Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2008-03-01

[] サッカーって最近難しくね?

 1つ上のエントリーに関連して、最近話題に上っている話しを(笑)




 サッカーって、一般的に見るのが難しいスポーツだと思います。

 戦術、システム、選手起用、プレーの判断など、ピッチの上だけでも何通りもの組み合わせがあるのにクラブのビジョンだとか、今後の方向性だとか「面白サッカー」だとか、考えなきゃいけないことは山ほどあります。

 しかも、それだけ組み合せがたくさんあるのに、答えは1つとは限らないと来ているんだから困ってしまいます。

 単純に「勝てばいい」ってだけじゃないかもしれないし、でもあまりにも負け続けると降格もあるし…。


 例えて言うのなら解くことに意味があるの常人にはわからない、難解な数式のような感じなのかもしれません。




 これがもしかしたらJリーグの新規顧客の開拓や、盛り上がりにも関連しているんじゃないかと。







 例えばサッカーに比べると、音楽なんてものは非常に単純です。

 数分聞いて、自分が良いなと思えばCDを買ったり借りたりすればいい。

 いや、90年代にCMタイアップ商法が成功したことを考えれば、数分もかからない。数秒でいいんでしょう。

 CM15秒を聞いて、気になったらPC開いて、ニコニコ動画だとかYouTubeで聞くことができる。


 ようするに何も悩まずフィーリングで、好きか嫌いかを決めることが出来るわけです。

 そこから購買意欲に繋がらないのが現代の音楽業界の悩みなんだろうけど、新規ファンの入り口だけ見れば非常に広い。

 CM、インターネット、TVの音楽番組、店頭での視聴サービス、街中でのBGM…。

 入り口を限りなく広げることで、敷居を下げている。

 その中でもっと奥に入って行きたい人はアルバムを買うなり、ライブを聞きに行くなりすればいい。

 CDが売れなくても、固定ファンさえ着けばツアーを周ってお金が入るわけだし。


 でも、サッカーではいくら5分間のゴールシーンを見せられたって、それが即観戦意欲には繋がらないでしょう。

 実際、毎試合ど派手なゴールがあるわけじゃないし、地味な試合だってあるわけだし。




 また、野球も一般的にはサッカーより単純で敷居が低いと思います。

 例えばマー君が自分の意思で、外角低めにストレートを投げる。

 本人の意思通りの球がいって、球速も球威も十分。

 でもカブレラに打たれちゃった。

 その場合、マー君の力不足ということになるでしょう。


 でもサッカーだと、例えば中澤が一対一でやられて失点した。

 けれど、よく見るとその前にボールを持った俊輔が、もたもたして中盤でボールを奪われている。

 そうすると俊輔も悪いのかもしれない。

 けど、俊輔がボールを持ちすぎたのは周りの選手が動き出さないからだった。そうすると周りの選手も悪い。

 ついでに、中澤が一対一でやらてしまったのは、阿部がフォローに行っていなかったからだった。

 じゃあ、阿部にも責任があるかも知れない。でも阿部の動きは監督の意思通りだった。なら監督も悪いかもしれなくて…。



 とまぁ、サッカーは複雑です。

 複雑というか、難しい。難しいというか、わかりにくい。もっと言えばサッカーを見るのは面倒くさいとも言えるのかもしれません。





 もちろん音楽だって野球だって、本当はもっともっと難しいです。

 私は音楽かじったことがあるから、例えばキックの音1つとってもうるさいです(笑)

 何でこんなちゃちい音のエフェクター使ってんだよとか、この曲にはストラトじゃなくテレキャスターだろとかすごく拘るタイプです。

 野球にしたって、配球とか守備位置とか見るのが大好きでした。

 カウント2-0で外角に大きく遊び球を投げたりすると、「もっと有効に使うべきだろ」と思う人間です。



 だから、何にしたって深く見ようと思えばいくらでも深く見れるとは思います。


 だけど、どれにも興味がない人に対して横一列で趣味を始めてくれといったら、サッカー観戦というのは非常にとっつきにくいものなんじゃないかなぁと思います。





 その中でも、今の日本サッカーは難しいのかもしれません。

 ジーコ監督の時は良かった。

 世界的スーパースターが監督になって、「黄金の中盤」というが看板がいて、イケメンの宮本や福西や柳沢がサポートする構図。

 トルシエ監督の時も若い選手達が鬼監督の指導にいじめられながらも戦っていくという、まるでマンガのようなストーリーだったはずです。

 しかも目指すは日韓W杯。日本で世界的な大会があるってんだから、盛り上がるのも当然でしょう。


 また、海外サッカーだってわかりやすいもんです。

 C.ロナウドやロナウジーニョなど、とりあえず「こいつを見ておけ」的な選手がわかりやすくいます。

 



