Hatena::ブログ(Diary)

AQUA MEMORY

QLOOKアクセス解析

2015-03-08

茨城県北富田 瑪瑙鉱山

最近は少しばかり暖かくなってきたので、気晴らしを兼ねて再びとある農夫(友人)と鉱石採取へ出かけてきた。
今回は茨城県北富田の瑪瑙鉱山。

茨城県の観光名所である「袋田の滝」周辺は瑪瑙の産地で今でもそれなりの鉱物がみつかるとかなんとか。

当初は採掘坑を目的地として情報を集めたが、今ひとつ確信が得られるネタが見つからず・・・。
現地までは車で3時間もかかる為、行き当たりばったりで向かってハイ見つかりませんでしたで帰ることだけは絶対に避けたかった。
情報によると採掘坑でなくても近辺の川で採取できるらしい。
栃木県万珠鉱山のように山へ入って行くことも無く、そんな簡単に採取できるものなのか・・・?
真相をこの目で確かめる為、久慈川支流のポイントを決めて現地へ向かった。



最初のポイントへ到着。川というより沢である。
久慈川沿いの道路から逸れて舗装された林道を進むと沢が流れている。
沢の入り口は土木工事をしていたので少し上流まで車を進めた。
あたりは木に囲まれ、所々に良質な苔が生えていた。
夏に来ればさぞ涼しくて気持ちの良さそうな沢だ。
・・・と思っていた。



汚ッ!!
雨が降っていたのでその影響で濁っているのかと思ったが、どうやらそうじゃないらしい。
近辺に住む住人の生活排水がこの沢に流れ込んでいるようだ。
それはまるで立替し4日目の風呂の湯の如し、ドブじゃねーか(;><)




そして忽然と姿をあらわす採掘坑。
発見の感動も何も無い(;´Д`)

3時間もかかけてここまできたのだから、何もしないわけにもいかない。
ゴム手袋と長靴を装備して採掘に取り掛かった。



とりあえず目につく石を集めた。
茶色や白濁色の結晶石はそこら中にあった。
ただしどれも綺麗と言える代物ではない。


一番大きかった結晶。


表面の一部は玉髄になっている。
興味深い模様だったので割って中身を確認したかったが、この石の近辺に妙な異物を見つけたので・・・この石はそっと元の場所へと戻した・・・。





沢に沿って車で数百メートルを移動してポイントを変えたが、いくら探せど見つかるのは微妙なモノばかり。
沢の水が汚いので余計にモチベーションが下がる。
ひと通り探し終わったのでポイントを変えることにした。




車で適当に周辺を走らせ目に止まった別の支流でガサることに。

ここの沢の水も汚い。
この近辺の沢はどこもこんな感じなのだろうか?

場所が変われど採れる石は似たり寄ったり。
だがここで同行したとある農夫(友人)が葉の化石らしきものを発見。





本当に化石なのか?葉の色素が滲みでて石に版画のように付着しただけなのでは、とイチャモンをつけてみたところ石を割って内部を確認してみた。


すると割った断面に更に葉の模様がある。
石の中に葉があるということはこれは間違いなく化石だろう!
ここまで綺麗にくっきりと残ることに驚いた。
想定外のモノを発見出来たが、肝心の鉱物は当たり無し。
引き上げて一旦昼食をとり、最後に口コミで見かけた玉川へ向かうことにした。



水郡線と交差した少し上流に到着。
予想はしてたが、着いたポイントはゴミだらけのきったねえ川。
近所に流れてる川の方がまだ綺麗だと思う。
ネイチャーもクソも無い場所ゆえに萎えて写真すら撮る気になれなかった。


ここでラストと腹をくくり川原を調べる。
先ほどの沢ほどではないが、白濁色の石を見かける。
だが採取するまでのモノはない。

それでも30分ほど粘り探してみるが当たりは無い。
諦めて帰宅を促すが、頑なに探索をし続ける農夫(友人)。
そしてついに農夫(友人)が当たりを見つけ、オレンジ色の鮮やかな瑪瑙を立て続けに2つゲット。
やる気を取り戻して自分も探索してみる。
すぐに同タイプの瑪瑙片を発見!
探せばまだありそうではあるが、陽も落ちかけおり、目的も達成出来たのですぐさま帰路へ。




沢で採取した鉱物達。


大きい物は握りこぶしほどのサイズがある。
大雑把だが外観を確認するもこれといった特出した点は無い。




無色の玉髄。
洗浄すればそこそこ綺麗になるかな。
ところで仏頭石と玉髄の違いがよく分からない・・・。
意味としては同じなのかな?


こちらは無色の瑪瑙。
縞模様のある石英を瑪瑙と呼ぶらしい。




そして今回、最も汚れた川で採取した最も綺麗な瑪瑙。
オレンジ色でとても綺麗だ。


断面には極小のクラスターが。


光にかざすと色づいたラインがわかる。


探索した結果、この地で瑪瑙は確かに採れる。
が、周辺の環境が汚い(;´Д`)
拾った石は入念に水洗い、オレンジ色の瑪瑙以外は漂白剤に浸けてみたがあまり綺麗にはならなかった。
サンポール塩酸を使うと良いらしいが、石質によっては溶けたり変色してしまうらしいのでとりあえず放置。
暇な時にでも調べて石を洗浄したい。


鉱物採集は二回目となる今回。
前回の万珠の環境が良すぎたのか、まさかあのような環境だとは思わなかった。
次に採取へ出るときはネイチャーに対する期待感は置いて行こう・・・。

Connection: close