antaresの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-02-18 陰=魂(肚)と陽=自我(頭)をつなぐ身体意識(理性):無双陰陽原 このエントリーを含むブックマーク

陰=魂(肚)と陽=自我(頭)をつなぐ身体意識(理性):無双陰陽原理は陰陽身体三元論へ進化する


テーマ無双陰陽原理トランスサイエンス


先に、食事哲学について触れた(世界の謎:食事哲学地球生活の謎:身体と意識ポスト唯物論としての逆ルネサンス http://ameblo.jp/neomanichaeism/entry-11472263858.html)が、陰と陽を調和させるものは身体理性ではないかと思う。

 魂と自我二元論がある。ロマン主義物質主義である

 一方は超越性を志向し、他方は現実性を志向する。

 魂=陰は身体を住処とし、自我=陽は物質的身体を維持する。だから、両者に身体は共通である

 そう、魂―身体―自我の三元論があるだろう。無双陰陽原理は、陰陽の媒介として、MPMedia Point)を説くが、それは理念である

 しかし、身体ないし身体意識(身体理性)を置くと、明快明確になるだろう。MPだけでは、抽象である

 身体を住処とする魂は、魂の欲望を追求する。そして、物質的身体を維持する自我は、その欲望を満たす。

 しかし、魂の欲望は無限であり、自我の欲望もそれなりに無限である。陰=闇の無限と陽=光の無限である。そして、この衝突がある。二元論的衝突である

 この調和を私は陰をベースに求めた。しかし、それでは、陰の無限に惹かれて、陽が犠牲になるのである現実性=物質性が阻害されるのである

 この不均衡を解消するのが、身体意識(身体理性)である

 これは、一方の極に陰=魂=肚をもち、他方の極に陽=自我=頭をもつ。そして、前者に健全に裨益しようとするなら、この身体意識(ないし身体感性)に基づく必要がある。

 ここで、食事哲学キーポイントとなるのである。食事は気的食品によって、身体を介して、魂に裨益するのである。同時に、当然、食事は物質的身体を保持するのである

 食事哲学によって、また、身体意識によって、陰=魂の生活と陽=自我生活のバランスがもたらされるのである

 身体であるが、これは、気的感性によって、霊と通じ、また、一般的感覚五感)によって、自我物質現実に通じているのである

 この身体意識は、丁寧に言えば、身体感性感覚意識理性と言うべきものである。そう、あえて言えば理性とは、抽象観念的なものではなく、陰陽身体バランスに存するのである

 とまれ、以上から無双陰陽原理を陰陽三元論として発展させることができた。

 理論であるが、無双陰陽原理から無双陰陽身体原理へ変えようか。簡単にするため、単に陰陽身体原理にしようか。

追記:シュタイナー霊学に即して言えば、陰=ルシファー、陽=アーリマンであり、両者を均衡させるのは、キリストである。これまで、キリストに相当するものMPにしたが、以上から、それは、身体意識(理性)ということになる。

 しかし、身体理性という視点は、もう単に霊的なものではなく、霊魂物質の両面に渡るものであるからキリストではなく、ポストキリストであるD.H.ロレンスの「死んだ男」の方がふさわしい。