Hatena::ブログ(Diary)

今日もソラ日和

アクセスカウンター

2017-01-19

ソラ日記

どうも、ソラです!
今年も遅れてしまいましたが……


あけましておめでとうございます!!!


一月も中盤に差し掛かって、今更かよ!と思うかもしれませんが…w
去年は3月くらいに、あけおめ!って言った覚えがあるので、去年よりかはマシなのかなとw

さてさて、去年は個人的には飛躍の年になったのではないかなと思っております
一昨年と比べて、かなりの量のイラストを描いてたなと。
pixivのランキングにも沢山載せていただきましたし、Twitterフォロワー様が急激に増えたりと
とても励みになっておりました…!沢山の方にイラストを見てもらえていると考えると身も引き締まります!


ということで、今年からもたっっくさんイラスト描けたらなと思っております!
新しい画風にも挑戦したいですし、もっとステップアップできる年にしたいですね!


ぽちゃゆっこばかり描いてる変態Pですが、今年もよろしくお願いしますm(__)m
ブログも、ちまちまと更新していきますので
何卒よしなにでございます!


ではでは、今回はこんなところで〜!

2016-11-27

ソラ日記

どうも、こんばんは、ソラです!
ツイッターの方では「鴬そら」に改名しましたが、こちらでは引き続きソラで行かせていただきますw


さてさて、早いものでもう今年も11月の終わりに差し掛かってるということですが…
最近寒いね!!

まだね、「あーーーー暑くなってきたなぁ…」って言ってる頃に、
我が家にやってきたアレがございます。


なんでしょうね?


アレです




「液タブ」です!!!

はい、えーとねw


えーと、いつ頃だっけ…㋄ごろだっけ…


そんな昔に買った液タブを、
今回やっとレビューしようかなと思い立ったわけですよ!!


ずっと他事ばかりやってて、ズルズルと更新を引き延ばしてたんです…orz


さて、そんなわけで
大昔に撮った写真がいくつかあるので、
少ない画像ですが、簡単にご紹介できたらなーと思います!


f:id:araiguma400:20160610144913j:image
まずこちらが、箱ですね
かなり大きいです
f:id:araiguma400:20160610145347j:image
f:id:araiguma400:20160610145604j:image
アマゾンの箱を開けると、中に商品のパッケージがミッチリと…!
手と比べても、これだけの大きさがあります!


あ、ちなみに今回購入したのは「Cintiq 22HD」で21.5インチのタッチ機能無しの方です!
大きすぎず小さすぎずで、私にとっては丁度いいかなと思ったのでこちらにしました!
タッチ機能は、人によっては使いにくいかも というレビューを見たので、
未搭載のものを買うと決めました


f:id:araiguma400:20160610163006j:image
f:id:araiguma400:20160610163512j:image
箱から出したらこんな感じでした!
かなり大きくて、ビックリしました!
私、現物を見たことが無くて…というか、現物を見てから買う方が良いという声も沢山あったのですが…
なにせ、私が住んでる所に、液タブが置いてあるような電気屋さんが無いんですね…
だからと言ってわざわざ都会まで足を運ぶというのも…ということで

ですから、今回の買い物は結構思い切った行動だったと思ってます…w

で、写真の左側が液タブ本体です。
右側にある銀色の物は、液タブのスタンドです。
これが無かったら設置できないようです。

あと、このスタンドが特殊なもので、レバーを引いて液タブを上下に動かすと
画面の角度が変えられるという仕様になっております。
これで自分の絵を描く態勢に合わせて、角度を変えることが出来ます!
机に平行にして置くこともできるし、
ほぼ90度まで上げることもできるし…
かなり自由度が高いと思います!


