appletree’s notes

2012-09-19

[]

12年ぶりに歯医者で歯を抜いて不安でした.だから生存確認なんてやりたくなりました.

放置していた親知らずを抜きました.左右上下対称に28本となりました.生えなきゃいいのにと思いつつ,12年前は生えなかったから大変な抜き方をしたんだなと思い返しました.

馬には歯並びの悪いと評判の血統とかってあるのでしょうか.

2012-09-17

[]久々更新.生存確認

ちょっと久しぶりに更新.Camelotの3冠ならずは残念ですが,オルフェーヴルのフォワ賞優勝は良いニュース父内国産馬,母父の牝系が小岩井農場の輸入牝馬由来というのは日本ゆかりで面白く,ステマ配合なんて呼ばれていますね.また,オルフェーヴルにはノーザンテーストのインブリーディングがあり,ノーザンテーストの獲得タイトルはロンシャンでのもの.そのロンシャンでの活躍還元されているのも面白い注目点です.

2009-12-20

[]G1未勝利馬のG1馬輩出

【Sports Watch】アテ馬がGIホースの父親に!? (livedoor)

「G1未勝利の種牡馬」がG1勝ち馬を輩出したのは11年ぶり (座布団行司クリーンヒット)

完全に今更ではありますが,カンパニーG1優勝でG1実績のない種牡馬G1馬輩出が話題になっています.上記のリンク先は,カンパニー以前はグルメフロンティアを輩出したトウショウペガサス以来としています.しかし,本当にそうなのか.上述の記事は「内国産種牡馬」という留保を暗に置いているのではないか.ということで,G1未勝利馬によるG1馬輩出の例を1990年以降で纏め.太字は内国産種牡馬

種牡馬G1主な実績
ノーアテンションスーパークリーク33戦6勝,2着オイロパ賞
ダンシングキャップオグリキャップ20戦5勝.重賞未勝利
ミルジョージエイシンサニーオサイチジョージリンデンリリー4戦2勝.重賞未勝利
ヤマニンスキーヤエノムテキ22戦5勝.重賞未勝利
リアルシャダイイブキマイカグラシャダイカグラライスシャワー8戦2勝,2着仏ダービー
モーニングフローリックバンブーメモリー48戦11勝
ラシアンルーブルイソノルーブル7戦2勝
マグニテュードミホノブルボンマサラッキ6戦0勝.未勝利馬
ターゴワイスレッツゴーターキン8戦5勝
シャルードビワハヤヒデ18戦7勝,2着アーリントンミリオン
ナグルスキーホクトベガ32戦7勝
モガミレガシーワールドブゼンキャンドル20戦3勝
ブレイヴェストローマンオグリローマン25戦9勝
サクラトウコウネーハイシーザー12戦4勝
Danzigヤマニンパラダイスアグネスワールド3戦3勝.重賞出走なし
フォティテンワンダーパヒューム10戦2勝
Nureyevハートレイクブラックホーク3戦2勝.但し2000ギニー1位入線失格
Woodmanヒシアケボノ5戦3勝
シアトルダンサータイキフォーチュン5戦2勝,2着パリ大賞
Fabulous Dancerファビラスラフイン8戦4勝,3着ジョッキークラブ大賞
デュラブシンコウウインディ12戦4勝,2着ミドルパークS
Fairy Kingシンコウキングファルブラヴ1戦0勝.未勝利馬
トウショウペガサスグルメフロンティア30戦8勝,2着朝日杯3歳S,2着マイルCS
Silver Hawkグラスワンダー8戦3勝,2着愛ダービー
グランドオペラメイセイオペラ1戦0勝.未勝利馬
Crafty Prospectorアグネスデジタル10戦7勝.2着ガルフストリームパークH
ダミスタートロットスター16戦4勝.3着ダービー
フレンチデピュティクロフネピンクカメオレジネッタアドマイヤジュピタエイシンデピュティ6戦4勝
Kris S.シンボリクリスエス5戦3勝.重賞未勝利
ミシエロエイシンチャンプ17戦7勝
エンドスウィープラインクラフトスウィープトウショウ,アドマイヤムーン18戦6勝.但しカナダローカルG1は優勝
Bernsteinゴスホークケン8戦4勝
ミラクルアドマイヤカンパニー3戦1勝.重賞未勝利

