Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2017-03-19

[] しっかりと準備をしてきた松本に完敗

 松本にしてやられた試合で、ジェフからすれば完敗ということになるのかもしれません。

 ただ、対策としては決して松本が特殊な方法をとってきたわけではなく、「やるべきことをやった」試合だったとも言えるのではないでしょうか。

 予測できた試合展開だったとも言えるだけに、ジェフの対策が少なかったことに対して残念な印象も受けました。


 ジェフのハイラインに対して、サイドの裏や高崎が落としてシャドーが走る形を狙う。

 守備では、サイドチェンジの中心となるアランダを抑える。

 そして、縦に走ってくるジェフに対して、しっかりとスペースを消す。

 

 細部はともかくとして、ジェフがこのサッカーを続けるのであれば、当然やってくるであろう対策を松本がしっかりとこなしたということになると思います。

 印象としては相模原戦と同じような展開で、ジェフは攻めあぐねて停滞感を感じ、守備では裏を取られて危ない場面を作られていました。

 開幕戦からここまで十分なジェフ対策をしてきたチームは少なかったですし、これからはこういった試合が増えてくるかもしれません。

■松本が狙い通りに1点を先制

 松本はジェフからレンタル中のパウリーニョが欠場し、代わりに宮阪がボランチに入りました。

 元ジェフの工藤はスタメンで、GK藤嶋もベンチに入っています。

 他に185cmの大卒ルーキーFW岡が、初のベンチ入りを果たしました。


 ジェフは戦列を離れていた、近藤と高橋がスタメンに復帰。

 しかし、町田が不在で、2インサイドは高橋と熊谷に。

 ベンチには若狭、キムが入り、イ、勇人、羽生が外れています。



 立ち上がりから慌ただしい展開。

 ジェフは前節までと同様に、攻守に前に出ていくスタイル。

 松本はジェフのハイラインの裏を、積極的に狙っていく展開。


 4分、ジェフの攻撃。

 中盤でボールを拾ったところから、アランダ、ラリベイと繋いで、後方の多々良がアーリークロス。

 ニアに船山が走り込みますが、ジャストミートせず。

 

 10分には、松本のチャンス。

 左サイドのスローインから、セルジーニョがゴールライン際で受けてマイナスのパス。

 これを工藤が受けてシュートを放ちますが、ゴールの左に逸れます。



 序盤はジェフが積極的にプレスをかけ、松本のビルドアップを遮断していきます。

 しかし、ジェフはボールを奪っても、そこから良い形でシュートまで行ける展開がほとんど作れず。

 20分あたりからは、松本の守備も落ち着いていった印象です。


 そして、24分に松本のゴール。

 左サイド奥で岩間が粘って戻すと、石原がアーリークロス。

 これに逆サイドの田中が飛び込み、足元で受けてゴール。



 松本は序盤からハイラインの裏を狙うために、GK優也を外してサイドの裏を積極的に狙っていましたが、それが実った形といえると思います。

 このシーンではサリーナスが完全にマークを見失って前を取られてしまい、サリーナスの対応にも問題がありました。

 また、逆サイドで一度戻されたため石原へのマークが甘くなり、最終ラインも高いままクロス対応しなければいけなかった。


 10分の工藤のシュートも、セルジーニョがゴールライン際で受けて折り返しを受けたところから。

 ハイラインで戦う意識が強いからこそ、一度押し込まれた後の守備に不安があるのかなと感じます。

 サイドでの上下の揺さぶりへの対応も、今後の課題かもしれません。



 失点後は松本が守備の集中力を高めていき、試合は停滞していきます。

 松本はアランダをケアしながらDFにプレスをかける守備をしてきましたが、得点後は無理に前にはいかずシャドーの守備位置も低くなることが多くなった印象です。

 ジェフがボールを支配するものの、ボールを持たされていた時間が長くなっていきます。


 36分、ジェフの攻撃。

 一瞬アランダへの対応が緩くなったところから、大きく右サイドへ展開。

 北爪が受けて鋭いセンタリングを放ちますが、ラリベイを前に後藤がしっかりと対応。

 しかし、失点後はそれ以外で良い攻撃を作れず、1点ビハインドで後半に進みます。

■セットプレーから2失点で1-3の敗戦

 後半開始直後、松本のチャンス。

 カウンターで左サイドの裏を走った高崎が、押し上げを待ってからセンタリング。

 中央にセルジーニョがいましたが、その外を宮阪が走って右足でシュート。

 ここはGK優也がファインセーブでしたが、1失点目の場面に続いてクロス時のファーへの対応が甘くなってしまいました。


 そのプレーで松本が得たCK。

 宮阪が蹴ると、高崎がニアで合わせてゴール。

 マーク役の西野が完全に遅れ、さらにストーンのラリベイが前を取られてしまいました。



 51分、ジェフの選手交代。

 熊谷に代えてキムを投入し、サリーナスがインサイドに移りました。

 サリーナスの守備の不安を解消しつつ、攻撃力は残そうということでしょうか。


 しかし、55分には松本の追加点。

 右サイドでのFKから、再び宮阪が上げて高崎が頭でゴール。

 ここでも密集の中から、西野が高崎に前を取られてしまいました。


 

 状況が変わらないジェフは61分、西野に代えて清武を投入。

 4バックになり、清武が3トップの一角に入る4-1-2-3のようなシステムになりました。

 西野は高崎に2回やられてしまいましたから、それもあっての交代だったのかもしれませんね。


 しかし、その後もボールは持つものの、攻めあぐねるジェフ。

 69分には松本の決定機。

 左サイドのCKを宮阪が蹴ると、後藤が前を取ってヘディングシュートを放ちますが、ここも優也がファインセーブ。

 


