Hatena::ブログ(Diary)

ヲはヲタのヲ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-12-31 大晦日

お昼を食べに出かけてみたら、人出はそれなりだけれどクルマがめちゃくちゃ少ないですね〜。 普段の休日とは違う独特の空気が、いかにも大晦日(お正月休み)という雰囲気を醸し出していてイイ! 自分の行動は普段と何も変わらないのがアレだけどw

第58回 NHK紅白歌合戦

去年も一昨年も、OA を見ながら延髄反射で色々と書き殴っていたので今年もw


ハロー!プロジェクト10周年記念紅白スペシャル隊 19:20

熊井友理奈

オープニング、地デジだとさゆが見えるのに地アナフレームの外だったのが残念だ。 「Special LOVE Mix 〜幸せ平成20周年Ver.〜」つうことで、実際の中身がどんなのかな〜と思ったら、予想どおりめちゃくちゃだw 時間が短いところに詰め込んでいるので、お茶の間の大多数には「LOVEマシーン」しか印象に残らないでしょうね。 さらに残念だったのが、フォーメーション的に熊井ちゃん身長があんまり目立っていなかったところかな〜。 画面では抜かれていたので良かったけれど。


演歌タイム

う〜ん、いかにおやぢとはいえド演歌はまったく聴かないし、正直聴いても良いと思えないからなあ… 美川憲一も去年に比べるとイマイチだったし。 ハロプロメンバーがバックを務めるらしい香西かおりまで離席っと。 そいや、演歌勢に紛れて w-inds. が歌ってましたねw


香西かおり 20:05

ジュンジュン目立ってるよジュンジュン。 コーラスの効果はともかく、全員が同じ衣裳に似たような髪型で一瞬誰かわからないメンバーがいましたね。 亀ちゃんとかw 


AKB48リア・ディゾン中川翔子 20:15

ワタシはAKBヲタではないので個が認識できないのがきついですね。 誰か一人でも知っていれば印象が変わると思いますが、あれだけの人数いて誰も知らないとなると単なる背景と大差ないかも。 ソロ人達は、ソロというだけでめちゃくちゃアドバンテージがあるよなあ。 超短い時間矢島舞美ちゃんの台詞を突っ込んだハロプロ勢の演出は、そういう意味では上手いかもしれません。 しかし、出演5分前くらにブログ(しょこたんぶろぐ)更新しているしょこたんはすげえw


すぎもとまさと 20:45

弾いていたのは Taylor の Doyle Dykes Signature かな。 いいな〜、あのギター


小林幸子Gackt 21:30くらい?

いかん、意識が朦朧と… 小林さんのはエコというお題目が全てに優先する時代に逆行していて潔よすぎというか、バカ(ry 来年、逆に超シンプルに攻めるための壮大な前振りなのかもしれませんが。 Gackt の方は、えらい演出ですね〜。 キャラに合っているし、一種の様式美みたいなもんでしょうか。 


眠い… 


ということでそのまま寝落ちしてリアルタイムで見続けることが不可能でしたw あとからざっと見た感じでは、あんまり面白くなさそうですねえ。 紅白に面白さを求めてはいけないんでしょうけど。

℃-ute が日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞!

公式

http://www.helloproject.com/newslist/cute_0712302200.html


権威は地に落ちたと言われて久しい日本レコード大賞とはいえ、とにかく明るい話題で注目を浴びるのはいいですね。 オメ! にしても、さすがまいまい姉さんはしっかりしてるよなあw リーダーはじめ他のメンバー号泣の中、ピースサインをかます余裕っぷり。 アナウンサー自然マイクを向けるのも納得です。 しかも、いい案配にテンパリつつもソツのないコメントだったし、来年以降も目が離せません。 いろんな意味℃-uteキーパーソンまいまいなのかも。


℃-ute が正式にお披露目されたのは、2005年6月11日なっちふれあいコンサート初日、木更津公演です。 ワタシはなっちヲタなので当然のように観にいきましたが、いきなり ℃-ute メンバーだけの「ピリリと行こう!」でスタートして、思わずこけそうになったのを思い出しますw 当時の状況からすると半分詐欺みたいな公演だったし、寸劇とか掛け値無しに寒かったけれど、今となっては思い出の一コマですね。 しかし、「130センチになりました、萩原舞です」と舌足らずに自己紹介していた子が、レコ大インタビューに堂々と応えるようにまで成長したんですねえ… しみじみ。 ふれあいコンそのものについては浜松公演のとあるシーンが今でも脳裏に焼き付いているけど、℃-ute には直接関係ないのでスルーっとw

duck180duck180 2007/12/31 18:50 こんばんは。
自分が日記を続けてこれたのもANOMALAさんの影響がでかいです。ヲタ活動には敬服しております。来年もよろしくおねがいします。

anomalaanomala 2007/12/31 19:00 こんばんは♪ こちらこそよろしくです。
来年もお互いおやぢらしく健康に留意しつつ楽しいヲタライフが送れるといいですね。

100円エコPCマーケット100円エコPCマーケット 2011/07/02 09:59 パソコンが欲しいけれどお金が…とお嘆きのあなた。
有名メーカーのパソコンがたった100円から!!
インターネットの契約もできて一石二鳥。

まずは気軽にアクセスしてみてください!!

メーリングリストに登録すれば、パソコンプレゼントのチャンスもあります。

2007-12-30

埼玉県南部らへん、雷は鳴るは雹みたいなの降ってくるはで大荒れの天気ですね。 天気予報もこんだけ豪快に外れると、とりあえず笑うしかない。

Uncle Charlie & His Dog Teddy / Nitty Gritty Dirt Band

Uncle Charlie & His Dog Teddy

Uncle Charlie & His Dog Teddy

大掃除で出てきた大昔のカセットテープに入っていたアルバムシリーズ。 最近、この手の古き良きアメリカ〜♪という感じのバンドはあまり聴かないですが、カセットテープに録っているくらいなんで嫌いではないです。 古臭いとかダサイの一言で片付けてしまうには勿体なさすぎるクオリティだし、日常的に聴かないまでも、広い意味での癒し系音楽のひとつとして捉えれば、悪くはない気がします。 


収録曲のうち「Mr. Bojangles」と「House at Pooh Corner」はかつて日本でもそこそこヒットした楽曲だし、CM にも使われたりしていて、耳にしたことがある人も多いはず。 邦楽洋楽を問わずに、時代をモロに感じさせつつもエバーグリーンな楽曲を聴くと、郷愁に似たある種の感情が呼び起こされるとともに、いつのまにか歳をとったなあという一抹の寂しさで胸キュンになるところがおやぢのおやぢたる所以でしょうか。 う〜ん、なにが言いたいんだか夏わかめですいません。

松浦亜弥さんからコメントが届きました!

ライブ台湾

http://www.livetaiwan.jp/news/newsc/news_page.php?act=271226330


品川プリンスホテルで収録したということで、ディナーショーの最初の衣裳ですねえ。 あらためて見ても、あややラジオ男性のお客さんと目線が合わない(顔よりやや下にきてる)と言うだけのことはあるかも。

カセットテープ

TDK SA

年末ということで大掃除をしていたら、大昔のカセットテープが大量に発掘されました。 写真TDK SA あたりが一番古そう。 昔はどんなの聴いていたんだっけかな〜とタイトルを見ても、今とそんなに変わらないですねw 唯一違うのが、クルマの助手席の人用に迎合して作ったと思われる J-POP ものがあったりするところでしょうか。 最近そういうシチュエーションって縁遠いなあ…


一部気になるテープがあって聴きたいのに、肝心のカセットデッキがありません。 ハードオフあたりで適当なの買ってこようかな。

第6回ハロプロ楽曲大賞2007の結果

大方の予想どおり? 毎度のことながら、CD の売上枚数と順位が必ずしも同じではないところが面白いですね。 月島きらりのようなアニメタイアップ物以外はヲタしか CD を買っていないと思うけれど、いい曲だと思うものの買うほどでもない(買いたいけど余裕がない)という層が多いのかしら。 推し(のいるグループ)の CD だからという理由で買う層は多いでしょうけど、ヲタの行動としては当たり前ですね。

今年の投票者数は789人ということで、去年の956人から200人近く減少しているのは、単純にヲタが減ったのか、それとも楽曲大賞に飽きてきたのか、はたまたその両方なのか、ちょっと気になるところです。


第6回ハロプロ楽曲大賞2007

http://www.k2.dion.ne.jp/~prse/hpma/2007/youarenotalone/song.htm

2007-12-29

ハロー!プロジェクト Singin' Night at STB139

公式

http://www.helloproject.com/schedule/01/02/list/list-nakazawa.html#Singin_Night


ハロプロもついにこの手のハコに進出ですね。 まずは中澤ねえさんみたいですが、後続にも期待したいところです。 チケット代が¥7,350 つうことは、格的には Allan Holdsworth よりやや下って感じかなw ディナーショーを開催するホテルのバンケットルームに比べれば肩のこらない雰囲気だし、純粋音楽を楽しむ場としてジャズクラブは好きかも。 キャパも小さいので、後方の席でも十分だし。 そして何より、ギネスが置いてあるのがデカイですねw


唯一の難点は、チケットを入手しにくいという点ですかねえ。 なにせキャパが300もないので厳しそうです。 カジュアルディナーショーに比べれば競争率は低そうですが、FC限定で握手+ポラあり vs 一般発売ありでチケット代が安い、という条件の差がどう影響するのかよくわからないですね。

