Hatena::ブログ(Diary)

applet@Hatena このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-06-09

日本語キーボードのPCに英語配列のキーボードを接続して、それぞれ刻印通りに使う。

昨日のケースの逆版。

通常は、こちらの方が多いだろう。

日本語配列向けデバイスドライバが入っているので、日本語配列キーボードの方には当然、問題が無い。英語配列キーボードの方も、無変換、変換、ひらがなキーは存在しないので、問題は発生しない。

# 109+104.nodoka    
# 
# 1st keyboard 109
# 2nd keyboard 104
#
# デバイスドライバは、日本語配列ドライバ

include "109.nodoka"
keymap Global

key C-A-D		= &DescribeBindings 	# 現在のキーマップのログ出力

# 以下を 2nd-104.nodoka などにして別のファイルにして includeしてもよい。
# 1st 104, 2nd 109の場合は、下記 K1をすべてK0にすればよい
# なお 日本語配列ドライバになっていない場合には、下記を参照のこと
# http://support.microsoft.com/kb/927824/ja

def subst ~S-K1-*半角/全角		= $GRAVE_ACCENT
def subst  S-K1-*半角/全角		= $TILDE
def subst  A-K1-半角/全角		= $ToggleIME
def subst  S-K1-*_2		= $COMMERCIAL_AT
def subst  S-K1-*_6		= $CIRCUMFLEX_ACCENT
def subst  S-K1-*_7		= $AMPERSAND
def subst  S-K1-*_8		= $ASTERISK
def subst  S-K1-*_9		= $LEFT_PARENTHESIS
def subst  S-K1-*_0		= $RIGHT_PARENTHESIS
def subst  S-K1-*Hyphen		= $LOW_LINE
def subst ~S-K1-*Caret		= $EQUALS_SIGN
def subst  S-K1-*Caret		= $PLUS_SIGN
def subst ~S-K1-*Atmark		= $LEFT_SQUARE_BRACKET
def subst  S-K1-*Atmark		= $LEFT_CURLY_BRACKET
def subst ~S-K1-*OpenBracket	= $RIGHT_SQUARE_BRACKET
def subst  S-K1-*OpenBracket	= $RIGHT_CURLY_BRACKET
def subst ~S-K1-*CloseBracket	= $REVERSE_SOLIDUS
def subst  S-K1-*CloseBracket	= $VERTICAL_LINE
def subst  S-K1-*Semicolon		= $COLON
def subst ~S-K1-*Colon		= $APOSTROPHE
def subst  S-K1-*Colon		= $QUOTATION_MARK

6/15追伸。

USBキーボードが一つしか接続されていない環境でも、K1-が付くケースがあり、2ndキーボードと認識することがあるケースが報告されたので、2個接続した際には、K0-, K1-になっているか、それ以外なのか、キー入力状況を確認する必要があります。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証