 Jリーグはその点で複雑です。

 Jリーグが始まった当初はジーコだとかリティだとか世界的なスターを見とけばよかったわけですけど、今はそういった選手がいません。

 一般の方からすれば、どこに焦点を当てていいのかわからない状況なんだと思います。





 ようするに、複雑で、つまらなくて、スターがいなくて…ってことになってしまいます。


 しかし、そんな中でJ1の総入場者数は、世界でも5位につけている(日経より)そうです。

 ピッチ上のサッカーのレベルを考えると、正直そこまではいっていないでしょう。世界のトップ10にも入っていないと思います。

 それでも集客数は世界レベル。


 これって、むしろ凄いことなんじゃないですかね。



 営業の努力なのか、サポが馬鹿みたいに頑張っているのかどちらかはわからないし、どちらもなのかもしれない。

 けれど、少なくとも総集客数に関しては単純に誇っていいものなんじゃないでしょうか。


 盛り上がりにかけていると熱を感じないとかは個人差もあるし、難しいところだけれど。





 じゃあ、これからJリーグが波状しないようにするために、あるいは日本のサッカーをもっと盛り上げるためにどうすべきかというと、もうこれは文化の問題なんじゃないかと。


 難しい戦術だとか方向性だとかを知ってもらうには、もっとサッカーに親しんでもらわなければいけないんじゃないでしょうか。

 そのため、非常にわかりやすく単純な「日本代表を応援する」という文化はサッカーへの入り口としてとても重要で、今のところ代替のない広告塔なんじゃないかと思います。 

 だから、高原の欠席だとかには、ちょっと不安を感じたんですけどね。選手が簡単に休めるようなモノにしていいのかと。

 浦和だって、サッカーへの入り口としてはまだまだ敷居が高すぎるんでしょうし。


 あとは地域のサッカー熱を高めるために、各チームが地道にやるしかない…と。





 まぁ、そうやってサッカーが好きになった人が逆に出て行ってしまうケースに関しては、よくわかりませんけどね。

 でも今問題なのは、むしろ出て行く人をどうするかよりも、入ってくる人の少なさでしょう。

 コアサポの固定化というのは進んでいるわけで、それこそがもしかしたら入ってくる人の少なさに絡んでいるような気さえしますしね。






 追記。

 反響が大きいのは嬉しい限りなのですが、出来れば「難しさ」よりも「敷居の高さ」だとか「とっつきにくさ」に対してもっと見ていただければ。

 サッカーって戦術とかルールとかも含めいろいろ「難しい」→しかも日本にはスターもいないし文化的なものや試合中継の関係もあって他の娯楽よりも「とっつきにくい」→だから新規の顧客獲得って大変じゃね?って話しだと思うので。

 一番言いたいのは「難しさ」よりも「とっつきにくさ」だと思います。

 んで、その「とっつきにくさ」に関しては、どのスポーツもあると思う。

 けれど、日本のサッカーは比較的とっつきにくいんじゃないかと。


 あと、「自分が楽しいからいいじゃん」的な話しでは、振り出しに戻ってしまいます。

 そうじゃなくて、どうやって新規ファンを集めるのかって話しだから。




 んでも、やっぱり、私はサッカーの方が野球より少なくともルールは複雑だと思うけどなぁ(笑)

kskmeukkskmeuk 2008/03/02 12:47 サッカーはスタジアムでシンプルにはしゃいでればよいかなと思います。。。
イビツァオシム監督時代の千葉の試合はでたらめにダイナミックで楽しかったです。

MarriageTheoremMarriageTheorem 2008/03/02 14:37 「今のJリーグだって川口(能活)を見てれば単純におもしろいよ!」と川口ファンの妻に書けと言われたので書きましたがそれはさておき。


「日本サッカー」が「海外サッカー」よりとっつきにくいという点は確かにそのような気もしますが、「日本サッカー」は「他のスポーツ」と比べてそこまでとっつきにくいものなのでしょうか。
少なくともルールに関しては、少し前まで野球もサッカーも全然わからなかった妻に言わせると、野球のルールの方がだんぜん難しい(とうか今もよくわかっていない)らしいです。物心ついた頃から毎日のようにテレビで野球に触れて(触れさせられて?)きて、少年スポーツといえば野球、だった年代の私には無かった感覚ですが。

訂正訂正 2008/03/02 14:39 6行目 とうか −> というか

kskmeukkskmeuk 2008/03/02 16:49 ああ、すみません。。。
スタジアムでいい試合をみてもらえれば単純な面白さがもっと伝わるとかはあると思いますし、
楽しさをわかってくれる人ももっといると思うのですが、そういう観点では、
その敷居の高さに、やっぱりスタジアムが遠くて行きにくいっていうのはあると思いますよ...。
ちょっと音楽のライブってなったら、都内であれば手軽に割とよりどりみどりですぐ行けますが
ちょっとサッカーって思っても...、ちょっと遠いですし、ホームへの思い入れみたいなのも難しいですし。

あと、テレビでも伝わってしまうワールドクラスのスター選手と
スタジアムでならよくわかるおらが村さの英雄が同列の扱い方で比較されてしまうと、
後者のよさを伝えるのは確かにむずかしいですね。

それでも、連れ立ってサッカー見に行って、いい試合だと、楽しかった!!って定着することはあるんですが、
友人誘って一緒に試合見に行って、はずれだったときの遠い帰り道とかは切ないですね...(苦笑)

