Hatena::ブログ(Diary)

Salt-n-sugar

2018-05-29-Tue

歯科

先日しぶしぶ、半年ぶりの歯科に行ってきました。

そもそも、不肖わたくし、幼児期虫歯で歯が抜けすぎて、入れ歯をしていたぐらいのヤツですからね。

砂場で「入れ歯落としちゃった!」と泣いた子ですからね。

筋金入りの歯医者通い・歯医者嫌いなんです。

ちなみにここまでの虫歯っこになった理由ですが

母が初めての育児で、哺乳瓶を咥えていればご機嫌だった食い意地の張った娘に

野菜ジュース(というけど、たぶん果物メインのジュース)を飲ませっぱなし、与えっぱなし育児で対応し、

歯磨きをおろそかにしたためのようです。(今だとスマホ育児的な)

結果、生えたばかりの乳歯は軒並み虫歯の餌食に。。

幼稚園の帰りに寄る歯医者さんが大嫌いで、子供心に必死の抵抗をしたのを今も鮮明に覚えています

その後、成長するにつれ歯医者に行きたくない一心で、フロスだフッ素電動歯ブラシだ、と人一倍メンテナンスには気を遣ってきたはずなのに

どうもいまいち結果に結びつかないジレンマを感じておりました。

ある折に、医科歯科大の先生に私の歯を診てもらったんですが、

「歯にスが入っているタイプね。拡大してみると、普通の人より歯の表面が軽石みたいにざらざらぼこぼこしてるから

 きちんと歯磨きしていても、ステインが残りやすいし、歯石もつきやすいの。これは体質で変わらないからしょうがないわ」

エナメル形質不全という類のものだそうです。はい死ぬまで歯医者さんとお友達♪という残念なお知らせでした・・・

息子は、今のところ夫に似て、虫歯なしをキープ中。今年から歯列矯正を始めています。

矯正治療費50万か〜お仕事がんばろう〜(泣)」と思っていた矢先。

春の学校健診で、片目の視力が下がったという通達が届き、茫然。

本人は自覚症状あったのに、もう片方で見えたから、と一切申告なし(怒)

おそらく横目でテレビ見たり、布団で本読んだり、ちかちかゲーム・・・

片目から始まる近視は急速に悪化すると聞き、青ざめるメガネ経験の母です。

あわてて連れていった眼科では、当面は様子見でいいですよ、と言われたのですが、

不安しかないなので、さっそくマジカルアイとか、視力回復トレーニングを見よう見まねでやらせています。

それにしても、息子にこれだけお金がかかってるのに

母のほうだって、全身ガタが来てますからね。

教育費と天秤にかけて、己のメンテ費用をどこまでかけるべきか悩みます。

と、「お高い」のループですじゃ。

ああ、いやーーー

2018-05-02-Wed

江田島

ゴールデンウイークは、中受塾の長期休みサピックス日能研休講です。年末年始永遠に返上している業界ならではです。

連休明けにはテストを控え、余裕もへったくれもないのが我が家の実情ですが、そうはいってもお休みです。快晴です。自然が呼んでいます

というわけで、毎年恒例の広島帰省でした。

二泊三日と駆け足でしたが、途中、江田島へ遊びに行って、リフレッシュすることができました。

江田島は、呉のお向かいに浮かぶ、人口約25000人の立派な島です。本土に接近しているので橋がかかってますし、フェリー高速船も便数があり、日々通勤通学で大勢の人が本土と行き来している町です。

数ある特産ひとつオリーブをフィーチャーしたおしゃれなレストランを教えてもらったので、そこにランチに行ってきました。→江田島オリーブファクトリー

勇んで行ったら、さすがにゴールデンウイークです。

ちょうどお昼時についたのもあり、激混みでした。名前書いて1時間以上待って、やっと入れたから!!

