Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2017-02-18

[] 攻撃の形が作れず相模原戦は0-0

 開幕直前にフクアリで行われた公開練習試合。

 対戦相手の相模原は昨年J3で11位に終わり、特に昨夏安永監督が就任してからは1勝2分7敗と大きく低迷していました。

 その安永監督が続投しているだけに対戦相手としてどうなのか気になりましたが、しっかりしたサッカーをしていた印象です。

 それだけジェフの状態が上がり切っていないとも、言えるのかもしれませんが…。


 柏戦では主に守備面に課題が出たジェフですが、相模原戦では主に攻撃面に物足りなさが出てしまったと言えるのではないでしょうか。

 といっても、ジェフが押し込みながらも攻めあぐねるというような展開ではなく、試合は90分を通して均衡状態だったと言えると思います。

■相手の4-1-4-1にはまり前にボールを持ち込めず

 ジェフのスタメンはGKに優也。

 DFラインは右にイが入り、中央に多々良が入って、近藤が左CBに。

 アンカーのアランダ、インサイドの町田、山本は柏戦と変わらず、右WBに北爪で、左WBにサリーナス。

 2トップは船山とラリベイとなりました。


 試合序盤は相模原ペース。

 キックオフ直後にも、左サイドからアーリークロスで裏を取られてGK優也が対応。

 5分にも相模原が右サイドから繋いでいき、中央でミドルシュートを放たれますが、イがスライディングでブロック。



 相模原はコンパクトな4-1-4-1。

 ジェフのサッカーをしっかり研究してきたのか、前半はこのシステムにはめられていた印象でした。

 前からチェイスできれば中盤の4人がプレスをかけ、チェイスできない時はパスコースを消す。


 また、攻撃時の相模原は、1トップのジョンに高さがあり、足元で粘ることが出来る。

 そこから普光院やサムエルといった、インサイドの選手。

 川戸や麦倉といったウイングの選手が飛び出し、チャンスを作っていきました。



 15分、ジェフの攻撃。

 ようやく前を向けたアランダから、ラリベイに繋ぐとそこから船山へ。

 このパスは乱れますが何とか船山が受けて、シュートを放つも大きく逸れます。

 これがジェフのファーストシュートだったでしょうか。


 試合序盤のジェフは北爪を裏へ走らせる展開しか作れないような状況でしたが、そこからチャンスになる場面は少ない状況でした。

 左CB近藤からビルドアップを始めるので、相手が左サイドに寄りがちで北爪が空くことが多かった。

 しかし、相模原は左右へのスライドもしっかりしていたので、逆サイドが空くのは想定内だったのではないかと思います。



 17分には相模原の決定機。

 右サイドからの攻撃で、右SB辻尾が中央で受けて鋭いシュート。

 しかし、ゴール右を逸れます。


 30分にも相模原のチャンス。

 ジェフDF裏を狙ったボールをGK優也が前に出てクリアしますが、これが相手ボールに。

 優也が前に飛び出したのを見て、思い切ってロングシュート。

 力なくゴールにはなりませんでしたが、危険なシーンでした。



 35分にも相模原の決定機。

 相模原がパスを繋ぎ、中盤のプレスを掻い潜って裏へ供給。

 普光院が完全に抜け出してGKと一対一になりますが、優也が至近距離でファインセーブ。


 このシーンでは相模原が右サイドから中央後方へパスを繋ぎ、そこから裏にラストパスを出されてしまいました。

 一度後方にボールが戻ったため、ジェフはDFラインも含めて前に食いついてしまったのですが、その裏を取られてしまった。

 一度下げて前へ展開という前後の揺さぶりはコンパクトな相手を崩すパターンの1つだと思いますが、綺麗にそれをやられてしまったことになります。

