毎日がロボトミー.

07-12-11-Tue

[][][] エロマンガ10

酔拳の王 だんげの方(id:dangerous1192:20071210)による企画に参加させていただきます。

ナツ100のときも参加したかったんですけど直前でバタバタしてて参加できませんでした。失敗。

今回はエロマンガということで趣味が思いっきりバレバレになってしまいそうなんですけど、まあそれはそれでかまわないので結構ガチで選びました。

しかし全エロ漫画の中から10冊を選ぶって結構至難の業ですね。古い作品にも良い作品はいっぱいありますし、作者が好きで買ってるのにその中から1冊を選び出すとか難しいですしね。

選択基準としては

・手元に読める状態でおいてあるもの。

・1作者1冊。

ぐらいで選んでみました。

ということで以下。作者名50音順。

キミの名を呼べば (MUJIN COMICS)

キミの名を呼べば (MUJIN COMICS)

甘詰留太はどの作品を選ぶか非常に迷いました。年上の彼女も十分エロマンガだと言えるし完成度も高いので選ぼうかと思いましたが、やはりここはできるだけ黄色い楕円形のマーク付きを選ぼうと思いました。

表題作の"キミの名を呼べば"が切ない話で好きなので、数ある単行本の中からこれにしました。

満子シリーズの3冊目かな?全部把握しているわけじゃないですけど。

 

初犬 2 (いずみコミックス 63)

初犬 2 (いずみコミックス 63)

一水社の看板作家といえばゼロの者だったのですが、今ではこの作者が看板を担いでいます。

1冊目の"初犬"のほうを選ぶべきだったのかもしれませんが、あちらはあんまり好きじゃない作品も含まれてますので、全編通して"ストレンジカインドオブウーマン"シリーズのこの2冊目を選びました。

それにしても、この作者名どうにかならないんでしょうか。検索しても出ないよ(笑)

 

くすりゆびハニー (ポプリコミックス 9号)

くすりゆびハニー (ポプリコミックス 9号)

お姉さん系のラブラブ漫画が多い井ノ本リカ子。BLも描かれているらしいんですけどそっちは読んだことが無いんですよね。

言われてみればお姉さんとショタの組み合わせが多いような気もします。

Benny'sも好きなんですけど好みで言えばこちらに軍配が。エッチのときの表情の付け方がこちらの方が好きです。

 

少女セクト (メガストアコミックス)

少女セクト (メガストアコミックス)

レズです。男性向け雑誌に掲載されたレズ漫画でここまで完全に男を排除した作品は今まで無かったのではないでしょうか。

百合と言うよりはレズって単語が似つかわしいような作品です。最近はやりの百合漫画を煮詰めるとこうなるのではないかというような感じ。エロ美しい。

しかしエロマンガスタディーズで言うところの「ちんこへの感情移入」ができないためか実用性には欠けるのですよね。

 

精装追男姐 (セラフィンコミックス)

精装追男姐 (セラフィンコミックス)

この作者もどれを選ぶか迷いましたが結局コレ。有名な"シャイニング娘。"も"-宴-"も好きなんですけどねえ。

ちんこがとれて女子達に好き勝手に使われるというアイデアが良いです。エロの中では異色と言って良いでしょうけどなんか好き。ショーもない展開が好みなのかも。オチがひどいことは一部で有名。

 

A lot of (ダイトコミックス)

A lot of (ダイトコミックス)

最近では童貞力やニート力が高い漫画を描いているTAGROですが一時は変なエロマンガを量産していました。

どうしても選びたかったTAGRO。サンプルページの方で変態生理ゼミナールが書かれていたのでこちらに。

テーマは複乳です。おっぱいがいっぱいです。表題作のA LOT OFとはおっぱいのことです。奇抜なアイデアてんこ盛りの、どう考えても抜かせることを目的に書かれていないような漫画が素敵です。

複乳を利用した四辻パイズリとかを思いつけるのがすごい。

 

Take On Me (メガストアコミックス)

Take On Me (メガストアコミックス)

大女大野さんと小男津田のズコバコ漫画。あと被害体質委員長とかロリ姉とかも出てきます。

とにかくエロいことをしまくろうというテーマで絶倫の津田君が朽ち果てるまでエロ行為を続ける漫画です。

続刊も出ていて、そちらでは絶倫女装ショタ双子なんてものまで出てきやがります。暴走気味だけど、エロ描写だけはピカイチ。

 

墜ちる天使 1 (ジェーシーCOMICS)

墜ちる天使 1 (ジェーシーCOMICS)

死んだと思ったら好きな彼女の体になっていた。といったトランスセクシャルモノ。こういったTS系は探せばいくらでもあるとおもうんですが、ストーリー性とエロさをここまで両立させている作品はあまり無いと思います。

ムッチリ系の描写をする作家は多いですけどなんか硬そうなオッパイだったりするじゃないですか。それに比べるとこの作者の書く女性の体はホントとろんとしてて柔らかそうで良いです。

残念なことにこの作品は雑誌が無くなってしまったので未完のままなんですよね。どこかで続き描かないのかなあ。

最近はメガストアHでこの作者をたまに見かけますけど、このころの作品ほどエロくない感じがして残念です。雑誌カラーの違いもあるのか、どことなしに表現が変わったような気がします。ちゃんと比べてはないのですけど。

 

小池田さんと遊ぼう! (メガストアコミックス)

小池田さんと遊ぼう! (メガストアコミックス)

変態絶倫そしてラブというステキ漫画。

逆光の階段で覗けた彼女のスカートの中はノーパンで…と思ったら実はセルフ露出プレイ中、そのままなし崩しにセックス。普通ならそこで1話完結ものとして終わるところが、この漫画では回を追うごとに変態性をエスカレートさせながらストーリーをつなげてゆきます。エロカワイイって言い方がありますけど、それを超越してスケベカワイイ小池田さんがステキすぎる作品です。

 

P総研 (TENMAコミックス)

P総研 (TENMAコミックス)

ふたなりの雄、RaTeです。名前で検索しても英単語のrateが引っかかって情報が集めにくいことこの上ない作家。単行本も結構な数出しているのに……。

最近はふたなりじゃない巨乳漫画*1に走りがちなRaTeですが、やっぱりふたなりでしょう。世間的*2にはふたなりといえばみさくらなんこつでしょうけど、僕の中ではこの人しかいません。

そしてそのふたなり漫画の中でも代表作といえるのがこれです。

P総研では注射一本で女性にP*3を生やすことができます。そんなP総研で働く女性達の仕事っぷりを描いたこの作品。

Pで困ってる人やPがほしくてほしくてたまらない人にエロいケアをする女性達は見ていて清々しいですね!

 

 

ということで数ある候補の中から無理矢理10作品選んでみました。というか10作だと少なすぎません?少なくともあと5冊、いや10冊は選びたいぐらいですよ。10作という制限では月野定規ゼロの者完顔阿骨打もヒジリレイも米倉けんごも選べないじゃないですか。

*1:巨乳平面説の説得力の高さには定評がありますけど。

*2:どこの世間かはよくわかりませんが。

*3:ペニス。