Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2017-07-22

[] ロングパスから1対1の局面を作り2-0で勝利

 残り2,30分は両チーム動きが重く、動きの少ない日本の夏らしい試合になってしまいました。

 それでもホームのジェフの方が動きは良く、システムも戻したことで2-0の勝利。

 金沢はコンディションももう1つだった印象でした。

 ジェフは得点を決めたタイミングも良かった気がしますね。

■前半早々と前半終盤にゴール

 4-3-3に戻したジェフは、7月1日の大分戦から控えにも入ってなかったアランダが、久々のスタメンでインサイドに。

 指宿が控えに回って船山がスタメン。

 控えからは海人、イ、羽生、高橋、サリーナスが外れて、大野、比嘉、為田、古川が入りました。


 金沢はボランチの小柳がベンチスタートで、太田が一カ月ぶりのスタメン。

 その他のメンバーは、控えも含めて変わず。

 この試合でも4-4-2のシステムでした。



 キックオフ直後、金沢が中盤で得たFKに対し、ジェフはハイラインで対応。

 杉浦がふわっとした裏へのボールを供給しジェフDFと競争になり、優也が飛び出します。

 先に太田に触られますが、大きく枠を逸れます。


 その直後、早くもジェフが先制。

 左サイドからのCKを一度は相手DFにクリアされますが、こぼれ球を再び清武が拾ってゴール前へ。

 ラリベイが相手2人に囲まれながらも、うまく頭で合わせて1-0に。



 8分にもジェフの攻撃。

 左サイドからのCKを清武が蹴ると、こぼれたところをキムがオーバーヘッドで狙いますが、GK白井の正面。

 試合序盤、金沢はCK時の守備に問題があり、特にクリアミスが多かった印象です。


 14分にもジェフのチャンス。

 左サイドの清武から、鋭いクロス。

 船山がゴール前で反応しますが、合わせきれず。



 早々に点が動いたこともあって、激しい序盤戦。

 この日のジェフは長いボールを積極的に使い、金沢の裏を狙った攻撃やラリベイのポストプレーから攻める展開。

 金沢もチャンスこそなかったものの、裏を狙う攻撃で惜しい形を作っていきました。


 それでも20分頃から金沢の守備が安定し、試合も落ち着いていった印象です。

 こうなるとジェフは攻め手が少なくなり、ボールを持たされるような状況に。

 ジェフはプレスもはまらないことが多く、中盤で楽に繋がれる場面が目立っていきました。



 27分、金沢の決定機。

 右サイドの奥でボールを受けた佐藤洸一が、キムを簡単に抜いてマイナスのパス。

 宮崎がフリーで受けてシュートを放ちますが、優也がファインセーブ。


 36分、ジェフにアクシデント。

 真希が負傷し比嘉を投入。

 41分、ジェフは左サイドで得たFKを清武が蹴ると、こぼれ球を町田が拾ってシュートを放ちますが、ゴールの左を逸れます。


 20分頃からは金沢の良い時間帯でしたが、45分にジェフが追加点。

 中盤でこぼれ球を乾が拾ったところから町田へ。

 町田が混戦の中からミドルシュートを放つと、これがゴール右隅に決まって2-0となりました。

■試合終盤は動きが少なく2-0で勝利

 後半開始早々、中盤でボールを奪って清武がシュート。

 その直後には、金沢の中盤からボールを受けた中美がシュート。

 続いて金沢の右サイドからアーリークロスに佐藤洸一が飛び込みますが、お互いにスコアは動きません。


 50分にもジェフの攻撃。

 左サイドで得たFKを清武が蹴ると、ラリベイがヘディングで合わせますがGK白井が処理。

 お互いにゴール前での展開が多い立ち上がりとなりました。



 54分には金沢の決定機。

 カウンターから左サイドの杉浦が中央に繋ぎ、佐藤洸一が頭で中央へ繋ぎます。

 宮崎が近藤の前を取り完全に抜け出しますが、GK優也が片手でファインセーブ。


 その直後にもひやっとするシーン。

 GK白井からのロングキックからの展開でGK優也がキックミスし、佐藤洸一がつめていましたが合わせきれず、事なきを得ます。

 57分、金沢は大橋に代えて小柳を、杉浦に代えて垣田を投入。



 60分、ジェフのチャンス。

 右サイド奥で船山がタメを作ってヒールパス。

 これを比嘉が受けて町田がシュートを放ちますが、GK白井がセーブ。


