Hatena::ブログ(Diary)

ヲはヲタのヲ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-09

Neil Larsen "ORBIT" featuring Michael Landau at Blue Note Tokyo(2008.1.9 21:30〜)

本日初日の Neil Larsen のライブ、2nd Show を観に南青山までお出かけです。 タイトルにもある Neil のアルバムORBIT」からの選曲になりそうだけど、まだ聴いていないんだよなあw ま、この手のライブは曲を知らなくても支障はないですが、知っていた方がより楽しめるのは間違いないですね。 どんな感じなのかな〜楽しみだぜ!


現着! 受付開始から15分経過時点で整理番号が18番でした。 ロビーも閑散としているし必死系は少なそう。 ドアオープン時間が押しているのは 1st Show がえらい盛り上がって予定時間オーバーしたのかな?

Blue Note Tokyo


本編

一言でまとめると、フュージョン全盛期を思い起こさせる耳に優しい楽曲群を一流の職人達が料理したらどうなるかを分かりやすく聴かせてくれるライブです。 これ以上無いくらいにリラックスした雰囲気で時にはジョークを飛ばしながらプレイしているのに、繰り出されるサウンドのかっこよさとパーフェクトなアンサンブルが半端じゃなかったですね。 最前列真ん中らへんのテーブルでがっついていたので音量はそれなりにありましたが、あまりの心地良さに夢見心地でした(寝ていたわけではありませんw)。


ほぼ定刻にフロアライトが落ちてライブスタートです。 ステージ上の並びは、下手側から Neil Larsen(Hammond organ,p)、Tom Brechtlein(ds)、Reggie McBride(b)、Michael Landau(g)、フロントセンターに Lee Thornburg(tp)、Scott Mayo(sax)という布陣でした。 Neil は、飲みかけのギネスのグラスを手にニコニコしながらの登場w

Niel の機材は、ステージ手前に Hammond B-3、奥にアコースティックピアノの配置。 Michael の機材は、ギターサンバーストな SSHFender Stratocaster、アンプ類は Custom Audio ElectronicsOD-100(上に Lexicon MPX-1 を乗せていました)+ Marshall と Custom Audio Electronicsキャビネット。 足元はちゃんと見てきませんでしたが、Roger Mayer Voodoo Vibe があったな〜と思い出そうとしていたらこんなページ発見! ここの写真に映っている機材が全部あったかどうかは不明ながら、ペダルはこの通りだったかも。 ちなみにギターも映っているやつだと思います。 他のメンバー、Reggie はメーカー不詳の5弦ベースサンバーストな Fender Jazz Bass に、アンプは SWR のヘッドとキャビネットの組み合わせ、Tom は Yamahaシンプルなセットでした。


オープニングナンバーアルバムORBIT」収録曲でしたが、セッティングのせいなのか、席がステージに近すぎてレスリースピーカーが影になっていたせいなのか不明ながら、Neil のオルガンの音量がかなり小さかったのがちょっと残念でしたね。 絶妙のクリーントーンプレイする Michael の方は、障害物ゼロだったのでサウンドも手元もバッチリでしたが。 やっぱり、がっつきすぎたのが裏目に出たのかな?

今回のセットリストはのアルバムORBIT」からのセレクトが多いようでしたが(聴いていないのではっきりと断言できないところがアレだw)、タイトルに "featuring Michael Landau" とあるとおり、Michael のプレイも十分堪能できる構成になっていたので、Michael 目当ての人にはなかなか良いライブではないでしょうか。 実際、最前列らへんのお客さんの眼差しからすると、Michael 目当ての人が多い感じでした。 Neil の方は円熟の味というか、派手さ控えめの渋いプレイ。 オルガンソロスポットライトを浴びるシーンも当然ありますが、全体的にはそんなに目立っていなかったですね。 まあ、上に書いたとおり、オルガンの音量が小さかったのもそういう印象に繋がっているのかもしれません。

それにしても、Michael の指弾きとピック弾きの切替は見事というか、もはや神技の領域ですね。 けっこう速めのパッセージなのに途中でいきなりピックで4音くらい弾いてまた指弾きに戻るとか、コダワリすぎにもほどがあるだろ〜って感じです。 そりゃ、指とピックじゃニュアンスは全然違いますが、そこまでやるか?と思ってしまいます。 が、こういうコダワリの積み重ねがあるからこそ、あのサウンドなのでしょう。


他のメンバーリズム隊は文句なしのグルーヴを作り出していて GJ だし、管楽器の二人も陽気なキャラと熱いプレイで雰囲気を盛り上げていました。 ラテンフレイバー溢れる軽やかなナンバーから、ちょっとファンキービートが心地よいナンバーブルージーでムーディなスローナンバーと、様々なタイプの楽曲がありましたが、一流と呼ばれるミュージシャン達の仕事というのは美しすぎますね。 技巧的に素晴らしいのは当然として、そういう諸々を超えた "何か" を音に乗せることが出来るからこそ、聴いた時にダイレクトに胸に響くのでしょうか。 突き詰めれば、それもまた技巧ということになりそうですけど。 と、夏わかめな締めで本公演の感想終わり。

ハロー!プロジェクト Singin' Night at STB139

先日、中澤ねえさんの公演が発表になっていた六本木 STB139 でのイベントですが、早くも後続の企画が出てきましたね〜。 3/7(金)保田矢口、3/15(土)吉澤柴田、3/16(日)石川アヤカ ということですが、土日は組み合わせを変えたほうがいいんじゃないのかな〜と思ったけれど、これはワザとこうしているのかも。 全席自由で整理番号順の入場というのは STB139 で開催される他のライブと同じですね。 今週末、Allan Holdsworthトリオライブが同所で開催されるので、STB139 でのライブがどんな感じなのか知りたい人は出かけてみるといいかもしれません。


公式

http://www.helloproject.com/schedule/01/04/list.html

STB139 店内案内図

http://stb139.co.jp/139/enjoy/tennai/tennai.html