二枚目の写真が液晶面ですね
WACOM」の文字が眩しいです。

あと、液晶画面の左右に、ショートカットキーを割り当てたりできるボタンがあったり、
液タブのメニュー画面が表示されるボタンとかが備わっております。
キーボード割り当てはお好みで設定できるらしいので、お気に入りの設定にして作業効率を上げることが出来ますね。
「ctrlZ」とは最初から割り当てられてます。絵描きに優しい。

f:id:araiguma400:20161127214849p:image
こんな画面が出てくるのですが
ズーム、レイヤー切り替え、ブラシサイズ、回転の4つがあり、
これらは、液タブ本体の後ろに備わっているスクロールのコントローラーでの効果を変えることが出来るです!

ちょっと説明へたくそですが…

マウスに付いてるスクロールのローラーが液タブの後ろに付いている と思えばOKです!
そのローラーをコロコロした時に、どういう効果が出るのかーを設定できます
上にスクロールしたらキャンバスをズームできたり、キャンバスが回転したり…ってことです!(投げやり


f:id:araiguma400:20160610165136j:image

そしてこれがアクセサリー等々です!
コンセントとペンとペン立てと、インストーラーと説明書とペンのアクセサリーとか…
そんな感じのものがギッシリ詰まってました!


f:id:araiguma400:20160610165304j:image
はい、では簡単にセッティングしましたーー…って



机が小さい!!!!!!
もうね、こういうことがあるから実物を見たほうが良いということなんでしょう…w
というか、床に置いてた時と机に置いた時で
大きさが全然違うく見えるのですが!!

ビックリしました…wでも、同時にとても嬉しかったです。


____________________________


さて、今回液タブを購入して注意したいなと思ったことは
端子の事です。

まず必須として「DVI-D」という端子を繋げるポートが備わっているPCを持っていることです。
私、液タブが届いてから「自分のPCにDVIコネクタがない」ということに気付きました。
正しくは、DVIコネクタが無いのは知っていたけど、HDMIが出力装置じゃなかった」という感じでしょうか…

DVIHDMIに変換して、それをPCに繋げるという手段で使おうと思っていました。
ですが、私のPC「ダイナブックD51」には、HDMIポートはあるけど、出力端子ではなく入力端子が備わっているのです。
液タブは出力装置なので、当然出力端子が必要。
私はHDMI入力装置出力装置の二つが存在しているということを全然知りませんでした。


変換させてPCと接続しても、液タブの液晶に全然画面が映らない。ペンは反応していても、画面が真っ暗のまま。


あの時の絶望感は今でも覚えてます。


アマゾン価格で約18万
そんな大金をドブに捨ててしまった…って思いました。


最終的に、DVIUSBに変換して接続できる、変換ポートがあることを知り、今に至っているのですが…
でもUSB変換になっただけで、値段がドンと上がります。ソラのは1万円くらいしました。



と、まぁグダグダと言いましたが…
液タブを買うときは、DVIの端子が備わっているかどうか、そのチェックは絶対にしてください…

いやまぁ当然なことかもしれませんけどね…w
私は「DVIは無いけどHDMIがあるからイケる!」って考えて爆死した人間なので…


ということで、書き殴った感じで、めちゃくちゃな文章でしたが…
液タブレビューはこんな感じで終わろうかなと思います!


ほんとに滅茶苦茶な文章ですみません…w




ではでは!

2016-10-07

ソラ日記

どうもお久しぶりですー
えーー…前回張り切って
「液タブレビューします!!」
とか言ってましたが、まだ出来てませんでしたね…w


近いうちにレビューしたいと思いますので、(いないと思うけど)楽しみに待ってる方、もしいらっしゃったらごめんなさいorz


さてさて、そんなこんなで今大学のPCから更新中です〜
まだまだMacには慣れないもので…変換ミスの連続で大変ですw
一番タイプミスするところは、
私って小文字(”っ”とか”ゃ”とか)を打つとき、「l」と「ya」って打って「ゃ」と打つんですけど
Macで「l+ya」を打つと「りゃ」になってしまうんですよね
それが紛らわしいです…
そんなメーカーごとにタイプの仕方を変えるなんて紛らわしいですよね!!ええ!!