 ここでのラストパスも、後方の司令塔である岡根からだったでしょうか。



 40分にはジェフのチャンス。

 ジェフの左サイド奥へのボールを、サリーナスが奪い返してクロス。

 こぼれたところを北爪が受けてシュートを放ちますが、GK藤吉の正面。


 その直後にも、ジェフの攻撃。

 長いボールに反応したサリーナスが、裏へ飛び出してクロス。

 ラリベイがニアで合わせますが、枠の外に終わります。



 アタッキングサードにボールを持ち込むことすら出来なかったジェフですが、40分頃から相模原の動きが落ちて寄せが甘くなっていました。

 特にインサイドのポジション修正が少なくなったところから、ジェフが何本か中盤でパスを繋げた。

 そこから全体のライン下がり、ジェフDFとアランダが余裕をもってボールを持てるようになって、裏のサリーナスへ長いボールを供給できるようになりました。

 それでも試合はスコアレスで折り返します。

■後半序盤は押し込むも相手が3バックになり均衡状態へ

 後半開始と同時に北爪に代えて溝渕、山本真に代えて高橋を投入。

 相模原もジョン、川戸、麦倉、岡根、サムエル、辻尾などを下げ、久保裕一、菊岡、千明、保崎、山口、高畑などを投入します。

 ちなみに相模原は一部選手の背番号がジェフの公式サイトや掲示板と異なり、更に相模原の公式サイトとも違っていました。

 そのため選手名などが間違っている可能性もあるかもしれませんが、ご了承ください。


 相模原は交代した選手が機能せず、後半から勢いがガクッと落ちた印象でした。

 千明、菊岡をウイングで使っていましたが、どちらも本来はセンタープレーヤーでサイドで前に圧力をかけられなかった。

 加えてジョン、岡根、サムエルといったキープレーヤーも下がって、中央でも踏ん張れなかった印象です。



 一方のジェフは後半から、積極的に船山などが左サイドに流れて、そこから裏に飛び出していった。

 相模原のDF陣は船山のスピードに完全に後れを取っており、そこでの個人差で押し込んでいきました。

 ジェフはスペースが出来たことで、中盤でのパスもテンポよく繋げる形が何度かできていました。


 50分、ジェフのチャンス。

 船山が右サイドで、縦に突破しクロス。

 ファーサイドの高橋が合わせますが、枠を捉えきれず。


 左サイドの裏を突く展開で攻め込んでいくジェフですが、決定機はなかなか作れず。

 57分にはラリベイに代えて清武、アランダに代えて勇人を投入。

 外国人二人は走ってタッチラインまで戻ってきたのが印象的でした。

 真面目な選手なのでしょうね。



 60分、讃岐の攻撃。

 中盤で菊岡から浮き球のスルーパスが出て、普光院が左サイドの裏を抜けてクロス。

 鋭いクロスでしたが中央であわず、ファーの保崎がシュートを放ちますが枠の外。


 この頃から、相模原は3バックに変更しました。

 船山がサイドに流れる動きに苦労していましたが、3バックにすることでストッパーがサイドまでついていく形に修正。

 千明、菊地も中央に入ったことで、本来の良さが出始めていった印象です。



 相模原の3バックへの変更によって、ジェフが攻め込む場面が少なくなり、試合は均衡状態に。

 76分には相手ストッパーとの競争で、船山が完全に左サイドを抜け出しシュート。

 しかし、相手GKがセーブ。


 79分にはジェフが一気に7人をメンバー交代。

 4-3-3となりGKが海人、4バックは右から溝渕、岡根、大久保、阿部、中盤の底に勇人、右に羽生、左に高橋、前線は右から菅嶋、清武、U-18の古川が入りました。

 ジェフがベンチ横に椅子を並べて多くの選手が控えていた一方、相模原はそこまで選手が帯同していなかった模様で、終盤にはサムエルが復帰するなど練習試合らしい展開となっていきました。


