Hatena::ブログ(Diary)

applet@Hatena このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-09-18

のどか4.29リリース

 Windows 10での制限事項はありますが、4.29をリリースしました。

 評価版はこちら。http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.29_sample_setup.zip

 

 アップグレード版も用意したので、すべてのユーザー様に御案内をお送りいたしました。

 短い修正履歴 詳細はヘルプの改版履歴をご覧ください。

  http://www.appletkan.com/nodoka-doc/MANUAL-ja.html#HISTORY

2015-09-17 「のどか」4.29をリリース

Windows 10対応

Windows 10対応を記念して、4.29評価版では30分しか使えない制限を廃止しています。ただし2015-12-27までの使用期限があります。

・実行ファイルのminifestにて、Windows 7からWindows 10までの互換フラグを設定しました。

インストール時に過去にインストール済であれば、「デバイスドライバインストールしない」にチェックを付けるようにしました。

Windows 10では上書きインストールの際、デバイスドライバファイルの上書きに失敗するためです。

Windows 10へのインストール関係の情報やのどかの制限事項は、ヘルプの「Windows 10へのインストール関係の情報」 http://www.appletkan.com/nodoka-doc/MANUAL-ja.html#Windows10 にまとめましたので忘れずにご覧ください。

その他

インストール時にkbdclassのドライバが既に存在する場合、nodokadドライバが、kbdclassの次に来るよう変更しました。

VMwareなどのドライバと併用するとキー入力時にWindowsフリーズする対策です。

・キー入力のログのうち、拡張キーであるE0E1-が付いてる場合、以前は空白を表示していましたが、E0E1-を表示するようにしました。

 以上、よろしくお願いいたします。

2015-07-29

のどか4.28リリース

 ずいぶん空いてしまい大変申し訳ありません。のどかの不具合を修正してリリースしました。

 サンプル版はこちら。 http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.28_sample_setup.zip

 正式版の御案内はユーザー様にメールにて御連絡致します。

 また、Windows 10対応版をWindows 10での評価後、制限事項などを調べた後でリリース予定です。

 2014年以前(2014/12/31以前)に購入されたユーザー様は、Windows 10対応にはアップグレード版(4.30)の購入が必要となります。予価1000円で期間限定販売となります。購入を御希望されない場合には、この4.28か次の4.29が最終サポートバージョンとなります。なおWindows 10上ですべての不具合解消や機能追加を保証するものではありません。

 以下は4.28での修正履歴

2015-07-28 「のどか」4.28をリリース

 機能修正

 ・整合性レベルHILを実現方法を4.26相当に戻して nodoka64_hil.exe, nodoka_hil.exeの復活 #34606

・def option SendTextDelayの改修 #34613

 以上、よろしくお願いいたします。

2015-03-11

「のどかFree版」について

会社のPCに正式版をインストールする場合、「のどかFree版」と呼ぶことにしました。

ここでFreeとは、無料ではなくて自由を指すことになります。当初から許諾されていましたが、お問い合わせがあったこともあり、明確にするために名称を付けたことになります。

企業などでのPCインストールソフト登録の際、購入時のメールの控えや、ヘルプのライセンス条項と合わせて、以下のページを保存して

使用許諾権利やのどかFree版の項を示す手段が使えます。

以上、よろしくお願いいたします。

http://www.appletkan.com/nodoka-QandA.htm

「のどか」Q&A 

バージョンアップごとに購入が必要? 家族での共有は? 使用許諾範囲は?

