anti-monosの新メディア論 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-31

[] マスコミの人間が決定的に理解できないネットの本質 〜朝日、日経読売3社連合「あらたにす」を見ての感想〜


今日から朝日、日経読売という新聞勝ち組3社連合のあらたにすがオープンした。見た感想は「予想通り」。

はっきり言ってしまえば、「あらたにす」は間違いなく失敗する。かつて共同通信と地方紙連合が立ち上げた47NEWSと同じくらい、過疎状態になる。なぜダメかと言うと、RSSに対応していないのも驚いたが、構成自体が新聞といったマスコミの論理から1ミリも抜け出せていない。

コンテンツの中身を見ると、まずは朝日、日経読売の一面記事を紹介して比べる。さらに社説、各紙の注目テーマが並ぶ。新聞紙面と違う目玉と言えば、「新聞案内人」なる有識者が、新聞の読み方を教えてくれる。さすが全国紙が集めてきただけあって、「新聞案内人」は伊藤元重東大教授、小林陽太郎元経済同友会代表幹事などそうそうたる面々になっている。

だが「一面記事」、「注目テーマ」、「社説」、「新聞案内人」と来て、気がついてしまった。やはりダメだと。既存の新聞そのものなのだ。つまり、すべてが「上から目線」で押し付けがましい。

例えば一面記事というのは、新聞社が「きょう日本国民が知っておくべき最も重要なニュースはこれです!」という意味を持つ。まあ、勝手な新聞社の独りよがりなのだが、新聞記者というのは自分の記事が一面になるかどうかがかなり気になる。読者に新聞社のニュース価値判断を押し付けている。「社説」はもはや説明の必要もないほどの「押し付け」。

「押し付け」の極めつけは「新聞案内人」だ。有識者が新聞の見方を教えてくれる。はっきり言って、大きなお世話だし、誰も新聞の読み方なんぞ、教えてもらいたくはない。勝手に好きなように読みたいのだ。

既存のマスコミが絶対に理解できない、かつ生理的にも受け付けられないネットの特徴は「編集権を読者に委ねている」ということ。新聞、ラジオ、テレビと既存のマスコミはすべてニュース価値をマスコミの側で判断し、それを受け手に与えるという構造だった。何をどう扱うかは最初から最後まで、すべてマスコミ次第。つまり「編集権を完全にコントロールできる」状態。言い方を変えれば完全なる「押し付け」だ。だから、マスコミブログSNSなど受け手の側が発信、編集するというのは生理的にも受け入れられない。

ところがネットだと、2ちゃんねるニコニコ動画でも、マスコミの作った「ニュース」はすべて盛り上がるための「ネタ」に過ぎない。ネットに放たれたとたん、マスコミのコンテンツは、マスコミ自身が与えたお仕着せの「ニュース価値」から開放されてしまう。良くも悪くもなのだが。そこがマスコミにはアイデンティティに関わるだけに、決定的に理解できない。平均年収千数百万をもらっていても、社会経験などほとんどない記者が経費で飲み食いしながら、政治、経済、天下国家を語り、経費のタクシーで深夜に帰宅、そして紙面では格差社会を嘆くなどという、マスコミにとっては能天気な時代はもはや終わろうとしているのに。

毎日.jpや産経MSNという新聞業界の負け組だけに、失うものがなく、存亡の危機にあるだけに試行錯誤をしている。

あらたにす」はマスコミの「押し付け」論理から1ミリたりとも出ていない。必ず、行き詰る。しかも、かなり早い段階で。

yukichi99yukichi99 2008/01/31 19:25 > 「押し付け」の極めつけは「新聞案内人」だ。有識者が新聞の見方を教えてくれる。はっきり言って、大きなお世話だし、誰も新聞の読み方なんぞ、教えてもらいたくはない。勝手に好きなように読みたいのだ。

それが新聞の役目なのでは? 向こうには向こうのやりかたがある、こっちにはこっちのやりかたがある、それでいいじゃないですか。allabout.comのようなサイトだってあるんだし(お嫌いかもしれませんが)。情報を扱う手段を複数持つことは悪いことじゃないです。

namaenamae 2008/01/31 22:37 もはやマスコミは田舎者すら踊らせる事はできない

rize92rize92 2008/02/01 00:25 >yukichi99さん
確かに、情報を得る手段を広く持つのはそれを選びとることのできる人間にとって非常に有効ですよね。
ところで今、情報を扱う手段を持つ持たないの話をしているではないことに注意してください。このエントリはだめだこりゃ、という一個人の感想を我々は読んでいるわけです。当然新聞の役目の話でもありません。