待ちに待ってようやく、生地からこねて、窯から出たてのあつあつの美味しいピッツァランチにありつけました。

何種類ものオリーブオイルサーブされて、効きオリーブができます。(我が家的にはオーストラリアブレンドが一番)

食後には、おしゃれなイタリアンデザートも堪能。

目の前には真っ青に輝く海。かきいかだが浮かんでいるのも見えます。

牡蠣も食べたかったなぁ。本当はこの時期、潮干狩りができるんですが、昨年あたりから貝が不漁らしくNGで残念でした。

有名な旧海軍兵学校見学もする予定でしたが、息子がちょっと気分を悪くしてしまい、後ろ髪引かれつつ撤収となりました。

最近、時々原因不明体調不良があり、ちと心配

タクシー運転手さんに、生徒さんが連休帰省中だから今日は行っても退屈だよ、と慰められ。

次は、潮干狩りも見学もしてみたいです。

江田島の紹介はこちらのブログ面白かったです。

http://marujikan.com/etajima-appeal

そういえば、ニュースになった向島の脱走犯ともニアミスだったかもしれません。

重罪犯ではないのもあり、また無事つかまったことも踏まえての、ノー天気な感想ですが、瀬戸内を泳いで渡ってって、なんだかちょっと、冒険って感じでワクワクしてしませんか。

車を盗んだときに残されていた「お借りします、絶対傷つけません」というメモからも、「レ・ミゼ」や「巌窟王」というわけにはいきませんが、なんとなく、根っからの悪人ではないのかなと思ってしまう母心。

今度は、無事刑期を勤め上げますように。

2018-02-26-Mon

ゲームオブスローン

プライム降臨した人気ドラマ「ゲームオブスローンズ」にハマっています。(只今シーズン3)

今のところプライムでは、シーズン6まで見られるかな。7は有料。8が来年放送予定でシリーズ完結です。

2011年放送開始で、エミー賞も毎年総なめだったので、ずっと見たいなと思っていたのを、やっと見ることができて嬉しかったです。

ストーリーは、中世ヨーロッパイメージした架空世界で繰り広げられる王権争いがテーマです。

THRONEってのが、「玉座」のことなので、タイトルは、玉座をめぐるゲーム、みたいな意味と思う。

とにかく見る場所を選ぶエログロシーン満載の大人向けファンタジーですが(早送り機能がないと死ぬ)、わかりやすく、豪華で、展開が激しくかつ、キャラクター多面的に描かれるので飽きません。

英米俳優が総ざらい状態なんですけど、アウトランダーのあの人や、ダウントンのあの人が登場するシーズン3は、役柄のギャップなども楽しかったです。

こんなにたっくさんの登場人物がそれぞれ活躍して、複雑に絡み合った壮大な群像劇を書ける作家さんすごいなーと思います。

そして、それをさらにかっこよく実写化ちゃうのも。CGもすごいし。

ロードオブザリングスケール映像が何シーズン分もざくざく展開するわけで、もし見られるのに食わず嫌いしてるとしたら、オリンピック見ないのよりもったいないと思います。

ピョンチャンあんまり期待しないまま始まったら、メダルざくざくの神展開だったわけで。

個人的な見どころとしては、小人症の俳優がメインキャラを張ってるところです。

日本のドラマでこういう人が登場するのは、おそらく「24時間テレビ」ぐらいで、

基本的に、そういう特殊性に対する差別に涙ながらに耐え、克服するような話がほとんどです。

しかし、向こうはそういうことすらキャラ設定に丸ごと取り込んで、ドラマの面白さに直結させてしまう。

実際、このティリオン役のディンクレイジって俳優がほんとに上手くて、物語キーを何度も握っての大活躍なわけです。

ピクセル」って映画にも出てましたね。

見た目を侮辱されるシーンも常にあるけど、視聴者はすっかり彼のファンなので、「なんでぃ気にすんな、やったれティリオン!」って応援するわけです。

実に味のあるいい顔してるし、彼の登場シーンは、常に面白いので、彼だけは、まだまだ絶対殺さないで〜と思ってます。

(どんなにいい人だろうが、人気があろうが、ざくざく死ぬのが当たり前なGOTなので)

