Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2017-03-21

[] 3-4-2-1での松本のジェフ対策

 試合後にも話した通り、松本はしっかりとジェフ戦の準備をしてきて、対策を取ってきた印象です。

 その対策について、図を使って考えていきたいと思います。


 基本的な守備システムは3-4-2-1で、山形や名古屋と大きく変わらなかったと思います。

 1トップ2シャドーがアランダへのパスコースを消しながら、前に行ける状況なら3バックに3人でチェイスをかけていくのも一緒。

 ただ、この時のポジションバランスがよく、シャドーがうまくアランダへのパスコースを消しながら、前にも行ける距離感を保っていた印象です。


 ジェフのインサイドが下がって受けようとした時には、シャドーとボランチで対応。

 特に熊谷が下がってきた時には岩間がついていき、高橋が下がった時には工藤がマークすることが多かった印象です。

 セルジーニョの守備を岩間が、宮阪の守備を工藤がサポートする形で、前後でうまく仕事を分担していたのかもしれません。



 これによって、ジェフは中盤の中央へパスを繋げなくなる。

 そうなると近藤はサイドからのビルドアップを狙い、左右のCBにパスを繋ぐことになる。

 それに対して、松本は同サイドのシャドーがチェイスに行き、逆サイドのシャドーがアランダをケアし、高崎が近藤へのパスコースを消すことで対応していきました。

f:id:aratasuzuki:20170319195746p:image

 こうすることによって、ビルドアップの行き場をなくしていった。

 名古屋に対してせめて2トップとトップ下にすればよいのに…と話しましたが、それにも近い形ですね。


 名古屋は寿人にCB中央へのプレスとアランダへのプレスバックを任せていましたが、どちらも中途半端に終わってしまった。

 山形も前3人でプレスに行くとアランダにパスを繋がれて、5-4-1で引いて守ると左右CBがフリーになってしまった。

 松本は図のように対応することによって、アランダもCBからのビルドアップも封じたことになります。



 山形や名古屋が苦戦した前からの守備を松本はしっかりとこなしたことになりますが、やることは極めてシンプルだったと思います。

 ジェフとしてはDFラインで大きなサイドチェンジが出せれば良かったのかもしれませんが、松本はスライドして対応するつもりだったのでしょうか。

 ジェフはアランダも含む4人で回し、松本は1トップ2シャドーの3人で追う形でしたからボールを奪い切ることは少なかったですが、奪いに行って交わされるよりも前のコースを消すことを重視したのかもしれません。


 その分、後方にパスを通させず、堅いリトリート守備が作れていたように思います。

 今年のJ2は3-4-2-1のチームが非常に多いですし、今後は他チームもこの形をやってくるかもしれませんね。

 この守備が機能して、ジェフはボールを持たされる時間が長くなっていきました。



 攻撃ではサイドの裏を狙う形や、高崎が競ってシャドーが裏を狙う攻撃を作っていきました。

 ちばぎんカップ後にも話しましたが、ジェフはDFライン裏中央はGKがカバーできるものの、サイドの裏はカバーしきれないので、そこを松本が狙ってきたことになります。

f:id:aratasuzuki:20170319195747p:image

 逆サイド後方からのボールはラインで守りにくいし対応もしにい。

 開幕戦で対戦した町田も似通ったボールを蹴ってきたと思います。

 左サイド狙いは、サリーナスを押し下げる効果もあったかもしれません。

 得点シーンもこれに近いパターンでしたね。



 また後半に入ってからの松本は、前線の選手がジェフの右サイド裏を斜めに狙っていく動きが増えていきました。

 特にカウンターからサイドをつく展開で、危険な場面を作られていましたね。

f:id:aratasuzuki:20170319195748p:image

 図のようにカウンターでサイドを走りつつ、中央のターゲットを囮にして、ファーサイドを走る選手を狙うことが多かった。

 カウンター時は人に付く意識が強くなるので、どうしても最前線のターゲットにマークが集まりがちだし、2列目から飛び出す選手たちは競争になる。

 特にジェフはラインが高くカウンターで裏を取りやすい上に、前に人数をかけて攻めるので中盤の守備が遅れがち。

 そこで松本は2列目の選手の飛び出しで、勝負を仕掛けようということだったのではないでしょうか。



 一方でジェフは試合序盤に相手を押し込んでいたものの、シュートチャンスが少なかった。

 NYC札幌戦後にも話しましたが、攻守に圧力をかけ相手を押し込み続けると、相手守備陣は後方に固まることになる。

 そうなるとやはり相手を崩す術を持つか、引いた相手でも打開できるスペシャルな個人技が必要になってくるのではないかと思います。


 試合後のエスナイデル監督は、攻撃よりも「プレスが出来なかったこと」を課題として挙げています

 あのサッカーを指揮する監督らしいコメントではあり、ある意味で潔いとも言えるのかもしれません。

 プレスが効かなかったのは、町田が不在だったことも大きいのでしょうか。


 確かに良いプレスが続けられれば理論上はハーフカウンターからチャンスを狙いやすくなるし、相手の攻撃も遮断できるとも言えるのかもしれません。

 とはいえ、プレスだけでは…というのが、あの試合での一番の感想ではないでしょうか。

 それでもプレスを追及していくのか、それとも他に活路を見に出すのか…今後のチーム作りが気になるところですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20170321/1490047220