 しかし、そこからは両チーム、大きな動きを作れず。

 そのまま0-0で試合終了となりました。

■最終的に勝利に結び付けられるか

 前半終盤までは、相模原の4-1-4-1に見事にはめられた試合だったと思います。

 ジェフのDFラインからのビルドアップに対して、1トップのジョンが下がり気味にアランダのパスコースを消す。

 インサイドの2人は、ジェフのインサイドへのコースを消す。

 そして、SHはジェフ両ストッパーからの縦のコースを消すことで、ジェフの攻撃を遮断していた印象です。


 中盤後方で前からの守備をコントロールしていたのが、今年岐阜から加入したアンカー岡根。

 岡根は岐阜でも4バックのアンカーでバランスを取りながら、状況に応じてDFラインに入って跳ね返す仕事もするなど、非常に状況判断能力が高く戦術眼の優れた選手。

 相模原は昨年3バックを実施していたようですが、4-1-4-1が可能になったのも岡根の存在が大きいのではないでしょうか。

 この日もインサイドが前に出たらスッとそのスペースを消し、ジェフの2トップと2インサイドをケアしながらバランスを取っていた印象です。



 ジェフは近藤が左CBに入って、そこからボールが出せるようになったものの、その先が作れていなかった。

 困ったように町田が下がって受けることもありましたが、近くのアランダに落として終わり…といった展開が多く、細かなパスワークが作れていない印象でした。

 ビルドアップ時の選手の動きが少なく、皆どう受けるべきか悩んでいた印象です。


 大きな展開で北爪などを走らせる形もありましたが、北爪が受けてからどうするのかも見えなかった。

 確かに北爪のクロスの質も課題ではありましたが、北爪に大きなサイドチェンジが入っても相手のスライドが間に合った時にどう崩すのか。

 まだ相手サイドが薄い状況でも他選手がうまく絡むことはなく、イにバックパスをしてノッキングを起こして終わり…といった展開が目立っていました。



 加えて、シーズン中にも問題になりそうなのが、サイドからクロスを上げた時にターゲットが少ないこと。

 ラリベイが中央にいても、船山、町田、山本などは小柄な選手。

 これだけサイドの裏狙いが多くなってくれば、もう2人、3人とヘディングで狙える選手が欲しいところではないでしょうか。 


 ラリベイも現状だと複数人に囲まれた状況で、圧倒的な高さを見せるようなタイプではないように思います。

 ゴール前で清武や高橋などが絡むことによって、そこを改善できるのかどうか。

 あるいはこの日はサイドでのスピード勝負ばかりでしたが、他の形を作れるのか…といったところでしょうか。



 柏戦でのプレスの問題に関しては、この日は表に出なかった印象です。

 というのも、この日は相模原もラインが高く、後方でのパスの出所といえばGKくらいでした。

 GKからのゴールキックが攻撃のスタートになることが多く、193cmのジョンが落としてチャンスを作る形でした。

 結果的にジェフのプレスをかわされたとも言えますが、これは公式戦でもありえそうな展開ですね。


 両チームのラインが高かったため、コンパクトなエリアでのせめぎあいが多かった。

 そのコンパクトなエリアでの勝負で主導権が決まる試合で、前半はジョンなどを潰せなかったジェフが劣勢に。

 後半途中まではジョンや岡根、サムエルなどが抜けたこともあって、ジェフが優勢になったのではないかと思います。