通りすがり通りすがり 2008/03/02 21:53 >「日本サッカー」が「海外サッカー」よりとっつきにくい
それはただ単純に、海外サッカーの極一部。ぶっちゃけスタープレイヤーしか見てないからだと思うよ。視野を狭くすれば物事が単純に見えると言う話。

名無し名無し 2008/03/03 11:44 日本のスポーツの中ではかなり敷居が低いほうでしょう。
「ゴール」「勝利」まぁ観戦初心者はそれで十分かと。他のスポーツもそうだから
サッカーの特殊性とは言えないと思いますよ。

バルヒホーファーバルヒホーファー 2008/03/03 22:25 >例えばマー君が自分の意思で、外角低めにストレートを投げる。
どうしてそうだと分かるのでしょうか?試合見てるだけでは本当に
マー君がそこにそのスピードの球を投げたかったのか分からないのでは?
野球はピッチャーのミスで失点したのか、バッターが優秀だから得点したのか、
判然としません。ヒットにしても、本当に狙って打ったのか、たまたまそこに飛んだのかでヒットかフライか決まるようにしか見えません。
サッカーのほうが、選手のパスミスやスピードで上手い下手がはっきり分かります。
野球はテレビでアナウンサーと解説がまことしやかにプレーに後付け解説します。
それを聞いて、分かった気にさせられているだけだと思いますよ。

CaCa 2008/03/05 02:16 サポティスタから飛んできました。

敷居が高い低いは、普段どれだけ「目にする」「耳にする」かだと思います。TVのスポーツニュースで取り上げている。新聞一面で目にする。
これらの露出度が高ければ、見たことが無くても、何となく知っているような気になるのでは?「聞いたことがある名前」がまるで無い場合、興味を持つ対象がゲームそのものになってしまう。これでは、どんなスポーツでも敷居は高いと思われます。今の日本で、個人の露出が少なくて敷居が低い団体スポーツは無いんではないでしょうか?野球だけが突出して個人の露出が多いので敷居が低く感じられていると思います。(かくいう私も地方出身者ですのでTVでは野球巨人のオンパレードでしたので他スポーツの存在はほとんどしりませんでした。)
サッカーも個人の露出を多くして「あ〜その名前は聞いたことがある。じゃあちょっと見てみようかな?」というところまでいければイインデスガ。今のメディアが野球以上に取り上げることは無いと思います。
サッカーの歩むべき道は、地道に地域に根ざして、「おらがチーム」な人を増やすのが時間はかかるけど、この国でとるべき道ではないでしょうか?

高橋毒マムシ高橋毒マムシ 2009/03/05 13:49 難しいですね・・・僕はずっとハンドボールをやっていますが、こんなにダイナミックで、アクロバティックで、単純なスポーツがはやんない理由がわかんないです。(ヨーロッパではサッカーよりはやっている地域があるのに・・・)んで、これは超個人的な視点ですが、サッカーってプレーグラウンドが広くて、点があんまり入らなくて、攻守の切り替えが流動的で、ポジションの専門性が薄い(狭義な目線では)のが、初心者には見るのが辛いのかもしれないですね。(そこが面白いところなんですが)特に選手が動けるプレーグラウンドが広いのはサッカーの特徴かと思います。だから、目線をどこにもって行けばいいのかわからない。広い上に、バスケやハンドボールのように攻守の切り替えが頻繁(プレーがとまらない、広くてもアメフトなんかはいちいちとまる)でずっと見てなきゃいけない。監督の選手交代や戦術、システムの影響がわかりにくい(野球はわかりやすい)その上点がなかなか入らない。(ハンドやバスケ、野球、アメフトなんかはすごい決まる)1点の重みが大きいので、決まれば盛り上がるけどってのが、大きくサッカーの特徴だと思います。初心者が見て面白いサッカーは、ゴールに結びつくショートパスが繋がり、ロングパスやクロスの精度が高い、多くゴールチャンスを作る、カウンターが早い、ゴールゲッターがいる、フリーキックのスペシャリストがいる、リスクを背負った攻めと守り、いろいろ。とにかくエンターテインメントやドラマ性の創出が必要かと思います。ちなみに僕は観戦歴長いので、サッカーは違う目線で楽しめてます。

hamahama 2009/10/15 18:35 文化の差って言葉が出てましたけどこれは大きいと思いますよ。

ヨーロッパはサッカーが宗教化している地域もある。
半面、2ストライク2ボールの意味がわからない地域もいっぱいあるはず。だからそもそも「野球の方がとっつきやすい」という議論がない。

日本はどうしても野球の方が歴史があるから「野球の方が簡単」で「野球の方がとっつきやすい」んだと思います。
僕は「打って走れ」といわれて迷わず3塁に走った口です。そっちの方が近いから。野球は凄くとっつきづらかった。

やったことあるスポーツ、わかるスポーツはとっつきやすいってだけだと思いますよ。
幅跳びはわかるけど10種競技じゃわかんないっしょ。

日本はサッカー人が少ないんである程度しょうがないっすよ。
プレーヤーが増えるのを待ちましょう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証