青い森のねぷたい日記

この日記は東京都在住の教育公務員、青い森が暇なことをいいことに書き殴りのように書いている日記です。
遂に住民票を東京都に移し、現在東京の某所で教育公務員として毎日忙殺されています。

2016-12-30

[]図書館から借りてきた本

 実家の近くに図書館ができたので、借りてきた本です。

未来を切り拓く世界史教育の探求

未来を切り拓く世界史教育の探求

 歴史総合を考えるために、世界史立場から特に世界史未履修問題世界史受験者数の減少は、世界史の側にとっては切実で、歴史総合世界史側主導で行われているのがなんとなくわかる気が。


教育論議の作法―教育の日常を懐疑的に読み解く

教育論議の作法―教育の日常を懐疑的に読み解く

 2011年地点ではあるが、教育問題社会学という立場から客観的、かつ批判的に論考。

 特に保護者問題は「現在の親の一部は・・・」という視点で考えることが重要であること、改革を繰り返しても教育はよくなる可能性が低いこと、教育をよくするためには同僚性の高さが一番重要であること、など現在教育への示唆が今でもある本です。


こちらまだ未了。

戦国武将の明暗 (新潮新書)

戦国武将の明暗 (新潮新書)

 ざっと読みましたが、面白そう。古代女帝がいる理由も、ペリー日本開国をせまった理由も、世界史的にみると、教科書見方とは違う歴史観生まれる。そんな一冊です。


これは購入しました。

市民資質とは何か、を考えるにはよい一冊かと思い、購入しました。スウェーデンでは「社会」という科目は、「よりよき納税者となる」ための科目というはっきりした目標がある。日本とは異なるな、と感じました。

<ご指定のscriptタグは許可されていません。詳しくははてなダイアリーで使えるブログパーツをご覧ください><ご指定のscriptタグは許可されていません。詳しくははてなダイアリーで使えるブログパーツをご覧ください>