 64分にもジェフの攻撃。

 船山の鋭いアーリークロスから、斜めに入ってきた清武へ。

 清武が合わせますが、GK白井の正面。



 この頃から金沢は運動量が落ち、攻撃でのミスも増えていきました。

 ジェフも中盤を交わされることが多かったですが、ラインを上げずに対応。

 ジェフも攻撃ではあまりチャンスを作れず、動きの少ない展開になっていきます。


 それでも、70分には金沢の攻撃。

 中盤の縦パスで簡単にジェフのインサイドをかわされ、右サイド前方の宮崎に繋がれます。

 石田がオーバーラップをして受けて、フリーの宮崎に戻されシュートを放たれますが、大きく枠を逸れます。



 75分、金沢は宮崎に代えて金子を投入。

 80分には、ジェフがラリベイに代えて指宿を。

 続いて、84分には清武に代えて新加入の為田を投入します。


 その直後には、ジェフのチャンス。

 為田が左サイドで仕掛けてシュート。

 これをGK白井がこぼすと指宿が詰めてゴールかと思いきや、為田のシュートに船山が関与したところでオフサイド。

 その後も大きな動きはなく、2-0でジェフが勝利しました。

■中盤に穴が出来るも攻撃陣は好調

 冒頭でも話した通り、ホームということもありコンディションで優位に立ったジェフが勝利した試合だったように思います。

 金沢は序盤から動きにキレがなく1対1で苦しみ、終盤もスタミナの面で苦労していた印象でした。


 2-0で勝利したジェフですが、守備面はもう1つだったと思います。

 前半から簡単に前からのプレスを簡単にかわされて、すっぽりと空いた中盤で簡単に繋がれることが多かった。

 カウンターでの守備に関しても、相手を遅らせられず相手のミスに助けられていた印象です。



 それでも攻撃面では、良い形が作れていたように思います。

 相手が立ち上がりに前に出てきたこと、早々にジェフが失点したこともあって、後方やサイドにスペースが出来ていた。

 そこに素早くロングボールを蹴って、1対1の状況を作り、そこで勝負を仕掛ける。


 そこから個人技で勝って攻撃を作る形で、優位に進めていった印象です。

 金沢の守備はロングボールに対する対処がもう1つで、簡単に1対1が作れていたようにも思います。

 そのあたりが、勝敗を分けたと言ってもいいのでしょうか。



 特に今は清武のチャンスメイクが、大きな武器になっているように思います。

 スペースがあれば確実にチャンスが作れる上に、プレースキックやロングスローも武器になる。

 ジェフの攻撃を牽引していますね。


 さらにラリベイもターゲットになれて、町田や船山も絡んでくる。

 これが良い時のジェフの攻撃となっている印象です。

 清武がいなくなると、厳しくなるかもしれませんね。



 攻撃陣は好調だったとはいえ、ビルドアップに関してはまだまだ課題も多いように思います。

 金沢が後方のスペースを消すと途端に攻め込めなくなりましたし、後半に入ってしっかりと追いかけられるとオロオロしだした。

 プレースキックから先制できたから良かったものの、改善点は相変わらずといった印象です。


 また、プレスに関してもぽっかり空く機会が増えて、やはり夏場のハイプレスは厳しいのかなとも感じました。

 金沢が中盤を取ってからの攻撃に勢いを感じず、ミスも多かったことで救われましたが、レベルの高い相手になればああいった穴は見逃さないのではないでしょうか。

 後半はラインを無理に上げない時間帯も増えたとはいえ、それでも中盤や裏のスペースを取られることが多かったと思います。


 それでも、基本的には攻撃陣は好調なのだろうと思います。

 前節はシステムを代えて敗れただけに、ここで取り返せてよかったですね。

 ただ、アウェイでも勝率を上げられるかどうかが、一番の課題なのかもしれませんが。

2017-07-21

[] 金沢戦、「元に戻せば大丈夫」となるか

 今シーズンも折り返しが過ぎたところで改めてJ2の成績表を見てみると、首位湘南と2位福岡が若干リードを広げ始めてきたのでしょうか。

 現在はその2チームを長崎と徳島が追う展開ですが、そろそろ抜け出すチームが出てきそうな時期ではないかと思います。

 未だに中段以降は混戦模様で、その中に12位のジェフもいることになります。


