変わらずさっぱりでした。

過去形です。

BS朝日キャノンが提供するThe Photographersという番組を見て、俄然、写真を撮ろうと意欲がわいてきてエアーでカメラの埃を吹き飛ばしていたのですが、このThe Photographersという番組が月曜日の夜10時放送です。

火曜日と水曜日に会社に行って働くと写真を撮ろうという意欲がだんだん薄れてきて、金曜日の夜には疲れ果ててしまうという悪循環。

何故、こういう番組は金曜日の夜に放送しないのだろうと思います。

で、The Photographersという番組は全員がプロのカメラマンでして、キャノンプレゼンツということでカメラは全てキャノン製。

EOS 6Dとか1Dとか憧れのフルサイズカメラが秒間10コマとかの高速撮影しています。

二回目は動物写真家特集でしたが、飛んで行く鳥の写真を連写でバチバチ撮っているのですが、まさに機関銃で狙い撃ちしている感覚です。

やはり三脚もレンズも凄かったりするのですが、一言、プロのカメラマンはカメラや三脚の使い方が早いです。

例えば、僕もたまにレンズを変えたりします。

重さにして200g程度のレンズですが、レンズを変える時にいつもレンズの赤いマーキングをレンズを半回転以上回して探します。

USBの上下を間違える確率以上にレンズの赤いマーキングを半回転以上回す確率の方が高いです。

しかし、プロのカメラマンはレンズを持って一発でカメラに装着します。

あと、いかにマイクロフォーサーズのミラーレスにプラレンズの組み合わせであっても、先日はハスキー三脚にカメラを載せました。

いつも雲台にカメラをセッテイングするのにモタモタするのですが、プロのカメラマンはカシャッとシャッターを押す感じでカメラを雲台にマウントします。

これ、麻雀の理牌でのプロとアマの違いです。

で、カッコいいと思うのです。

家の中でいかにカメラを雲台に素早くマウントするかの練習すると雲台のプレートに傷が付いてしまいました。

オクで高値で売れなくなりました。

そういう、試行錯誤の結果、色々とインターネット三脚の使い方を学ぼうと思っていたのですが、特に三脚の構え方についての教えが見当たらないので、そういう場合、規律に厳格さを求められる軍隊関係を探せという業界の教えがあります。軍隊は道具に関しては全てマニュアル化されています。

で、水兵さん向けの三脚の構え方図解です。

なるほど、このように三脚は構えるのですね。

http://photographytraining.tpub.com/14209/css/14209_113.

f:id:annion:20141111074755j:image

で、プロのカメラマンが使っている三脚が僕が使っている三脚と同じメーカーなので嬉しくなって紹介します。

D

http://photographybyvarina.com/reviews/review-induro-tripod-and-ballhead

f:id:annion:20141110161909j:image

この方の写真とかみて、もしかしたら三脚が同じだから同じ写真を撮れるかもしれないと思って、Really Right StuffをInduro三脚に載っけました。

Really Right Stuff BH-30とBH-25はボールの径が5mm違うだけです。

BH-30の重さは318g 荷重6.8kg

BH-25の重さは216g 荷重4kg

Really Right Stuff BH-30 LR & BH-25 LR

Really Right Stuff BH-30 LR & BH-25 LR

Really Right Stuff BH-30 LR & BH-25 LR

Really Right Stuff BH-30 LR & BH-25 LR

Induro CT014とReally Right Stuff BH-30はしっくりと合います。Markins Q3Qよりコンパクトになりました。

重さは1308gです。

Really Right Stuff BH-30 LR & Induro CT014

少し全長が伸びますが、Velbon UT-43QとReally Right Stuff BH-25はしっくりと合います。

重さは1098g

Really Right Stuff BH-25 LR & Velbon UT-43Q

Really Right Stuff BH-25 LR & Velbon UT-43Q

Really Right Stuff BH-25 LR & Velbon UT-43Q

ところで、コヤブガチピン写真館の9回目はヤンマガグラビア撮影でした。

三脚とか使わずにキャノンの1Dを手持ちで撮影していましたが、やっぱりカメラってレンズですよね!

レンズが良ければ、というか適材適所であって、光さえまともであればプロのような写真が撮れてしまうんです、デジカメは。

と思ってしまい、またまたOlympus M.Zuiko 12-40 F2.8 Pro欲しくなりました。

2014-11-10

Really Right Stuff BH-30

こういう雲台が欲しい。

http://iamjenxi.com/a-good-tripod-a-steady-support/

f:id:annion:20141110160838j:image:w640

このカメラマンのようにカメラは脇を締めてしっかりホールドしてゆっくりシャッターを押そう。

https://m.flickr.com/photos/garyhebding/9260089664/

f:id:annion:20141109204141j:image:w640

三脚はこのカメラマンのように自分の身長にあったものを選ぼう。

http://www.fotothing.com/jph2852/photo/efcd8fb6aea8e14903e6fcbcea1d6442/

f:id:annion:20141110070131j:image:w640

同じように雲台は使うカメラにあった雲台を選ぼう。

最近、雲台はReally Right Stuff BH-25を使い回しています。

クランプが大変素晴らしいからです。

Markinsはいい雲台なんですが、プレートを選びます。

SUNWAYFOTOのプレートを使うと緩めになります。

しかし、Really Right StuffはSUNWAYFOTOのプレートもMarkinsのプレートもしっかりクランプします。

Really Right StuffはMarkinsのようにクランプの調整が出来ないので、当初、うまくクランプ出来なかったらどうしようと思っていましたが、なんの問題もありませんでした。