まぁ特に何も言うことが無いので言ってみただけですw


では、学校のフォトショで描いたゆっこを置いて、今回は終わりにしたいと思います
ではでは、近いうちに液タブレビューします故何卒何卒…
f:id:araiguma400:20161007103116j:image

2016-08-21

ソラ日記

どうも、お久しぶりですーー!
ソラでございます!


えーーー最近色々ありまして…ね〜〜
なかなか更新できませんでした(とは言いつつちゃっかりツイッターはやってました

ようやく、少しずつ時間も取れるようになってきたので、また更新を再開させていただきたく!
ということで、改めてよろしくお願いします!



さてさて、今回は前回にも予告していた通り

「キューポッシゆっこカラコンを付けてあげよう!」

といった内容でお送りしたいなと思います!

えーと、ちなみに実際に作業をしたのは、もうかれこれ2か月くらい前のお話です。
写真はたっぷりご用意しておりますので、写真見ながら、思い出しながら、頑張って綴ろうと思いますw




前回までの記事を読んでいただけたら分かると思いますが
現状、うちのゆっこちゃんは目が青いです。
しかし公式の堀裕子ちゃんは、赤い目をしております。
f:id:araiguma400:20160821215838j:image
↑このような感じで


ですので、赤色に塗装、もといカラコンを付けてあげるという作業という形になります。
今回用意したものはコチラ
f:id:araiguma400:20160606200914j:image
左から「つや消しブラック」「つや消しレッド」「つや消しホワイト」です
なぜすべてつや消しを採用したかというと

「瞳はツヤあった方が良いのでは?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが
本来のキューポッシュの目が、すこしマットのかかったツヤ無しだったので
少しでも公式に近づけるために、つや消しの塗料を使うことにしました。
今回はこの三色だけを使い、作業に取り掛かります!!



f:id:araiguma400:20160607121535j:image
ではまずマスキングの工程に入ります
なんか家にトレーシングペーパーが余ってたので、こちらを使ってみます。
白色はミスして塗ってしまうと修正が難しそうなので
光沢部分をマスキングテープで隠していきます。


f:id:araiguma400:20160607121944j:image
f:id:araiguma400:20160607121906j:image

分かりにくいですが、鉛筆で描けました。
これらをカッターで切って、目に貼っていきます


f:id:araiguma400:20160606200901j:image
f:id:araiguma400:20160607123412j:image
黄色い部分がマスキングです。
光沢部分を隠せたので、簡単に色を塗ることが出来そうですね!


ということで早速豪快に塗っていきます!!
f:id:araiguma400:20160607140128j:image

赤い部分をまず塗ります
f:id:araiguma400:20160607183439j:image
お次は黒
ヤンデレゆっこ…(いい

同じようにもう一種類の表情も塗っていきます
f:id:araiguma400:20160607072614j:image
f:id:araiguma400:20160606205842j:image
f:id:araiguma400:20160606203244j:image

まぁまぁうまく行けたのではないかなと

あ、今回は筆塗りでやってます。結構細い、面相筆などです


では、マスキングを剥がしていきますー
f:id:araiguma400:20160607075340j:image
(こっちの表情パーツしか写真無かったです)
無事に白い部分を避けて塗ることが出来ましたね!

ではお次に、公式に沿って新しい光沢を付けていきます

f:id:araiguma400:20160604232144j:image
前回の写真ですが…
こちらを見ていただくとわかりますように、大きい光沢に加えていくつかポツポツと白い小さな点が見えますね。
それを塗って、再現します。



爪楊枝で作業を行います。
筆だとバサっとなりそうだったので…w


ちょんちょん…と
f:id:araiguma400:20160607201752j:image

ということで、塗装の方はすべて終わりました!!

どうでしょう、ちょっとそれっぽくなりましたかね?


でも作業はココまでではありません!

今回は水性塗料で塗りました。
少々、塗膜の方の強度が心もとない…


ということで更に加えて、ツヤ無しのトップコートを吹いていこうかと思います!


f:id:araiguma400:20160607211229j:image
ジャン☆

用意したものは、クレオス社から発売されてるトップコート
ダンボールです


塗料が巻き散らかさないように、壁を作っての作業です。

まぁ…
f:id:araiguma400:20160607211222j:image
家の中ですからね!!

