蒼の徒然〜何か語らないときっと後悔する

2006-10-18 途中下車の旅

[]ふ・・腹痛が・・・

朝・・・なんとなくだが・・・・豆乳が胃に到着した時、なにか嫌な予感はしてました。

してましたが・・まさかこんなことになるとは・・・。

最寄り駅までは普通に、歩いていけたんですよ。

でも、駅についてからなんか・・おなかが痛い・・。

あれ?痛いぞ・・と思ったけど、ま大したことないか、と電車に乗ったら、あなた

もう冷や汗は出るわ、すごい痛いわ、もうこれは危険!ってぐらいで。

そんなこんなで、一駅おきに、冷や汗と腹痛と貧血一歩手前か!ぐらいの感じでよろよろ降りて。

それでも学校行きましたけどね。

行ったはいいけど、全然ダメで。間に合った授業ももうなんかちゃんと座る体力がなくて。

もう半分寝たような感じでぼわ〜〜〜。

2限はもうとらないことにして、図書館卒論の作業をしようとしたら、やっぱりだめで・・。

冷や汗かきながら、机につっぷしてもううとうと〜って感じで。

嫌な感じでした。

休みに、ゼリー飲料を飲んだのがまずかったのか、今度は気持ち悪くなってきて。

それで・・4限の授業まで粘るつもりだったのですが・・あえなく帰還しました。


嗅覚はいろんなもの食べたい!といってますが、胃はやめてけれ〜といってます。

あぁ・・・ひきさかれた思い。