Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2017-03-15

[] エスナイデル監督「同じやり方を続けろと指示しました」

 名古屋戦で前半終盤に、西野が今季初ゴールを決めました。

 名古屋は1点をリードされ、後半途中からは状態が悪い中で捨て身の攻撃をしてきましたから、あの1点は大きかったですね。

 流れとしても前半押し込んでいたもののチャンスが作れなくなっていただけに、良い時間帯だったのではないでしょうか。


 西野はこれまでにもセットプレーのターゲットとなっていますが、単純な高さというよりもセットプレー時の飛び込み方がうまい選手なのかなと思います。

 今回の得点シーンでも、うまく相手の間に入って頭で合わせて決めました。

 名古屋はテクニカルな選手を多く起用し、過去2試合でも高さの面で苦労していましたので、結果的にそこを付けたことにもなります。



 エスナイデル監督は、この試合でも近藤の代わりにイを起用していましたし、背の高いCBが好みなのかも知れません。

 確かにあれだけラインが高い状況だと、相手の長身FWに長いボールが出て裏にフリックされれば、それだけでピンチになりかねない。

 実際、山形戦でも瀬沼が浮き球のボールを頭で後ろにすらし、鈴木が裏を狙うシーンが何度かありましたし、CBが高さで跳ね返すことが重要なのでしょう。


 もちろん、CBはスピードも求められることになると思います。

 戸田も「自由に裏を走らせている」と話していましたが、チームとして裏に走る相手にどう対応するのかを明確にすることも課題ですが、DF個人としても一歩目の反転で遅れると相手についていけなくなる。

 名古屋はその形を作れませんでしたが、山形戦では汰木に完全に裏を取られたシーンなどがありましたし、CBにはスピードも高さも要求されそうですね。



 エスナイデル監督は大久保を投入した際に「もう少しラインを下げた方がいいか」選手に問われて、「同じやり方を続けろ」と答えたそうです。

 しかし、実際には後半途中から、DFラインが下がっていた印象を受けました。

 ということは、選手としては上げようとしたけれど、上げ切れなかったということなのかもしれません。


 開幕してからプレシーズンマッチほど無理なラインの上げ方をしていない印象もありますが、それも「上げない」というよりは「上げられない」ということなのでしょうか。

 公式戦になって相手も対策などを取ってきていますし、より上げにくい状況ではあると思います。

 また、試合状況によっては、疲れもあって上げ切れない時もあるのでしょう。



 ただ、この試合に関しては後半途中から西野を左WBに回し完全な5バックにして、インサイドの羽生をボランチに下げて5-2-1-2とした。

 ダブルボランチにしたのは、1ボランチ脇をカバーするつもりだったのではないかと思いますし、5バックも守備固めだった模様です。

 しかし、それによって前からのプレスは効かなくなり、ラインが上げられなくなったという点もあるのではないかと思います。


 エスナイデル監督としては、あの日の名古屋の状態なら前の人数を削ってもプレスはかけられるし、カウンターも仕掛けられるという判断だったのかなとも思います。

 それだけ相手の状況は良くなかったですし、怖いのは前線の選手の一発での打開力だった。

 だから、5バックとダブルボランチで後方に人数を固めて、相手の前線を止めようということだったのかもしれません。

 これが今後の守備固めのオプションにもなっていくのでしょうか。



 今後、徐々にラインを上げられない時間が増えていくのであれば、今ほどのハイプレスも効かなくなるかもしれません。

 そうなってくれば、サッカーの印象も変わってくる可能性があると思います。

 よく今のサッカーを継続することが大事であるという話を聞きますが、個人的には継続するか否かよりも、継続できるか否かが注目ではないかと思っています。


 選手の運動量と体力がベースとなるサッカーだと思いますから、選手がもつのかどうか。

 出来るだけ持たせるために、どういった手法を取っていくのかが大事ではないでしょうか。

 なるべくラインを維持するという方法はプレスを維持する上では1つの考えだと思いますが、後方の選手の負担は大きくなるかもしれませんし、それがどう出てくるのか気になるところです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20170315/1489528815