どどーーん


家の中で塗装をする、モデラーさんもいらっしゃるようですが
そういう方は大抵、作業机の後ろに、換気扇と直結してるホース的なので塗料を吸い込んでるはずです。
そういう設備も無い私の部屋ですから

まぁ、



お風呂場しかないですよね。



ちなみに、お風呂場のドア、さらに次の部屋のドアを閉め、密室にしたのちに
天井についてるごく普通の換気扇を二つ回しました



まぁいけるだろう!!!





という考えはとてつもなく、甘かった…




ダンボールを組み立てて、壁を作り
その中にゆっこの顔パーツをおきます



f:id:araiguma400:20160607211238j:image
一応風圧で倒れないように、後ろに洗濯バサミ挟んで立てらせております。



いざ、尋常に!!!
f:id:araiguma400:20160821231639j:image

「ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
臭い!!シンナー!!!くさい!!!

ぶっちゃけていうと、塗料のシンナー臭は結構嗅ぎ慣れてたんですけど…
これはかなりキツイ!!!!

しかも全然換気扇が仕事してくれずに

だんだん頭がポワポワしてきました


そして、だんだんノドの方が甘く感じてくるんですよね
なんだろう…目薬がノドまで浸透してくるような、あんな感じの甘さです。
水っぽい感じにもなります



しかし諦めないソラは、それでもスプレーを吹き続けました。


一通り全部吹き終わって、部屋を脱出しました






という波乱がありながらも、吹き終えました
f:id:araiguma400:20160607211624j:image
まだつや消しの効果はあまり見られませんが
とりあえず乾かします



で、1時間が経過して

完成です!!!
f:id:araiguma400:20160607202049j:image

どうでしょう?
ちょっとだけ、つや無し効果が出てきているのではないでしょうか


そして無事ゆっこちゃんにカラコンを付けてあげることが出来たのでした
f:id:araiguma400:20160819123506j:image




ということで、今回はかなり長い日記になりましたが…
塗装とか始めたばかりの経験薄い勢な私ですが
完成度は別として、楽しく作業できました!(個人的に出来栄えには満足してます


そして、お風呂場でスプレー吹いたり…色々滅茶苦茶やりましたが

かなり健康被害とかあると思います、塗料なんて言ってしまえば毒です!!!

こんな私を真似する人なんていないとは思いますが…真似しないでくださいね!
私はトラブルを楽しめたと、前向きに捉えておりますw




ではでは、今回はこれまでで。

次回は…
大分前の話ですが


液タブを買ったときのお話をしようかなと思います…!


良いレビューができたらなと思いますので、またよろしくお願いします〜


ではでは!

2016-06-12

ソラ日記

どうも、ソラです!
最近蒸し暑いですね…冬が好きな私にとっては、もう厳しいです早速厳しいです



さてさてそんなこんなで
前回、最後のほうにちょろっと言いましたが

「どうやって肩に引っかかってるのかよく分からない、めちゃ可愛いセーターみたいな服」


早速そちらのほうを作ってしまったので
今回は新しい服の制作の様子をレビューしようかと思います!


今回はちょっと写真が豊富なので、
(よく分からない)図解は無しで、写真のみで行きたいと思います!