2007-12-28

今日東京気象庁の時系列予報ではお昼は曇りで15時には雨だったような気がするなあ… 良い方向に外すと文句も少なそうですが、ハズレはハズレですから〜。

ハロコンのグッズ

公式

http://www.helloproject.com/museum/tour/08_hpwinter/index.html


面倒くさいのか、エルダークラブの方はソロ組でひとまとめという荒技を繰り出してきましたが、なんの脈絡もない組み合わせなのでマイナスの効果しかないと思います。 あと、Unhappy Bag!に付いてくる写真が「エルダークラブは24種類になります」って書いてありますね。 ソロ組8人+メロン記念日4人+美勇伝3人+音楽ガッタス10人で25人なんだけど…

2007年下半期の現場

今年の現場も全部終わりということで、この半年に行ったコンサート/イベントをまとめてみました。 ちなみに上半期のリストはこちら(id:anomala:20070704#p2)。 去年は上半期に47公演、下半期に54公演に出かけているので、今年の上半期50公演、下半期64公演というの少し出かけ過ぎ☆カナ


続きを読む

松浦亜弥 X'mas ディナーショー 2007 品川プリンスホテル 第2部(2007.12.22 20:00〜) その2

当日のレポ(id:anomala:20071222#p1)の続きです。 本公演のバンドメンバーは、菊池真義(g)、相沢公夫(key)、千ヶ崎学(b)、長堀晶(ds)、クボタさん(per)というメンツでしたが、菊池さんの参加はこの公演がラストでした。

品川プリンスホテル

続きを読む

電脳丸三郎太電脳丸三郎太 2007/12/29 00:34 石川さんが重複してるからだと思いますよ。>24人

anomalaanomala 2007/12/29 07:08 単純明快なご指摘ありがとうございます。確かにそうですよねえ。だいぶボケてきたようだ…

2007-12-27

ANA から小包が届いて「なんだべ?」と思ったら、春頃にやっていたキャンペーン賞品の DS Lite が到着。 やたー! けど、ゲームPCでやるFPSにしか興味がないので即(ry

ハクセキレイ

河原の石の上などで尾羽をヒョコヒョコ振っている姿をよく見かけますが、普通の街中にもいる身近な小鳥の仲間です。 東海道本線興津駅(静岡県静岡市清水区興津本町)で電車を待っていたら、ホームの端からこちらに向かって歩いてくる姿が目にとまりました。 やたら人に馴れた個体ですごく近くまで来るもんだから、逆に写真を撮るのが大変でしたね。 元々落ち着きが無いタイプですし。

ハクセキレイ

この個体は背中が灰色をしていますが、冬羽なのかメスなのか若い個体なのかは不明です。 ちなみに、興津駅ってこんな感じの場所です。 どこにでもあるような、これといって特徴のある環境ではないですね。

興津駅

2007-12-26

続ぶらり途中下車せずの旅 パート4

ディナーショー三昧の旅も最終日となって、あとは埼玉県南部らへんに帰るだけですね。 一瞬、高山本線から富山に抜けるルートが頭に浮かびましたが、さすがに時間がかかりすぎるので却下です。 明日もお休みなら迷わず実行したかもしれませんがw で、上りの新快速に乗っております。


豊橋 08:30

さすがに3日連続で同じ駅しかも在来線でって、我ながらアホなことやってるなあと思いますねw ホテルをチェックアウトする時点では飯田線チャレンジしようかと考えていましたが、連日の疲れもあるし明日の仕事差し支えてもアレだし、大人しく東海道線浜松行きに乗車です。 んで、二つ目の新所原で下車して、こんなきっぷを買いました。

みちくさきっぷ


□天竜二俣 10:30

天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線は、旧国鉄二俣線を引き継いだ第三セクターの路線ですが、浜名湖北部のひなびたエリアを走っているので、それなりにローカル線ムードが満喫できますね。

というわけで、ワンマン気動車1両でガタゴト揺られてやって来ました、天竜二俣駅。

天竜二俣駅

別にここが目的地ではなかったけれど、駅構内の雰囲気がすごく良かったので発作的に下車しただけですw おかげで1時間ほど二俣の町を散歩するはめになりましたが。


富士 14:00

雲ひとつない青空が広がって、富士山が綺麗ですね〜。

富士駅

甲府行き。


甲府 17:15

身延線のような、大きな河川に沿って山間を走る路線は、独特のリズムがあっていいですね。 開けた河川側と反対側に迫る崖やら森やらのバランス感が、すごく日本的だと思います。 今日はアホみたく天気が良かったので、車窓からの眺めも格別でした。


ただいま特急かいじ立川までワープ中! もう気分的には帰ってきたも同然ですね。

松浦亜弥 X'mas ディナーショー 2007 ウェスティンナゴヤキャッスル(2007.12.25 18:30〜)

あややクリスマスディナーショー、全公演が終了しました。 それにしても、今日はお客さん多かったですね〜。 テーブルレイアウトは、10人掛けのテーブルで横が A〜-F で縦が9列くらいあったような気がします。 客層はヲタはもちろん、小さい子供を連れた家族だとか、ケバめなおねいちゃん二人連れだとか、すごくバラエティに富んでいたのが印象的でした。 フロア巡回時に姿勢を低くして子供に話しかけるあややの姿を見ていると、なんだかこっちまで和んでしまいますね。 ハゲ頭をなでられたおやぢもいたけど、そっちは別に和めませんでしたw

ただ、お客さんが多くなってくると空気を読めないやつも増えてくるのがネックかな。 ヲタかどうかには関係無しに。 ワタシの後ろのテーブルにいた女の子二人組みなんて、歌の最中にぺちゃくちゃしゃべっていて気になりましたね。 ショー慣れしていないのか、逆に慣れすぎてるのか不明ですが、ここらへんはどうしようもない感じです。


□ディナーとか

お料理はちょっと変わったメニューでしたが、他のホテルの様にメインに牛フィレ肉とかありきたりなのは、ヲタどもも飽きてるんだろうなと察してくれたのでしょう(嘘)。

シロップ漬けのハイビスカスとフォワグラムース

クロスティーニとアプリコットソース添え

 

コーヒー風味の鴨胸肉のロースト

 

ベーコン入り蕪のクリームスープ

 

タラバ蟹と新鮮魚のムース 長芋のカイエット仕立て

ワイルドライス大麦のリゾット グリーンアスパラのフライ添え

ホワイトバルサミコバターソース

 

お楽しみクリスマスデザート

 

コーヒー

 

ホテル特製パンとバター

お味の方もなかなかで美味しくいただけたし、サービスの方も問題なし。 フロア係にテキパキと指示を出す人がいて、大人数の割には滞りなく進んでいたように思います。 あと、スペシャルカクテルとして "桃色片想い" と "渡良瀬橋" というネーミングの軽めなやつがあって、これは人気がありましたね。 去年もそうでしたが、メニューに載っていないので気がつかずにスルーした人もいたかも?


本編

ワタシのテーブルは前から4列目の真ん中らへんで、すぐ側をあややが通るということは無かったですが、ライブ鑑賞はやはり端っこよりは真ん中だなとあらためて思いました。 ディナーショーだとフロア巡回で端っこも救われますけど、音のことを考えても真ん中らへんの方がいいですね。 まあ、すぐ側にあややが来るなんていうのはディナーショーならではなので、ならでは感を満喫するのには通路側も捨てがたいのは確かですけどw 色々考えると、一番いいのは島ステージ後方最前ど真ん中かな?


今回のディナーショーは、秋コンと同様に会場によってバックミュージシャンに多少違いがありますが、今日の公演は、相沢公夫(key)、早乙女としや(g)、千ヶ崎学(b)、福長雅夫(per)、山口鷹(ds)というメンツでした。 ちなみに、大阪ギター早乙女さんでしたが、アンプ等のセットは菊池さんのと同じですね。 VHT のパワーアンプに Custom Audio のキャビネット、足元に Line6 POD XT LIVE だったし、ラック等の配置そのものも同じでした。 使っていたエレクトリックギターは違いますけど(モデルは同じく James Tyler の Studio Elite)。 アンプ等は借りたのか元々レンタルなのか不明ですが、ピンチヒッターとしてこういうのはやりやすいのかなあ? ま、気にするほどでもないかw


今日あややは声が微妙にかすれぎみでしたね。 ドリンクが普通の水の他に、秋コンの MC で喉にいいとか言っていた、はちみつレモンっぽいやつも用意されていました。 まあ、パフォーマンスは文句無しだったし、すごく気になるというほどでもなかったですけど。 つうか、微妙にかすれぎみの「ダブル レインボウ」は、ワタシが参加した回の中では本公演のパフォーマンスが一番良かったように思えました。 コンディションが万全ではないと、逆に負けん気が出てきてそれが良い方向に作用するのかもしれません。


つづけ?

2007-12-25

新横浜駅を出て右手あたり(いつもの場所)に生写真の露天が出ていたのでなんだ?と思ったら、24日は横浜アリーナタッキー&翼コンサートがあったのですね。 あの人たちはジャニーズ相手でも似たような事やってたのね〜(同じ業者かどうかは知りませんw)。

続ぶらり途中下車せずの旅 パート3

告知不足だったせいか朝一番に客先からの電話が着信して一瞬ブルーになりましたが、かけてきたのがすごく仲のいい奴だったので適当世間話をして和気藹々のうちに終了。 助かったぜw 今日はショーの受付時刻が若干早めなこともあって、東海道一直線コースですね。 ああ、つまんね。


熱海 11:00

小田原まで東海道新幹線というヘタレモードを駆使して熱海に到着。 平日にもかかわらず、やたら観光客が多いのはいつも通りの光景ですが、青春18きっぷ旅行中と思われる学生さんグループも目に付きますね。 ここからは、JR東海211系5000番台3両編成ロングシートトイレ無しという、ある意味すごく旅情を誘う電車静岡を目指して GO!


