続・黒猫の足あと。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-15

[]韓国の「小泉総理靖国参拝」のニュース

今日は韓国は「光復日」で休日です。

いま、テレビをつけたら、ひとつのニュース番組の中で、

半分くらいが小泉参拝関係のニュースでした。


午後12時半から、日本大使館前で大規模なデモも始まるようです。


TVニュース映像も参考までに。


夜のニュースはデモ映像なども入って、もっと激しくなりそうです。


上のニュースの内容を簡単に訳すと、

小泉総理が、任期終了を目前に靖国神社参拝を強行した。

最近ヒロヒト前国王が A級戦犯合祀のため靖国参拜を中断したという事実が側近のメモを通じて明かされ、反対世論が高くなっていたが全然気に止めることはなかった。

小泉総理は最後に 8.15 参拜を強行することで就任前掲げた公約を守ったという評価を受けようとしたようだ。


自分の支持勢力に対する約束を守ることで保守勢力の信頼を得ようとしたのだろう。


また、自分が押している安倍官房長官が後継者になることが明らかな状況で政治的負担も減らそうと判断したとも解釈される。


そして、総理で退いた後にも自民党で影響力を行使することができると計算したように見える。


しかし、小泉総理靖国参拜を固執することでアジア外交に汚点を残したという評価は避けることができなくなった。


韓国中国との葛藤を起こして首脳会談中断をもたらした、このような関係悪化が北東アジアの不安と日本の孤立を加速化したという点だ。


小泉総理の固執は同時に A級戦犯に対する評価を含んだ、熱い議論を呼び起こして、日本自ら歴史認識を察するようにするきっかけとなったという評価も出ている。