Hatena::ブログ(Diary)

休日モード

2013-10-22 原付バイクってどう?

骨折してわかった。原付バイクの便利さ。

オートバイなどというものは、全く興味ありません。

エンジンで動くものは車も含めて全く興味ありません。

車は好きですが、エンジンではなくて主に内装や電装関係の方に興味があります。

しかし、足の骨折って原付バイク、特にクラッチ無しのスクータータイプが思いの外便利なのに気がつきました。

それは、リハビリ先生との会話です。

「車の運転はいつから大丈夫でしょうか?」

「全体重かけられるようになってからです。」

自転車はいつから大丈夫でしょうか?」

「全体重かけられるようになってからです。」

「じゃあ乗り物系は少なくても3ヶ月は無理ですね」

「原付は乗れますよ、無謀な運転しなければ。乗ってる人いました。」

「ただ、原付降りてからはわかりませんし、ただ…事故って怪我したり…僕は勧めませ…」

ただ…以降は聞いていません。

そっか、原付乗れるんだ。で頭の中は完結しました。

それ以来、全く興味のなかった原付バイクが頭の中をかすめ始めて、会社の同僚に原付バイクのことをリサーチし始め、あると便利だよ。ということに行き着きました。

そっか、原付バイクは便利なんだ。

でも、バイクに関してはからっきし無知なので右も左もわかりません。

で、バイクは分かり易いホンダなんですが、数ある原付バイクから選んだのがこの二台。

リトルカブ

f:id:annion:20131022200031j:image:w640

ズーマー

f:id:annion:20131022201027j:image

僕的にはリトルカブなんですが、骨折した右足の方にリヤブレーキがある。

左足はクラッチだが、当然、走り始めは右足でバイクを支えなくてはいけない。

多分、その時に右足にかかる加重は常識的にわざとらしく傾けても(車重+体重)/4が最大なので(81kg+64kg)/4=36kgつまり1/2加重をかける事が出来れば可能です。

一方ズーマーという良くわからないデザインの原付は完全なスクーターで、上手くいけばシートの下に松葉杖や杖が収納できそうだ。

で、本当に右足はあまり使わないのか?

コーナーリングの時に足を出す。場合によっては停止時に右足でバイクを支えることもある。

例えば、自転車で足を出して曲がる時ってどういう時だろうって考えると、ロードバイクではまずありえない。MTBではあるかも知れないが、あくまでもバランス取りの足だしで出した足を起点にしてターンするなどということはない。

だから、原付バイクで足を出して曲がるなんてことは無いだろう。

などということを考えて、今、原付バイクを買おうかどうしようか考え中です。