島田 13:30

静岡駅のホームにある立ち食い蕎麦屋さんで昼飯食ってから、次に来た島田行きの電車に乗って前進です。 しかし、またまた211系5000番台3両編成ですねえ。

211系5000番台

写真島田駅に到着した同電車です。 ホント、嫌がらせのようにコイツばっかやって来るのがJR東海クオリティ。 島田からは幸い313系電車ですが、冷静に考えると大差ないなw


豊橋 15:00

昨日も在来線でここに降り立った気がするけど、細かいことはどうでもいっかw 


名古屋 16:00

JR名古屋駅

昨日も在来線(ry 新横浜小田原新幹線だったとはいえ、約5時間40分の行程なんで近いというか物足りないというか。 東海道沿線はずーっと曇りのお天気でしたが、名古屋も曇りですね。 気温もそんなに高くないし、ちょっと肌寒い感じです。 


本日の旅は終了!

安倍なつみ X'mas Dinner Show 2007 〜夢のコンチェルト〜 新横浜プリンスホテル 第2部(2007.12.24 19:45〜)

持っていたチケットの整理番号が100らへんだったのであんまり期待せずに行ったら、島ステージのすぐ横かつ通路に面した位置で超ラッキーでした。 なんだかんだ言って、なっちが至近距離に来れば嬉しいことには変わりないですからね。 徳武さんかぶりつき席とかあれば、そっちも楽しそうですけどw


□メニューとか

料理はごく普通レベルでしたが、サービスにやや難ありかな? オーダーしていないドリンクを持ってきたり(=オーダーした人に届いていない)、時間の関係かやたらせかせかした感じだったり。 タイムテーブルではディナータイムが1時間あるけれど、実際にはショー開演前のロスタイムがあるので、もう少し長めに取った方がいいと思いました。 んで、メニューはこちら。

真鯛のカルパッチョ仕立て スモークサーモン、ズワイ蟹のタルタル添え

山葵風味のドレッシング

 

カリフラワーのクリームスープ カプチーノ

 

牛フィレ肉のキャベツ包み赤ワイン煮

ポルト酒風味のほのかに甘いソースと共に

 

ホワイトチョコレートムースのクレープ包み、ヨーグルトアイス添え

 

コーヒー

 

パン

温かい料理がちゃんと温かいのは良かったです。 当たり前のようですが、温かくないケースがそこそこありますからねえ… なっちMC でスープが気に入ったと言っていました。


本編

座席の配列はこんな感じでした。 ちなみに、1テーブルあたり10人です。

新横浜プリンスホテル座席表

ステージは C4 相当の位置(B4とD4の間)にありました。 通路はメインステージと島ステージの往復が A-B 間と D-E 間のふたつ、あと3列と4列の間が横方向の通路になっていましたね。 後方も巡回していましたが、どういうルートだったのかは不明です。


バックミュージシャン関係ネタでは、徳武さんの Telecaster Dr.K モデルがいつものゴールドのやつに戻っていたのと、ストリングス系の音はほとんどが河野さんの EWI によるものだったのが判明したくらいです。 それにしても、河野さんは忙しそうですね〜。 EWI でのサポートが多いので、サックスを使う曲では頻繁に持ち替えるし、そのサックス自体も3種類用意しているし。 曲によっては、サックスが入るとグッと色っぽい大人なムードになるので、あややの方にも参加してもらえないかしらw


詳細は明日以降につづけ…

2007-12-24

続ぶらり途中下車せずの旅 パート2

ただいま近江塩津行きの新快速に乗車中♪ 守山あたりでは空に綺麗なシングル レインボウが架かっていました。 この先東海道本線の旅はつまらなさそうだし、ツアー2日目にしてやや疲れてきた気もするし(なにせおやぢなのでw)、新幹線で一気にショートカットする可能性高し…


豊橋 14:30

米原駅

写真米原駅です。 さすがに連休中かつ良いお天気なせいか、観光客とおぼしきグループが大量にいて、えらい賑わっていました。 これが豊橋あたりになると、もっと生活感にあふれた空気が漂っていますね。 ここまでのところ、大垣の駅ビルで食事をしたのが失敗だった以外、順調に来ているかな。


静岡 17:00

そろそろ在来線の旅に飽きてきたので、静岡からは東海道新幹線でサクッと。 今日の会場は新横浜ですが、明日はまた名古屋に移動だし、一旦ウチに帰るのも面倒だし、ということでホテルを予約済みです。 もちろん、新横浜プリンスホテルじゃないところをw


新横浜 18:00

ごだまとはいえ、さすがに新幹線は速いですね〜。 久しぶりに新横浜駅の改札外に出てみたら、派手に工事をしていて、どこがどうなっているのかさっぱり分からなかったりしてw 前回来たのは今年のハロコンの時だったような気がするので約1年ぶりですけど。 ホームもエスカレータ設置工事だとかで、階段が10号車あたりにしかないのは不便でした。 さてと、風呂でも入ってから出かけますか。


本日の旅は終了!

松浦亜弥 X'mas ディナーショー 2007 リーガロイヤルホテル 第2部(2007.12.23 20:15〜)

好意的に捉えれば、今まで参加したことがあるあややディナーショーの中で一番盛り上がった公演と言えなくもないけれど、とにかく酔っ払いがウザすぎて残念な空気が強めでした。 MC 中に大声でアホなチャチャを入れるだけでもウザいのに、静か目の曲を歌っている最中の奇声なんて、普通コンサートでもありえないですね。


※補足

一応書いておくと、ウザい酔っ払いは最後列らへんでした。 おまいつなやつらが前の方に固まっていたので、少なくとも FC 枠のテーブルではないですね。 それどころか、とあるメジャーな曲に対する反応からすると、ハロプロファンですらないと思います。 飲み過ぎてつぶれていたりとか、何しに来ているのか理解不能なやつもいたけど、こういうのは純粋に酒を飲みに来たんだろうなと察して生暖かく放置するしかないかも。


あと、フロア監視係のスタッフが立っている位置がお客さんに近すぎです。 ワタシは最前列の端っこテーブルだったんですが、ステージ方向を見ている状態で、すぐ横に立っているのが目に入って気になりました。 酔っ払いは論外ですけど、こういうのも雰囲気を壊す要因のひとつなのは間違いないので、相応の配慮が欲しいところです。 


と、文句ばかり書いておりますが、あやや自身はけっこうノリノリで、楽しいショーでしたね。 1曲目とか、歌詞も完璧だったしw 高音パートで一瞬声がかすれたりする場面もあって疲労は隠せない感じではあったものの、全体的なパフォーマンスは良かった気がします。 MC は相変わらずの上手さを発揮してたけど、特に質問コーナーのところが良かったですね。 質問の流れで、(あややが)男になってもこうやって聴きにくるか?と聞かれて「ハ〜イ」と能天気に手をあげるヲタに対して、あやや「絶対うそ。客席歩いたときにここ(自分の胸元を指して)しか見てなかった」で爆笑でしたねw


つうことで、続きは明日以降にでも…

2007-12-23

続ぶらり途中下車せずの旅

真新しい青春18きっぷに日付印を入れてもらう瞬間って、これから旅に出るぞ〜という気分が盛り上がってくるシチュエーションのひとつですね。 とりあえず今日目的地は大阪ですが、夜までに着けばいいので中央本線経由のルートを選択してみたり。 まだ山梨県上野原市らへんを走行中だけど、低い雲に煙るそこいらの山々がいい感じです。


甲府 9:30

高尾から2時間弱で甲府に到着〜♪ ちょっと乗り足りない気はするけど、先は長いのでこれくらいが丁度いいかもしれませんね。 途中の梁川から笹子にかけてが結構な積雪で、いつもだったらお馴染みすぎて面白くない車窓風景も、なんだか新鮮に映りました。

甲府駅

これから写真の114系電車塩尻に向けて出発です(電車長野行き)。


塩尻 11:30

塩尻らへんも雪が積もってますね〜。 写真は以前ネタにしたことがあるミニエコーです。 なかなか乗る機会がないけど、ホームに停まっている姿だけでも和めますね。

ミニエコー

塩尻からは特急しなの中津川までワープです。

从 ´ ヮ`)<しにゃにょ〜


名古屋 14:30

中津川からはセントラルライナーに乗り継いで、やってまいりました名古屋。 なんだけど、イヤフォンが断線するというアクシデントが発生! ごく普通に使っていたのに根性無さすぎる KOSS KEB/24 なのでした。 さすがにイヤフォン無しではアレなので、駅前のビックカメラに寄り道して Philips SHE8500 をゲットしてきました。

PHILIPS Superb Sound Passive noise isolation SHE8500

PHILIPS Superb Sound Passive noise isolation SHE8500

このイヤフォン、低音がそこそこ出ている上に、中音〜高音域にかけて耳障りなクセがないので、すごく聴きやすいですね。 悪く言うと凡庸と言えなくもないですが、エントリーモデルにはこういうオーソドックスタイプって、なかなか無いような気がします。 エージングが進めばまた違った印象を持つかもしれませんが、2〜3Kクラスではオススメ製品じゃないのかなあ? …なんで乗り鉄中にイヤフォンのレビューやってるんでしょうねw


大阪 18:20

米原JR西日本が誇る223系電車新快速に乗り継いで、サクッと大阪駅に到着〜。 なんか、めちゃくちゃ暖かいなあと思ったら、18時の気温が 12.5℃ もあるんですね。 とりあえず今夜のお宿にチェックインして会場まで歩いていきますか。 ディナーショーなら会場になっているホテルを予約すれば楽そうな気はしますが、どうせ寝るだけなんで出来るだけコストを抑えたいところ。 日本語ではこういうのをセコイっていいますけど。


本日の旅、終了!