2009-09-16

[]世代別古馬G1勝利数

何となく,どういう感じでG1馬の世代が分布しているのか,纏め.まあ,どの世代が豊作なのかということを確かめてみたかったのです.ということで,古馬G1(世代限定ではないG1)をそれぞれの世代がどれだけ勝利しているかの表.1980年産以降(グレード制導入後に古馬G1に4歳で臨む世代以降).

世代G1勝利数G1馬数G1
1980年9勝5頭カツラギエースギャロップダイナスズカコバンニホンピロウイナーミスターシービー-
1981年5勝2頭シンボリルドルフスズパレード-
1982年5勝5頭クシロキングサクラユタカオータカラスチールパーシャンボーイミホシンザン-
1983年6勝4頭ダイナガリバーニッポーテイオーフレッシュボイスメジロデュレン,(ホーリックス-
1984年6勝2頭イナリワンタマモクロス,(ペイザバトラールグロリュー-
1985年12勝7頭オグリキャップサッカーボーイスーパークリークダイユウサクパッシングショットバンブーメモリーヤエノムテキ,(ベタールースンアップスプリンターズS追加
1986年1勝1頭オサイチジョージ-
1987年12勝7頭ダイイチルビーダイタクヘリオスプレクラスニーメジロパーマーメジロマックイーンメジロライアンレッツゴーターキン-
1988年5勝2頭トウカイテイオーヤマニンゼファー-
1989年9勝6頭サクラバクシンオーシンコウラブリイトロットサンダーニシノフラワーライスシャワーレガシーワールド-
1990年8勝6頭サクラチトセオーダンツシアトルネーハイシーザーノースフライトビワハヤヒデマーベラスクラウン,(ランド-
1991年6勝5頭オフサイドトラップサクラローレルシンコウキングタイキブリザードナリタブライアン,(ハートレイク-
1992年10勝7頭グルメフロンティアジェニュインダンスパートナーヒシアケボノフラワーパークマーベラスサンデーマヤノトップガン,(シングスピールピルサドスキーフェブラリーS高松宮記念追加,エリザベス女王杯古馬開放
1993年6勝6頭エアグルーヴエリモシックシンコウウインディシンコウフォレストバブルガムフェローマサラッキ-
1994年13勝8頭サイレンススズカシルクジャスティスタイキシャトルダイタクヤマトブラックホークメイセイオペラメジロドーベルメジロブライト-
1995年14勝8頭ウイングアローエアジハードエルコンドルパサーキングヘイローグラスワンダースペシャルウィークファレノプシスマイネルラヴ,(フェアリーキングプローンJCダート追加
1996年13勝7頭アドマイヤコジーンテイエムオペラオートウカイポイントトゥザヴィクトリートロットスターノボトゥルーメイショウドトウ-
1997年8勝4頭アグネスデジタルイーグルカフェゼンノエルシドタップダンスシチー-
1998年11勝9頭カルストンライトオクロフネジャングルポケットショウナンカンプタイムパラドックスダンツフレームツルマルボーイビリーヴマンハッタンカフェ,(ファルブラヴフリートストリートダンサー-
1999年16勝10頭アサクサデンエンアドマイヤドンアドマイヤマックスイングランディーレゴールドアリュールサニングデールシンボリクリスエスデュランダルヒシミラクルファインモーション,(サイレントウイットネステイクオーバーターゲットブリッシュラック-
2000年7勝4頭アドマイヤグルーヴオレハマッテルゼゼンノロブロイヘヴンリーロマンス,(アルカセット-
2001年11勝7頭スイープトウショウスズカマンボダイワメジャーダンスインザムードハーツクライハットトリックメイショウボーラーヴィクトリアマイル追加
2002年12勝6頭ヴァーミリアンエイシンデピュティカネヒキリサンライズバッカススズカフェニックスディープインパクト-
2003年12勝10頭アドマイヤジュピタアドマイヤムーンアロンダイトコイウタファイングレインフサイチパンドラブルーメンブラットマイネルキッツマツリダゴッホメイショウサムソン-
2004年12勝8頭アストンマーチャンウオッカエイジアンウインズスクリーンヒーロースリープレスナイトダイワスカーレットドリームジャーニーローレルゲレイロ-

