Hatena::ブログ(Diary)

実に馬鹿だな

2018-02-10

2018-01の成績

対象 利益 備考
全体 +6.5%

さて、1月は日経平均も上がり、メドレックスも上がりということで順調な滑り出しとなりました。今年はメドレックスにとって飛躍の年となる予定ですので、このままの調子で10倍高を目指してもらいたいと思っています。

2018-01-04

2017-12の成績

対象 利益 備考
全体 -1.6%

12月はパッとしない成績に終わりました。

メドレックスの比率が高いのでそこが萎むとこんなことになります。

1年を振り返りますと、メドレックスがしっかりと成果を出してくれたことが大きかったですね。予定よりは控えめな値動きではありますが、今後の大爆発にも十分に期待が持てる動きだと思っています。2018年は10倍化を目指してもらいたいです。

しかしながら月別の成績では7勝5敗という不安定な結果です。覚悟の上ではあるのですが、大勝ちと安定勝ちの両立を目指したいので、そのあたりもまだまだ精進したいと思います。改善の余地があることはわかっています。

2017-12-19

2017-11の成績

対象 利益 備考
全体 +1.07%

メドレックスがちょっと萎んでしまったのでこの程度の結果になりました。

年末に向けてまた上がることを期待していますが、過度の期待を持つのも精神的によろしくないですね。じっくり待ちたいと思います。

他にはエンバイオなどに期待しています。

2017-11-01

2017-10の成績

対象 利益 備考
全体 +17.2%

衆院選がらみの値上がりと、企業業績の好調さも加わり、さらに、さらに、メドレックスがオキシコドン臨床試験開始したことや時価総額300億円は当然というレポートがでたりして大きく値上がりしました。

当然のことではありますが、しっかり儲かって良かったです。

2017-09-30

2017-09の成績

対象 利益 備考
全体 +4.2%

メドレックス以外の持ち株はよく上がったので、割と良い成績でした。選挙もあるのでこのままいってほしいところです。

それにしても自民党もアホですね。消費税は下げるといえばすべて解決するのに。

2017-09-09

2017-08の成績

対象 利益 備考
全体 -0.5%

メドレックスがずぶずぶ下がるので他でいくら稼いでも焼け石に水でした。

もう駄目なのでしょうか。。

2017-08-06

2017-07の成績

対象 利益 備考
全体 -3.6%

うだうだやっていたら例年のようにダレてしまったようです。

メドレックスはまだ持っていますが、暴騰するような地合いではなくなりました。

ここからは好業績銘柄を地道に拾っていきます。

2017-07-02

2017-06の成績

対象 利益 備考
全体 +4.7%

相場の上昇に合わせてじわりと増えたようです。

メドレックスについてはそろそろ爆上げを期待したいところです。

2017-06-02

2017-05の成績

対象 利益 備考
全体 -0.5%

メドレックスを多目に入荷しております。

3000円くらいに上がればそれなりに儲かるポジションになっております。

半額になるよりは2倍になる確率の方が高いはずです。

2017-04-30

2017-04の成績

対象 利益 備考
全体 3.7%

来ました来ましたメドレックスですよ。

北朝鮮が開戦しようが米国景気が腰折れしようが関係ないです。

メドレックスです。メドレックスが始まりました。

2017-04-02

2017-03の成績

対象 利益 備考
全体 -1.7%

いくらかの配当はあるとはいえ、3月はマイナスとなりました。

日経平均は-1.1%ですから、ド下手糞でしょうか。

メドレックスの元気がないことが一つの要因ですが、これくらいは覚悟の上です。

10倍になるので問題は無いと考えています。

2017-03-12

2017-02の成績

対象 利益 備考
全体 +3.6%

2月はそれなりにプラスでした。

この時期は普通は上がるので取り立てて何がどうということは無いですが、懲りずにメドレックスを買っています。メドレックスが10倍になる夢を見ています。よろしくお願いいたします。

2017-02-04

2017-01の成績

対象 利益 備考
全体 +1.4%

2017年初月の集計はプラスとなりました。

日経平均は-0.38%でしたから、良い結果だと思います。

トランプ政権が何をするのか注目ですが、基本的に財政拡大インフレドル高政策となるし、国内については徐々に財政政策へのシフトが見られてくると思うので、当面は強気で見ています。