2007-12-22

松浦亜弥 X'mas ディナーショー 2007 品川プリンスホテル 第2部(2007.12.22 20:00〜)

この公演、FC先行申込み時点ではスルーしていたけれど、初日の山形国際ホテルでの公演がすごく良かったので急遽参加を決めました。 チケットぴあ出遅れ手配したので、あややフロア巡回時に近所を通ればラッキーレベルの席だと思いますが、楽しみなことには変わりなく♪

天気予報によれば、本日関東地方南部らへんは "雨か雪" だそうで、出かける時点で降っていなくても折りたたみ傘くらいは用意していった方がいいかもしれませんね。 ちなみに、天気予報で "雨か雪" と表現している時は、ほぼ雨な気がします。


オワタ。 んが、中央線の防護発報のせいで、山手線その他のダイヤが乱れまくってますねえ。 朝のラッシュなんか目じゃないくらい混んでるし、ろくでもないかも。 かろうじて終電に間に合ったけど、一歩間違ったら悲惨な事態になってたよなあ… 例によって終電車が遅れて帰宅は軽く1時を回っていたりするのがアレだ。


□ディナーとか

味はごく普通というか、特筆するような料理はなかったけれど、それなりに美味しくいただけました。 お酒関係では "First Kiss" というネーミングのスペシャルカクテルがあった他、それなりに充実していた気がします。 ちなみに "First Kiss" はこんなの。 ホワイトバランスがヘンな写真ですいません。

First Kiss

いい加減酔っぱらった頃に飲んだので、甘いという事しか記憶にありませんw って、どこかの DS レポに同じ事を書いていた気がする。 んで、メニューはこちら。

オマール海老のデリー

帆立貝のムースサーモンのバラ花添え イクラ飾り

"聖夜の饗宴"

 

"森の精" キノコクリームスープ パイ包み焼き

 

舌平目のポーピエット 桜海老のリゾット サフラン風味添え

 

牛フィレ肉のポワレ ブロッコリ添え 赤ワインソース

"クリスマスリース" 見立て

 

苺ロールのキャンドル仕立て アイスクリームフルーツ添え

 

コーヒー

 

パン

あややMC(というか、下手側通路を歩きながらしゃべっていた時かな)でパンが美味しかったと言っていましたが、確かにパンは美味しかったと思います。 が、「パンかよっ」と突っ込みたくなったお客さんも多かったんではないでしょうかw


本編

去年も来ていますが、さすがに品川プリンスホテルの会場はでかいですね。 横が A 〜 L、縦が23列あって、ワタシの席は20列らへんだったので、メインステージまでの距離は中野サンプラザ1階32列あたりと大差ない感じでした。 そんな中、あややが最初の衣裳で巡回する通路に面した位置だったのはラッキー! 自慢の亜弥(ry 島ステージは E-13 と F-13 相当の位置にありましたが、巡回そのものは縦横無尽って感じでしたね。 ここらへんは去年の公演と似ていたと思います。


今日あややは声の調子も悪くなかったし、PA の方もフロア最後方にしては聴きやすい感じの音だったし(あややボーカルに若干ショートディレイがかかったようなところもありましたが)、なかなか良い公演だったと思います。 客席も割と大人な雰囲気で、特に気になるようなお客さんはいなかったですね。 近所に話声が少しうるさいテーブルがあったくらいかな。 通常のコンサートとは違うテイストで演出されているので、見る(聴く)方もそれなりの心構えで臨むのは当たり前なので、ごく普通の状態ではありますが。


と、ここでいきなりネタバレ


続きを読む

duck180duck180 2007/12/23 01:41 お疲れ様です。ハコがあんなにでかいとは思いませんでした。ちなみに私は21列でした。全体を見渡せる良席?でした。満足です。

anomalaanomala 2007/12/23 02:22 お疲れさまです♪ なにやら良い事もあったようでw
品川プリンスはハロプロがDSをやる会場としては最も広い場所のひとつですね。
山形国際の2.6倍、リーガロイヤル大阪の1.5倍もあるんで、ちと大きすぎかもしれません。

2007-12-21

映像 ザ・モーニング娘。 ALL SINGLES COMPLETE 全35曲 〜10th Anniversarry〜

DVD映像 ザ・モーニング娘。 ALL SINGLES COMPLETE 全35曲 ~10th ANNIVERSARY~

DVD映像 ザ・モーニング娘。 ALL SINGLES COMPLETE 全35曲 ~10th ANNIVERSARY~

今までに発売された全シングルPV 集ということで本編は既出なので、特典映像だけ見てみました。 「愛の種」の PV と「LOVEマシーンよみうりランドEAST Ver.)」はともかく、「みかん(Dance Shot Ver.)」と、この DVD のジャケット撮影メイキング映像、「みかんメイキング映像というラインアップからすると、現モーニング娘。ファンがメインターゲットなのかも? そもそも、ジャケット写真も現メンバーだけで、懐古な雰囲気ゼロだし。 2枚組で ¥5,000 という価格は、「みかん」と特典映像目当てにはちと高すぎるかもしれませんが。

歌ドキッ!(2007.12.20 OA)

矢口真里

とりあえずサンタクロースの衣裳が可愛いけど、一歩間違うと「ここ、どういうお店?」って感じがしないでもなかったり。 矢口が歌う松任谷由実さんの「恋人がサンタクロース」は、去年12月の矢口稲葉さんカジュアルディナーショーソロコーナーで披露されたやつを聴いたことがありますが、その時と同様に、矢口の歌声にすごくマッチしている楽曲だなと思いました。 ディナーショーの時は、風邪気味だったせいなのか半音下げでしたが。 ある種のあざとさを感じさせつつも歌い方に嫌味なところはないし、声質(特に高音パート)そのものが可愛らしいのがマルですね。 ブレがなくて、かつ押しつけがましくない歌声なので、聴いていてストレスを感じさせないのも良いです。


ここらへんはネガティブに捉えれば個性が無いということになりますが。 歌手にとって個性というものが大事なのは当然とはいえ、没個性というほどでもないし、楽曲そのものの魅力をストレートに伝えることが出来ている気がします。 残りのプログラムも楽しみですね。

2007-12-19

イチャイチャ Summer

ウチの近所のスーパーは、BGM に安っぽいスムースジャズみたいなインストナンバーを流しているんですが、その中に時々ハロプロナンバーが混ざっていたりします。 ずーっとハロプロというわけでもないし、どういうチャンネルなのかは謎ですけど。

で、今日買い物をしていたら、GAM の「イチャイチャ Summer」をアレンジしたやつが流れてきました。 歌メロはアルトサックスでしたが、この曲の入りのメロディラインは秀逸だなあとあらためて感じましたねえ。 BGM ということで当たり障りのないアレンジと音量だし、買い物中は個々の楽曲が意識にのぼることはありませんが、これが流れた瞬間はピピッ!と。 ハロヲタなんで当たり前とはいえ、耳に残るメロディラインというのはポップスの生命線だなと今さらながら思った次第であります。

安倍なつみ on モーニング娘。誕生10年記念隊 コンサートツアー2007夏 〜サンキュー My Dearest〜

ソロDVD 安倍なつみバージョン

FC限定のモーニング娘。誕生10年記念隊コンサート DVD ソロバージョン安倍なつみ編です。 今日届いていたのでさっそく見てみました。 当たり前ながら、なっちが参加していないナンバーは収録されていないので、収録時間は75分ですね。 さらに当たり前ながら、同じ理由でメンバーによって収録時間に差があります。


ソロバージョンなので、やたらバストアップ〜顔のアップの映像が多いですね〜。 イメージとしては、キモヲタ双眼鏡視点かなw ただ、動きの激しいシーンなどでは、カメラなっちの動きに完全に追従しているわけではないので、必死さが滲み出ていない分、味わいは違うけどw アップが多いとはいえ、収録されている映像がほとんど1階最後方のカメラの絵なので、アングルバリエーションに乏しいのは、市販バージョン収録のオマケ的なソロバージョンの性質上、しょうがないかもしれません。


画質は、編集時にあんまりいじっていないようで、オリジナルバージョンと比べると肌の質感とか生々しい感じがします。 意図的に作られた絵が苦手な人には、こちらの方が好ましいかも? あと、オリジナルバージョンと公演が違うチャプターがありますね。 全編チェックしたわけではないですが、例えば「Too far away 〜女のこころ〜」は、オリジナルバージョンが夜公演、この DVD は昼公演の映像だと思います。 オーディエンスの雑音や、曲中のなっちの目線の動かし方が違うし。 ひとつの曲の中で昼と夜をごちゃ混ぜに編集するケースも考えられるので、まるごとそうだとは言えないですけど。


いずれにしろ、市販パッケージには収録されなかった映像がたくさん見られるという点でファンにはマストアイテムだと思いますが、FC限定の DVD って、注文が締めきられたらオク以外に入手方法が無いのが辛いところ。 受注生産みたいな形態なんでしょうけど、DVD-R に焼いて売るとかすればいいのになあ。 なんか、超マイナーインディーズレーベルみたいだけどw