 あれだけコンパクトなサッカーをするとなれば、どうしても狭いエリアでの勝負が求められると思います。

 しかし、ジェフは中盤に小柄な選手が多く、この日も相手を潰し切れないことが多かった。

 柏戦でもそこで苦戦していた印象が強いですし、今季はいかに狭いエリアで相手に勝てるかどうかが求められるのではないでしょうか。


 この日の守備においての課題は、そこだったのではないかと思います。

 コンパクトな分、中盤でのせめぎあいに負ければ、一気にハーフカウンターでピンチに陥る可能性がある。

 そこで負けないような"インテンシティ"を身につけられるか。

 あるいは、そこで負けた時にどうカバーすることが出来るのか…。



 ジェフはこの試合とNYC、ちばぎんカップを含めると2分2敗となっています。

 その他の練習試合では琉球に2勝、広州恒大にも2-2で引き分けていますが、ちょっと状態が気になる展開になってきましたね。

 特に得点はNYCとちばぎん杯含めて、4試合で1ゴールのみとなっています。


 もちろん勝敗やスコアは大事な時期ではないですが、実際の内容を振り返っても攻撃の形が作れていない展開が目立ちます。

 まずは守備からチーム作りを目指しているのであれば仕方がないのかもしれませんが、それならば守備でかっちりとはめるチームが作れるかどうか。

 チームとしてしっかりとした軸を作り、具体的にどのように勝つサッカーを目指していくか明確に出来るかどうかがまずはポイントとなっていくのでしょうか。



 確かに新しく斬新な戦術を取っているだけに、見どころは多いかもしれません。

 しかし、最終的にはどのように勝てるチームを作り、そのビジョンを共有できるかが重要だと思います。

 ハイプレスやハイラインはあくまでもその過程におけるツールだと思いますし、勝利に結びつく強みといったものを作れるかどうかが大事ではないでしょうか。

2017-02-17

[] 2017年J1・J2の順位、得点王、監督解任第1号予想

 今年もへーさる予想大会にお招きいただきましたので、ここで今季のJ1・J2予想をいたします。

 へーさる予想大会は昨年コラボしたへー様によるフットサルメンバーの予想大会ですが、へー様はご多忙のようで今年はとめさんが取りまとめていらっしゃいます。

 お二人ともご苦労様です。



 予想の前に各チームの情報を、まとめようと思います。

 移籍情報は、さっかりんJリーグ公式サイトが見やすいかなと思います。

 また今年もJリーグとゼロックスの特設サイトにて、各チームの展望やレギュラー予想がアップされています。


 今オフはDAZNマネーの影響か、俊輔や大久保などビックネームの移籍が目立ちました。

 ただ、国内での大きな移籍はあったものの、大物外国人選手の補強などは実現しなかったですね。

 日本サッカー界全体を考えるとACLでの苦戦は極めて大きな問題だと思うので、DAZNマネーでビックチームが生まれること、大物外国人選手を補強してJリーグのレベルを上げることが重要な狙いとなってくると思うのですが、そこまでいくにはもう少し時間がかかるのでしょうか。



 また、今年の変化として、J1が1ステージ制に戻ることになりました。

 昨年は毎年終盤に失速する浦和が総合優勝を果たしたことになりますが、あれも2ステージ制だったことによって、結果的に少ないプレッシャーで最後までリーグ戦を戦うことが出来たのかもしれません。

