Hatena::ブログ(Diary)

都岳連・安全登山教室のブログ

2018-08-06

2018年8/5 沢登り教室実技3 水根沢

23:23

講習生 9名

講師  3名

1週間前の台風の影響か、水量はいつもの2倍近く多かったです。

このところの暑い中、水根沢は涼しく快適な沢登りをすることができました。

水量が多くちょっと大変でしたが、講習生も楽しんでくれたようです。

f:id:antokyou:20180806231855j:image

入渓前

f:id:antokyou:20180806232013j:image

f:id:antokyou:20180806231849j:image

f:id:antokyou:20180806231845j:image

2018-07-29

クライミングスクール 実技-2 018.7.21-22

11:27

「危険な猛暑の中、スポーツドリンク・飲み水を大量に持参してのクライミング供⊆袖察治欧任后

誰も来ない「湯河原幕岩・阿寺の岩場」で実施。

トップロープクライミング矢印右擬似リードクライミング矢印右(リアル)リードクライミング の順番でアタック。

2日間に渡り、どちらの岩場も使い放題、登り放題。

そして、懸垂下降・フォローへの確保(支点構築)まで目一杯の講習ができました。

f:id:antokyou:20180729112731j:image

f:id:antokyou:20180729112724j:image

f:id:antokyou:20180729112727j:image

2018年度沢登り教室 実技2 2018.7.7-8 丹沢モミソ沢・源次郎

11:14

受講生 :12名

講師  : 4名

1日目:モミソ沢

2日目:源次郎沢

恒例の作治小屋をベースにモミソ沢と源次郎沢を登ってきました。

例年になく梅雨明けが早かったものの直前に雨の日が続いたせいか

いつもより沢の水量も多くロープを出す場面が多かったです。

f:id:antokyou:20180708070150j:image

作治小屋の前から出発

f:id:antokyou:20180707115942j:image

モミソ沢の滝を登る

f:id:antokyou:20180707171923j:image

夜は恒例のバーベキュー

f:id:antokyou:20180708085335j:image

源次郎沢は水量が多くシャワークライミング

2018-07-28

2018年度クライミングスクール

21:36

クライミングスクールがスタート致しました。

今年から新規のクライミングスクールが開講。

従来のクライミングスクールを気箸掘⊃卦のスクールを兇箸靴董開講です。

6月16・17日は実技ー1で気鉢兇同時開催です。(勿論内容別です。)

6月16日は田無「ギリギリ」という室内壁で気トップロープクライミング

ボルダリング、兇トップロープクライミングとリードクライミングです。

17日タカトリの岩場です。タカトリの岩場ですので、トップロープクライミング

機Ν兇箸癲講習に合わせたルートを登ります。

両コースとも、確保練習がよくできました。

f:id:antokyou:20180728214011j:image

f:id:antokyou:20180728214007j:image

2018-05-21

2017年度雪山教室 実技6 2018.5.12-13 西穂独標

22:57

受講生 :27名

講師  : 6名

1日目

 晴天の中、西穂山荘まで

 途中で歩行訓練をしたり山荘についてから雪訓をしました。

2日目

 風が強く行けるところまでと思い登りましたが、目標の独標まで

 登ることが出来ました。

 下りは雨に降られビショ濡れになりながらロープウェイ駅まで辿り着きました。

f:id:antokyou:20180521231216j:image

山荘への途中の道から西穂を望む

f:id:antokyou:20180521231212j:image

西穂山荘に到着

f:id:antokyou:20180521231209j:image

最後の独標への登り

f:id:antokyou:20180521231206j:image

独標に着いた

2018-04-09

2017年度雪山教室 実技 2018.4.7-8 八ヶ岳 赤岳

23:49

講師 :14名

受講生:41名

1日目

行者小屋まで行きテント泊。

雪もだいぶ解けかえって歩きずづらいことも。

2日目

前夜より雪が降っていたが3時起床、5時出発。

地蔵尾根と文三郎尾根から赤岳頂上を目指しましたが

ガスと風雪のため途中敗退でした。

9時過ぎにテントを撤収して赤岳鉱泉経由で下山しました。

春とはいえ雪山の厳しさを経験できました。

f:id:antokyou:20180409234808j:image

行者小屋のテント場

f:id:antokyou:20180409234805j:image

地蔵尾根の登り。

f:id:antokyou:20180409234801j:image

天気悪く残念ながら下山。

f:id:antokyou:20180409234757j:image

赤岳鉱泉経由で下山。