ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

休日モード

2015-06-09

時計・・・HAMILTON KHAKI Navy Classic ハミルトン カーキネイビークラシック

幸いにも時計は全く興味ないのですが、ミリタリーウオッチは興味があります。

HAMILTON KHAKI Navy Classic

最近の高機能な時計でなくて風防がラウンドしているタイプ。

その中でも右側のUSN BUSHIPSというアメリカ海軍のダイバーズウオッチ。

これはHAMILTONのミリタリーウオッチ

アーミーとネイビー

f:id:annion:20150606070242j:image

竜頭に防水カバーの部分がいいですね。その中でも防水カバーと本体を繋ぐ鎖のようなもの。

時計に鎖がよく似合いませんか?

ELGINのBUSHIPSは小ぶりなケースと大きすぎる防水カバーのアンバランスさが魅力なんですが、必要だからちゃんと設計したというより取って付けたような蓋のような形状が、ミリタリーという背景とアメリカの大量生産的な工業品の精度が悪そうに見える大雑把さがデザインとしてよく見えていまいます。

こういうのを無骨といいます。

ELGINのBUSHIPSはリアルマッコイズがコピーしています。

http://s42.photobucket.com/user/ColMiller/media/Groups/sCanteenDivers3.jpg.html

f:id:annion:20150606073508j:image

で、ELGINとHAMILTONのダイバーズの比較

HAMILTONのほうがエレガントですが、ELGINのほうが仕上げは綺麗に見えます。

http://forum.tz-uk.com/showthread.php?114566-US-mil-issue-dive-watches-by-Elgin-and-Hamilton

f:id:annion:20150606074129j:image

リアルマッコイズのELGINコピーのBUSHIPSは実用度はゼロですが、オクでも新品では10万円ちかくという結構高値で落とされています。

こういう世界よくわかりませんが、たまに、マッコイ復刻という記事を見ることがあります。

このマッコイの時計にELGINと書かれていれば偽物、リアルマッコイズであれば復刻になって価値があがるのでしょうか?

復刻とは、オリジナルメーカーが生産中止品を再生産した場合、復刻といい、マッコイのELGIN復刻とはマッコイがELGINのコピー品を作ったということで、あまり価値はないのではないかと思いますが、この解釈は違っているのでしょうか?

f:id:annion:20150606075351j:image

毎日、スマホの時間見ながら時計合わせするようですが、まあ、復刻とはいえビンテージミリタリー時計という物としてのステイタスなんでしょうね。

できればムーヴメントセイコーにして欲しかったですね。

現代的にアレンジしたものもあります。

http://www.twsteel.com

f:id:annion:20150606073750j:image

ハミルトンは今やスイス製になっていますが、一応スイスムーヴメントなので実用度も上がると思われます。

で、既に市場では新品購入は難しいハミルトン カーキネイビークラシックを入手しました。

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

HAMILTON KHAKI Navy Classic

チタン製です。

バンドは通しにくいです。

腕のサイズとバンドの穴が合いません。

どうして、時計バンドって微調整出来ないんだろうと思います。

2015-06-01

Piano Forte爾不調でメーカー修理に出したら、2週間で戻ってきた。

高級なイヤホンが調子悪くてメーカー修理に出しました。

      • R側の音圧がL側に比べて低い。
      • R側で低音がビビる。

この2点です。

Final Audioの対応はすこぶる良く、原因はなんだろうと思っていたら断線であったとメール返答が来て、本品は修理が困難なので新品と交換するという処置でした。

さらに送られて来たダンボールの大きさにビックリ

f:id:annion:20150531011131j:image

沢山の梱包材に包まれて

f:id:annion:20150531011205j:image

新品が送られてきましたPiano Forte VIII

f:id:annion:20150531011249j:image

しかもオンラインショップの500円チケット同封。

ファイナルオーディオ、ここのサポートは見習うべきものがあります。

次のイヤホンもFinal Audioにするからね!

同社のハイブリッドイヤホンも気になるところですけど。

使い続けて一カ月、Final Audio Piano Forte爾了箸た潅呂髻

      • ケーブルが細くてしなやかなのはいいですが、もつれやすいです。
      • ケーブルのタッチノイズはありませんが、本体の風切り音というのか、風が強いとマイクで言うところのビューという風切り音がします。
      • 音漏れは自分の聴く音量では問題ないです。横にいる人に聞いてみました。
      • イヤホンを付けていることが目立ちます。真鍮で目立つのでステンレスやクロム銅みたいにキラキラしているものはもっと目立つと思います。
      • やっぱり外からの雑音がかなり入ってくる。それは仕方ないか…。
      • 女子が見ると形状がかわいいそうです。でも、大きいから耳に付けたくないと。

音に関して。

新品になって、何故かいい音に聴こえます。前のも新品でしたけど、こんなに低音出てたっけ?という音ですけど、前のはやはり何処かおかしかったのかな?

修理に出している間はUEで聴いてたんですが、ずっと修理から戻ってくるのを待っていたのと、ファイナルオーディオの対応が気持ち良かったという相乗効果ですね、これは。

低音や高音を効かせた音ではなく、聴き疲れのない実に自然な音です。

これから、イヤホンやヘッドホンが辛い季節ですね。