Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2017-04-20

[] 初ゴールを決めたラリベイと清武、船山のデータ比較

 山口戦で高橋が得たPKをラリベイが決め、これが決勝点となりました。

 ラリベイはこれがジェフ加入後初ゴール。

 これまで開幕から8試合すべてに出場してきたことを考えると、「ようやくの得点」といった印象もあります。


 ただ、そのうちスタメン出場を果たした試合は、5試合となっています。

 清武、船山とポジションを争う形で、山口戦でもラリベイは途中出場。

 現在はまだ試行錯誤の段階で、さまざまな形をテストしているということなのでしょうか。



 それともシーズンを通して、3人の中で調子の良い選手を起用していくのか。

 右CBも若狭と多々良を交互に使っているところがありますし、比較的スタメンをいじりたいタイプの監督なのかもしれません。

 CBに関してはハイラインによる負担も考えてのことなのかもしれませんが、細かな連携が求められるポジションなだけに頻繁にスタメンを変えるのは珍しいように思います。


 現在、FWのポジションを争う3人の成績を比較してみたいと思います。

     スタメン 途中出場 出場時間 ゴール
清武    5     3    478    3
船山    6     2    485    1
ラリベイ  5     3    529    1

 こうしてみると、3選手とも成績は大きく変わりないように思います。

 ただし、得点数に関しては、清武が3ゴールということで1つ抜けている印象です。

 ただ、それでも2ゴール差ですから、まだ「大差」というところまではいかないでしょう。



 データを見ると、ラリベイはスタメンした全5試合でフル出場を果たしています。

 それだけスタミナもあるしサイズもあるので、ピッチに置いておきたい選手ということなのかもしれません。

 一方で船山は1試合スタメンが多いものの足を釣った試合もあり、今季は途中交代が増えて出場時間はそこまで伸ばせていません。


 開幕からの出場記録で言えばほぼ差はない3人ですが、ここ4試合に限ると清武が全試合でスタメン。

 船山、ラリベイはここ4試合でそれぞれ2試合にスタメン出場ということで、2人でポジションを分け合っていることになります。

 清武がFWの軸として一歩リードしており、船山とラリベイがそれを追う展開と言えるのでしょうか。



 清武と船山、ラリベイの得点差はまだ2つですが、船山とラリベイのゴールは共にPKを決めたもので、その分印象には差を感じるところがあります。

 船山は山口戦でも鋭い仕掛けでチャンスを作り、良い形でゴール前に飛び込んでいましたが、シュートは決めきれず…。

 決定力不足が目立つ状況が続いています。


 ただ、山口戦での清武は、良い形でシュートに持ち込む回数は少なかった。

 やはりどちらかといえば船山のように自身でチャンスを作り、シュートまで持ち込むタイプではなく、ボールを受ける側の選手なのかもしれません。

 型にハマれば決定力を発揮できますが、そうでないと消える時間も出てしまうタイプと言えるでしょうか。

 


 船山の決定力不足ばかり指摘されることが目立っている印象ですが、ラリベイも出場時間ではFWで最長にもかかわらずここまでゴールがなかった。

 ここ最近の試合でも目立ったシュートシーンは少ないように思いますし、ラリベイも自身で強引にシュートまで持ち込む…。

 あるいはケンペスのように、アバウトなボールでも競り勝てるタイプではないのでしょう。


 しかし、一方で群馬戦などでは守備で健闘していたし、山口戦では81分に素晴らしいポストプレーを見せていました。

 後方からのグラウンダーのボールを背後に走った町田にワンタッチでロングパスを出し、見事にそこに通して見せました。

 驚くべきテクニックだと思いますし、視野の広さも感じ、賢い選手でもあるのだろうと思います。



 それだけの技術があるわけですが、ゴール数はまだ少なく良い形でシュートを放つ回数も少ない。

 そこはやはりチームとしてどのように、ゴールを決めるのか不明瞭なところがあるからではないでしょうか。

 山口戦の後半もうまく町田が右サイドを抜け出す形までは何度か作れましたが、そこからどう点を取るのかが見えてこなかった。


 これだけ前線のメンバーが代わっているにもかかわらず、攻撃の形や供給するボールが大きく変わらない点に関しても気になります。

 良く言えば「メンバーが代わってもやることが変わらない」とも言えるのかもしれませんが、現状だと「メンバーが代わっても攻撃が改善しない」印象の方が強く、それだけチームとしての点の取り方がはっきりしていないのではないかとも感じます。

 特にアタッキングサードでの連携やイメージの共有が出来ていない印象があり、それもあってラリベイなどがゴール前で活かせていないのではないかと感じます。



 3人がポジションを争う状況ですが、もう1人FWには新加入の指宿もいたはずです。

 スタメン候補となる可能性もあったのかもしれませんが、加入直後に怪我をしてしまったのか、TGにも出ていませんね

 指宿の復帰がいつになるのかも、気になるところです。


 そして、どうしてもTGのメンバーを見てしまうと、アランダの状況も気になるところです。

 不思議なのはアランダに関してニュース記事はおろか、監督の記者会見でも誰も触れていないことです。

 箝口令が出ているのでしょうか。


 夏の移籍が決まってメンバーを外されているのか、それとも何かチーム内で問題が生じたからメンバーを外されているのか。

 どちらにせよ現状でメンバー外となる実力ではないでしょうし、このままいけば夏の移籍の可能性も出てくるのではないかと思います。

 これから気温も上がっていきGW連戦にも入ってきますが、選手起用やアランダの状況はどのように変化していくのでしょうね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20170420/1492639214