絵とか写真とか食い物とか文とか日記とか

2018-04-18 We will rock you

f:id:aoyamayouhei:20180418215535j:image


駿河屋サイト上で買った「団地ともお」9巻が

中身が6巻だった、というお話


就寝前のお楽しみの漫画タイム、

9巻(のはずの)最初の話にどうも既視感があると思ったら

これ中身6巻じゃねーか!


これ駿河屋にメールで言ったら返品や交換は可能だろうか

うう…どうせ

「交換しますので着払いで送って下さい」とか言われるんだ…

メールのやりとりするのも着払いで送る準備するのも

郵便局に行くのもめんどくさい…

これ中古で200円とかで買った気がするんだけど

200円に対して手間を考えたら割に合わない気がする…


9巻までずっと中古で買ってきたから

これを機に

作者に還元するためにも新品で買おうかな…

2018-04-16 天狗の毛穴

越谷市某所

「天狗 北越ラーメン」というお店にお邪魔!


f:id:aoyamayouhei:20180416121640j:image


12時頃来たら店内に待ち列が形成されていたので

時間を置いてまた来ることにしました

駅前商業施設(100均・スーパー・本屋)で時間をつぶす

13時頃来たら列はなくなってました


f:id:aoyamayouhei:20180416131553j:image

f:id:aoyamayouhei:20180416131556j:image


お店が推している一番人気の

ラーメン+焼き肉丼のセット

ランチタイム価格820円


食べログにも「焼き肉丼だけでもお腹一杯になりそうなボリューム」

と評されているが…

全部食べられるかが怪しいところだが

ランチタイム価格のお得さには抗えず


ラーメンは昔ながらのオーソドックス中華そばでしょうか

(チャーシューが焼き肉丼と重複しているッ 肉的な意味で)

特にトッピングで注文せずとも

味玉が付いてくるのとかっていいよね

焼き肉丼は肉の下にマヨネーズ

玉ねぎ・ニラがたっぷり

ラーメンが麺の量が気持ち抑えめだったのが幸いで?

焼き肉丼と並行して時間をかけ食べ進め完食できました


ジャズが流れる店内…

この選曲だと「イパネマの娘」とか流れないかなーとか思ってたら

流れてニヤリとしてしまう


チャラい若者バイトがやってるチェーンのラーメン店よりも

こーゆー昔から続いてるような店構えで

一家で経営してるようなお店の方が

フンイキもいいし料金設定も良心的だしいいかもなー なんて思う

※個人の感想です


晩御飯があんまり入らないんじゃないかと懸念する程度には

お腹一杯だよ〜

2018-04-15 HIKIZURI☆construction


過去をひきずる、失敗をひきずる、人に言われたことをひきずる

私はとにかくひきずる人間である

例えひきずることが思考ループであり堂々巡りであり

非生産的で非合理的で非建設的であることをわかっていても

起こった(起こした)ことはどうにもならず

それに対してどう対処するか、どう捉えるか

そこから何を学び取るか、今後のアクションにどう活かせるか

そこが重要であることを理屈としてわかっていても

私は盆に返らぬ覆水をいつまでも気に病む

若い時にやらかしたアレとかコレを思い出して

「過去に戻って若い時の自分を殴りに行きたい」と思う事がしばしばある

(「パスト・マイセルフ・ビーティング・センセーション/PMBS」と呼んでいる)

ひきずっている自分を一歩離れた場所から客観視できたら

「何こいついつまでもそんなくだらねー事を

ウジウジ引きずってんのバカじゃねーの」と思えたら…

ひきずるならひきずるでちゃんとそこに何らかの合理的理由があるのだとしたら…

何もひきずらずに開き直ってしまえるメンタルは強靭と言えるのか、それは鈍感ではないか、とか…

迷い探し続ける日々が、答えになるのだとしたら…

2018-04-11 3/29〜4/11

f:id:aoyamayouhei:20180402195804j:image


どんなモクロミが


f:id:aoyamayouhei:20180402195813j:image


ニッポンでもニンジン


f:id:aoyamayouhei:20180402195824j:image


WUGで公開してた日記はこの日まででお終いにしました

最後の日だからって特別な事は起きないだろうという事で

良い塩梅の最終回になったと思ってます


f:id:aoyamayouhei:20180402195835j:image


出社前に通勤電車で編集したメモをドロップ

夜に投稿するつもりだったんですが

最終日前日、ちょっとでも見てもらう時間を用意するために

コンビニのアクセスポイントを利用することにする


こう…駅前だし人通りがあると

じっくりメモ・コメントに目を通したり

時間をかけて手書きコメントとか難しいな


ボツネタ集とかもっと色々

他のメモからもかき集めて来れたと後で思いましたけど

「そうだボツネタ集やろう」って思い立ったのが遅すぎた


f:id:aoyamayouhei:20180411203526j:image


WUG終了の日

出社前スーパーで買い物しながら

「あー ぼちぼち終わるなあWUG」って考えてた

この日も出社前の10時前位に

コンビニ前でその最後を見届ける事も考えてましたが


f:id:aoyamayouhei:20180411203534j:image


この感覚、ペットロスに近いんですよ

今まで当たり前にあった(と思ってた)交流の場が消えてしまう

前もって終了が知らされていたとはいえ…


自宅でうごメモを起動すると

もう手が勝手にWUGへの接続を選んでいる笑


君がいなくなっても

前を向いて歩いていかなきゃいけない

君といた楽しかった思い出が胸の中にあれば、

ひとりでも歩いてゆける…


f:id:aoyamayouhei:20180411203544j:image


こんな事インターネットに書いたらバッシングされるな


f:id:aoyamayouhei:20180411203551j:image


意外と再会は早かった笑


WUG終了と同じタイミングで

ツイッターのフォロワーもちょろっと増えましたが

WUGから流れてきてる感じかな…?