 しかし、一発勝負では勝負強い鹿島が勝ち、CSでは敗れてしまいました。


 それでも昨年のCSは単純な実力だけ見れば、浦和の方が半歩先を行っていたように思います。

 今年も浦和は着実な補強をしている印象ですし、勝負弱さは気になるところですが、J1優勝は浦和を予想します。

 ちなみに、私は昨年の予想でもJ1年間優勝の浦和を当てて、一昨年よりはまともな成績に終わっています。



 2位以下が悩ましく、過去数年間における上位の顔ぶれを見ると、鹿島、浦和、広島、G大阪、川崎あたりが定番となっています。

 しかし、広島は1つのライフサイクルが終わりかけているのかなとも思いますし、川崎も監督が代わってどうなるかはわからない。

 鹿島も昨年王者にはなったもののそこまでにいろいろありましたし、今年一年間まとまって戦えるかどうか…。

 そして、昨年はなかったACLの負担も、伸し掛かってくることになります。



 ということで、2位にはG大阪を予想。

 大森、阿部の穴は気になりますが、中盤をダイヤにすることで穴を埋めるのではなく、残った戦力で新たな形を模索しているのでしょう。

 井出や泉澤を補強した意味は…?とも思ってしまいますが、単純にダイヤが成立するかどうかは興味深い見どころでもあります。


 3位には先ほどあげたチームのいずれかが順当ではないかと思いますが、それでは予想として普通過ぎる…。

 大久保、高萩、永井などを補強したFC東京、田中順也、大森、渡部、高橋秀人などを補強した神戸も気になりますが、どちらも大型補強がはまるイメージがあまりない。

 ということで、ここは少し賭けに出て、C大阪を3位に予想したいと思います。


1位:浦和、2位:G大阪、3位:C大阪

J1得点王:金崎


 C大阪はここ数年は誰が指揮を執っても守備が不安定な状況で、守備のメンタリティに問題を感じました。

 それをユン監督が、どこまで叩き直すことが出来るのか。

 下手をすれば攻撃的なC大阪と守備的なユン監督はミスマッチで終わる可能性もあるとは思いますが、J1に昇格したことで気を引き締めて戦える効果を期待したいところです。


 得点王はさらに予想が難しいですね。

 興梠、ラファエル・シルバ、レアンドロ、大久保などと悩みましたが、浦和は得点が分散するところがあるので金崎にしました。

 ただ、金崎は夏に海外移籍などもありそうな気がするので、そこが心配ではあります。


 J1下位予想はこんな感じ。

16位:新潟、17位:清水、18位:札幌


 昇格組には頑張ってほしいのですが、札幌はあの戦術では厳しいでしょうし、清水も大前が抜けて意外と補強が少なかった。

 新潟はやはりレオ・シルバ、ラファエル・シルバの穴が心配です。

 その他、甲府、仙台あたりも絡んでくるのかもしれませんが、毎年フロントの影響でがたっと落ちてくるクラブがあるので、その候補となると横浜FMも心配でしょうか…?



 続いて、J2の上位予想。

 戦力からすれば、やはり名古屋が注目だと思います。

 闘莉王、永井、川又、矢野などが抜けたとはいえ、玉田、永井龍、寿人などを補強しシモビッチ、田口などが残留。


 そして、監督には風間監督を招聘したことになりますが、果たして風間監督のサッカーがJ2に合うのかどうか。

 昨年上位を振り返ると札幌、清水、松本、岡山など守備重視で、フィジカルを打ち出したチームが多い。

 山口のようにパスサッカーで健闘したチームもありますが、名古屋は厳しいマークにあうことも考えると苦戦する可能性も高いのではないでしょうか。



 ということで、優勝は松本を予想。

 昨年序盤はパスサッカーに新たな活路を見出そうとしていましたが、中盤から再びフィジカルを押し出すサッカーに戻し、結果的に両方の良い面が残った印象もあります。

 ただ、優勝のためには昨年16ゴールの高崎が、よりゴールを量産する必要があるのかもしれません。


 2位には湘南、POでの進出に名古屋を予想します。

 福岡は岩下、山瀬、松田力などを補強していますが、1年でJ1から降格したチームはクラブ体力の面で苦しむことが少なくない。

 もともと予算規模も大きくないですし、厳しい1年になるかもしれませんね。

 得点王候補は高崎、ウェリントンなども考えましたが、名古屋が攻撃的なサッカーをするということも含めてシモビッチに。


1位:松本、2位湘南、POで昇格:名古屋

得点王:シモビッチ

 

 その他の上位チーム候補には、岡山も考えました。

 矢島、岩政の穴はまだ埋められるだろうと思っていたのですが、押谷、中林まで抜けるとさすがに厳しいかと。

 赤嶺も昨年は4ゴールに終わっていますし、点取り屋がいない問題が大きいのではないかと思います。


 京都も上位候補でしょうが、闘莉王、大黒といった選手を補強したものの、ボランチを中心に中盤が少ないこと。

 何よりエスクデロなども含めてアクの強い選手が多い選手構成を、若い布部監督がまとめあげることが出来るのかどうか。

 この他にイバが残留し昨年監督交代後に成績を伸ばした横浜FCや、昨年終盤に順位を上げた徳島なども注目ですね。

 ただ、徳島は長島監督によるパスサッカーが確立し始めて成績を伸ばしたところで監督交代となっていますから、それがまたリセットとなってしまう可能性も十分あるのではないでしょうか。