2007-12-18

青春18きっぷで出かけるディナーショー

青春18きっぷ

こないだの、あやや山形なっち仙台ディナーショーツアー北海道&東日本パスで色々と堪能しましたが、今週末からのディナーショーツアーは、JR東海JR西日本にもお世話になる上に青春18きっぷ利用期間内ということで、当然ながら買ってきたわけですがw ただし、今回はヒマな日がないので一直線に移動するしかない、というのが辛いところですね。 おまけに東海道本線という、あんまり萌えない路線を使わざるを得ないのもアレです。 ツアー?最終日の名古屋なら、中央本線まわりという手も使えなくはないので、特急ショートカットも含めていろいろと検討してみたりするのもいとをかし。 しかし、妙な時間に目が覚めたなあ…(ただいま19日の午前4時くらい)

Buono! のコメントVTR

公式サイト期間限定で告知コメントVTR がアップされているらしいので見てみました。 パッと見て、なんじゃこの「I WISH」は?と思ったヲタ多数じゃないかな〜。 ライダースーツ姿で頭の上にゴーグルのっけてるところとか、そのまんまですね。 ついでに、スカーフの3色で後浦なつみも思い出してしまったり。 愛理ちゃんが緑、雅ちゃんが赤、桃子ちゃんが黄色ですが、無理矢理こじつけるとすれば、雅ちゃんが黄色(ごっちん)、桃子ちゃんが赤(なっち)の方がしっくり来ますね。 …そうでもないかw


公式

http://buono-net.com/top.html

2007-12-17

木曽福島

何日か前にスキー場のゴンドラが止まって乗っていた人が閉じこめられた、というニュースがありましたが、そのスキー場(おんたけ2240)がある御岳という山は、個人的に馴染みのあるフィールドのひとつでした(毎度ながら過去形なのがアレですけどw)。 毎年、7月から8月にかけてアホみたく通っていたので、ニュースで地名が出てくるだけでいろいろと思い出しちゃいますね。

スキー場そのものは王滝村にありますが、国道19号から王滝村方面に分岐する地点のすぐそばにJR木曽福島駅があります。 で、この駅の近所に「くるまや本店」というめちゃくちゃ美味しい蕎麦屋さんがあるんですよ。 店構えからして雰囲気があるし、ここはマジでオススメですね。 ここ目的で出かけるのなら新蕎麦になる10月がいいんでしょうけど、その他の季節でも文句なしに美味しいと思います。 う〜、うまい蕎麦が食いたくなってきたああああ。

機種変更

今まで使っていた W42SA の #(改行)キーが調子悪くなってきたので、とりあえず安直に機種変更してみました。 マトモなカメラ携帯としては)とフェリカさえ付いていれば何でも良かったけど、なんとなく CASIOW53CA に決定。 5.1メガピクセルに広角 28mm のレンズ+ 9ポイント AFカメラがウリの機種ですが、画質そのものは割と普通というか所詮はケータイって感じですね。 W42SA と比べればはるかにマトモですが。

気になるポイントは、デフォルト状態ではカスタマイズ自由度が低い(待ち受け画面のデザインとか)のと、液晶を裏返してデジカメのような形にした時に軸部分の剛性が足りないところかな? あと、PCサイトビューワーや EZWeb でページスクロールさせるキーが、片手では操作しにくいってのもイマイチかも。


契約は従来の体系に近いフルサポートコースを選択しました。 このコースは端末価格が安いかわりに2年縛りがあるわけですが、auサイトを見ると「貯まったポイントでフルサポート解除料を精算すれば2年未満でも機種変更できる」と、わざわざ赤字で強調しています。 ポイントの付加率を高く設定してあるので、普通に使っていればそれなりに貯まるし、言わんとしている事は理解できますが、途中解約が高くつくという弱点を目立たなくする策として、後付けでポイント付加率を高くしたような気がしないでもなかったり。 もちろん、実態は知りませんw


□作例

ものすごく作為的な構図ですがw 蛍光灯のみの室内でフラッシュ無しで撮った写真を横400にリサイズしてさらにJPEGで再圧縮をしていますが、このサイズでも画質がイマイチなのがわかりますね。 条件的にかなり厳しいのを差し引いても、ちょっとノイズが多すぎる感じです。

W53CA

2007-12-16

Live and Lit / Burning Water

Live and Lit

聴きたくなったのでそこらへんを探すもののなかなか見つからなかったけれどついに発掘!シリーズ。 来年1月に、Neil Larsen のライブ(at Blue Note Tokyo)にギタリストとして参加予定な Michael Landau の、バンドフォーマットでのライブアルバムです。 音源そのものはバンドデビュー前(1992年)に録音されたもので、ワザとかどうかは不明ながら、観客のおしゃべりとか、食器の音とか、アンビエントノイズが入りまくりですね。 ちなみに、パーソネルは David Frazee(vo)、Michael Landau(g)、Teddy Landau(b)、Carlos Vegads)というメンツです。


安直に言えば、骨太でストレートブルースロックということになりますか。 なんつっても、Michael のギターサウンドがいかしていますね。 Michael のプレイもまたサスガというしかないですが、全体的には、奇を衒わずにシンプルかつダイレクトなアプローチで、エネルギッシュなバンドサウンドで一発勝負!みたいなノリです。 ラストナンバーの「The Wind Cries Mary」とか、Michael のジミヘン好きな面がもろに出ていて興味深いかもしれません。 

エレクトリックギターの生々しいサウンドが突き刺さる、ブルースロックの良質なライブ盤としてオススメな気がするものの、このCD、入手に難ありなのが痛いところ。

2007-12-15

ふたご座流星群 その2

オリオン座

今日は晴天っぽかったので、チャリンコ田んぼ地帯まで出かけてきました。 が、極大を過ぎているせいなのか、埼玉南部の明るい空がアレなのか、流れ星!という感じのやつは見られなかったですね。 かろうじて1秒間くらい軌跡が確認できる程度のやつなら、小一時間の間に10個くらいはあった気がします。 貼ってあるのは Panasonic DMC-TZ3 の星空モードで超安直に空を撮った写真から、オリオン座周辺だけをコピペしたものです。 久しぶりに三脚(Velbon Mountain Chaser)を使ったら、エレベータを下げるときに指を挟んだりして情けねーw


それにしても、この時期は寒いです。 当たり前ですけどw さいたま市の23時の気温は 2.6℃ なので数字的にはそこそこながら、ジッとしていると冷えますね。 クルマの中からとか、ぬるい環境が欲しいところ。

吉澤・アヤカ CDS のバンド

ワタシは行ってないですけどw 狼の一人スレで聞いたら、野崎洋一(key)、河野充生(g)、竹本一匹(per)というメンツのようですね。 今まで行ったことがある公演とは、全然違うラインアップですねえ。 ググってみると、野崎さんと竹本さんで大橋勇さんのバンドで演奏していたりするようなので、この縁で大橋さんがギターで登場!とかあったら嬉しいな。

2007-12-14

ふたご座流星群

郵便局に行くついでにそこいらの田んぼらへんで見てくるかと思って外に出たら、えらい雲がたくさんあるなあ… 夏のペルセウス座流星群の時も雲が出てきてダメだったし、どうも縁が無いようですね。 ふたご座流星群は極大のピークが穏やからしいので、明日に期待しますか。

モーニング娘。10周年スペシャル 中澤裕子&安倍なつみ Memorial Party 中野サンプラザ(2007.11.30) その3

その2(id:anomala:20071206#p1)の続きです。 スクリーンに映されるキーワードにそって話をしていくという流れで、最初のキーワードはこれ。 長くなったのでたたみました。


シャ乱Q ロックボーカリストオーディション

オーディションを受けるところからの話でしたが、平家さんがらみの話は出てこなかったですね。 あと、どうでもいいけどキメの SE がすんごい小さい音でした。

続きを読む

「Hello]ディナーショーのグッズ

あややなっちで同じような品揃えですが、なっちの方はひとり1点の制限付きでした。 去年、速攻で売り切れてディナーショーに参加する人が買えなかったりしたので、その対策なのかも? あややの時も、大阪公演では売り切れが速かった気がするので、都会の会場だと制限付きになるのかもしれませんが。

2007-12-12

ごっちんブログ

弟の再逮捕タイミングで、というわけではないでしょうが、なんつーか、雑な仕事やってるなと。 本人が事実上休業状態になっているので、ブログを閉鎖する事自体は致し方なしでしょう。 けど、まがりなりにも相当数の読者がいたと思われるオフィシャルブログを閉鎖するわけだから、それ相応の手順というものがあると思うんですが。

と、普通は思いますけど、いきなり削除するという行為で何かを訴えようとしているのかもしれません。 受け手ネガティヴな印象を持つ事は確実なのに、それでも強行してしまうような強い意志の源は何でしょうね? 上に書いたとおり仕事が雑なだけ、というのが真実かもしれませんが、あまりにも雑すぎるのでどうしても裏を考えたくなってしまいます。 取って付けたような、公式サイト後出しコメントが虚しいですね。


公式

http://www.up-front-works.jp/schedule.html#071212_01

Panasonic LUMIX DMC-TZ3 その6

このカメラUSB マスストレージとして動作しますが、転送速度がやたら遅いので調べてみました。 2G の SDカードクラス4のハギワラシスコム製、東芝OEM)に適当に128個の JPEG ファイルを突っ込んで、PC転送するのにどれくらいの時間がかかるのか、いざ、ベンチマーク! 比較用に、Buffaloカードリーダ BSCRSDU2BK と、Edirol/Rolandポータブルレコーダ R-09(これも USB マスストレージとして動作する)の数字を載せています。

転送ファイル総容量:370,806,199 Byte
機器転送時間転送レート
DMC-TZ37 min 30 sec824,014 Byte/sec
R-091 min 24 sec4,414,360 Byte/sec
BSCRSDU2BK27 sec13,733,563 Byte/sec