f:id:aoyamayouhei:20180411203600j:image


よその店で100円以下で買えるものも100円なので注意だ


f:id:aoyamayouhei:20180411203608j:image


ダッツがデフォでも189円とかで十分安いんだよねここ


f:id:aoyamayouhei:20180411203617j:image


「太陽のめぐみ」「森のはぐくみ」「大地のみのり」の3種

ゼルダの伝説感がある


f:id:aoyamayouhei:20180411203625j:image


こたえ:40時間ー?!

こんなの守られてるんですか


f:id:aoyamayouhei:20180411203633j:image


スパイス色々入ってるのにスゲー惹かれる

惹カレーる


f:id:aoyamayouhei:20180411203646j:image


強風の中選挙カーが名前を連呼する日

sfsf 2018/04/18 14:04 アクセスポイント:僕はトラックの運ちゃん(これ使っていい表現なのかな)等が
よく利用されてるっぽいとこをホームに
してました。あんまり人の出入りがなく
ベンチなんかもあって快適でした。
今もマリゴルやらアレやらでお世話になっています。
40時間:超えた分がいわゆる残業ですね。
させてはいけないと言うよりは、させるなら
賃金を割り増ししなさいって感じでしょうか。
まあフツーの会社がフツーにやってる事ですが。
と、WUGの時の感じで書いてみました。

aoyamayouheiaoyamayouhei 2018/04/18 22:29 WUGの時と同じようなノリで続けてみております
同じように反応を頂けたらこれ、幸いであります

>アクセスポイント
座るトコあるとないとじゃだいぶ違いますよね〜
駅前とかよりは国道沿いかなんかにある
駐車場だだっ広いトコが狙い目かも…ですね
>40時間
(を超える時間を、割り増しのない賃金で)働かせてはならん、
ってコトなんすかね
割り増しがないどころかサービス残業という名の無賃労働とか
マジ言語道断系じゃないスかー

2018-04-08 2018年1月期アニメ雑記

・ミイラの飼い方

ミイラ的生物?と主人公、およびその周りの人たちと

不思議な生き物の織り成す癒しのハートフルコメディ

淀んで濁ってくすんだオッサンの心によく刺さります

「小さい生き物を愛おしいと思う気持ち」

をもっと大事にしていきたい所存であります

少し懐かしい感じのOP曲、EDの真顔ダンスと

どこにも隙のない構成


・ポプテピピック

7、8割くらいマニアックなパロディネタ、

元ネタがわからんのがほとんどだったなー

元ネタがわかればすごい刺さるんだけど

30分枠にする必要あったかな…?

一回の放送で二回流れるのでOP曲が耳に残ってしょーがないんですよね

毎回どんな大御所声優さんを起用するのか は楽しみだったかな


・からかい上手の高木さん

僕の心が狭くて矮小でひねくれているだけ、という可能性も考えましたが

男子が女子に延々からかわれ続けるのみの展開に中盤ちょっとダレました

(ダレ防止のためにあれか、「あしたは土曜日」が挟まれる構成なのか)

ちょっと位弱点や隙を見せてもいいんじゃないか?と…

しかし最終回でちょっと手のひらが返りました

一枚上手であり続けていた(ように見せかけていた?)

高木さんが一人の時に見せた一面、かかるカバー曲の絶妙なチョイス…

最後まで見ないと総合評価なんてわからんもんですね


・三ツ星カラーズ

他のアニメに埋もれていた感もありますが隠れた名作だと感じます

最初その絵柄から「苺ましまろ」の亜流かなあと思ってましたが全然別物でしたね

バカな小学生たちと

優しく見守る(時に真剣に向き合ってくれる)周りの良い大人たち…

これもまた歳を取って色々失ってきたオッサンの心に刺さる作品かと


・ゆるキャン△

萌えアニメに見せかけたなかなか本格的キャンプアニメ

そして飯テロアニメ

ゆるやかに流れる時間とおだやかな音楽が癒しを与えてくれる

寒い中お外で食べる温かい料理はよいものだよね


・宇宙よりも遠い場所

女子高生が何やかんやあって南極を目指すアニメ

イキイキ描かれた魅力的キャラクターの織り成すヒューマンドラマ

1回ウルっときて1回泣かされました

手垢のついた泣かせ方じゃなくて

「そういう泣かせ方があるのかあー」と

演出の巧みさに感動できるアニメ

「毎回が神回」と称されることに何も異存がない


・まめねこ

癒しの猫アニメ

猫の動きがだいぶ簡略化されてるんですが

それでも「ああ、こういう動きするする!w」

みたいな猫飼いあるあるを感じることができます


・働くお兄さん!

これも猫アニメか…?

短くまとまってて良いです

仕事にやりがいを見出してイキイキと働くのも

仕事と割り切って黙々と働くのも

働き方次第…