 71分、ジェフは船山に代わって指宿を投入し、指宿とラリベイの2トップになり、清武が少し下がった位置取りをする形に。

 その直後、北爪からの斜めのパスを受けた指宿が思い切ってミドルシュート。

 これが清武に当たり、パスのような形になって、そのまま清武がシュート。

 これが決まってラッキーな形で1-3となります。

 

 76分、松本は高崎に代えて三島を投入します。

 80分、松本の決定機。

 ジェフが低い位置でパスを繋ぎアランダがボールを奪われると、工藤とGK優也が1対1になりますが、なんとかセーブ。

 アランダは攻撃の起点になっていますが、不用意にボールを奪われることも多いですね。



 その直後にはジェフがカウンターでボールを持ち込み、右サイドから清武が長いシュートを放つもののバーの上。

 ジェフは指宿にボールを集めていきますが、そこへのサポートがうまくいかず攻撃が単発になりがちで、逆にカウンターから裏を取られる機会も目立ちました。

 後半アディショナルタイムには松本が工藤に代えて岡を投入し、松本が逃げ切って1-3で試合終了となりました。

■松本がジェフ対策の見本に?

 冒頭で話したように、しっかりとこの試合の準備をしていた松本が危なげなく勝利した試合だったと思います。

 2失点はセットプレーが多かったものの、流れの中でのチャンスの数でも松本が上回っていたと言えるでしょう。


 前半に目立ったのは、左サイドの宮阪から斜め前方の右WB田中を走らせる展開。

 前にも言いましたが、ハイライン裏の中央はGKがカバーできるものの、外はカバーできないわけで、そこを松本は狙ってきたことになります。

 加えて、サイドの選手は逆サイド後方から長いボールが出てくると、オフサイドなのかどうかわかりにくく対応もしにくくなるため、ハイライン対策としてよくある攻撃だと思います。

 また、サリーナスには守備の不安があり、そこも狙っての展開だったのかもしれません。



 中央では高崎が浮き球のボールを競って、工藤とセルジーニョのコンビで攻撃を作る形も見られました。

 高崎の高さだけでなく工藤とセルジーニョは狭いエリアでプレーできる選手ですし、いくつか良い攻撃になりかけた場面もあったと思います。

 ただ、ここに関しては、しっかりとジェフDFも対応できていたのではないでしょうか。


 しかし、松本はもう1つの狙いとして、サイドからのクロス時に中央に選手を立てて囮とし、ファーで他の選手が縦に飛び出す形もやってきたのではないかと思います。

 ジェフはラインが高いのでサイドを素早く攻め込まれると、どうしても後ろ向きの守備が増える。

 それに対して中央の選手にはマーカーがついていますが、後方からファーで飛び出されるとそこを見失うことが多い。

 この形が、一番嫌な展開だったかもしれません。



 守備時は1トップ2シャドーで、うまくアランダをケアしていたと思います。

 サイドにボールが入ったら、逆サイドのシャドーがケア。

 中央でボールを持たれたり、全体がリトリートした時は、1トップの高崎がケア。


 また、ジェフのインサイドが下がって受ける動きに対しても、しっかりとボランチとシャドーで対応。

 ジェフは中央にボールを入れられず、ボールを持ってもチャンスを作れない試合となっていました。

 松本は攻撃から守備への切り替えも早く、ロングカウンターもなかなか作れずにいましたね。



 開幕からこれまでのジェフはハーフカウンターからの攻撃がメイン…というか、他にないような状況でしたが、松本は低い位置でボールを奪われた後も集中力を切らさなかった。

 松本はボールを持てば高崎の頭を狙うかDFライン裏を狙うことで、不用意に後方で繋ぐような展開も少なかった。

 そうなるとジェフはハーフカウンターを狙えず、ボールを持たされる展開が増えてしまう。


 ボールを持ってからの展開は松本がバランスよく守っていたというのもありますが、自分たちの課題というのが大きいでしょう。

 これまでの試合でも、遅攻時にはチャンスを作れず攻めあぐねることが多かった。

 確かに町田がいればもっと中央でボールを出し入れすることが出来たかもしれませんが、そこからの形が作れない状況はこれまでにも課題として出ていたと思います。



 打開策として4バックにシステムチェンジしたジェフですが、以前からこの4-3-3はあまり攻撃時のバランスが良くないように思います。

 確かにサリーナスが1列前に上がることで積極的に仕掛けられるようになり、サイドの人数が増えることで清武などが攻め込めるシーンも増えた。

 しかし、個々での仕掛けこそ増えるものの、複数人が攻撃に絡むことは少なく、単発に終わりがちな印象です。


 この4バックを見ても、あまりエスナイデル監督は攻撃を作るのが得意ではないのかなと感じます。

 だから、個人を活かすためにサリーナスを上げたり、清武や指宿といった攻撃的な選手を途中投入し、前に並ばせる形を選ぶしかないのかなと。

 もちろん個々の連携に関しては今後改善される可能性はあるでしょうし、オプションの4バックもこだわってやっていけばある程度は熟成していくかもしれません。



 しかし、現状を見ていると遅攻時に関しての課題は、そう簡単には改善しないのではないかとも思います。

 その時に、何か別の攻撃パターンを見出せるのか。

 それとも、ハーフカウンターだけでフルシーズンを戦えるのか…。


 ともかく、これでジェフ対策の見本が1つできてしまったことになると思います。

 反町監督としてはジェフが極端なサッカーをしてくるだけに、対策を取りやすかった部分もあるでしょう。

 他のチームもこれを参考にしてくるでしょうし、ここからが本当の勝負かもしれませんね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20170319/1489914073