antispamの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-04-07 7日以内にM6級地震が関東地方を直撃

災害時のディザスタ・リカバリが試されるとき? 13:50 災害時のディザスタ・リカバリが試されるとき?を含むブックマーク

インフォシークニュース > 社会 > 7日以内にM6級地震が関東地方を直撃より

「1週間以内に、M6級の大地震関東地方を襲う」――こう言い切るのは日本地震予知協会代表の佐々木洋治氏だ。余震が続く新潟県中越地震、2度のスマトラ島沖地震、そして福岡県西方沖地震と国内外で大地震が立て続けに起きている最中だけに、何とも不気味な予言である。

 佐々木代表は阪神大震災から福岡地震に至るまで、地震発生前に機関誌やホームページ上で警戒警報を発してきた。いずれも、予兆現象である“地震雲”を観察したという。

地震雲とは飛行機雲のように空を横切る帯状の雲や、扇子を広げたような雲、あるいは白く細い絹織物のような雲を指します。地震発生直前は、地中に蓄積された強力な電磁波エネルギー地殻の亀裂部から大気中に漏れ始める。磁力線の影響でヘンテコな雲が形成されるのです。地震予知協会は今月27日、東京全域や伊豆相模など神奈川県の上空一帯で地震雲を確認したことで、警戒警報を発することにしました」(佐々木代表)

 だが、地震雲が発生しても地震が起きないこともあるという。なぜ今回の地震雲はM6級の巨大地震に結びつくのか?

「運が悪いとしか言いようがないのですが、地球全体がきのう(30日)から4月1日、4月4日と連続して“特異日”を迎えます。彗星太陽コロナ(外周をとりまく電離したガス層)と接触することで、大量の電磁波地球に降り注ぐのですが、この電磁波は発生寸前の地震を誘発する。すでに関東地方は蓄えられた電磁波エネルギーが破裂しそうなゴム風船状態。いざ地震発生となればかなり大規模になることから、“M6級”と判断しました」(佐々木代表)

この記事は3/31に週刊ゲンダイより提供されたものである。

ということは今日これから数時間以内に地震が起こる。

障害復旧手順は確立されているだろうか?

机の下にヘルメットは常備されているだろうか?

地下鉄で移動中に被害にあわないように、移動手段は極力バスや徒歩にしよう。

そうだ、オフィスフロアまたは自宅で鯰(キャットフィッシュ)を飼っているならば今日の行動観察を怠らないでほしい。

オフィスビルが倒壊する可能性まではないかもしれないが火災による二次災害が懸念される。

今日の炊事でガスを使うのは極力避けて、コンビニ飯にしよう。

バックアップしたメディアを耐火金庫に格納しておこう。

ここ数日で関東で「揺れた」と感じた地震はたしかにあった

http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jp/quake/quake.050404030707.03.0.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/antispam/20050407/1112849459