Hatena::ブログ(Diary)

Salt-n-sugar

2018-10-15-Mon

台風

少し前ですが、台風24号襲来の夜はすごかったです。9/30〜10/1にかけてでした。

JR東日本が、初めての計画運休実施し。

JR西日本がその前にやって評判がよかったのに、対抗した感がありあり)

久しぶりの関東地方直撃におののきました。

夜、風の音があんまりうるさくて寝付けず、耳栓しながら寝たのですが、

息子は早めに寝入ったのもあり、なーんにも気づかなかった!とのこと。

都立の日もあり休校となって、小躍りしていました。

その後、季節の変わり目か気圧の変化か、体調を崩してしまい、息子からアニにうつっていた風邪を受け取ったようです。火曜日から、喉が腫れて頭痛がします

木曜は、日帰り出張が入っており、週末は運動会もあるし、自分的にはハードな一週間になりそうです。

通勤電車でもとにかく睡眠をとって、仕事を休まず治すように努めてます(火曜の朝は一駅寝過ごして焦った)

しんどいのは、夕飯づくり。今日はどうやって手抜きで美味しい晩御飯にしようかな。

2018-10-03-Wed

この世界の片隅に

9月が終わり、ドラマ「この世界の片隅に」を見終わったので、満を持して、世界配給となった能年さんのアニメ映画版のほうを、初めて見てみたのだけど、

どうも、ドラマ版のダイジェストのように感じてしまった。のんさんごめんなさい。

私の見た順 原作マンガ連続ドラマ→アニメ映画

北川景子スペシャルドラマ版もあるそうですがこれは未見)

そうは行っても、後発で、三か月たっぷり、原作と映画を土台に、周辺キャストのドラマも丁寧に描いていた実写ドラマ版に対して、

映画は二時間しか無いので、展開もあっという間で、いろいろ端折ってるとこが気になるのは仕方ない。

でも、ドラマの俳優さんたちの演技が、アニメのすずや周作さん、りんちゃんの演技に寄せてると言うのには気づきました。リスペクトなんだろうな〜と思う。

そんな中、義姉の径子役だけは、両方違うテイストで、どちらもそれぞれ印象に残りました。映画版声優は若手の舞台女優さんらしい。ドラマ版はさすがのオノマチ。

息子は、原作者こうの史代の「ぼおるぺん古事記」にもハマっています。これまた傑作です。古典現代訳というミッションはいつも素晴らしく知的興奮に包まれます。ありがたや、ありがたや。

2018-08-22-Wed

[]夏ドラマ韓流

夏ドラマ地上波、スタート時はあれこれチェックしていましたが、

今見続けているのは、

オンリーとなっています

これはなかなか良い作品になりつつあるのではないしょうか。

この松本ほのか松坂桃李版が終わったら、満を持して、アニメ版(能年さん)を見ようと思っています。

しかし、それ以外の「チアダン」やらは、録画が溜まるばかりでなかなか食指が動かず。ついまた、Amazonプライムの誘惑に負けております。定期的に新作が降りてくるからなぁ。

今、見てるのは

です。

「花郎」・・・美形運動女子から、美形韓流男子が舞う韓流時代劇へ移ってしまいました。

身分の低い主人公が、貴族世界に飛び込んで…、というよくあるやつなんですけど、時代新羅(シラギ)という設定が珍しいようです。

花郎という言葉自体は、「日出処天子」に出ていたので、知っていました。淡水と調子麻呂だっけな。ドラマを見ながら、このころ、日本では厩戸が〜なんて妄想もできます。

あと、キャストも含め、若者を時代劇視聴に回帰させようという思惑があるのかないのか、登場人物たちが、やけに現代ファッションで描いています。

昨今の某大河のように、演出もまるで学園・恋愛ドラマです。

従来、韓流時代劇といえば、男女ともにロングヘアのひっつめが基本で。

男子ははちまきに帽子、女子はでこ出し三つ編みで、身分のある方ほど、三つ編みぐるぐるアートがどんどん大きくなり、かんざしブスブスにするスペシャルものでしたよね。

それが、ファランだと、女性男性も前髪たっぷりのダウンヘア。一番高貴なはずの太后ですら、茶髪で、腰まで垂らしたストレートロングなわけです。

あと、女性の胸元が合わせでなく、布一枚なので、なんだか夏の避暑地に来たような開放的雰囲気になります。(ヒロインはお堅い設定なのか合わせ)

若者たち出会場所も、現代のクラブカフェのような雰囲気で、ツッコミどこ多いです。

そんな軟派時代劇にホイホイ喜んでいた私ですが、あっという間に前期配信分を見終えてしまい(続きは9/12から)どうしようかなと思ってる頃に、登場したのが「ミセン」です。

「ミセン」・・・こちらは現代ドラマで、2014年の作品だそうです。日本でもこれをもとに、某平成ジャンプさんでドラマ化されたそうですが(見てない)。グッド・ドクター枠なのかな?

冴えないと思われていた主人公が、メキメキ成長していくお話らしいです。口コミが良かったので、きっと楽しくなりそう。とりあえず二話まで来ましたが、とにかく早く続きが見たくて、時計よ回れと念じています。

2018-08-21-Tue

[]吉祥寺

日曜は、すいすいからお誘いがあって、吉祥寺ランチに行ってきました。

最近は、人気のお店を紹介したまとめサイトが多いので便利だな。

可愛いワンプレートランチのお店(オーケストラ)を予約して、朝イチで入ることができました。

二軒目は、ぶらぶらしてるうちに見つけたニューオープンパリ発のパティスリー・ブーランジェリ・リベルテ。

ここもとっても素敵でした!

きぬ話題は、やはり子供たちの受験のこと。

成績や性格、将来のことを踏まえて、どう頑張らせればいいのか、どこを受けさせるのが最善か母の迷いは尽きず・・・

お互い話すうちに、だいぶスッキリしました。

すいすいとは年々仲良くなっていて、本音でいろいろ話せるのが嬉しいものです。

2018-08-03-Fri

ドラマなかなか楽しく。

2018夏ドラマです。今期録画しているのは、

ドラマ

アニメ

配信

他、プライムシン・ゴジララ・ラ・ランドが入ってきたので、時が経つのは早いなぁと思う。