ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

休日モード

2015-01-03

U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊” 作成 その6

プラモ初心者がU.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型 “セモベンテ隊”を作るとこうなる。

いよいよ、戦車の塗装に入ります。

AFV系の塗装ブログ徘徊してまして、塗装の前にサーフェーサーと呼ばれるプライマーみたいなものを吹いて、傷やヘコミなどを確認するという塗装前の下地処理の行程があるということなので真似しました。

通常、サーフェーサーはグレー色なんですが戦車の塗装はとにかくリアリティー追求ということで、サーフェーサーが金属の錆び止め材の色をしたものがあるということで、ヨドバシカメラで買いました。

で、このキットは金属パーツを所々に取り付けているのですが、金属パーツには金属専用のプライマーを塗っておかないとサーフェーサーも剥げるということで、ヨドバシカメラメタルプライマーを買いました。

めんどくさいな。

でも、ここから色を塗った時にこの錆び止めカラーがどのようにリアリティーに繋がるのでしょうかね?

それよりも、錆び止めの色って第二次世界大戦時のドイツ戦車の錆び止めの色だそうですが、現代の日本と同じなんですね。

オキサイドレッドという色だそうです。僕には赤茶色です。

で、部屋でワンコを飼っている方、ご注意ください。

うちのワンコがいつのまにかキットの車輪を一個咥えておもちゃにしてしまいました。

世のAFVモデラーは戦車のリアリティーを増すために車体に傷をつけていくそうです。

この、車体に傷をつけるという行為、もの凄くセンス必要なことです。

薄い鉄板であるフェンダーとかをセンス良く曲げたりしています。

実写を参考にして傷をつけたり曲げたりへこましたりしているのでしょうが、戦車ですから破片や小石、弾丸の傷跡なんていうのは普通ですよね。

それを、再現するのが要センスなんです。

しかし、ワンコに齧らせるといい感じで傷をつけてくれました。

f:id:annion:20150102181434j:image

といいつつ、錆び止めカラーのタミヤ ファインサーフェーサーを吹くとこういう感じになりました。

へぇ〜、なるほど〜

いよいよ塗装に入ります。

f:id:annion:20150102182044j:image

でも、この戦車ってノーズが長いのですが、エンジンって前にあるのかな?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annion/20150103/p1
リンク元