Hatena::ブログ(Diary)

ヲはヲタのヲ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-01-05

防滴のコンデジが欲しい

写真は今年の元日、雪が激しく降る国府津駅での増結作業の様子です。 OLYMPUS XZ-2で撮りましたが、見ての通り屋根のあるホーム上にまで雪が吹き込んでくる程の降りで、防滴に関しては無防備なコンデジでの撮影ちょっと躊躇するような場面ですね。 こういう時は防滴の機材があるとお気楽なんだけれど、小型のコンデジだと、例えばOLYMPUSならToughシリーズのような、ヘビーデューティラインしかありません。 大きくてもよければFUJI FinePix S1なんてのがありますが。 いずれにしろ、愛用しているXZ-2とは方向性がかなり違うので、食指は動かないかな。 1型センサーミラーレス機、Nikon 1 AW1がレンズ込みでもうちょっと小さくなればピッタリな感じなんだけど、期待薄っぽい。

湘南新宿ライン

2014-08-17

最近泊まった大阪のビジネスホテルについての雑感

最近泊まった某ホテルで、すごくムカつく出来事があったのを契機にしたエントリーです。 超個人的な感想なのは断るまでもなく。 ここ1年くらいの範囲内で、適当に見繕ってリストアップしました。 契機が契機なだけに、ネガティブ記述がチラホラw あくまで「ビジネスホテル」としての評価で、★の数は主として立地と設備に基づいて付けています。


東横イン 大阪船場東 評価:★★★★★☆☆☆☆☆

現在改装中のようです。 大阪市営地下鉄谷町四丁目駅堺筋本町駅の丁度真ん中くらいの中途半端な立地だし、他の同クラスホテルに空きがない、もしくはボッタクリ価格プランしかない時だけ候補に挙がる感じ。 設備等は、東横インとしては平均レベルだと思います。

先日泊まった時のことです。 夜中の1時くらいに、どこかの部屋でドアを激しくガチャガチャする音で目が覚めました。 なんだなんだと思って廊下を覗くと、すでに音は収まっていて無人。 きっと酔っぱらってドアが開けられなかったんだろなー迷惑だわーと思いつつ、ベッドに戻りました。 そして夜中の3時半頃でしょうか。 今度は更にボリュームアップした同様の騒音が! 目が覚めても咄嗟に動けなかったので残念ながら騒音ソースは不明ですが、常軌を逸してると表現しても過言ではないレベルに、ちょっとビビリました。 これ程ではなくても、客層のせいか夜中に騒々しくてウンザリするケースがチラホラあるので、最近東横インそのものを避けています。 過去には散々お世話になっているチェーンながら、今までありがとう!の言葉しか出てきません。


東横イン 大阪JR野田駅前 評価:★★★★★★☆☆☆☆

仕事先の都合でちょくちょく泊まる店舗です。 JR野田駅のすぐ側にあって、設備等は東横インの標準レベルかな。 大阪環状線の高架に隣接しているので、電車が走っている時間帯はそれなりに音はします。

この界隈は商店街とか大阪DEEP案内に登場するくらいコテコテなのに、駅前はそれほどでもないですね。 ホテルには直接関係ないけど、近所にある大阪王将野田店は、料理人の腕がいいのか、利用したことがある大阪王将の中で一番料理が美味しいです。 大阪王将が大好きな人オススメ


■アパヴィラホテル 谷町四丁目駅前 評価:★★★★★★★☆☆☆

谷町四丁目らへんで泊まる時はここを使います。 大阪市営地下鉄谷町四丁目駅出口の目の前という、好立地。 部屋はやや狭いかな。 多客期には、ここぞとばかりのボッタクリ価格設定なのは、実にアパらしくて潔いですw 設備やアメニティは、ライバルと思われる東横インより若干上か*1。 近所にアパホテル大阪谷町という店舗もありますが、そちらは設備が古めなのが今一つという印象です。


アパホテル 御堂筋本町駅前 評価:★★★★★★☆☆☆☆

2〜3回しか利用してないけれど、とにかく部屋が狭すぎ。 アパ得意のボッタクリ価格時に泊まったら、モヤモヤ感倍増だろうなーと想像しますw

こちらの店舗阪神高速環状線のすぐ側なんだけど、土曜日に利用した時は、ルーレット族死語)のクルマ騒音でとても寝ていられる状況ではなかったです。 運悪く?カーブを曲がってから立ち上がる位置なので、走ってるやつらはみんな低めのギアでガバッとアクセルを踏んで、騒音も余計に酷くなるいう。 こういうケース、110番したら大阪府警対応してくれるのかな。


ダイワロイネットホテル 四ツ橋 評価:★★★★★★★★☆☆

価格設定も設備も、東横インアパホテルよりワンランク上のチェーンですね。 出張コンサートで出かけた先にあれば、優先して選択しています。 四ツ橋店舗オリックス劇場から走れば10秒の位置にあり、コンサート遠征してくるヲタの皆さんにはお馴染み&人気のホテルでしょう。 リニューアルして、同チェーンの他店舗に見劣りしなくなったのはいいですね。