のどかFree版について

2014-11-16

4.27リリース

 こんにちは。合同会社アプレットです。大変お世話になっています。

 「のどか」の新しいバージョンをリリースいたします。

  BadUSB対策など機能追加と、マルチモニター向け改修を実施したものとなります。

 サンプル版のセットアップファイルは下記に置きました。お時間あるときに、ダウンロードしてください。

 http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.27_sample_setup.zip

 なお、変更内容は以下となります。以上、よろしくお願いいたします。


2014-11-16 「のどか」4.27をリリース

 機能追加

 ・BadUSBによる悪意を持つキーボードを排除するための設定ファイル追加

 ・ロックキーの拡張

 ・モディファイヤーキー名の別名追加

 ・整合性レベルを指定する起動時引数-gの追加とnodoka64_hil.exe, nodoka_hil.exeの削除

 機能修正

 ・3個以上のマルチモニター対応

 ・一部のファンクション キーアップ時だけ機能するよう修正

 ・複数キーボード対応拡張と修正 Bluetoothキーボード対応追加

 ・Surface Pro 3のペンボタンキー定義 追加

 詳しい変更履歴はこちら。

 http://www.appletkan.com/nodoka-doc/MANUAL-ja.html#HISTORY

 追記 4.27を含むバグその他はこちら。

 https://sourceforge.jp/projects/nodoka4/ticket/

2014-10-12

4.27評価版

・4個以上のマルチモニタ対応

・複数キーボード対応にBluetoothキーボードを含める

上記二つの御要望に対する機能修正を入れた「のどか」評価版を作成しました。

以下からダウンロード出来ます。もし可能ならば動作御報告など頂けると幸いです。

http://www.appletkan.com/download/2014-10-12_nodoka.zip

zipファイルにパスワードはありません。

nodoka.exe, nodoka64.exeのバージョン番号は4.27になっていますが正式なものではなく、ディジタル署名の期限が2014-11-20となっています。

また実行ファイルしか入っていません。

以下、修正内容の詳細となります。

4個以上のマルチモニタ対応とは、従来は、ディスプレイの並び方が、Windowsが返す順番になっていましたが、座標が大きいものが次のディスプレイとなるように並び替え、&MouseMonitorや、&WindowMonitorが正しく使えるようになります。

複数キーボード対応時に、Bluetoothデバイスは認識できていませんでしたが、判別できるようにしました。

また、GuiEdit.exeは1.03になっていますが、これはときどきウィンドウサイズが最小になったまま起動することがあるので、ある一定以上より小さいときはデフォルトサイズに変更するようにしました。

以上、よろしくお願いいたします。


2014-10-12 追伸。

マルチモニタ対応のご評価を頂き、うまく動いていないとのこと。大変残念ですが環境作ってデバッグする必要があると認識しました。

2014-10-14 追伸。モニタの位置判断に誤りがあり、上下位置をtopで判断するバイナリを作ってみました。

http://www.appletkan.com/download/2014-10-14_nodoka.zip

2014-10-18 追伸。10/14版だと、topを揃えている場合には問題ありませんが、bottomで揃えている場合に問題があるので、上下位置をtop,bottom両方で判断するようにしました。

http://www.appletkan.com/download/2014-10-18_nodoka.zip

2014-11-02 追伸。以下の設定で、Ctrl-4やCtrl-8を使ってモニタを左に辿って行くと、左端のモニタから、右に戻れなくなる状態になる不具合に対応しました。

http://www.appletkan.com/download/2014-11-02_nodoka.zip

key C-_4 = &WindowMonitorTo(current, -1)

key C-_5 = &WindowMonitor(0)

key C-_6 = &WindowMonitorTo(current, 1)

key C-_8 = &MouseMonitorTo(current, -1)

key C-_9 = &MouseMonitor(0)

key C-_0 = &MouseMonitorTo(current, 1)

2014-09-26

Toasterサンプルのbuild

WDK 7のToasterサンプルは、C:\WinDDK\7600.16385.1\src\general\toaster にあり、Japan WDK Support Blogに、解説記事がある。

http://blogs.msdn.com/b/jpwdkblog/archive/2010/11/26/toaster-notify-exe.aspx

ToasterサンプルのNotify.exeの使い方


管理者権限でbuildなどと書かれているが、別に普通の権限で良いはずでC:\WinDDK\7600.16385.1\src\general\toaster を D:\toasterとしてコピーして

WIndows Driver Kitのbuild環境のコマンドプロンプトを開いて

D:\toaster に移動し、build[enter]で、すべてのサンプルがbuildされた。


実際に RDP Keyboard filter drvierのサンプルコードを持って行く先は

D:\toaster\wdm\filter だろうと考えるが、実際にコードを見てみないと判らない。

2014-09-24

RDP Keyboard filter driver for Windows 7 and 8.

http://support.microsoft.com/kb/2867446 にあるサンプルコードを眺めてみた。

Windows 8用のRDP Keyboard filter driverは、WDMなので、nodokad.sys とは大きく異なるが、Windows 7用のは、legacyドライバなので、nodokad.sysと構造は似ている。

一番大きな違いは、nodokad.sysでは、L"\\Driver\\kbdclass" と接続するが、RDP用は、L"\\Device\\Termdd"に接続するところ。

サンプルコードはサンプルなので、コードが不足しているが、Building, testing and installationに書かれているように、とりあえずは、Windows 7 WDM toaster WDM sampleコードを改造して、そこにインプリすることになるだろう。

うまくサンプルコードが実装しているSASキーシーケンスをキャンセルするようなコードが、リモート側PC上で機能すること判れば、nodokad.sysのキー入出力コードを移植することになるだろう。