2017-01-08

ヘンテコシステム

昨年の取引履歴をまとめていたところ、ヘンテコなシストレまがいの取引による損失が上位を占めていることが判明しました。(笑)

自分でもなんでこんな取引をしていたか忘れているくらいなのですが、大した根拠もないトレードを繰り返した結果、サラリーマンの年収くらいの損が出ていました。これが無ければ何の問題もない一年でした(メドレックスを除く)。

シストレ根拠がなければただの損失拡大装置にしかならないと再認識したところです。

2017-01-01

2016-12の成績

対象 利益 備考
全体 +3.1%

12月は普通に上がる、特にラスト3日は常識で上がるという見立てでしたが、例年とは違った結果になりました。日経平均を数千万円買っていたのに29日の急落で損にしてしまいました。残念無念。

2016年通算ではマイナス0.2%となりました。税金の還付を含めればほとんどトントンといったところになると思います。月単位では8勝4敗でしたので、一部の失敗が大きく影響しています。

メドレックスの失敗については8月分で書きましたが、もう一つの失敗はありがとうサービスでした。フランチャイジーとして順調な業績拡大を見せていた上に、独自店舗の生パスタ店「マンマ・グラッツェ」の運営に乗り出したということもあって期待を持って投資していましたが、これがいけなかったです。「マンマ・グラッツェ」は知らないうちに閉店していました(笑)。つまりサービスの開発能力は無かったんですね。ブロンコビリーアークランドサービスみたいなものを思い描いてしまっていたのは完全に幻想でした。年後半はこれの敗戦処理をしておりました。

2017年はあまり楽観論での投資をしないように戒めたいと思います。

2016-12-06

2016-11の成績

対象 利益 備考
全体 +4.4%

11月は米国大統領選挙で大騒ぎでしたね。

トランプが勝つ可能性は十分にあると思っていましたが、日経平均が1000円も下がったのにはびっくりしました。そして驚くべきスピードでの手のひら返し。

今回のことで面白かったのは、トランプで株高というのは政策を見れば一目瞭然にもかかわらず、メディア専門家たちが円高になるだの保護主義経済が停滞するだのと的外れなことを言っていたこと、さらに実際の株高を見てもまだ理解していないところです。具体的には池上彰辛坊治郎をはじめ、大手証券会社アナリストまでもそんな調子です。いかに世の中が虚構で溢れているかがわかる良い例でした。

メディアはただの使い走りですから、私は彼らの論調には一切耳を傾けることなく、事実だけを吸い上げるようにしています。

2016-11-02

2016-10の成績

対象 利益 備考
全体 +1.3%

10月は中間決算に向けて好業績銘柄をコツコツと買い集めたりしていました。

例によって小型株ばかりなので決算に向けて出来高が盛り上がったところで売り切るべきなんでしょうが、なかなか思うようにはいきません。

米国大統領選挙を巡って混乱が起こりそうな気配ですので、指数を売ってみたりもしています。

2016-10-01

2016-09の成績

対象 利益 備考
全体 +0.9%

9月ですので優待銘柄をいくつか買い付けました。

プリマハムから美味しいハムを戴くことにしまして、ついでに優待取得に関連した値上がり益も戴いてみました。ご馳走様です。

米国大統領選挙に絡んで株式市場も大きく揺さぶられる展開になってハラハラするところもありましたが、なんとかプラスになってほっとしています。ここに優待と配当が加わりますので十分に満足しています。

2016-09-07

2016-08の成績

対象 利益 備考
全体 -7.2%

8月は大きめの資金を突っ込んでいたメドレックスが治験失敗で4割安。これの影響で資産減となりました。

こういうこともあるのがバイオ株であり、もちろんこんなことくらいで退場するようなポジション管理はしてませんが、それにしても高々消炎鎮痛の貼付薬でこんな結果になるとは思いませんでした。

個人的には今回のエトリートの治験は7割以上の確率で成功するだろうと思っていました。だって難しい病気を治す薬じゃないんですから。開発の過程で自分に貼ってみれば効果はすぐわかるはずじゃない?