数えたことがないので正確な数字は不明ですが、今まで出張コンサート遠征等で300泊くらいはビジネスホテルを使っている中、一番ビックリする出来事があったのはこのホテルです。 チェックアウトの日の朝、設備メンテナンス業者さんと思われるおじさんが、ノックも無しにマスターキーで鍵を開けて勝手に部屋に入ってくるという驚愕事態がw 単純な連絡ミスでしょうけど、あり得ないにも程があるという。 非常にレアなケースなので、これをキッカケにこのホテルを敬遠するまでには至っていませんが、マジでビックリしました。


■ヴィアイン新大阪ウエスト 評価:★★★★★★★☆☆☆

最近店舗が増えつつあるJR西日本グループのチェーン。 こちらの店舗メルパルク大阪の目の前にあって、同ホールに用がある時には超便利ですね。 アパグループのように需要に合わせて値段が変動しますが、高い時でもアパグループに比べれば常識範囲内で収まっているのは好印象かなw 安い時は思いっきり安いので、ちょくちょくお世話になっています。 フロント係員の対応とか、かなりいい感じなので、安い時に泊まるとなんだか得した気分に。

ホテルには直接関係のない話題Part3。 近所のニッセイビルのテナント大阪王将があるんですが、利用したことがある大阪王将の中で一番煙かったです。 煙草の煙で。 ドアが開いた瞬間、そのまま無言でUターンしました。 このご時世にありえないデリカシーの無さは大阪らしさのひとつ、とか言ったら怒られそうw

*1:浴室のミラーはくもり防止ヒータ付き、ボディウォッシュのスポンジがある等々

2014-04-09

高速バス「仙秋号」に乗ってみた

先日、秋田まで出かけた際、ちょっと興味があったので仙台−秋田を結ぶ高速バス「仙秋号」に乗ってみました。 JRバス東北・秋田中央交通・(例のアレでイメージが悪い)宮城交通の共同運行により、上り下り各10便で仙台と秋田を結んでいます。 乗ったのは宮城交通の割と新しめな車両で、窓側の席にはコンセント完備でした。

仙秋号

仙台から秋田へ移動なら、まずは秋田新幹線が思い浮かびます。 が、なにせ途中からミニ新幹線なので、在来線区間は最高速度130km/hしか出せず、約310km(営業キロ)に速い列車でも2時間10分もかかります。 ちなみに似たような距離の大宮−仙台は、速い列車なら1時間15分程度で走破します。 そして無視できないのが運賃の差。 秋田新幹線は割高な特急料金設定で10,370円、仙秋号は4,100円。 仙秋号の所要時間は3時間35分なので、1時間25分の差に6,270円払う気があるかどうかですかね。 当然のことながら、起点が東京とか大宮ならばこの比較はあんまり意味がないけれど、仙台まで18きっぷで行ったのでした。

2011-06-08

余部橋梁

こちらは超有名スポットですね。 新しい橋梁に架け替えられてから初めての訪問となりましたが、コンクリートの質感はイマイチながら、それなりに見ごたえのある風景には違いありません。 写真は餘部駅のすぐ横にある展望台からの眺めと、そこに至る道で遭遇した地元ネコです。 ふてぶてしい面構えの割には足元にスリスリしてきたりして、観光地のネコならではの仕事ぶりが見事でした。

餘部鉄橋 餘部鉄橋

構造物としての存在感はもちろんだけど、鄙びた漁村にあるというのがポイント高いですね。 ロケーションの勝利ですか。 旧鉄橋は至近距離から観察すると、使われている鋼材が意外と華奢なのにビックリ。 

余部鉄橋 余部鉄橋

(訪問日:2011年5月2日)

2011-05-31

花見潟墓地

花見潟墓地

クルマで何度も通ったことがある地域なのにこんなスポットがあったなんて知らなかったわー的な。 鳥取県琴浦町赤碕にある墓地ですが、海に面したロケーションと規模の大きさの相乗効果で、かなりインパクトがある風景になっていますね。 国道から外れた細い道沿いにあるので偶然とおりかかるような場所ではないけれど、今回なんとなく海沿いを走っていてたまたま遭遇したという次第です。 以下、現地にあった、琴浦町教育委員会が設置した看板のコピペ。

花見潟墓地

この墓地は、東西約三四九米、南北約一九〜七九米、面積約二万平方米の広さで西日本の自然発生墓地では、最大級と言われ、とりわけ、海岸に面した墓地としてはきわめて稀である。発生起源は不明だが、石造物などから中世後半以降の成立と推定されており、二万余基の墓が建てられている。

特に赤碕塔はその形状の地域性から国東塔(大分県)と並び、石造美術史上貴重なものである。お盆には灯籠が灯された墓地に、帰省の人々と地元の人々が交わすなつかしい声があちこちで聞こえ、本町の一風物詩となっている。

(訪問日:2011年5月2日)