 苦戦している印象もあるジェフですが、勝点差を見るとまだプレーオフを狙える位置にいます。

 ただ、今年は開幕からの数試合こそ結果を残せましたが、それ以降は長らく停滞しており、二桁順位が定位置となっています。

 調べてみると今年のジェフは3節に首位に立ちましたが、4節以降は一度もプレーオフ圏内に入れていない状況となっています。



 先月末からジェフは岐阜、大分、讃岐、熊本、金沢、愛媛と対戦しています。

 大分こそ上位を伺う位置にいて、愛媛も中段勢といえるでしょうが、それ以外は下位に苦しむチーム。

 来月は徳島や湘南との試合も待ち構えていますし、今が稼ぎ時ともいえるのでしょう。


 今季のジェフは上位下位に限らず、相手がジェフ対策をうまく出来てるかで形勢が決まる印象もあります。

 とはいえ、徐々にチーム作りの差が出てくる時期だと思いますし、やはり下位にはしっかりと勝っておきたいところでしょう。

 かといって下位チームに対して油断してはいけませんし、混戦状況なだけに一度リズムを崩せば、ジェフが下位に落ちる危険性も十分にある状況ですが。



 今週末対戦する相手は、17位の金沢。

 シーズン序盤は苦しみ降格圏内にいましたが、前々節まで4連勝を遂げて順位を上げてきました。

 柳下監督の指導が少しずつ身に付いているということなのでしょうか。


 前節は岡山と対戦。

 どちらも守備的なチームで、慎重な試合展開といった印象でした。

 前半は高い位置で相手のボールを引っかけてカウンターを狙う金沢が、若干優勢に試合を進めていたように見えます。



 しかし、後半立ち上がりに岡山がCKから得点を奪います。

 その後は岡山がギアを上げていきますが、なかなか追加点が奪えず。

 それでも77分に岡山のパク・ヒョンジンが、CKを直接決めて0-2に。


 その後は金沢が攻めに転じます。

 84分には金沢が1点を返しますが、その後は続かず。

 岡山は伊藤、竹田と離脱中だった元ジェフ選手が途中出場して試合を締めて、9戦負けなしと好調をキープしました。



 今季の金沢は4-4-2で細かくポジション修正をし、そこから高い位置で相手を囲ってボールを奪う守備が特徴となっていると思います。

 そこからさらに現在はボールを奪ってからアーリークロスで、相手の守備が整う前に高さのある佐藤洸一の頭を狙う。

 あるいは佐藤洸一を囮にして、杉浦や中美、宮崎といった選手が裏から飛び出す形が武器となっており、こういった攻撃が出来るようになって結果も出てきたのかなと思います。


 遅攻時には後方でしっかりと繋いで、グラウンダーで縦パスを狙う展開も持っている。

 ただ、守備時に細かなポジショニングを要求されるため、疲れてくると修正が遅れて前線からのプレスが効かなくなり、バランスが悪くなるところがあるのかなと思います。

 また、岡山戦ではCKから2失点しているだけに、ジェフ戦でもセットプレーがカギを握る可能性もあるかもしれませんね。



 システムなどは異なるものの、大枠で言えば熊本と似たところのあるサッカーではないかと思います。

 それだけにジェフとしては前節の反省点を下に試合に臨みたい…と言いたいところですが、ジェフの場合はまずは自分たちがどう出るかですね。

 システム、スタメン選びも含めて、まずは自分たちの戦い方を安定させなければいけないところだと思います。


 3連勝後に熊本に敗戦したジェフと、4連勝後に岡山に敗戦した金沢との戦いということにもなります。

 お互いにここで勢いを止めないためにも、大事な試合ということになるでしょう。

 ジェフとしては得意のホームですし、アウェイでは勝率も悪いだけに、ここは落とせない試合と言えるのではないでしょうか。 



 ジェフは再び2トップで挑むのか、それとも元に戻すのか。

 頻繁に変えてくるエスナイデル監督ですし、普通に考えれば元に戻すのではないかと思います。

 そうなったとして「元に戻せば大丈夫」と思えるか、それとも「そもそもなぜ変えたのか…」と不信感が残るのか。

 気持ちの面も気になるところですが、プレーの面でも変にわだかまりや迷いが残らなければいいのですが。


 冒頭でも話した通り、徐々に上位勢は差を開きつつある状況。

 ジェフとしてはここで粘って上位に食らいつけるか、大事な時期に入ってくるのかもしれません。

 熊本戦は「なかったこと」として、もう一度勢いに乗れるのか注目ですね。