Hatena::ブログ(Diary)

風を切る羽根

2018-02-21

木村ファン

ツィッター盲導犬の話題があふれているのでなぜ?と思ったら、
あ〜また嘘をまき散らしている人がいるのね
木村君が蜷川さんの舞台から逃げたと?

古いファン、ばかりか、新規と言われる人だって、ちゃんと木村君に興味をもっているなら、必ず知っている木村拓哉のターニングポイント。
繰り返し繰り返し、ご本人も自分が今あるのは、この蜷川さんの舞台の経験であると言っている。

まぁ、知らないんでしょうね。
そもそもパラレルワールドの、違う世界に住んでいる方なんでしょうから(笑)

でもここでも、気持ちがスカッとするのが木村君のファンの対応だ
その嘘を覆す証拠が即座に出てくるの
もうねいつもながら、こういうのを見ると、先輩たちありがとう!!と言いたくなる。

私も、随分ファン歴は長くなったけれど、それよりずーっと長いファン歴を持ち、その時々の木村君の資料を、きちんと保管している方々がたくさんいる
それって、すごいこと

それだけ長く、その時々の木村拓哉の歴史を、いとおしく、たいせつに保管しておくということは、愛がなければできないことだ。
木村拓哉という人の強みは、こんな風に長い歴史を共に歩んできたファンが沢山いることだと思う。
そういうファンがいる限り、嘘は見過ごされない。

木村君も、そういう共に歩いてきたファンの存在は、きっと知っていて大切に思ってくれていると思う
あの騒動の中、真っ先に言葉にしてくれたのは、ファンへの思いだった。

あくまで、ファンファンでしかないわけだけど、そこに何となくあちらからの温かい思いを感じるのは、妄想ではないと思っている(笑)

2018-02-18

びっくり!

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802180000068.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp
 朝一番に目に飛び込んだニュースに、ドキドキが止まらない
まさか、まさかの山口智子さん

ロンバケに思い入れがあるせいか、単純にうれしい!!てならないところが困ったことだ

いやいやもちろんうれしいんだけど、山口智子木村拓哉の並びを、即座に南と瀬名に変換してしまう脳yが出来上がっているから、混乱してるのだと思う(笑)

記事を見ても、あ〜南と瀬名が並んでると、ちょっと涙が出たりして、もう20年もたっているのに今も私の中で息づいている二人。

でもいくら脳内で瀬名、南に変換されても、南の横に並んで立っているのは、確かにBG島崎章であって瀬名ではないんだよね
ある意味すごい、即過去に引き戻される脳に、きちんと今を見せる役者木村拓哉

きっとドラマを見終わった後には、二人の並びは、島崎章と元妻になっているだろと思う。

2018-02-17

まだ5話

いろいろな事を考えさせられる回だったな
島崎の抱えていた、苦悩の正体は分かったけれど、あの時どちらを選んだとしても違う苦悩を抱えるだけだった
本当は純也だってわかっていたはずなんだよね
島崎のせいではなかったこ

何かのせいにするのは、つらいことから逃げるのに、一番都合のいい方法
でも、そうやって逃げていることは自分が一番わかっているわけで
いつかは向き合わなければいけない時が来る

純也は最後の最後で、もう一度島崎に助けを求めたのかもしれないと思った。
そこに島崎への絶対的な信頼を感じる
過去の事件でねじれてしまったけれど、ふたりの間にある深い心のつながりみたいなもの、それが別れのシーンに重なって、心にぐっと来た

凶と万次を演じてできた俳優としての深い信頼関係が、このシーンを素晴らしいものにしたんだと思った
なんだかきゅんとなるコンビだな(笑)

私はどちらかというと、木村君の泣く演技より、涙を流さないけれど目の色が変わっていくような静かな悲しさや絶望の演技が好きだ
例えば、ハルが駅で母親を見送るシーン、華麗なる一族父親にお前さえ生まれなければと言われて空を見上げたシーン、ロンバケで南を窓から見送るシーン、マンションの前で杉崎と出かける南を見て声もかけずに立ち尽くすシーン・・・・・

探せばいくらでも出てきそうだ
あんなふうに、目から光がうしなわれていくような、繊細な演技をする俳優さんを私は初めて見た。
見ているこちらにも、深くずしんと悲しみが伝わってくる。

でも今回の章さんの涙には心をわしづかみにされた感じだ
章さんの、純也への気持ちが痛いほど伝わってきて、素直に涙になって流れた

2018-02-15

BG5話

ドラマを見て久しぶりに泣いた。
章さんの涙は重くて深い
ふたりが抱えてきた過去の苦しさが、違うものになってあふれたという感じだ。
純也はやっと逃げていたものに向き合うことができたんだね
ザッキーは寄り添うことで、純也を最悪の事態からも守り、一歩踏み出す勇気も与えたのかもしれない
決してこれで終わりではない、苦しさから解放されるわけでもない、でも一歩前に進めた。
ザッキーは今度は純也を守ることができたんだね

「じゃあな ザッキー」でもう耐えられなくなって、章さんの涙でぼろぼろ(笑)
美しいシーンだったな。

凶以来の満島さん、やっぱりいい俳優さんだわ
またいつか共演してほしい俳優さんだ

夢を与える存在は逃げてはいけない・・・・・木村君の口から聞くとずしんと心に響く。
そのつらさを誰よりも知っている人だもの。
井上由美子さんが、あえて入れた言葉なんだろうかと思ってしまった。

それにしても章さん強い
ダメダメな癖に強いって言われてたけど、来週からは少し見直してもらえるのかな(笑)

愛子先生も、まだ何か企んでいそうだし、来週は仁美さんの依頼?
来週も、ますます楽しみになった。

2018-02-14

ちょっと愚痴

Iさん主演映画が決まったそうだ
ちょっとあらすじを見たら、見たくなる映画だった。
たぶん、以前だったら必ず見に行った映画だと思う。
でも今はまだ駄目だな。拒否反応が出てしまう。
本当に残念なことだ。

そんな風に、退所組も、順調に仕事が決まっていくのに、まだ過去に戻したい人たちがいるのが不思議。
もう過去を取り戻したいとか言うより、あの場に残りの二人がいないのが不満なだけのような気もしてくる
もしかしたら、彼らにどうなってほしいという、明らかなビションもないのかもしれない。
ただ壊れてしまったものを元に戻せと、駄々をこねているだけに見える
本当にスマップを、長いこと応援してきた人たちだろうか?
四方八方に敵を作って、かえってスマップの歴史さえ、傷つけているように見えるけど。

もう一つ不思議なのが、当のご本人たちが過去を否定すればするほど、過去を忘れられない人たちが、被害者意識を募らせているように見えること。
何度、本人たちが自分たちの意思で進む道を決めたといっても、過去(スマップでいる)より今のほうがずっと幸せといっても、本当は,事務所に解散させられて、今でもいろんなサインを送りあいながら、5人は今も再結成を願っていると思い込む人たち。
もう現実の5人より、自分たちの作り上げた物語の中の5人にしか興味がないように見える。

どんなふうに、応援しようとかまわないと思うけれど、そのことで私が好きだったスマップの姿が歪んでいくのがつらい
壊れてしまったけれど、ある時期まで、本当に素敵なグループだった。
ファンの中でも、きちんと終わらせないと、過去まで壊れていく気がする