私は、新sが早い段階で終わるということは否定しません。が、マスコミにとって能天気な時代が終わりかといえばそう簡単な話でもないと思ってます。
anti-monosさんのようにネット等を有効活用して必要な情報を上手に選び取ることのできる人間がいれば当然そうでない方というのも存在しますよね。そういう人にとっては「厳選した情報を」「的確に」伝えてくれるマスコミは非常に有用ですよね。そういう情報を自分で選びとれない人間を躍らせるビジネスがマスコミなわけです。
これは主観ですが、実際世間を見ると付和雷同的思考の強い日本人はマスコミの報道内容を割と鵜呑みにしている感があります。特に女性。
専門的な知識をもってすれば簡単に切り崩せるような下らない記事も、予備知識という土台のない人間には正しいことに見えてしまうものです。前者は議論で解決できるかもしれません。ですが、議論することを知らない人間にはマスコミから得られる情報が全てです。当然インターネットを使う全ての人間が議論のできる人間ではないですし、ネットの外で一般人がそんな真っ当な議論をしているかといえばそうでもない。
情報を選び取ることのできる人間がまだ少ないうちは当分マスコミは揺らがないでしょう。「マスコミ時代の終わり」の始まりという時期がネットブームなのかも知れませんがまだ終わりそのものまでの距離は相当長いと思われます。

nsoderlandnsoderland 2008/02/01 00:42 あらたにすは記者の記事比較に便利。中国食品については興味なしで飛ばした。天声人語などの欄を読み比べて自分の嗜好がはっきりした。国会の動向が分からないので政治に強い新聞サイトに戻ることにした。

hyhyahyahyhyahya 2008/02/01 01:00 私が最初に見た違和感を的確に表してる記事ですね。

これから進化するのだろうか?

MAROYAKAMAROYAKA 2008/02/01 01:43 逆に今、ネットにシニア世代や一般主婦などが、どんどん流入して来ている事を考えると、そういう層の需要を取り込んで、ある程度は成功するのでは?
おそらく、そういう層はネットの受け手が中心になるという雰囲気に馴染めなくて、こういう旧来メディア型の上位下達方式の方が安心するんじゃないかと。

ykyk 2008/02/01 10:23 とりあえずこんなあほなことやってないで各社の社説、コラムをさっさとRSS配信して欲しいですよね。

RJRJ 2008/02/01 11:10 RSSないとかありえないっす。
みんな玄関ページから入ると思っているんでしょうか...

ottyankoottyanko 2008/02/01 12:53 RSSの実装と、記事テーマ(キーワードでも可)を選択して、ユーザーが望む比較結果を見れるようにしてくれたら、最高のサイトなのだが・・・・

urolaisurolais 2008/02/01 13:32 あくまでも「新聞読み比べサイト」なのよね。だから「新聞の論理」のままでも当たり前でしょ。それがなにか?

jr.jr. 2008/02/01 14:30 だからそんなサイトは失敗するよと主張しているだけでしょ。それがなにか?

urolaisurolais 2008/02/01 14:49 いえいえ、違うでしょ。別のアフェクトがあるよね。そこにお気付きでないご様子が、痛いなぁと、つい。

edaeda 2008/02/01 16:06 かなり同感です。
少なくとも、サイト構成とメリットが噛み合っていませんよね。
記事にリンクさせていただいたので、念の為、お知らせします。
http://edas.seesaa.net/article/81853715.html

うどんうどん 2008/02/01 16:11 >urolaisさん
「新聞の論理」のままでも当たり前、別のアフェクトがある・・・って論点ズレすぎだと思うんですが。
新聞の上から目線で一方通行な情報は、もはや受け入れられるものではないって書いてあるんじゃないの?
「あらたにす」があなたの言うように、新聞読み比べが主目的のサイトだったとしても、47newsと同じであってすぐにつぶれるよってことだと私は読んだのですが。
横やり失礼。

横槍すみません横槍すみません 2008/02/01 19:12 詳しいことは分からないけど、あと10年20年で考えれば、確実にマスコミの収入は激減すると思います。
特に新聞社。どうなんでしょう。新聞要らない人、惰性で取っているだけの人、めちゃくちゃ増えてると思いますよ?

インターネットを始めて、海外のニュースを見るようになってから、ビックリしました。
共同通信やロイター通信等、新聞各社の好きな記事だけ編集して載せてるのが見え見えです。
海外で話題になってることが何故日本で報道されないのか。

あと、物事には大抵二面性があるのに、片方の意見しか放送しないことが多い。
そして、キャスターとコメンテーターで反論し合うことが無い。
すべて決まってたかのような喋り。もうウンザリです。

goodfieldgoodfield 2008/02/01 21:12 >毎日.jpや産経MSNという新聞業界の負け組だけに、失うものがなく、存亡の危機にあるだけに試行錯誤をしている。

確かに負け組 産経のイザ!ニュースでやってる記者会見の実況記事とかは他に無いおもしろいコンテンツだと思う。

↓毒ギョーザのJT社による記者会見の実況記事(全11回)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/119315/

punipuni 2008/02/02 01:25 くらべるっていうか、ならべてあるだけですよね、
協力体制アピールする為のサイト上に。
まぁ、もったいないなぁと思います。

rayray 2008/02/02 01:51 「新s」を「あらたにす」と読めるようになる前に、過疎化すると思う。

shingotadashingotada 2008/02/02 18:07 よくわからんが、新聞社の普通のサイトとかわらない気がする。これからもNIKKEIを読み続けるだろう。

shields-pikesshields-pikes 2008/02/02 18:12 方向性として正しい。新聞社は、ニュースの格付け・編集のプロとしての能力と権威に、もっと自信を持っていい。トップニュースをアクセス数ランキングで判断したり、膨大なRSSを毎日チェックするのなんて、普通の人がやることじゃない。ニュースの格付け作業なんて専門家にアウトソースすべき。

って言うエントリを書きました。
http://d.hatena.ne.jp/shields-pikes/20080201/p1

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/anti-monos/20080131/p1