ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Anno Job Log

2005-11-13

annojo2005-11-13

[][]レオナルド・ダ・ヴィンチ 真理の扉を開く

「レオナルド・ダ・ヴィンチ 真理の扉を開く」を読む。

コンパクトながら、絵、資料豊富で、中身も簡潔ながらオーソドックス。

ダ・ヴィンチについての基本的なことが一通り分かる良書。


しかし、読んでいきながら、驚くべき発見もあった。

第一は「告知の天使」(The Angel of Annunciation)という作品だ。

この作品、ダ・ヴィンチのデッサンに基づき弟子の一人が制作した作品だそうだ。

洗礼者ヨハネとよく似た作品なのだが。

http://www.ne.jp/asahi/art/dorian/D/daVinci/daVinci.htm

なんと受胎告知しに来た天使の股間にペニスが描かれている。

しかも天使の年齢に比較して、不釣合いに大きく、なおかつ勃起している。

単に写実的に「天使は男児である」と示したいなら、わざわざ勃起した巨大なペニスをかく理由もない。


で、読み進めていって、148ページ。

>性に関するレオナルドの見解

>「性行為やそこで用いられる器官はあまりにも醜いため、容貌の美しさや、当事者たちの装飾品や、性欲を包み隠そうとする慎ましさがなければ、自然は人類を失うであろう」


で、この部分はおおよそ知っていた。

だから、ダ・ヴィンチは、性嫌悪症ないしは、内面化されたホモフォビアがあり、その理由は、若いころ、同性愛嫌疑で逮捕歴があるからでは?、と推測していた。

しかし、

>「陰茎は人間の頭脳と関係があり、時折それ自身の頭脳を持っている」

>男は陰茎を恥じるべきではなく、「祭式執行者のごとく厳かに誇示するべきである」


と、その後、書いてあった。


この箇所は驚き。


ダ・ヴィンチが性同一性障害であったとしたら、男性性器には嫌悪感がありそうなものである。

しかし、「告知の天使」は勃起し、ペニスは「誇示するべき」と。

ここからは、嫌悪感は感じられない。

ダ・ヴィンチは、女装自画像を書きながら、勃起してたのだろうか?

そうなれば、フェティシズム的トランスヴェスタイトか?


モナリザはひょっとして、下半身に勃起したペニスを隠している?


なぞは深まる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20051113