2018-02-14-Wed

歯列矯正

今日WINDOWSに付箋の機能があるのに気づきモニタに貼っていたリアル付箋を一掃しました。

自分の汚い字や、端のめくれ上がりが視界に入って、プチストレスだったので、嬉しいです。ハッピーバレンタイン

そういえば、バレンタインなお年頃のはずの息子ですが、普段からスイーツ一家なうちは、今一つ盛り上がらない昨今。

日常的にお安いケーキ類が登場しているので、とりたてて高級チョコへの欲求が生まれないですし、友チョコを作るほど、まめな男子でもありません。

生協で頼んだ、チョコ系おやつが続いたりしてましたが、14日本日、特に予定はありませんでした。

すると、昨夜唐突に、息子が「なんかチョコを食べたい気分だ」と言いだしました。

おやおや、どうしたの?君は、現在お口が炎上中(=口内炎)ではないのかね?

それに、いよいよ歯科矯正が始まることになり、下あご拡張ゴムバンドを先週入れたばかりです。

来月には金属リップバンパー装着が控えているし、口腔内に潰瘍のない清浄状態にしておかないといけないんだよ。

こまめに歯磨きする習慣を今ここでつけずに、虫歯矯正治療コンボに行けば、血を見るのは明らかなのです。

今朝は口内炎パッチを貼って送り出しました。野菜中心メニューを続けないとな。にんじんハート形に切るとかでスイーツは控えめに!ハッピーバレンタイン!

leavesleaves 2018/02/14 22:07 歯科検診、大事やね!

我々も、気を付けなあかん、と私の場合は40過ぎてから気づいたよ〜!

定期的に、歯科医のお世話になりまひょう!
……老人みたいなトークやな…

aranciataearanciatae 2018/02/14 22:26 ほんとにね!私も歯は悪いとこだらけなのだ〜また予約しないとあかんわ。

2018-02-07-Wed

読書の冬です。

先週、「銀河鉄道の父」という宮沢賢治のお父さんをテーマにした本を読みました。

直近の直木賞受賞作です。(ゆ)に薦められ、会社図書室で借りました。

非常に読みやすい文体で、サクサク読めます

(以下↓ネタバレあり)

宮沢賢治って「清貧」なイメージですけど、

実はけっこうな地主のお坊ちゃんで、裕福なお父さんの援助のおかげで、

自由創作活動ができてたんだそうです。知らんかったな〜

それでも、親の生活スタイルとは合わないからと、近所に親が借りた家に住み

そこで畑を作って「雨にも負けず・・・」を書いたり、農家さんに営農指導したり

いわゆる清貧ライフもどき)を送っていたそうです。

でも、虚弱体質で、作品がようやく認められ出したころには、

親の心配通り、結核にかかって、看病虚しく、死んでしまいました。

父は、利発な賢治を愛していて、陰日向となり応援していました。

しかし、現代とは、親子の関係性が違う点が何度も強調されます。

子供を深く愛しているのに、それをおおっぴらに示せない時代

賢治も、親の願う人生はどうにも生きられなかったけれど、父のことは尊敬し、慕っていたようです。

時代もあるよなぁと、すれ違う親子に、後半はとても気の毒でなりませんでした。

父親目線もどかしい気持ちがとてもよく描かれていたと思います。

せめて、もうちょっと賢治の体が丈夫だったなら、親子仲良く過ごす時間も持てただろうになと思いました。

もう一冊は、「コンビニ人間」。こちらはひとつ前の芥川賞

Audibleで、オアシズ大久保さんの朗読で聴いています。

いわゆるアスペルガー気味の女性が、コンビニで働くことに関しては、こと完璧店員を全うしているというお話です。

ルーチンなら得意」ってやつですね。

まだ半ばなのですが、世代的に描写感覚が合うのか、映像で見てるようにイメージできます。

クリーンなコンビニのなかで、淡々と働く女性。

そのふるまいはごく自然に見えるけど、実は他の人を観察して真似ているもの

朗読に、さして滑舌が良いわけでもない大久保さんが選ばれた理由は謎めいていますが、

そんなに悪くなかったです。(どちらかというと、主人公より主人公の同僚のイメージに近い)

弾みがついたので、もうちょっと何か読みたいな〜

最近地元図書館がご無沙汰なので、会社の図書室を覗いてみたいと思います。