G1の追加があるので,最近に有利な数字が出すぎだと思い,以下はグレード制導入時のG1に限った集計.ただ,追加G1があることを前提にローテを組むか組まないかで違いは出てくるので,完全に一概に比較できるわけではありませんが.

世代G1勝利数G1馬数G1
1980年9勝5頭カツラギエースギャロップダイナスズカコバンニホンピロウイナーミスターシービー
1981年5勝2頭シンボリルドルフスズパレード
1982年5勝5頭クシロキングサクラユタカオータカラスチールパーシャンボーイミホシンザン
1983年6勝4頭ダイナガリバーニッポーテイオーフレッシュボイスメジロデュレン
1984年6勝2頭イナリワンタマモクロス
1985年11勝7頭オグリキャップサッカーボーイスーパークリークダイユウサクパッシングショットバンブーメモリーヤエノムテキ
1986年1勝1頭オサイチジョージ
1987年11勝7頭ダイイチルビーダイタクヘリオスプレクラスニーメジロパーマーメジロマックイーンメジロライアンレッツゴーターキン
1988年5勝2頭トウカイテイオーヤマニンゼファー
1989年6勝4頭シンコウラブリイトロットサンダーライスシャワーレガシーワールド
1990年8勝6頭サクラチトセオーダンツシアトルネーハイシーザーノースフライトビワハヤヒデマーベラスクラウン
1991年5勝4頭オフサイドトラップサクラローレルタイキブリザードナリタブライアン
1992年5勝3頭ジェニュインマーベラスサンデーマヤノトップガン
1993年2勝2頭エアグルーヴバブルガムフェロー
1994年7勝5頭サイレンススズカシルクジャスティスタイキシャトルブラックホークメジロブライト
1995年9勝4頭エアジハードエルコンドルパサーグラスワンダースペシャルウィーク
1996年9勝4頭アドマイヤコジーンテイエムオペラオートウカイポイントメイショウドトウ
1997年6勝3頭アグネスデジタルゼンノエルシドタップダンスシチー
1998年5勝4頭ジャングルポケットダンツフレームツルマルボーイマンハッタンカフェ
1999年10勝5頭アサクサデンエンイングランディーレシンボリクリスエスデュランダルヒシミラクル
2000年4勝2頭ゼンノロブロイヘヴンリーロマンス
2001年8勝5頭スイープトウショウスズカマンボダイワメジャーハーツクライハットトリック
2002年5勝2頭エイシンデピュティディープインパクト
2003年8勝6頭アドマイヤジュピタアドマイヤムーンブルーメンブラットマイネルキッツマツリダゴッホメイショウサムソン
2004年6勝4頭ウオッカスクリーンヒーローダイワスカーレットドリームジャーニー

1986年産は古馬G1馬は1頭で,悲惨.ダービーで言えば,ウイナーズサークルの世代.1997年産も内国産意味では悲惨.上の表のG1馬はいずれも外国産馬ダービーで言えばアグネスフライト世代.最近では,1999年産は10勝もしていて優秀.短距離も含めても16勝し,外国からの遠征馬を含めれば更に上乗せ.

