Hatena::ブログ(Diary)

とある誰かの覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-05-02

Hudsonをサービスとして実行する

概要

Java Server Wrapperを使い、HudsonLinuxデーモンとして登録する方法。


ダウンロード

Hudsonダウンロード

以下を参照してください。

継続インテグレーションサーバー Hudson - とある誰かの覚え書き


Java Server Wrapperのダウンロード

Java Service Wrapper - Download Java Service Wrapperより、コミュニティ版のJava Server Wrapperをダウンロードします。


Java Server Wrapperのインストール

以下の手順で、Java Server Wrapperをインストールします。

まずファイル類を保存します。

$ useradd hudson -d /home/hudson
$ tar xvfz wrapper-linux-x86-32-x.x.x.tar.gz
$ mv wrapper-linux-x86-32-x.x.x/* /home/hudson
$ mkdir -p /home/hudson/tmp
$ mkdir -p /home/hudson/data
$ cp /home/hudson/src/conf/wrapper.conf.in /home/hudson/conf/wrapper.conf
$ chmod -R 777 /home/hudson/logs /home/hudson/bin

hudson.warは/home/hudson/libに入れてください。


次にwrapper.confを設定します。

wrapper.java.classpath.1=../lib/hudson.war
wrapper.java.classpath.2=../lib/wrapper.jar

wrapper.java.additional.1=-DHUDSON_HOME=../data
wrapper.java.additional.2=-Djava.io.tmpdir=../tmp
wrapper.java.additional.3=-server

wrapper.app.parameter.1=Main
wrapper.app.parameter.2=--httpPort=8070

wrapper.ping.timeout=300
wrapper.jvm_exit.timeout=60

wrapper.console.title=Hudson Continuous build server

ここまでできたら、設定ファイルの内容を検証します。

$ /home/hudson/bin/testwrapper console

サーバーの起動が確認できればOKです。


Hudsonデーモン

次に先程インストールしたJava Service Wrapperを使って、HudsonOSのサービスとして登録します。

$ mv /home/hudson/src/bin/sh.script.in /etc/init.d/hudson

起動スクリプトを編集します。

APP_NAME="Hudson"
APP_LONG_NAME="Hudson Continuous build server"

WRAPPER_CMD="/home/hudson/bin/wrapper"
WRAPPER_CONF="/home/hudson/conf/wrapper.conf"

PIDDIR="/home/hudson/bin"

RUN_AS_USER=hudson

実行権限などを適切に変更し、rcコマンドに登録します。

$ chkconfig --add hudson

これでHudsonのサービス化が完了しました。

$ /etc/init.d/hudson start

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close