Windows 8版のそれは、Windows 8 WDKのkbfilterサンプル上で、同様に確認することになるが、こちらは、nodokad.sys同様に、kbdclassと接続しているので、nodokad.sysとの共存あるいは排他を考える必要があり、工夫が必要だろうと考える。ひょっとしたら、Windows 8用のRDP対応のために、ローカルPCも、リモートPCも同じデバイスドライバが使えるよう再構築することになるのかも知れない。

2014-09-20

RDPにおいてデバイスドライバレベルでのキーマップ変更の可能性

リモートデスクトップでは、のどかもそうだが、窓使いの憂鬱の時代からデバイスドライバは機能しないので、LL Hookを使用することが前提となっている。

リモートデスクトップでは、接続時にキーボードレイアウトがリモート側でなく、ローカル側に変わったり、あるいは逆だったりと挙動が怪しいのは昔からだが、2014年7月以降のWindows Updateでさらにおかしくなっており、リモートデスクトップを使用するユーザーにとって悩ましい限りであった。

サポート依頼のチケットも3個も存在しており、LL Hookでのキーマップ変更には限界を感じていた。

http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=3682&tid=32315

RDP接続時、英数キーとコントロールキーの入れ替えが出来ない。

http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=3682&tid=34286

KB2993651を適用するとローカル側のキーバインド結果がそのままリモートに送られる

http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=3682&tid=34108

KB2973201適用でリモートデスクトップ使用時にキーマップがおかしくなる


別途複数キーボード対応で、Bluetoothのキーボードでは、VID, PIDが拡張されており、これもサポート依頼が最近あったので、そこのソースコードを眺めていた。コードではRDP_KBDが列挙されても、ローカル環境では不要なので、スルーさせていたが、これの実体はなんだろうと調査してみた。

実体はターミナルサーバーキーボードドライバー(termdd.sys)であり、デバイスマネージャーでそのプロパティを見ると、kbdclassドライバにリンクしており、ここのドライバスタックに nodokad.sysを入れれば良いのではと思い立ち、実際に入れてみたのだが、それは残念ながら失敗した。

ただし、nodokad.sysはデバイスオープン出来ているので、可能性を感じて、termdd.sysを調べたところ、下記の情報に遭遇した。

http://support.microsoft.com/kb/2867446

How to enable a third-party driver to intercept and disable the SAS keyboard sequence in Remote Desktop Protocol (RDP) sessions for Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows 8 and Windows Server 2012

実際にコードを書いて動作させたわけではないので、まだ可能性段階だが、ここではSAS(secure attention sequence)キーである、Ctrl-Alt-Delをフックさせる話が書かれている。

nodokad.sysでは、ここに書かれているやり方をマージすれば出来そうな雰囲気である。

LL Hookでも、Scancode変更のために、レジストリの変更が必要であり、それには管理者権限が必要なので、デバイスドライバインストールする方法でのキーマップ変更はユーザーには受け入れられる余地はあるだろうと考える。

2014-04-23

4.26リリース

 こんにちは。合同会社アプレットです。大変お世話になっています。

 「のどか」の新しいバージョンをリリースいたします。

 Windows 8向け機能追加と、リモートデスクトップ向け改修を実施したものとなります。

 4.26の評価版はこちら。正式版はユーザー様にはご連絡致しました。

 http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.26_sample_setup.zip

 なお、短い修正内容は下記となります。以上、よろしくお願いいたします。

2014-04-22 「のどか」4.26をリリース

 機能追加

 ・Windows 8用ワークアラウンド LL hook使用時に、Alt-Tab, Win-Xをキーカスタマイズ対象から外すオプションを追加。

  Setup時の設定オプション、起動時引数 -w

 不具合修正

 ・リモートデスクトップで利用する際、リモート側でマウスフック有効時に、マウスのクリックが一切使えないという問題を改修。

2014-02-06

4.26候補

 のどかを、リモートデスクトップで利用する際、リモート側でマウスフック有効時に、マウスのクリックが一切使えないという問題を対策した4.26候補版となります。

 zipパスワードは、4.25, 4.25aと同じです。

 http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.26_setup.zip

 追伸、本年も よろしくお願いいたします。

2013-10-02

4.25aと4.20bリリース

お世話になっています。

IEが落ちる問題に対応したバグフィックス版をリリース致します。

短い期間でのバージョンアップ御案内となり大変申し訳ありません。


2013-10-01 4.25a, 4.20b リリース

修正 sirius_hook_for_nodoka_x86, x64.dll

 Internet Explorerの保護モード有効で、IMEオン状態でIE上でキー入力を行うと、Internet Explorerが異常終了する問題を改修しました。チケット#32127