2009-06-13

[]デルタブルースが引退,乗馬

デルタブルース号が競走馬登録抹消 (JAR)

デルタブルースが引退し,ノーザンホースパーク乗馬に.菊花賞馬が子孫を残す機会を与えられず,というのも悲しい話ではありますが,ステイヤーズSを勝ち,メルボルンカップを勝ったド・ステイヤーへの需要があるかというと微妙そうだなと言う感じでもあります.メルボルンカップを勝った馬もそれほど種牡馬入りしている訳でもありませんし(というか,種牡馬入り出来るという条件を満たす勝馬も少ない),仮にオーストラリアに持って行ったとしても,デインヒル系統大人気のところでは,なかなか機会に恵まれそうもなさそうとも推測できます.

ということで,菊花賞馬が種牡馬としてどれだけ活躍しているか.以下,主にWikipediaなどの評価を引用しつつ纏め.あんまり古いのもなんなので,1970年から,およそ40年分.菊花賞馬で種牡馬入りしなかったのは,コクサイプリンスサクラスターオーライスシャワー後者2頭は事故で現役中に死亡ですが.

馬名その他G1(級)の勝ち鞍種牡馬として
1970ダテテンリュウ-伊達牧場種牡馬入り.繁殖に恵まれず,その後ビッグレッドファームに.1977年死亡.
1971ニホンピロムーテー-種牡馬入りもこれといった産駒はなく,1984年死亡.
1972イシノヒカル有馬記念日本中央競馬会より2000万円で購買.牝馬に恵まれず,1985年中野一成牧場無料で払い下げ.1986年病気安楽死
1973タケホープダービー天皇賞(春)重厚ステイヤーの血が濃いせいか,これといった活躍馬を出せず.1994年死亡.
1974キタノカチドキ皐月賞重賞勝馬を毎年送り出すも,1983年心臓発作で急死.
1975コクサイプリンス-(旧)8歳まで現役も,種牡馬入り出来ず.
1976グリーングラス天皇賞(春)有馬記念3強.リワードウイングエリザベス女王杯勝ち.他,トウショウファルコトシグリーン重賞勝ち.トシグリーンは何故か短距離馬.2000年,放牧中の怪我で安楽死
1977プレストウコウ-マルゼンスキーの引き立て役.種付け頭数に恵まれず.1990年韓国に寄贈.1994年安楽死
1978インターグシケン-インターナショナル牧場種牡馬入り.悪くない種牡馬成績.イブキファイブワン,ショウリテンユウが重賞勝ち.1988年死亡.
1979ハシハーミット-種牡馬として供用されたのは1年で,その後は余生を過ごす.1998年死亡.
1980ノースガスト-引退の機を逃し,菊花賞勝ちで長距離馬扱い,種牡馬入りするも当て馬との兼用.1992年種牡馬引退,2003年死亡.
1981ミナガワマンナ-谷川牧場種牡馬入り.重賞勝ち産駒はないが,アサヒライジングの母父.2007年死亡.
1982ホリスキー-マルゼンスキー代表産駒.種牡馬としてある程度の実績.ユキノサンライズシンホリスキーストロングカイザーラガーチャンピオンロンシャンボーイ2003年老衰で死亡.
1983ミスターシービー3冠,天皇賞(秋)社台で種牡馬入りも,期待ほどには振るわず.1994年レックススタッドに.ヤマニングローバルメイショウビトリア,スイートミトゥーナ1999年種牡馬引退,2000年蹄葉炎で死亡.
1984シンボリルドルフ7冠10億円のシンジケート種牡馬入り.代表産駒トウカイテイオー.他,キョウワホウセキアイルトンシンボリツルマルツヨシ2004年種牡馬引退.
1985ミホシンザン皐月賞天皇賞(春)重賞勝ち産駒は,マイシンザングランドシンザン
1986メジロデュレン有馬記念メジロマックイーンの兄.典型的ステイヤー血統で,産駒は全くといっていいほど走らず.1994年種牡馬引退,つま恋乗馬クラブでの乗馬を経て,スエトシ牧場で余生.
