ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Anno Job Log

2006-05-30

[]道内初の性転換手術へ

札幌テレビ

http://www.stv.ne.jp/news/item/20060530185938/

道内初の性転換手術へ

自分の心の性と体の性が一致しない性同一性障害。その治療のための「性別適合手術」、いわゆる性転換手術が道内で初めて札幌医大病院で実施されることになりました。

(札幌医科大学倫理委員会委員長・斉藤利和 教授)「性器適合手術を希望して、本日倫理委員会で審査され承認することになりました」

性転換手術の実施はきょう開かれた札幌医科大学の倫理委員会で、承認されました。これは、東北以北では初めてのことです。手術をうけるのは札幌の会社員大城美咲さん(42才)。職場では男として仕事をしています。大城さんは自分の性に違和感を持ち、男性から女性への性転換手術を希望しました。

(大城さん)「肉体は男性として生まれたので男性に近づこうとしたんですけどやはりそれはごまかしだった。ごまかして生活していたうちは何とかしのいでいたんですけど、やっぱりごまかしきれるものではないんですね、自分のなかでも」

札幌医大病院では2003年から国内3番目の病院として性同一性障害の診断と治療を始めています。今回、大城さんの手術にかかる費用は120万円ほどで、生殖器を心の性に合わせるための手術を行います。大城さんはすでに2年前から2週間に1度女性ホルモンを注射していて体には変化も出始めています。

(大城さん)「胸が出て来たり、お尻が大きくなったりあと肌の質感が変わったりというような効果があります「(Q手術後の自分はどういうイメージがありますか?)まず今は男性として勤務しているのを環境を変えて職場の理解も幸い理解も得られて配置転換という形で新たな女性として通勤できる職場を今用意してくれようとしていますので、その中で100パーセント自分の生活の中で女性として過ごせるようになれば、それが一番嬉しいです」

現在、札幌医大病院で性同一性障害の治療を受けているのは10代から40代までの226人でそのうち20パーセントが性転換手術を希望しているということです。

(2006年5月30日(火)「どさんこワイド180」)

[]性同一性障害を診療する東京都の109の医療機関。


東京都立中部総合精神保健福祉センターが毎年出している「精神科・神経科・心療内科医療機関名簿」と言うのがある。

これは転院先を調べるときなどに大変便利なものなのだが。


今年の名簿を見て驚いた。

掲載されている579医療機関の中で、「医療機能情報」(診療対象疾患)で「性同一性障害」を挙げているのが109機関もあった。(ざっと数えたので数え違いの可能性はあるが)


一般に、「性同一性障害を診る医療機関が足りない」と言う言説はあるのだが。

何かすごいことになってるなあ、というのが正直なところ。


実際に、個々の医療機関がどういう診療を行うかは定かではないのだが。

とりあえず、下記リンクから、名簿を見ることは可能。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/chusou/iryokikan.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/annojo/20060530