う〜ん、仕様表には「USB 2.0」と表記されているし、デバイスマネージャで調べると、ちゃんと USB2 Enhanced host Controller に接続されていますねえ… ま、カードリーダを使えば特に問題ないんですけどw

安倍なつみ X'mas Dinner Show 2007 〜夢のコンチェルト〜 ホテルメトロポリタン仙台(2007.12.10 17:00〜) その2

会場のホテルメトロポリタン仙台グランドボールルーム「Sendai」は、広さが1,000平方メートルと、ディナーショーの会場としてはお手頃な大きさでしょうか。 レイアウトもゆったりした感じで良かったです。 んで、なんつってもお料理が美味しかったのがマルですね。 品数そのものはあややのショー会場の山形国際ホテルと同じですが、同じなのはそこだけw 素材にご当地ものを選んでいたり、レシピが凝っていたり、丁寧な仕事ぶりでした。 あくまで出演者のショーがメインとはいえ、"ディナー"ショーですからね。 ここがイマイチだと、全体的にはイマイチという評価になりかねません。 ヲタなら、料理は単なるオマケ程度に考えるやつもいるかもしれませんが、一般の人もそうだとは限らないし。 ちなみに、メニューはこちら。

クリスタルに輝く海の幸のジュレと新鮮野菜 "春のコンチェルト"

冷静林檎とヨーグルトの爽やかスープ ミントシナモンの香り

鱸とムースパイ包み焼き ナンチュア風海老風味のクリームソース

国産牛ロース肉のロティと牛タンの柔らか赤ワイン煮 季節の温野菜添え

 カベルネソーヴィニョンソース

苺のグラタンオレンジソース

パン

コーヒー

なっちMC で触れていましたが、スープがちょっとかわってて面白い味でしたね。 "ほおずり" という品種のリンゴを使っているとディナータイムアナウンスで強調していました。


本編

ステージに2mくらいのクリスマスツリーが置いてあるくらいで照明類もシンプルだったし、演出に関しては特に書くこともないかな。 二日前のあややのショーと比べると、物足りないですね。 金をかければそれでいいという訳ではないですが、もう少し華やかさを盛り上げる工夫が欲しかったかも。 アコなっち千秋楽が 11/27 だったので、時間的な余裕が無かったのかもしれませんね。 


当日のテーブルレイアウトはこんな感じです。 FC枠は概ね前の方から振られていたように思いますが、最前列とかどう見ても一般の人というグループもいましたね。 フロアを歩く時の通路は、下手側が 1 と 2 の間、上手側が 4 と 5 の間でした。

メトロポリタン仙台 座席表

※□が島ステージです。


ミュージシャンは春コンとアコなっちの混成部隊みたいな感じで、岩崎肇さん(key)、徳武弘文さん(g)、河野利昭さん(saxEWI)、六川正彦さん(b)、Asamiさん(per)というメンツ。 使用機材で目に付いたのは、徳武さんの Telecaster Dr.K モデルブルーのやつだったのと、アコギを3種類使っていたところかな。 あと、六川さんが変わった色の Jazz Base を弾いていましたね。

なっちの衣裳は2種類で、最初のやつが渋めの赤でワンショルダー、シースルーな素材のゆったりしたシルエットのドレス、ふたつめのがキラキラしたネックストラップ付きの黄色いミニキャミソールでした。 ふたつめの衣裳の上に最初の衣裳を重ねて着ていたと思います。


以下、ネタバレしています!


続きを読む

2007-12-11

ぶらり途中下車せずの旅 パート3

昨夜遅くに電話がかかってきて仕事スケジュールが大幅変更になったとかほざいていたので、それじゃあということで、こちらも予定を変更して今日乗り鉄の旅だったりw しかし、ドタキャンは勘弁して欲しいなあ…


会津若松 13:00

最近はご無沙汰ながら仕事で何度も来たことがあるので、特にどうということはないかな。 オマケに NTT東日本福島支社のハイクォリティなライブカメラでもお馴染みの駅だし。 写真は、このライブカメラが設置されている場所の真下の窓から撮りました。

会津若松駅

駅の近所にすごいイケてる焼き肉屋さんがあるんだけど、さすがに今日はスルーですね。


会津宮下 14:50

ということで、只見線の旅を満喫中です。 キハ40系2両編成のいい具合にくたびれた列車で、ムードバッチリですね。 会津坂下を発車して緩い右カーブで勾配を上り始めるあたりとか、やたらと萌えましたw 今までのところ沿線に雪はないですが、車窓から眺める渓谷とか、いかにもな雰囲気漂いまくりでいいですねえ。 写真会津宮下駅にて。

会津宮下駅


小出 17:45

さすがに只見らへんは雪景色でしたが、気温が高くて雨が降っていました。 約4時半の行程ながら、10分ほど停車する駅がいくつかあるので適度にリフレッシュ出来るし、時間の割には楽だったような気がします。 また機会があったら、列車が運休にならない程度の豪雪の時期に乗ってみたいですね。

只見駅

写真只見駅に停車中、ホームから小出方面を撮ったものです。 駅周辺はあんまり雪がないですね。 遠景の山は方角からすると福島新潟の県境あたりかな。


□おまけ

上越線の上り電車が遅れて、越後湯沢での新幹線乗り換えで階段ダッシュとかw ワタシを含めて5人くらい走っていましたね。 新幹線の方が接続を取ったので無事乗車できたけど、思わぬところで疲れてしまいましたとさ。

2007-12-10

安倍なつみ X'mas Dinner Show 2007 〜夢のコンチェルト〜 ホテルメトロポリタン仙台(2007.12.10 17:00〜)

う〜ん、ディナーショーならではのスペシャルな感じが足りないかも… もちろん、なっちのせいではなくて、制作サイドの話なんですけど。 乱暴に言ってしまうと、春コンとアコなっちが合体したみたいなサウンドで、今年を締めくくる年末の公演には相応しいとは思うものの、新鮮さには欠けますね。 まあ、バンドメンバーと楽曲のアレンジがいつものパターンというのは、定番の安心感はあるので一概に悪いとは言えませんが。 

なんだけれど、高いチケット代+フォーマルな雰囲気の会場で開催するのなら、何か新機軸を取り入れて欲しかったな。 構成は去年のショーと大差なかったし、セットリストも初披露はクリスマス関係の1曲のみ(ネタバレごめんw)。 新しい楽曲を加えるのに十分なリハーサル時間が取れないのかもしれませんが、せめてあややのショーのようにアレンジを工夫したりして、通常のコンサートとは違う、スペシャルなものを聴かせて欲しかったです。 なっちパフォーマンスそのものは、らしさも十分出ているし楽しめましたけど。

ぶらり途中下車せずの旅 パート2

さすがに青森の朝は寒いですね〜とか余裕をかましていたら、ちょっと出遅れた! ので、バッタ似の妙なデザインと貫通扉が人気の、JR北海道が誇る789系スーパー白鳥八戸を目指して南下ちうです。 青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道に乗れるきっぷを持っていることだし、八戸から先は普通列車の予定ですが。


青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道の境界になっている目時(めとき)駅って、どんな駅なんだろなあと思っていたら、山の中の寂れた無人駅だったとはw 乗務員が交代するでもなく、アナウンスもなく、実質的な扱いもほぼスルーでした。 第三セクターの路線だし、単純に県境にあるというだけの理由でしょうね。


旅はつづく…

松浦亜弥 X'mas ディナーショー 2007 山形国際ホテル(2007.12.8) その2

山形国際ホテル

当日のレポ(id:anomala:20071208#p1)の続きです。 お料理は予想どおりアレでしたね〜。 サービスも味も。 1時間しかないので大忙しだし、ワインは白しかないし、肉料理とか冷めてるしで、他の会場と比べるとイマイチかも。 キャパに対してスタッフの数が足りないのかもしれません。 とりあえずメニューはこんな感じ(第1部、第2部とも同じ)。

中国前菜盛り合わせ

フカヒレの五目スープ

スズキと米茄子のモッツァレアチーズ焼き

肉三種盛り合わせ ボルドー

デザート

コーヒー

パン

いままで、ディナーショーの同日連荘ってアホらしくてやったことがなかったけれど、今回初めてやってみて、やっぱやめればよかったと思いました。 特に料理がアレな場所はw ショーそのものは文句無しに素晴らしいので、料理抜きでショーだけを割引価格で提供してもらえると嬉しいですね。


本編

会場のテーブルレイアウトは、1卓あたり9人のテーブルが40卓で、なっちの時より若干少なかったですね。 レイアウトそのものも異なっていたし、センターステージまでの巡回通路が下手側と上手側のふたつありました(なっちの時は中央のみ)。 演出面では、お馴染みのパターン投影のできるムービンライトを8基と、High End Systems の DL-1 という、グラフィックイメージCGパターンとかスティールとか動画とか)を投影できるライトを2基使っていました。


開演前にセッティングされていた楽器でバレバレのミュージシャン関係は、秋コンのメンバーそのまま(パーカッション以外は)で、菊池真義さん(g、バンマス)、相沢公夫さん(key)、千ヶ崎学さん(b)、長堀晶さん(ds)というメンツに、パーカッションが "オクダさん" という方でした。 事前の情報で、福長さんがパーカッションで参加するというのがあったので、オクダさんは今回だけの参加かもしれません。

ディナーショーは、ステージが低い上に開演中以外はすぐ傍まで見に行けるので、いろいろガン見してわかったことが。 菊池さんが Custom Audio のキャビネットの下に置いていたのは赤いパネルの VHT 製パワーアンプでしたね(たぶん秋コンも同じブツ)。 あと、足元に LINE6 の POD XT LIVE が置いてありました。 機材といえば、千ヶ崎さんが秋コンでは使っていなかった Music Man の Stingray 5弦フレットレスも使っていて、なかなか良い味を出していましたね〜。


