Hatena::ブログ(Diary)

米国統合医療ノート RSSフィード

 食事・微量栄養素・サプリの研究が世界中でどんどん進み、その効果も限界も、
 次第に明らかになっています。このブログではその最新情報をご紹介します。

2011年02月08日

020811

心不全のケアにオメガ3

心不全にオメガ3*が有用という興味深いデータが出ました。イタリアの研究者らの報告で、掲載になったのはアメリカ心臓病学会誌です(ソースはこちら)。

*オメガ3とは、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)のような多価不飽和脂肪酸のことで、魚の油などに多く含まれます。n-3と呼ばれたりもします。

==要約==
対象になったのは、非虚血性拡張型心筋症(NICM)による慢性心不全患者です。オメガ3の心臓機能(左心室収縮機能)に対する影響を検討しました。

標準治療を受けており、症状は最小限しかない心不全患者133例を、無作為に2群に分けました。

そして1群に2g/日のオメガ3多価不飽和脂肪酸を、もう1群にプラセボを、標準治療に加えて12ヶ月間飲んでもらいました。

そして左心室機能と心臓機能を、心臓超音波検査、心肺運動負荷試験、ニューヨーク心臓協会機能分類などを用い、試験開始時と12ヵ月後に検査しました。

すると12ヵ月後には、左心室機能に有意差がありました。すなわち左室駆出分画率が、オメガ3群では10.4%増加し、一方プラセボ群では5.0%低下しました(P<0.001)

そのほか、ピークVO2(最大酸素摂取量)、運動持続時間、ニューヨーク心臓協会機能分類の平均値、などがオメガ3群で有意に改善しました。

心不全による入院率はオメガ3群で6%、プラセボ群で30%と、これも有意差がありました(P<0.0002)。
======

オメガ3の力はすごいですね。オメガ3はアメリカのサプリメント愛好者に一番愛用されているサプリです(こちら)。みんなが不足していて、効能がしっかりしていて、副作用がない。マルチビタミン・ミネラル、乳酸菌、ビタミンDと並んで、みんなが飲んだほうがいいお勧めサプリです。

(last updated 2/9/2011)

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/appleflower/20110208/p1
Connection: close