1987サクラスターオー皐月賞有馬記念競争中止,その後安楽死
1988スーパークリーク天皇賞(春・秋)3億6600万円のシンジケート種牡馬入りも,ステイヤー血統でスピード能力を伝えられず.
1989バンブービギン-CBスタッドで種牡馬入りも,成功したとは言い難い.2005年種牡馬引退,バンブー牧場で余生.
1990メジロマックイーン天皇賞(春)2回,宝塚記念メジロデュレンの弟.7億2000万円のシンジケートで社台で種牡馬入り.当初の期待ほどの成績収められず.エイダイクインタイムフェアレディヤマニンメルベイユホクトスルタンディアジーナ.ただ,母父としてドリームジャーニー輩出.2006年心不全で死亡.
1991レオダーバン-CBスタッドで種牡馬入り.成功したとは言い難い.2001年種牡馬引退.
1992ライスシャワー天皇賞(春)2回宝塚記念競争中止安楽死
1993ビワハヤヒデ天皇賞(春)宝塚記念ナリタブライアンの兄.産駒はズブい長距離馬が多く,重賞勝馬なし.2005年種牡馬引退.日西牧場で余生.
1994ナリタブライアン3冠,朝日杯3歳S有馬記念ビワハヤヒデの弟.20億7000万円のシンジケート1998年に死亡と,産駒は2世代のみ.重賞勝馬はなし.
1995マヤノトップガン有馬記念宝塚記念天皇賞(春)7億2000万円のシンジケート重賞勝馬は,バンブーユベントスチャクラプリサイスマシーンメイショウトウコントップガンジョー優駿スタリオンステーションで供用中.
1996ダンスインザダーク-G1ザッツザプレンティツルマルボーイデルタブルース輩出.2004年リーディングサイヤー2位.社台で供用中.
1997マチカネフクキタル-目立った実績を持つ活躍馬は出せておらず.レックススタッドで供用中.
1998セイウンスカイ皐月賞引退時期の遅れ,血統評価が低いことで,人気は上がらず.西山牧場で供用中.
1999ナリタトップロード-社台で種牡馬入り.2005年に死亡.産駒は3世代.重賞勝馬は,ベッラレイア
2000エアシャカール皐月賞2003年に放牧中の事故安楽死.産駒は4頭のみ.
2001マンハッタンカフェ有馬記念天皇賞(春)社台で種牡馬入り.G1ジョーカプチーノ輩出.2009年リーディングサイヤーは,現時点で1位.
2002ヒシミラクル天皇賞(春)宝塚記念穴馬的印象,地味な母方の血統で種付け伸びず.繋養する種馬場もなかなか決まらず.
2003ザッツザプレンティ-社台で種牡馬入り.2009年産駒デビュー
2004デルタブルースメルボルンカップ乗馬
2005ディープインパクト3冠,天皇賞(春)宝塚記念有馬記念51億円のシンジケート
2006ソングオブウインド-社台で種牡馬入り.
2007アサクサキングス-現役.
2008オウケンブルースリ-現役.

主観的に,種牡馬の成功度合い.

種牡馬入りせず:コクサイプリンスサクラスターオーライスシャワーデルタブルース

大成功:ダンスインザダークマンハッタンカフェ

成功:キタノカチドキホリスキーシンボリルドルフマヤノトップガン

まあまあ:グリーングラスインターグシケンミスターシービーミホシンザンメジロマックイーンナリタトップロード

失敗:ニホンピロムーテーイシノヒカルタケホープミナガワマンナバンブービギンスーパークリークレオダーバンビワハヤヒデ

そもそも期待されていない:ダテテンリュウ,プレストウコウハシハーミットノースガストメジロデュレンセイウンスカイマチカネフクキタル

期待外れ:ナリタブライアンエアシャカール

まだ結果出ず:ヒシミラクルザッツザプレンティディープインパクトソングオブウインド

現役:アサクサキングスオウケンブルースリ