 sirius dllのみの差し替えのため、nodoka本体のバージョンは4.25あるいは4.20のままとなります。


4.25aと4.20bの正式版は、それぞれ下記となります。zipパスワードは御案内しているものとなります。

http://appletkan.com/download/nodoka-4.25a_setup.zip

http://appletkan.com/download/nodoka-4.20b_setup.zip

以上、よろしくお願いいたします。

2013-09-23

のどか 4.25, 4.20aリリース

 2013/9/29現在、Internet Explorerでかな漢字変換のためにキー入力を行うと、IEが落ちると言う不具合が報告されています。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

 緊急的な解決方法として、下記2案があります。

 

 案1. IEの保護モードを無効にする。

 案2. モディファイヤ IC-が使えなくなりますが、のどかをスタートアップに登録して 自動起動させている場合には、いったんスタートアップからショートカットを削除してから、Windowsを起動し のどかが動いていない状態で、sirius_hook_for_nodoka_x86.dll を インストール先である c:\Program Files\nodoka から削除してください。 

 バグチケットは、こちらとなります。

 http://sourceforge.jp/ticket/browse.php?group_id=3682&tid=32127

 以上、よろしくお願いいたします。

---

 こんにちは。合同会社アプレットです。大変お世話になっています。

 「のどか」の新しいバージョンをリリースいたします。

  不具合改修のみとなりますが、性能劣化につながる不具合が4.20から存在しました。大変申し訳ありません。

 セットアップファイルは下記に置きました。お時間あるときに、ダウンロードしてください。

 4.25版の評価

 http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.25_sample_setup.zip

 4.20aの正式版(zipパスワードは4.20と同じです。)

 http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.20a_setup.zip


 以下、4.25の変更履歴

  2013-09-23 「のどか」4.25をリリース

 エクスプローラの縮小表示を阻害するほどの性能劣化となる不具合が内在していたため、本4.25以外に4.20aもリリースしました。

 なお4.20a以前の版には、デバイスドライバの署名期限(2014-01-27)があるため、それ以降、Windows Vista以降のOSでご利用になられる場合には、早めのアップグレードをお勧めします。

 修正

 sirius_hook_x86, x64.dll

 4.20で機能追加したsirius_hookにおいて、エクスプローラの縮小表示を阻害するMessage Hook処理があったため改修しました。チケット#31965 なおファイル名をsirius_hook_for_nodoka_x86, x64.dllに改名しました。チケット#30900

 nodoka.exe, nodoka64.exe

 4.23にてリモートデスクトップ対応機能の強化を行いましたが、リモートデスクトップでは無いデバイスドライバを使用するモードにおいて、ユーザー切り替えを実施すると、デバイスドライバが正しくインストールされていませんと表示され、使用できなくなる不具合を改修しました。チケット#31655


 以下、4.20aの変更履歴

 2013-09-23 「のどか」4.20aをリリース

 - fix エクスプローラの縮小表示を阻害していたため、sirius_hookを改修

 - fix 4.22での改修を取り込み

  &DescribeBinding使用時に、AltとControlキーを入れ替えて表示する問題の修正。

2013-07-03

4.24リリースのお知らせ

 「のどか」の新しいバージョンをリリースいたします。

  主に、キーボードLLフックと、リモートデスクトップでの利用の強化改修版となります。

 評価版のセットアップファイルは下記に置きました。お時間あるときに、ダウンロードしてください。

http://www.appletkan.com/download/nodoka-4.24_sample_setup.zip

 もし、ファイルが開かないようであれば、御連絡頂ければ幸いです。

 なお、短い修正内容は下記となります。以上、よろしくお願いいたします。

2013-07-03 「のどか」4.24をリリース

 機能追加

  ・のどか本体

  キーボードLLフック利用時に、キーアップが送られないキーを対象とするScancodeMapによるキー変更機能を利用できるようにしました。

  ・NLSキー定義をread-keyboard-define.nodokaに追加しました。-DUSEFIXNLSを定義してください。

  ・Setup

   デバイスドライバインストールしないオプションの追加

   ScancodeMap変更のための引数 -nを付けるオプションの追加

 機能修正

  ・リモートデスクトップで接続した際、リモート側でマウスフックが利かない問題の解消

  ・マウスフックにおいて、シングルクリックがキーダウン2回になっていた問題の解消

  ・def option FakeUp有効時に、マウス入力にもダミーキーを付与していたので無効としました。