あらきけいすけの雑記帳

2016-01-01 (Fri)

64bit の Windows10 上でフリーの fortran コンパイラを導入して、簡単プログラム作成する

ビギナー向けの Windows 上の fortran コンパイラのインストールについて。2016年1月1日の段階で Windows インストーラ付きのフリーの fortran 環境のインストール方法としては MinGW-w64 のインストーラを使う方法が一番簡単なのではないかと思う。以前のエントリ 64bit の Windows 7 上でフリーの fortran コンパイラを導入して、簡単なプログラムを作成する - あらきけいすけの雑記帳)で紹介した TDM-GCC が現在、gcc のバージョン 5.1 系統で止まっていて、このバージョンでは WRITE 文でエラーが発生することが知られている(このブログに情報を下さったみなさま、ありがとうございました)。ここでは2016.1.1の時点で gcc 5.2 以上のインストールができるものを利用する。

MinGW-w64 - for 32 and 64 bit Windows の導入

  1. http://sourceforge.net/projects/mingw-w64/files/?source=navbar に入る。ホームページが英語で書いてあるからってビビらないように。
    f:id:arakik10:20160102051911j:image
  2. このページの「タブ」と「ディレクトリのリスト」の真ん中に
    Looking for the latest version? Download Official MinGW-w64 installer (169.9 kB)
    とあるので、そこをクリックする。するとインストーラのダウンロードが始まる。
  3. 「ダウンロード」フォルダの mingw-w64-install.exe をクリックする。するとソフトウェアの実行許可の後で、次のウィザードが出てくる。
    f:id:arakik10:20160102051912j:image
  4. ここで[Next >]をクリックすると、次のウィザードが出てくる。
    f:id:arakik10:20160102051913j:image
  5. ここで"Version"を"5.2.0"([2016.12.17追記]その時の最新版のバージョンにする)*1, "Architecture"を"x86_64"(32bitは"i686")にして*2、[Next >]をクリックすると*3、次のウィザードが出てくる。
    f:id:arakik10:20160102051914j:image
  6. インストールするディレクトリを訊かれるが、ここはそっとそのままにしておいて[Next >]をクリックする(…として説明を続ける)。すると次のインストール中の画面が出てくる。
    f:id:arakik10:20160102051915j:image
  7. gcc のファイルのインストールが済むと、次の画面が出てくる。
    f:id:arakik10:20160102051916j:image
  8. [Next >]をクリックすると次の画面が出てくる。
    f:id:arakik10:20160102051917j:image
  9. これでインストールは完了

fortranプログラム作成環境の作成

ここではデスクトップ上に"fort"という名前のフォルダを作成して、そのフォルダで作業をすることにする。

  1. デスクトップ上に"fort"という名前のフォルダを作成して、フォルダを開く。
  2. 拡張子を表示させる:フォルダ上部の[表示]をクリックし、リボン内の右側にある[ファイル名拡張子]のチェックボックスをオンにする。
  3. 別のフォルダを開いて[PC]=>[ローカルディスク(C:)]=>[Program Files]=>[mingw-w64]=>[x86_64-5.2.0-posix-seh-rt_v4-rev1]を開く。
  4. この中にあるファイル mingw-w64.bat を fort フォルダにコピーする。
  5. fort フォルダの mingw-w64.bat を右クリックして、[編集(E)]を選択する。
  6. メモ帳が起動する([書式(O)]=>[右端で折り返す(W)]をオンにしておくとベター)。次の内容が書かれている
    echo offset PATH=C:\Program Files\mingw-w64\x86_64-5.2.0-posix-seh-rt_v4-rev1\mingw64\bin;%PATH%rem echo %PATH%rem cd "C:\Program Files\mingw-w64\x86_64-5.2.0-posix-seh-rt_v4-rev1\mingw64\bin"cd "C:\""C:\WINDOWS\system32\cmd.exe"
    …ううむ。一連の文字列を意味ごとに分解すると
    echo off
    set PATH=C:\Program Files\mingw-w64\x86_64-5.2.0-posix-seh-rt_v4-rev1\mingw64\bin;%PATH%
    rem echo %PATH%
    rem cd "C:\Program Files\mingw-w64\x86_64-5.2.0-posix-seh-rt_v4-rev1\mingw64\bin"
    cd "C:\"
    "C:\WINDOWS\system32\cmd.exe"
  7. この中の次の文字列を消して、保存する。
    cd "C:\"
    この文字列の意味は「カレントディレクトリをC:\にする」で、これを消すと現在のフォルダがカレントディレクトリになる。
  8. mingw-w64.bat をダブルクリックすると、コマンドプロンプトが起動する。コマンドプロンプトに表示されるパスが"C:\Users\[ユーザ名]\Desktop\fort"になっている。
  9. ここでコマンドプロンプトに「gfortran[enter]」と入力して「gfortran: fatal error: no input files」と表示されることを確認する。

fortran プログラムの作成

  1. fort フォルダ内で右クリックして[新規作成(X)]=>[テキスト ドキュメント]をクリック。すると「新しいテキストドキュメント.txt」ファイルができる。
  2. これをクリックするとメモ帳が立ち上がる。
  3. メモ帳で全部半角文字で次の2行を入力する
    write(*,*) 'hello, world!'
    end
  4. [ファイル(F)]→[名前をつけて保存(A)]で「ファイル名(N)」を test.f90 「ファイルの種類(T)」を「すべてのファイル」にして保存
  5. mingw-w64.batをクリックし、コマンドプロンプトを起動して「gfortran test.f90[enter]」を入力。フォルダの中に a.exe が出来る。
  6. コマンドプロンプトで「a.exe[enter]」を入力。入力の次の行に「 hello, world!」が表示される。

*1:"Version"の"5.3.0"はなぜかコケた。x86_64の5.3.0はまだないのかなぁ?

*2Google:x86_64 i686

*3:"Threads"(マルチスレッド環境, 一つのアプリを複数のコアで処理する方法)や"Exception"(例外処理, プログラムの実行エラー時の対処)については無頓着に進めることにする。

test.f90test.f90 2017/07/04 09:18 ありがとうございました.参考になりました.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arakik10/20160101/p1