Hatena::ブログ(Diary)

あんすもの日記、あるいは近況報告な雑文

2011年10月27日(木)

[]

■「マップ」を起動したら、それまでNTPより1.5秒遅れてた時計が、逆に0.1秒進んだ状態になった。やっぱりGPSから時間取ってる? でも、この間はGPS切った状態で時刻修正されたしな。よく分からん。

■iPhoneでGMM Informationが仕事をしない事はソフトバンクに問い合わせて確認済み。しかしNTP使ってるのかGPS使ってるのかは回答無し。

■ネット漁っても自分のような素人がいじくり回した結果しか見つからないんだよな。開発やってる人にも情報が出てないのかNDAで語れないのか。Apple自身が新機能として宣伝すりゃ良いのに。

2011年10月26日(水)

[]

■電池ケースと一緒に頼んだバッテリーチャージャーを試してみた。サンワサプライの700-BTN001って品番のヤツ。

■電源は単三電池4本。アルカリでも単三型充電池でもOKとのことなので、付属のアルカリ電池は他に流用する事にしてeneloopを使用。

■iPhoneで、バッテリーの残量が20%を切ったという警告が出たところでバッテリーチャージャーを接続。約三時間で満充電完了。

■再びiPhoneのバッテリーが残り20%を切ったところでバッテリーをバッテリーチャージャーを接続。充電50%のところで、iPhoneに「充電機能はこのアクセサリではサポートされていません」というメッセージが表示された。eneloopのバッテリー切れ。

■2回目も70%くらいは行く事を期待してたんだけど甘かったか。でも、少なくともフル充電してお釣りが出るわけで十分使える。単三電池だから入れ替えれば良いだけだし。

■東京まで日帰りで出かけるとバッテリーの残りが本当に心もとなくなるんだけど、これがあれば心強いぜ。

2011年10月25日(火)

[]

■昨日の続きでどこから時刻信号を取得してるのかチェックしてみた。

■ソフトバンク3GのGMM InformationはiPhoneに対応してないって話なんだけど、でもソフトバンクが時刻情報流すようになってから、それまで10秒単位で狂ってた時計が狂わなくなったような気がするのでまずは3Gからチェック。

■3Gをオフにして1時間ほど経つと、最初は0.3秒遅れだったのが約1秒に遅れが拡大。おお、これは! と思ったけど更に1時間くらい置いといたら逆に0.5秒ほど進んでる。以前は遅れる一方だったのが、iOS5にアップデートしてから+-1秒くらいで遅れたり進んだりするんだよねぇ。というわけで、3Gをオフにしても挙動が変わらない様子。

■3GはオフにしたままGPSも切る。結果変わらず。

■となると、やっぱりNTPの可能性が高いか。

■更に検証するなら、Wi-Fiも切ってGPSだけ有効にしたときにどうなるかも確かめたりした方が良いのだろうけど、そこまでやらなくても良いや。そのうちどっかで正確な情報が出てくるでしょ。

2011年10月24日(月)

[]

■iPhoneの時計が外部から時刻を取得しているのか、相変わらずMacの時計と同期しているだけなのか実験してみた。

■まずは、Macの時計をわざと数分以上狂わせてiPhoneと同期し、iPhoneの時計を狂った状態にして放置してみる。外部からなんらかの時刻情報を取得しているなら勝手に時間が合うはずだ。

■なぜiPhoneの時計を狂わすのにMacと同期する必要があるかといえば、手動で時計を狂わせても「自動設定」をオンに戻すと手動で狂わせる前の状態に復帰しちゃうから。この動作を見ると、NTPが効いてる!? と思っちゃうんだけど、実は「自動設定」をオフにする前の情報を憶えてるだけらしい。実際、iOS4以前だとこの実験やると実際の時刻ではなく、誤った時間に復帰する。

■あ、わざわざ放置しなくても手動で時計を狂わせてから「自動設定」をオンにし直せば良いのか。「自動設定」をオンしたときに、Macと同期させた(誤った)時刻に戻るか、あるいは正確な時刻になるかで判断できる。

■では、早速iPhoneの時計を狂わせてみるか。まずはMacの「日付と時刻を自動的に設定」をオフに。とりあえず時計を3分戻してみる。そしてiPhoneを接続して同期。

■あれ? iPhoneのステータスバーの時計に変化がない。一度スリープにしてみても変化なし。Mac側の時計を20分とか1時間狂わせて同期し直してもやっぱり同じ。

■もしや、iOS5にアップデートするとMacと同期しなくなるのか?

