antiECOがいるところ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006年03月04日Sat 何も変わらない土曜日、春よどこへ行った?

[]と便器

 今日も道ばたに便器が落ちていた、しかも2個も別々の場所に。

 月に何度便器を見たことだろう、道ばたで。

 昔、一度、深夜近く、便器を運んでいる人(マダムが二人)に遭遇したことを書いたけど、やはり夜中に便器を運んでいるのだろうか?

 そして、便器を捨てたあと、新たな便器を自ら設置しているのだろうか? 不思議だ。 まわりのフランス人に聞いても、外に捨てたことはないという返事。

 相変わらず、よくわからん、この国は。 景観を守るため、ベランダ洗濯物を干すことすら許されない一方で、街にころがる便器。 そしてお犬様の大量の排泄物。 幼少からこの環境で過ごせば、その美意識の根源、正当性を理解することができるのだろうか?

 わからん。

nonecononeco 2006/03/05 11:05 なぜか、便器をみつけてしまう運命の方が、興味深い。
イギリスに住めば、便器、日本に帰ってくれば、便器。
なにかのお告げかもしれないなぁ。

ちなみに、デュシャンの小便器は、「泉」とタイトルがついて、
現代美術の傑作でもあるよね。

あと、お犬様ならよいが、
こちらも、なんか毎日、道のあそこからそこまでの範囲に落ちていて、
知り合いの人は、犬だと強く主張されるのだが、
どうみても、人間ではと……

そもそも動物って、隠すのが基本なんだよね。

roi_dantonroi_danton 2006/03/05 15:46 日本もヘンなところは多々あると思いますが、単に諸外国とヘンな部分が違うだけなのでは、と思います。自分のつたない知識では、ブルボン王朝下のパリでは、貴婦人も宮殿の廊下でしゃがんで用を足していたと言いますし、国王は便器にまたがって排便しながら家臣に面会を許したと聞きます(「開かれた王制」という理由で!)。そういう伝統なのかもしれませんね。私は真似したくありませんが。

uemtrdxvixuemtrdxvix 2007/03/06 18:04 Hi! Very nice site! Thanks you very much! roxwmdduip

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/antiECO/20060304/1141496934