以下、ネタバレしています♪


続きを読む

duck180duck180 2007/12/11 10:53 お疲れさまでした。
詳しいレポありがとうございます。
品川の夜、なんとかいけそうです。
LOVE涙色のギターソロ、かなり期待値大です。

anomalaanomala 2007/12/12 00:03 おお、良かったですね。
かなりクオリティ高い(色々とw)ので期待できますよ〜。

2007-12-09

ぶらり途中下車せずの旅

とりあえず山形駅から、標準軌スペシャル719系5000番台の電車で、奥羽本線北上して新庄に到着です。 どんよりとした雲が広がって如何にもな天気ですが、気温が高くて雪じゃなくて雨なのが残念だなあ… しかし、新幹線と同じホームに何の変哲もない電車が停車している光景は妙な感じですね。 実際は新幹線の方が新参ですけど。


角館 15:06

新庄から奥羽本線をさらに北上大曲田沢湖線に乗り換えて角館に着きました。 さすがに1時間以上の待ち時間があると、途中下車します。 武家屋敷が売りらしいので近辺を散歩してみましたが、武家屋敷はともかく、雪が降りまくりなのがよろしかったですね〜。 ここからは秋田内陸縦貫鉄道で鷹巣を目指して GO! なんだけど、思いっきり脳天気クリスマスデコレーションで車内が異様な雰囲気なんですがw


大館 20:00

秋田内陸線は阿仁合で1両のオンボロ気動車に乗り換えましたが、こっちの方が雰囲気出ますね。 角館から約2時間半で鷹ノ巣に到着、30分ほどのロスタイムでこれまたオンボロのキハ58系気動車に乗り継いで、大館までやって来ました。

1時間ほど時間が開くので、飯でも食うかあと外に出てみたものの、駅前になんもねえw 遠くの明かりを頼りに10分くらい歩いてラーメン屋さんにたどり着きましたが。 途中下車せずとか言いつつ、けっこう下車していますねw


青森 22:30

つうことでゴールは青森駅です。 天気予報では雪のはずなのに何も降ってないのが残念だなあ。 駅に到着した時に、ホーム対面に急行はまなすが入線していました。 北海道&東日本パス自由席に乗車可能なので、その気になれば明朝函館という素敵なコースが選択できますねえ… 北海道に渡ってしまうと、明日は特急新幹線じゃないとディナーショーの定刻に間に合わないですけどw 今回は乗り鉄目的ではなくて、あくまでディナーショー参加の余禄なので、そこまでやってしまうと本末転倒もいいところ。 なんだけど、ちょっと乗ってみたい気がする夜行列車なのでした。

2007-12-08

松浦亜弥 X'mas ディナーショー 2007 山形国際ホテル(2007.12.8)

いよいよ年末ディナーショーシーズン到来です。 あややの初日は、去年なっちがやった山形国際ホテル(同じ12月第2土曜日)ということで、とりあえず料理は期待でき(ry 現地の天候は雪が降るかも?らしいですけど、去年もけっこう派手に雪が降っていましたね。 旅行で行く分には、いかにもなムードが出るので悪くはないかも(地元の人はまたかという感じでしょうけど)。 さてと、どこまで普通列車で行くかなw


□追記

ディナーショーに行くのに普通電車って、よく考えなくても似つかわしくないというか、はっきり言ってアホな行為だとは思うものの、北海道&東日本パスが使える期間なのに使わないのは勿体ないです。 勿体ないは違うかw まあ、普通電車でちんたら移動するのが基本的に好きというのはありますね。 乗り継ぎ駅で少し時間を取って、ブラブラしたりするのも好きです。 とかなんとか書いてみても、せこすぎると言われればおっしゃる通りでと答えるしかないですけど。


□移動中

10:00 現在、味気ないロングシート701系電車福島県南部らへんを爆走ちうです。 それにしても、めちゃくちゃいい天気ですね〜。 とりあえず普通列車の旅は福島までかな。 若干、乗り足りない気はしますが、福島米沢間のダイヤがロクでもないのでしょうがない。

14:00 山形駅に到着〜。 こちらも雲が多めながら、いい天気ですね。 気温もそこそこでそんなに寒くないし、なんだか拍子抜けだわ。 まずは会場に向かいますかあ。


□本編

ショー的な見せ方の上手さは昨年の公演にゆずりますが、ライブとしては今年の方がずっとクオリティ高いですね〜。 秋コンの愉快な仲間たちも実力発揮という感じで、めっちゃかっこよかったです。 セットリストや演出もよく考えられているし、あややの衣裳は自慢のアレを惜しみなく見せ付けているし、いや〜、参った参った。 つうことで、詳細はまた後で♪


□番外編

ディナーショーには直接関係のないネタ。 第2部のショー開始前に会場とは違うフロアを歩いていたら、菊池さん発見! ちょっと興味があったので「w-inds.はもうやらないんですか?」と聞いてみましたw 「来年ツアーとかあればやるよ」というお答えでしたが、最近こっちばっかですよね?と突っ込んだら、「こないだはたまたま」と言ってましたねえ。 いきなり菊地さ〜んと話しかけたので、なんだコイツはと思われただろうなあw

oo0fm0oooo0fm0oo 2007/12/09 00:58 うわw聞いたんですか!>菊池さん
11月の被った時は台湾には別のギタリストさんが行ってたようなんですよね。そのせいでこっちばっかり!と言われてるようなんですけどw レポートもですが電車旅、かなり参考にしてます〜。

anomalaanomala 2007/12/09 13:02 台湾は違う人だったということで、こっちかどうかはあれですけど、あっち放置には違いないかもw
菊池さんって、そこいらの兄ちゃんみたいな佇まいなんで声をかけやすいですね。

2007-12-07

ディナーショーのグッズ

あややなっちで品揃えがまったく同じですね。 去年は、ディナーショーに参加しない人でも買えた上に、用意されていた数が少なかったのか、売り切れ続出でしたが、今年はどんなもんでしょ? 個人的には買う気はないけれど、ヲタもだちに頼まれるパターンが多いので気になります。


公式

http://www.helloproject.com/museum/tour/07_matsudinner/index.html

http://www.helloproject.com/museum/tour/07_abedinner/index.html

トクだ値

ダサいネーミングはとりあえず無視してっと。 来週月曜日に、仙台なっちディナーショーが開催されますが、JR 東日本東北新幹線東京仙台間の割引きっぷを販売しています。 あちこちで宣伝しているので、ご存じの方も多いと思いますが。 土日であれば、土日きっぷ(+荒技)でもっと安く往復することが可能ですが、平日だとこのきっぷがお手軽かもしれませんね。 乗りたい電車に空きがあるかどうかは運次第ながら。


ちなみに、ウチはまず土曜日山形へ行って、そのまま関東へは帰らずに日曜日も含めて北海道&東日本パス乗り鉄し放題の予定だったりしますw どこらへんを回るのかは今のところノープランですね。


えきねっと

http://jreast.eki-net.com/service/tokudane.html

2007 FNS歌謡祭(2007.12.5 OA)

とりあえず、ハロプロ勢がステージにあがっている部分(嵐と郷ひろみの間)だけ見てみました。 一番気になったのは、あややの歌声です。 なんか、歌い方がヘンだったのはちゃんと声が出ないからじゃないかな〜。 ディナーショーを控えているので自重したとか? あと、黒髪のショートも見慣れない分、違和感がありましたね。

(元含む)娘。メン関係は、なっちが相変わらずの佇まいでさすがだなと。 ただし、「LOVEマシーン」の過去映像を使いすぎなのは気になったし、Berryz工房は何しに出てきたのかよくわからない扱いだったし、無駄に大人数でごちゃごちゃした印象で、イマイチ煮え切らない感じでしたね。 特に Berryz工房は、お茶の間に何もアピール出来ずに終わってしまった感があって、あれだったら出なくても良かったのでは。 業界関係に顔を売るとか、他の目的があったのかしら。

duck180duck180 2007/12/08 00:19 毎週凄いスケジュールですね。急に寒くなるので体調には気をつけてください。
あややディナーショウの詳細期待してます。

anomalaanomala 2007/12/08 04:50 お気遣いありがとうございます。
我ながらアホだとは思いつつ、ついつい出かけちゃいますねw
基本的に旅行が好きというのもありますが…

2007-12-06

Compression / Billy Sheehan

COMPRESSION

COMPRESSION

こんな CD 持ってたっけ〜?と自分でも忘れているシリーズです。 いまさら説明の必要がない Billy の、2001年リリースファーストソロアルバム。 全曲 Billy の作品ですが、ベース以外の楽器ギターとかドラムプログラミングとか)も自身で担当しています。 もちろん、ボーカルも。 ゲスト関係Steve Vaiギターで「Chameleon」に、Terry Bozzio がドラムで「Oblivion」と「Bleed Along The Way」に参加している他、Simone Sello がキーボードドラムプログラミング等で参加していますね。


サウンドは割とストレートな感じのロックかな? ほとんどの曲でベースブリブリうなっていますがw 普通ハードロックな雰囲気のナンバーもあるけれど、全体的にはそれほどヘヴィではないですね。 割とバラエティに富んでいて、あえてカテゴライズしようと思っても、ピッタリ当てはまるジャンルは無いかも。 オリジナリティ溢れるサウンドでめちゃくちゃ印象に残るというわけでもなく、文章で表現するのは難しいですね。 Billy といえばベース演奏におけるテクニカルな面での言及も多かったりしますが、本作ではあからさまに技巧を前面に押し出した楽曲はないし、全曲ボーカル入りなところからも、音楽的な趣味を反映した作品なのかもしれません。 そいいう意味では、ファン向けアイテムと言えなくもない印象です。

