Hatena::ブログ(Diary)

ヲはヲタのヲ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-29

24時間テレビ

モーニング娘。(+スマイレージ)が出演するというので、その部分だけ観てみました。 AKB48 と夢のコラボ!って煽ってたけど、ただ一緒に出ただけではコラボとは言わないと思います。 とりあえず、ガキさんの前髪が妙なアレンジになっていたのと、さゆが眠そうなのが気になったかも(キャプ画は拾いモノです)。

モーニング娘。

あと、AKB48 が歌うのを聞いて、こりゃ絶対ハマらないなーと確信しました。 例え持ち歌がどんなに魅力的だったとしても。 同じ理由で、おニャン子クラブにもまったくハマらなかったんですけどね。

2009-12-31 大晦日

第60回NHK紅白歌合戦

どこかの部屋からもれ聞こえてくる音をバックに他のことをやっていてほとんど見ていませんが、個人的な感想をふたつほど。

  • スーザン・ボイルを見逃したのは痛い…かな?
  • 津軽海峡・冬景色」という曲、今までに何回聴たのか数えたことはありませんが、聴くたびにいい歌だなーと感心してしまいます。 なんという名曲。

以上w 年越し蕎麦でも食いますか。

2009-12-03

2009FNS歌謡祭(2009.12.2 OA)

お目当ては森高千里のみだったのに、仕事でドタバタしてて見逃したああああ。 楽勝で放送開始に間に合う予定だったので録画とかセットしていなかったし、後の祭りです。 まあ、「雨」の方は観れたのでヨシとしますかあ。 それにしても、森高さんは劣化知らずというか、とてもよい歳の取り方をしているなーと思います。 誰とは言いませんが、現役当時とのギャップに半ば唖然とするような方も出演されていたので、なおさら。

この手の番組でのもうひとつの楽しみは、TOKIO の長瀬くんがどんなギターを使っているか、です。 今回はベーシックにマッチングヘッドの Fender Telecaster でしたね。 懐古調の楽曲に合わせたのかな? アンプは同じく Fender の Tone-master でした。 珍しいアンプ使ってるなーと思ったけど、ZONE の MIYU ちゃんも使っていたのですね。 知らなんだ。

2009-09-18

東京フレンドパークII(2009.9.17 OA)

東京フレンドパークII

バラエティ番組といえば最近さゆがピンでがんばっていますが、今回は娘。さん達が全員出演するというので期待しつつ見てみました。 ハロモニ(ハロモニ@)が終了して以来、こういった機会はなかなか貴重ですからね。

で、感想はというと、とりあえずみんな可愛かったし楽しそうだったし、ガキさんのリアクション芸は笑えたけど、一番印象に残ったのは辻ちゃんかなあ… 例えば、ハンバーガーのゲームでハンバーガーを大量に抱えたままウロチョロするシーンとか、土下座でバナナのぬいぐるみを差し出すシーンとか。 さすがに母親なだけはあって昔に比べれば落ち着いた佇まいだったものの、自由奔放な立ち振る舞いで "らしさ" 全開でしたね。 バラエティ番組に関しては現役なので、こういった場に慣れているというのはありますが。 さらに、中澤ねえさん、矢口、吉澤さんが一緒だったので動きやすかったというのもあるかもしれません。


娘。メンバーについては、ガキさんとか小春とか、いい動きのメンバーもいたけど、全体的には、そこはかとなく借りてきた感が滲み出ていて固い印象をうけました。 辻ちゃんとは逆に、慣れていないというのが大きいのかな。 全員揃ってテレビ番組で歌以外の何かをする機会がないので、当たり前といえば当たり前ではありますが。 とはいえ、昔を彷彿とさせる懐かしい空気を醸し出していたのでヨシとしますか。

もっとも、娘。は基本的に歌手なので、過剰に期待するのは酷な気がするし、現状を鑑みるに、出演した事自体に価値があるのかもしれません。 最近の卒業メンバーと組んでの番組出演は、モーニング娘。健在を世間にアピールする作戦だと理解していますが、下地作りは大事ですからね。 たとえ興行がメインだとしても、現場のヲタだけを相手にしていたら将来の展望もクソもないし、長く活動するのであればお茶の間対策は必須でしょう。 即効性はともかく。 これからも機会があれば(機会を作れるのであれば)、こういった場を設けて欲しいなと思いました。

2009-08-14

ミュージックステーション(2009.8.14 OA)

久しぶりに娘。が登場するというので観てみました。 今回はスペシャルコラボレーションで卒メンも一緒ということで、どういう演出になっているのかなーと興味津々(というほどでもないなw)でしたが… とりあえず「恋愛レボリューション21」はいいとしても、「なんちゃって恋愛」のところには、卒メンいらないんじゃないかなあ。 ジャマというわけではないけど、意図がよくわからないですね。 連綿と続くモーニング娘。歴史をわかりやすく提示したかったとか? 時間の関係で凝った演出が出来なかったのかもしれませんが、どうせやるなら「恋愛レボリューション21」→「なんちゃって恋愛」→「恋愛レボリューション21」という流れにして、最後で全員集合みたいにすればよかったのに。


まあ、現状を鑑みれば出られただけでも良しとすべきですか。 なんだけど、一番アピールしたかったのは新曲だったはずで、肝心なところが中途半端に終わったのは惜しかったかも。 なんか、妙にはしゃぐ辻ちゃんが一番印象に残ったような気がします。

しかし、最近は卒メン+現メンでのテレビ出演が多いですね。 こうなるとハロプロ卒業ってなんだったの?と訝しく思わざるを得ないけど、革命元年と銘打っているくらいなので何でもアリなのかもしれません。 だったら、いっそのこと卒業は無かったことにすればいいのにw