antaresの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-02-24 不連続的差異論の図式 このエントリーを含むブックマーク

不連続的差異discrete or discontinuous differenceをdd、連続的差異をcontinuous differenceをcdと記号化する。/は、境界であり、≈は、ゼロ度による共鳴・共役性であり、intはintegralの略で、積分である。IM 境界とはイデアメディア境界で、MP境界とは、メディア/現象境界である。

_______________________

イデア界: 

dd1/dd2/・・・/ddn

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー    

IM境界: 

dd1/dd2/・・・/ddn(コスモス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

cd1≈cd2≈・・・≈cdn

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

 

メディア界:

cd1≈cd2≈・・・≈cdn(カオスモス


ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

MP界:                 

cd1≈cd2≈・・・≈cdn

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

int1ーinte2ー・・・ーint n-1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


現象界: 

int1ーinte2ー・・・ーintn-1(連続的同一性)

_______________________


コメント:個々ののddが特異性・単独性といよりは、ddの総体(dd1/dd2/・・・/ddn)が、特異性・単独性なのではないだろうか。イデア面(イデアメディア境界におけるイデア界への側面)ないしイデア界の《力》が連続性を解体すると言えよう。この解体が特異性・単独性の「感覚」をもたらすのではないか。

 作家がいうコスモスとは、ddの総体のことではないか。また、共感倫理性も、ここから発するのではないか。

 なお、連続的差異cdとは、微分である差異である。