安倍なつみに矢島舞美(℃-ute) その3

大方の予想どおり「16歳の恋なんて」で決まりのようですね。 得票数は 5,094 票とのことで、多いんだか少ないんだかよくわかりません。 が、シングルVのエンドロールで読めるくらいの文字サイズにスクロールスピードだと、けっこうな時間になる気がするなあw


公式

http://www.up-front-works.jp/abe-yajima/

モーニング娘。10周年スペシャル 中澤裕子&安倍なつみ Memorial Party 中野サンプラザ(2007.11.30) その2

当日のレポ(id:anomala:20071130#p2)の続きです。 この手の FC 限定イベントは身分証明書等のチェックが入る関係で、通常のコンサートなんかに比べると開場時間が早めですが、入場開始30分後くらいに行ったら、どこが列の最後尾か判らないくらい人が並んでいてびっくり。 いつもの光景とえらい違いですが、いい加減列が短くなった頃に並んでサクッと入場です。


本編

ステージにはプロジェクター用のでかいスクリーンがあったものの、他にセットと呼べるものは皆無で、中央にタダの台が置いてあるだけでした。 開演前はスクリーンに "Memorial Party" のロゴが赤地に白で表示されていた気がします。 ホールの大きさに合わせて PA のスピーカーはそこそこ大きめでしたが、音響スタッフ仕事ぶりは誉められたもんじゃなかったですね。 話の途中でいきなり関係のない SE を間違って入れたりとか、SE そのものもがマトモに鳴っていなかったりとか。 


定刻(19:00)をややまわったところで客電が落ちてイベントスタートです。 で、いきなり「愛の種」とか。 どこかで歌うだろうなとは思っていましたが、まさかド頭だとはw バックの照明でシルエットになった中澤ねえさんとなっちの登場シーンはなかなかかっちょよかったです。 歌そのものについては、なんだか懐かしかったですね。 当時は在宅派だったので、現場にまつわる思い出が無い分、それ以上の感慨は特に無かったかな。 手売りの現場に出かけた人なんかだと、また違った感想を持ったかもしれません。

衣裳はふたりともシンプルなシルエットの膝丈くらいのワンピースで、中澤ねえさんがオリーブ色、なっちが白でした(デザインは違います)。 あと、ラメ入りのストッキングにブーツだったかなあ? 髪型は、中澤ねえさんが後ろをゴージャスにまとめた感じ、なっちストレートおろした感じでした。 ちなみに、ゲストのふたりの衣裳は、矢口ディテールが可愛らしい赤のワンピース+パープルっぽいカラーストッキング+厚底の白いブーツ+白い髪飾り、やすすが黒地に小さな花かなんかの柄入りのワンピース+赤いカラーストッキングでした。 みんな、シンプルな感じで派手さは無かったですね。


歌い終わって客席に挨拶をしている間に、ステージ中央に丸いテーブルと折りたたみ式のハイチェアが用意されて、トークコーナー開始です。 座り位置は中澤ねえさんが下手側、なっちが上手側。 なっちが座ろうとして椅子がガタッとなったら、中澤ねえさんが速攻で「10年も経つと足腰がねえ…」と突っ込んで笑いを取っていたのはさすがですねw 椅子の構造について、客席放置なっちとなにやらゴソゴソとやりとりをした後に「10年も経つとちょっとしたことでは動揺しないんですよ」とか。 

全体的な進行は、スクリーンにジャジャン!とテーマが出る(もちろん ASAYAN 風に赤地に白い文字で)→それにまつわる思い出話や暴露話?をする、という流れでしたが、とにかく思いつきで話をするので(特になっちが)、なかなか前に進みませんw 一応、中澤ねえさんが司会役で用意されたカンペを見ながら進行していたんで、大枠ではそれに沿っているんだと思います。 が、無理矢理話を進めるというよりは、その場の雰囲気で適当に進行させていましたね。


次回につづく…

2007-12-04

あややディナーショーのバンド

初日の山形公演が今週末に迫ったあややディナーショーですが、とりあえず、バックバンドに福長雅夫さん(per)と、千ヶ崎学さん(b)の参加が決まっているようですね。 ベースパーカッションがいるのにドラムが打ち込みってことはないでしょうから、誰が叩くのか楽しみだべさ。 去年のあややディナーショーは、ショーとしては面白かったものの、ドラムベースが同期データだったので、サウンド的にはイマイチでしたからね〜。 今年は期待できそうです。

CISCO RECORDS が全店舗閉店

12月10日で全店舗閉店だそうで。 やはりリアル店舗は厳しい時代なんでしょうか。 今みたいにクラブミュージック中心の品揃えになる前はよく行っていました(すんごい昔の話ですけどw) 路地裏の階段とか、あの辺りに縁遠くなって久しいですが、寂しいニュースには違いないですね。


CISCO RECORDS

http://www.cisco-records.co.jp/docs/stores/

2007-12-02

M-AUDIO FAST TRACK PRO

ウチはほとんどヘッドフォンでしか音楽を聴かないので、PC まわりの環境を整備しようと思い立ってコレを買ってみました。 今までは、Audiotrak MAYA 5.1 USBKenwood RD-VH7PC → ヘッドフォンという経路で聴いていたんですが、あまりヌケが良いとは言えない音で常々どうにかしようと思っていたので。 ちなみに MAYA 5.1 USB にはヘッドフォン端子(Optical Out 兼用)が付いていますが、物理的なボリュームノブが無いのと、音の方がややカマボコ型な感じで、常用するには物足りないですね。


M-AUDIO のこの手の製品を買うのは初めてですが、同社ドライバで動作は特に問題なさそう。 肝心のヘッドフォン端子出力の音ですが、Audio-technica ATH-A900 で聴いた感じだと、やや明るめな気がします(気のせいかもしれませんがw)。 音のヌケとか、特に気になるポイントはないので、しばらくはコレで行きますか〜。 プレイバック専用としては多機能すぎるけどw

矢口真里/保田圭カジュアルディナーショー 広尾ラ・クロシェット(2007.12.1 13:00〜) その2

カジュアルディナーショー

当日のレポ(id:anomala:20071201#p1)の続きです。 今回の席は、A テーブルのステージに近い所で視覚的には問題なし(ギター吉川さんが見えなかったけど)でしたが、音はいただけなかったですね。 丁度いい場所に柱があるのでセッティングが難しいのはわかるけど、もうちょっとどうにかならないかな〜。 天井に細工をするとか。 音響に問題があるのが、ラ・クロシェットの最大の難点でしょう(料理は評価対象外ということでw)。


ふたりの衣裳はポラのとおりです。 黙っていると矢口が得意の(グーで殴りたくなる)ピース付き笑顔をやるのは間違いないので、今回は "直立不動で" とリクしてみましたw 一応、どんな衣裳なのかがわかりやすい資料的な写真を目論んだつもり。 ま、こういうポーズでも可愛らしいのはさすがという感じですけど。 やすすは胸強調しすぎ。 コンセプトは見たとおり、クリスマスです。 やすすの方はツリーをモチーフにしているらしい。


本編

バックミュージシャンは当日のレポにも書いたとおり、千葉純治さん(key)、吉川理さん(g)、高尾俊行さん(per)というメンツ。 ショー開始15分前くらいに電話をかけに外に出てみたら、私服で会場入りするメンバーとすれ違いました。 ステージでは黒の衣裳ですが、けっこうギリギリに着替えていたんですね。 機材についてはどうでもいっか。 吉川さんが弾いている Gibson の J-45 みたいなギターは、ヴィンテージっぽい感じでなかなか渋いです。 千葉さんは YAMAHAキーボードを弾いていました。


以下、ネタバレしています!ってもう全公演終わってるから関係ないかw


続きを読む

OKPOKP 2007/12/03 11:11 これで宅録セッションの環境はバッチリ揃ったということですね!w

anomalaanomala 2007/12/03 15:39 確かに環境は揃いましたね、環境はw せっかくなので、いろいろいじってみます。

2007-12-01

The Derek Trucks Band at Ebisu Garden Hall(2007.12.1)

恵比寿ツアー夜の部はこちらです。 なんつうか、凄すぎて開いた口がふさがらないですねw Derek のプレイはもちろんのこと、バンドメンバーそれぞれのプレイもまた凄いし、全体のアンサンブルは有機的で変幻自在。 どんな曲調でも格好良く決めまくりで、いいもん聴かせてもらいました〜って感じ。 いや、ホント凄かったです。


つづく?

矢口真里/保田圭カジュアルディナーショー 広尾ラ・クロシェット(2007.12.1 13:00〜)

本日恵比寿ツアー、昼の部はやぐやすのカジュアルディナーショーでございます。 このコンビでの公演は約1年ぶりの参加だし、おまけに初回だし、いろいろと楽しみ♪ やすすのアルトサックス演奏とかあるといいな。


オワタ。 予想どおり、クリスマス先取りのセットリストに二人の衣裳で、ジングルベルなひとときでしたね。 歌バッチリな上にMCも笑える、とってもナイスライブでした。 ちなみにバックミュージシャンは、千葉純治さん、吉川理さん、高尾俊行さんというメンツで、こちらもいい仕事ぶりで言うことなし! いや〜、よかよか。


恒例の誰も興味がないメニューはこちら。

スモーク鴨とパプリカのサラダ

カジキマグロのグリル スパイシートマトソース

バニラシフォンケーキ

サラダはともかく、カジキマグロのやつは微妙だったなあ… 


明日以降につづけ…