では早速ですが、まずは型紙の作成からです。

いつも私は、「CROQUIS」という、俗にいうクロッキー用紙を使って型紙を作っています。
型紙用の紙を買っても良いのですが、まぁそこまで本格的な道具を揃えるほどでもないかなと思ってます。
というかクロッキー用紙って柔らかくて薄いので、個人的にはお気に入りです

では簡単に、ざっと作ってみました!
f:id:araiguma400:20160604171420j:image

f:id:araiguma400:20160604171401j:image
今回の服は、前回とは違って何枚も服を着こんでいる訳ではないので
シンプルだけど、ひと手間加えた作り方をしようかと思います


まず、
その服ってどんな服だよ
と思っている方もいらっしゃるかもしれないので
f:id:araiguma400:20160612165531j:image
全体的にピンクで、スカートは青のチェック柄です。
また、襟に謎の折り返しがあるみたいです。
こちらが難題だと思います


また今回は肩まで開いている、少々セクシーな服なので
肩出しを積極的に再現します
考え付いた方法としては、首元の折り返しを別パーツにして、あとで上から輪っかにした布を縫い付けて再現する
という形で進めます。
また、首元がガバっと空いてるので、足から着せたほうが楽そうです。
そうすることによって、ホックもボタンもいらない服に仕上がるはず



ということで、型紙を展開させ、まずは胴体部分の服を作っていきます!
f:id:araiguma400:20160604181653j:image
どん!!

伸縮性のある布を選んでよかったです…w
小さめに作ったら体に張り付いて、上手いことフィットしてくれました!
まずは袖なしですが、ここに袖を取り付けていきます

f:id:araiguma400:20160604190007j:image

f:id:araiguma400:20160604185936j:image

脇の部分だけを縫い付けていきます。
これで、肩が出せるような構造にできましたね!!
あとはもう片方の袖も取り付けて
f:id:araiguma400:20160604180957j:image
f:id:araiguma400:20160604180948j:image
お次はスカートです。
ちょうどいい色の布があったので、助かりましたw

スカートは今回はホックで取り付けます。
前回も紹介しましたが、最初に作ったスカートはボタンで取り付けたのですけど
ボタンの部分だけやたら分厚くなって、かなり違和感が残る仕上がりになってしまいました

ホックなら、その心配の無く取り付けることができると思います!

また、今回はかなりプリーツが濃く入ってるスカートなので、アイロンで折り目をつけながら縫い代の始末をしていきます
正直ここが一番難しかった



f:id:araiguma400:20160604213539j:image
こんな感じで、ホックで腰に巻きます


キューポッシュの素体は
なんかやたらと腰が広くて、えっちな体つきをしているので



スカートが上手いこと腰に引っかかるので本当に助かりますw
もしかしたら、こういう風に手作りスカートを着せやすいように、腰を広く作ってるのかもしれないですね


f:id:araiguma400:20160604213650j:image

f:id:araiguma400:20160604213629j:image
そしてスカートを履かせたものがこちらです
なかなかミニスカートで、良い感じに出来たのではないでしょうか!!
ちょっと頑張った甲斐があります

f:id:araiguma400:20160604213709j:image
今の段階で肩もこんな感じで、良い具合に出来たかなと


あとは、襟の折り返し部分を作っていきます
とはいっても、ここは布を輪っかにして、公式絵の通りちょっとワンポイント折り目みたいなものをつけるだけで完成になります

襟と服本体を縫い合わせたら、めでたく完成です!
f:id:araiguma400:20160604232640j:image
f:id:araiguma400:20160604232144j:image
どどん!!

やはりキューポッシュはとても小さいフィギュアなので
完全に再現できたわけではないですけど

かなり細かいところまでよく出来たのではないかなと勝手に自賛しておきますw
また、選んだ布がピッタリで本当に良かったです。
色も質も、公式に近いものがあるんじゃないかなと思います


それと、今回の服はニーソと組み合わせているようなので
響さんからニーソ足をいただきました…w
響さんには前のハイソックス足を付けさせてあげてますw


ということで今回は
バレンタインユッコを作ってみたわけですが…


今までの中で、かなり良い出来だったのではないかなと思います!
元々のデザインの良さもありますけど、よく似あう服が出来て良かったです
なんせ、肩出しを表現できたのがうれしかったですね




さてさて、今回のレビューはここまでとさせていただきます。
次回は、ユッコちゃんにカラコンを付けますw

大分、変貌を遂げているのでお楽しみに〜

ではでは!!

ページビュー
74260
アクセスカウンター