それとも私はなにか思い違いをしていたのでしょうか。

2016-08-13

2016-07の成績

対象 利益 備考
全体 +1.8%

7月は特に何もしてません。

バーナンキ先生の来日でヘリマネ的な政策の理解が段々と深まってきていることには注目しておいたほうがよいでしょうね。

日銀ETF買いがとんでもない金額になってきたこともあって、株は上がるような気がしてきました。

2016-07-02

2016-06の成績

対象 利益 備考
全体 -4.1%

今月は24日に英国EU離脱投票があって日経平均が1300円も下がるなど波乱の月でした。月間成績は日経平均の-9.6%よりは良かったですが残念ながらのマイナスでした。

とはいっても私の持ち株はメドレックスのような指数との関連の薄いものが多いので、あまり比較する意味はないかもしれません。

7月は参院選があり、それに絡めて財政出動の規模や継続性について政策をよく見ていかないといけないと思っていますが、基本的には弱気の目線です。

2016-06-03

2016-05の成績

対象 利益 備考
全体 +1.4%

5月は例年は下がる傾向にありますが、伊勢志摩サミットがあったり財政政策の重要性が言われたり消費税を上げないと言ったりと株価を下支えする要素は多かったように思います。日経平均は+3.4%で、指数負けとなりました。

持ち株には有望株のメドレックスが輝いていますがその他は鳴かず飛ばず。もっと儲けを追求しないといかんのでしょうが、でもこんなもんですかね。

2016-05-04

2016-04の成績

対象 利益 備考
全体 +0.1%

4月は途中までは順調でしたが、日銀の追加緩和が無かったことをきっかけに株価暴落して105円台までの円高に。こういう動きがあり得ることを認識してリスク管理しないといけないと反省です。

運用成績のほうは持ち株のメドレックスが暴騰してくれたこともあって一時は年初来高値を更新するところもありましたが、最後はギリギリなんとかプラスという結果でした。5月の相場はさらに厳しくなりそうなので今年はもう年末まで冬眠する方が良いのかもしれません。

2016-04-02

2016-03の成績

対象 利益 備考
全体 +7.5%

3月は予定通りの上げ。

原油も世界の株式も安定してましたので、持ち株が上がるのをのんびりと眺めていることができました。

眺めていたのはメドレックスとイーレックスのレックスブラザーズです。メドレックスはここから10倍になると思っています。なるかも知れないと思っています。なってください。

政府の動向が面白いところに来ていると思います。財政政策の実行についてテレ東の論調が明らかに変わってきていますんで、いろいろ根回しが進んでいるようです。スティグリッツクルーグマンを呼んだことで我が国の四流学者の発言力は無くなりましたし、サミットダブル選挙を見据えて政策発動の期待が高まってくる局面だと思っています。さらにもし消費税率を下げる方向に踏み出すならば株は爆上げでしょう。

などと浮かれていますが、まだまだ今年の収支はマイナスですから、まずはプラテンを目指して4月もしっかりと眺めていきたいと思います。

2016-03-05

2016-02の成績

対象 利益 備考
全体 -5.0%

2月は相変わらず世界的な市場の混乱からマイナス収支となりました。

日銀の追加緩和の効果が残っているうちにポジションを外せないのが下手くそなところです。

徐々に持ち株を減らしてはいきましたが、その後マイナス金利恩恵銘柄としてREITとかFPGを買い付けたりしました。

3月の株は上がると思うので、しばらくは買い目線です。

2016-02-13

投資カレンダー2016: 株式・日経平均先物の必勝投資アイテム

http://www.amazon.co.jp/dp/419881015X/?_encoding=UTF8&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&tag=bakabakabakabaka-22

評価
壁に掛けよう★★★

個人投資家の界隈ではお馴染みのカレンダーです。私も毎年買っています。普通のカレンダーとの違いは、権利付最終日なんかがすぐわかるようになっていることなんですが、一番大切なのは月間の値動きについての過去の傾向がグラフ化されていることなんですね。