■いや、もしかすると「同期しない」のではなく、外部からの時刻信号ですぐに修正されちゃってるのかも。だとすれば、どっからか時刻情報とってるよね。

■Macと同期しないとすれば、この10日ばかりiPhoneの時計が誤差1秒以内をキープしてることから間違いなく外部から時刻情報を取得してるし、Macと同期するとしても、すぐに修正されちゃってるぽいのでやっぱり外部から時刻情報を取得してるはず。

■いずれにしろ、iOS5のiPhoneは「何らかの時刻情報を取得してる」ってのが結論。どこから取得してるのかは不明だけど。

2011年10月21日(金)

[]

■iOS5の時刻合わせってどうなってんだろ? iOS5にアップデートしてから一週間ちょい、日に数回NICTのサイトとか例のEmerald Timeでチェックしてるけど、Macの時計とは無関係に概ね+-0.5秒以内で合ってるのよね(稀に0.7秒くらいズレるけど)。

■iOS4ではNTPに対応したって噂があったものの、結局はそれ以前と変わらずMacと同期するだけだった。しかも、このMacとの同期が時刻のズレがある程度大きくならないと同期しないという謎仕様(おまけに「ある程度大きく」が何秒なのかもよく分からない)だったのだけど、ついにNTPかGPSで時刻合わせするようになったんだろうか。あるいは、Macとの同期がこまめになったんだろうか。

■3Gの電波で時刻合わせ……ってのはないわな。本来はそれで自動的に時計が合うはずなんだけど、ソフトバンクの電波には時刻信号が入ってないとかなんとか。

■おっと。念のためにググったら、ソフトバンクも今年の4月から時刻情報乗せてるみたい。ただしiPhoneが対応してるかどうかはググってもよく分からん。でも、確かにそれくらいの時期から、以前は遅れる一方だった時計のズレが1秒程度におさまってたような気がしないでもない。

2011年10月18日(火)

[]

■「Now - Internet time」の代わりは、定番中の定番「Emerald Time」にすることにした。iPhoneを購入した当時、真っ先に入れた時計の一つ。デザインがダサかったので、Nowを見つけてからは使わなくなっちゃったけど。でも、数年ぶりに入れてみたらずいぶんとスマートになってる。NTPサーバーもNTP POOL PROJECT系を中心にたくさん登録されててNowの様に時刻の取得に失敗するってこともない。

■定番と言えば「VMClock」も定番か。こっちはNTPサーバーにMFEEDを使ってるらしい。起動するとデコ電みたいな派手なデザインにびっくりするけど、デコ電風のフレームを付けないデザインもあるので問題はない。でも、カレンダーが表示されるのが邪魔。アラームが付いてるのも邪魔。Dockで充電中に表示させとくには良さげなんだけどね。これも最初の頃に入れてすぐ消しちゃったけアプリ。

■VMClockに限らず、充電中に表示させとくには良さげな時計アプリが多いのだけど、駅までダッシュしてる最中に秒単位で残り時間を確認するのに良さげな時計ってなかなかない。

■iTunes Storeをうろうろしていた見つけた「Atomic Clock」はドット風のデザインが好みじゃないけど、秒の確認はしやすそう。有料なんでまだ試してないけど。再度上京した暁には購入して見るか。

■そうそう、デザインで言えば「LCD Clock HD」のランドスケープモードがNowに近くて一番好みなんだけど、iPadアプリなのよね。iPhone版はこれまた定番中の定番というか、iPhoneのかなり初期から存在してる有名アプリなんだけど、名前の元になってる7セグメントの液晶デジタル時計風のデザインがどうも駄目。iPad版と同じデザインになったら速攻で購入するんだけど。あ、デザインの前にこのアプリはNTP対応を謳ってないんだっけ……。購入してないので実際のところは分からないけど、デザインが好みじゃないって前にそれで購入してなかったんだ。

2011年10月01日(土)

[]

■昨日の続きになるけど、SOICHAの環境設定に「HTTPSの利用」→「認証時のみ/すべて」って項目が隠れてた。これを「すべて」に変更したら、やっとTLを読んでくれるようになった。

■Twitter側で強制的にHTTPSにしてるんだからミスマッチ起こしてたんだなと思ったけど、一度TLを取得できれば、あとは「認証時のみ」にもどしてもTL読んでくれる模様。よくわからん動作だ。

■ちなみに、Twitter側の設定で「HTTPS を常時使用する」のチェックは相変わらず外せん。これ、一度チェックを入れると外れないのか?

2011年09月30日(金)

[]

■多機能過ぎて滅多に使わなかったけど、たま〜に音声認識で遊んでたSOICHA。前回のアップデート以来、認証エラーとか言われてTLが取得できなくなってた。二ヶ月くらいそのままになってたけど久し振りに遊んで見たくなってアカウントを再設定してみる。

■やっぱり「認証エラー」って言われる。Twitterのサイトで確認すると「許可した連携アプリ」としてちゃんと認証されてんだけどね……。自分のプロフィールとかは参照できるのに、何故かTLが読めない。

■ググったら、Twitterの設定で「HTTPS を常時使用する」にチェックが入ってる場合は、一度チェックを外して認証し直させると上手くいくらしい。

■で、早速やってみたけど「HTTPS を常時使用する」のチェックが何度外しても復活するんだよね……。他の項目はちゃんと変更が反映されるのに。どーなってんの?