クランプを緩める時も二段階で緩められます。

で、この雲台。レバーのタッチが本当にいいです。

レバーを締める方向に動かすと最初は緩く締めていき、最後の段階でトドメを刺すような感じでカチリと固定されます。

このカチリの部分の動きに無理がないというか、絶妙な感じです。

具体的に言うと、カメラをクランプに載せている時にレバーを締め込む力加減と感触が、カメラを載せていない状態でレバーを締め込む力加減と感触が同じなんです。

これは凄くないか?と思います。しかも他社製のプレートにも関わらずです。

カメラ歴4年程度、実質カメラを持ち出して撮影した延べ日数4週間程度、望遠レンズの使用回数が二回程度の小僧が言うのもなんですが、とにかく、クランプが素晴らしい雲台です。

ということで、下から2番目のボール径30mmの自由雲台買いました。

Really Right Stuff BH-30の詳細

Really Right Stuff BH-25には箱はついていませんでしたが、ボールが5mm太くなるとちゃんと箱がついてきました。

Really Right Stuff BH-30 LR

箱には全ての製品はアメリカ製ですとブルドッグが言っていますが、

Really Right Stuff BH-30 LR

この立派なレンズポーチにもなる雲台ポーチはしっかり中国製です。

Really Right Stuff BH-30 LR

Really Right Stuff BH-30 LR

Really Right Stuff BH-30 LR

Really Right Stuff BH-30 LR

Really Right Stuff BH-30 LR

Really Right Stuff BH-30 LR

このレバーはステンレス製です。

Really Right Stuff BH-30 LR

Really Right Stuff BH-30 LR

Really Right Stuff BH-30 LR

メモリは2.5度づつです。

Really Right Stuff BH-30 LR

Really Right Stuff BH-30 LR

ということで、これからが撮影シーズンです。

美味しいもの食べながらテキトーに写真を楽しみましょう。

2014-11-02 ただひたすら漕ぐ・・・Retro-Direct Drivetrain

気になる自転車のパーツ・・・Retro-Direct Drivetrain

Retro-Direct Drivetrain

昔の自転車って凄いですね。

20世紀初頭の技術です。

http://www.bikeschool.com/blog/?p=2674

今ではなくて幼稚園の頃、小学生低学年の頃、女子児童あやとりやっていましたが、そんな感じのチェーンです。

クランクは正転逆転あって、普通、踏み込むと前に進みます。

このRetro-Direct Drivertrainは逆転しても前に進みます。

f:id:annion:20141101221201j:image

どうやって?

その辺はよくわかりませんが、とにかく前に前に進みます。

頭のいいかたはここで・・・。

http://en.wikipedia.org/wiki/Retro-direct

f:id:annion:20141101221555j:image

僕はこのシステムこそダウンヒルに最適なんじゃないかなと思います。

どうしてか?

例えば、九十九折のコースを素早く走り去る。

ダウンヒルスクールに入るとこう教えられます。

山側のペダルを上に、谷側を下に。

素人はわけわからなくなって、どっちを上だっけ?とまごつく間に次のカーブが近づいてきている。

その時、クランク逆に回して慌てて山側のペダルを上にする事ありませんか?

そのクランクの半回転中は後輪はフリーの状態です。

ダウンヒルスクールの先生は、後輪が滑る時はどうするか?

漕ぐんです。っていいます。

漕ぐと後輪は滑りません。

このシステムは慌ててワケがわからなくなってクランクを逆転させようがちゃんと後輪はドライブされます。

つまり、後輪は滑らず、転倒しない。

D

f:id:annion:20141101222048j:image:w640

f:id:annion:20141101222042j:image:w640

f:id:annion:20141101222421j:image:w640

f:id:annion:20141101222319j:image:w640

また、色んなパターンに応用出来て、フロントは変速可能。

ダウンヒルはひたすら漕ぐ、漕ぐことで滑らない、滑らないことはタイムが上がる。

過去の技術が未来の1/100秒を争うダウンヒルワールドカッパーに応用されるということがおこるのか?

起こらないと思うけど、初心者ダウンヒラー、特に慌てん坊でパニクル、何時も間違ってクランク逆転させる方は確実にタイムはあがります。

2014-11-01 硬派なMTB BreadWinner BAD OTIS

気になる自転車・・・BreadWinner Cycles BAD OtisはMTBに乗るのが巧い人限定の自転車です。

BreadWinner Cycles BAD Otis

http://breadwinnercycles.com/products/bad-otis

f:id:annion:20141101183116j:image

このドロップエンドが素敵すぎますけど、どんなフレームだろうと思っていましたらこんなに素敵な自転車でした。

f:id:annion:20141101200145j:image

MTBに乗るのが巧い人はこの自転車を買うしかないです。

この自転車で山を滑らかにトレースして、あっちこっちで適当にジャンプしてハンドルひねって、グライドカムで追っかけ動画を加えつつご自身のプロモーションビデオを作成し結婚式会場で流つつ新郎の入場ですの合図のもとピカピカのBAD Otisに跨りつつ壇上に登りましょう。

これはなんでも出来るMTBの原型です。

Paragon Machine Worksが作るPolyDropsというリアエンドをインストールしています。

160mmフロントフォーク

650B(27.5)

フロントシングル

columbusのカスタムテーパーチューブ

フレーム価格 $1895

この写真のスペックで $8550

3割引とかでは買えませんから、お金のない人はチェインリアクションやオクでパーツを集めつつ自分で組み立てましょう。

f:id:annion:20141101181123j:image

f:id:annion:20141101181118j:image

f:id:annion:20141101181122j:image

f:id:annion:20141101181119j:image

f:id:annion:20141101181207j:image

f:id:annion:20141101181120j:image

f:id:annion:20141101181115j:image

f:id:annion:20141101181114j:image

f:id:annion:20141101182400j:image:w1000

もの凄い高級パーツ使ってますね〜。

f:id:annion:20141101182002j:image

欲しいなぁ