勿論そんなのはエクセルさえあれば自分で作れるんですが、せっかく用意してくれているんだから買ったらいいと思います。

さてさて、1月の値動きの傾向についてどう載っていたかというと、綺麗に右肩下がりなんですね。1月は下落傾向。これって知識としては知っていることなんですがついつい軽視しがちでして、今回もここに書いてる通りに買いポジを手じまっておけばもっと損を減らせたのになと反省してます。

私、買ったはいいけど中をろくに見ずに放置してたんですが、反省して今は壁に掛けて毎日視界に入れるようにしました。なのでKindle版じゃなくて紙のでないとダメです。

昨年くらいまでは結構品薄になってオークション転売されるような事態になってたんですが、今年はかなり在庫がだぶついているようです。まだまだ買えますよ。

2016-02-06

2016-01の成績

対象 利益 備考
全体 -4.9%

来年の株は下がる。人に聞かれればこう答えていたはずなのですが、相変わらず買いポジションを持ち続けておりこの損失でした。

気持ちが緩みまくっているのでしょうね。

最後に日銀が助けてくれたのですが、だからと言ってポジションを閉じたわけでもなく。まだまだ苦労する年になりそうです。

2015-12-31

2015-12の成績

対象 利益 備考
全体 +1.1%

12月は掉尾の一振ともいわれていて最後は上がるのがセオリーです。今年も上がりました。ただ、その前は下がることが多いんですよね。それを踏まえて準備しておけばもっとちゃんと儲けることができるはずなんですが、できていないのは困りものです。

とはいえプラスで終えることができましたので、一安心ではあります。

さて、今年は毎月勝つことを目標にやってきたんですが、月毎では8勝4敗となりました。全然だめですね。

収支面では+49.8%という結果です。4月にFPGの降り時を逃したことで痛い損失になりましたが、逃すこと自体が精神力の低下によるものでしたので、もう駄目です。ただそれ以後も億越えのポジションを持ちながらもほぼ資産変動なしという結果には、精神力がなくても破産だけは回避することが習慣づいたと理解しておこうと思います。

来年はおそらく厳しい相場になるかと思いますが、資産を減らさないことを第一に考えて運用していきたいと思います。


それから、シストレについては、実はエクセルで動いているんですが、これの安定性が悪くて稼働率が低迷してしまいました。システムそれぞれについてはうまくいったものといかなかったものがありますが、全体ではプラス収支になったと思います。これも改善していきたいですね。

一年間ありがとうございました。

2015-12-01

2015-11の成績

対象 利益 備考
全体 +0.001%

駅前を歩いていたら、どこかの政治団体街宣車を従えて消費税10%反対を訴えているのを目にしまして、なんでも署名を集めているというのですね。私が10%に反対ならば8%は良いのかと問うたところ、活動員のおっさん法人税ばかり下げるのはいけないなどと要領を得ないことを話すので、嫌な予感のした私は、消費税などない方が良いのではないかと切り込むが、財政が心配なので致し方ないなどという反応。こんな活動家までもが財政均衡論者の現実に目眩がした次第です。

このおっさんは8%への値上げの時もこのような活動をしていたんではないのだろうか。

彼らがマクロ経済に疎い方が投資家にとっては簡単に利益を得られることもあり、自分には問題ない。しかし世間の認識がこの程度では日本が実力通りに栄える日はなかなかやってこないだろう。悲しいね。

先週号と今週号の経済コラムマガジンではシニョリッジ政策の分かりやすい解説がされている。いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

さて11月の運用ですが、ギリギリのプラスという結果でした。これは夢を追いかけるために買い入れていたメドレックスが急落した影響が大きいです。有望株だと思うのですが、欲張った資金調達がされれば株価は下がります。松村社長は株式市場の正しい使い方を熟知しているのだと思います。ぐぬぬ

2015-10-31

2015-10の成績

対象 利益 備考
全体 +3.1%

10月は日経平均が10%近く上昇したのに、わずか3%の利益しか出せませんでした。下手くそすぎて嫌になってきますね。

誰も見向きもしないような銘柄を買い込んで放置しているだけなので、こういうことになるのはしょうがないところではあるのですが、例えば旭化成を買ってみたはいいけど上がるまで待てずに損切りしたりもしました。腰が据わってないというか、短期投資については行き当たりばったりなんです。駄目ですね。