 ジェフに関してはエスナイデル監督が特殊なサッカーを始めているだけに、うまくハマるか大きく外れるか博打のようなシーズンになるかもしれません。

 昨年8位予想としたのですが、実際にはそれを下回ってしまいました。

 今季も大規模な補強とはいかなかったですし、まずはPO出場権に入れるかどうかといったところでしょうか。


 J2は下位予想は以下の通り。

20位:大分、21位:金沢、22位:群馬


 J2は下位予想も難しいですね。

 というのも昨年下位に低迷した金沢、岐阜ですが、金沢は柳下監督、岐阜は大木監督と実績ある指導者の招聘に成功。

 一方で徳島、ジェフ、東京Vと中位チームが未知数の外国人監督を招聘していますので、どこかが大きくこけて下位に沈む可能性も否定はできないでしょう。

 早期に見切りをつけて立て直すとパターンもありえなくはないでしょうが、いずれにせよ読みにくいところだと思います。


 そんな中、群馬は実績があるとは言い難い、森下仁志監督を招聘したということで最下位予想に。

 金沢は元々戦力が豊富とは言えずチームの一体感で戦ってきただけに、柳下監督を招聘したとはいえ監督交代のマイナスは大きいのではないかと思います。

 大分も山岸、竹内、高木と元ジェフの選手が多く頑張ってほしいのですが、戦力的にはまだ厳しいのかなぁと。



 讃岐なども下位候補なのでしょうが選手のやりくりが非常にうまい北野監督が残っていますし、選手流出の激しかった山口も佐藤健太郎や福元、高柳などを補強して何とか持ちこたえることが出来るのかなと思います。

 ここに兵働の抜けた水戸や、清武の抜けた熊本などが絡む可能性があるのでしょうか。

 間瀬監督の就任した愛媛も木山監督の山形が多くの選手を引っ張っていったので、まずは残留が目標となるのかもしれません。


 山形も昨年は降格1年目で前年のダメージが残っていた印象でしたから、今年は昨年ほど苦労はしないのかもしれません。

 ただ、鳥栖から横浜FCに移った岸野監督の時も、北九州から東京Vに移った三浦泰監督の時も、監督と一緒に複数の選手が移籍しましたが、移籍前のチームの順位は超えられずそのまま失敗に終わっています。

 今回は山形が昨年ちょうど苦しんだ年なので立て直すという意味では悪くない策なのかもしれませんが、愛媛を超えると考えると難しいのかなとも思います。


 また、少し気になるのは長崎ですね。

 現在進行形で話題になっているのでどう収束するかもわかりませんが、1億2000万円ほどの赤字を出して常任取締役も辞任。

 増資によって債務超過を逃れる模様ですが、一方で赤字発覚後に元U-21スペイン代表MFを補強しており戦力面には問題ないのでしょうか。

 しかし、フロントのいざこざでチームが一気に混乱するケースもあり得なくはないように思いますし、どこまでチームに影響を及ぼすのか…。



 最後に監督解任第1号を、予想しなければいけません…(笑)

 へーさる予想大会の大きな目玉ともいえるこのテーマですが、毎年予想は悩ましいですね。

 例年3月〜5月頃には、1人目の解任(辞任)者が出ています。


 ということは、新チームが軌道にすら乗らずに終わるケースを、予想しなければいけないのではないかと思います。

 そう考えると、新任の監督が有力候補と言えるのではないでしょうか。

 あるいは昇降格などをして、チームの環境が大きく変わるケースか…。


 川崎の鬼木監督や新潟の三浦文監督、京都の布部監督も予想出来ないし、徳島、ジェフ、東京Vのスペイン路線監督の早期解任もあり得るでしょう。

 群馬の森下監督も不安が残るところだと思いますが、群馬は簡単に監督を替えられるだけの予算があるかどうか…。

 申し訳ない気持ちもありますが、今年一番苦戦しそうな札幌の四方田監督を野々村社長が我慢できずに解任…という流れを予想したいと思います。



 もっとも"解任癖"…というか、"解任慣れ"というものもあるような気がしますので、そう考えるとジェフも怪しい気はしますが。

 しかし、さすがにそこは予想したくないので、何とか踏ん張ってほしいところだと思います。

 ジェフはアカデミーダイレクターにもスペイン人を招聘しましたし、監督が代わってしまっては一気にクラブ全体が揺らぐ可能性もありますしね…。


 当たってほしい予想もそうではない予想もありますが、少なくとも現段階での予想はこんなところで。

 今シーズンの開幕も、もう間もなくですね。