Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2017-05-15

[] アランダがインサイド、勇人がアンカーでスタメン

 今週は連戦ですので、月曜と火曜に更新して水曜日はお休みとします。

 先日の長崎戦では出場停止の選手もあって、スタメンが入れ替わりましたね。

 アランダがインサイド、勇人がアンカー、山本が右SB、岡野がCB、指宿が1トップとなりました。

 勇人、岡野は今季初スタメンとなりました。



 アランダのインサイドでのスタメン起用は、先週も予想した通り

 インサイドではありますが、間で受ける、ゴール前に走り込むという仕事は少なかったと思います。

 運動量豊富に多方面に顔を出しボール奪取に貢献しと、インサイドのポジションながらも仕事はボランチに近いものがあったのではないでしょうか。


 その分、高橋に前に仕掛けてもらいたかったのかもしれませんが、その回数が少なかったこともあって前半で交代になったのかなと思います。

 特にこの日は裏がどんどん取れるような状況でしたので、裏への動き出しが重要だと考えたのでしょう。

 先日も話した通り高橋はビルドアップや守備面には目を瞑る分、攻撃面で期待されているのでしょうから、前への動きが少ないと物足りなさが顕著に出てしまうのかもしれません。



 アンカーは、意外にも勇人が起用されました。

 熊谷の課題の1つとして、守備面で大事なところを潰せないというところがあると思います。

 危機察知能力が足りず危険なエリアをカバーできないことが多いのですが、勇人はその面ではやはり計算できる選手だと思います。


 ただ、勇人も展開力には課題があり、試合序盤には潰されて危ないシーンを作られる場面もありました。

 それでもこの試合は最後方からのロングボールが多く、アンカーにビルドアップ能力を求められることが少なかったので、大きな問題なくやれていたと思います。

 また、アンカーで起用するにはサイズの不安もあると思いますが、これもあまり守備機会が多くなかっため目立たなかった印象です。



 アランダはその勇人のアンカーもうまくサポートしていた印象で、プレスでも広範囲で加勢し、攻撃面でも多くの場面で顔を出すことで中盤の足りない部分を補っていた印象です。

 ジェフはハイラインで全体を圧縮している分、中盤でのせめぎあいが増えていますが、そこでアランダなら競り勝てる。

 あるいは、せめぎあいを気の利いたサポートでうまく切り抜けることが出来るわけで、改めて重要な選手なのではないかと感じました。


 この日のアランダはインサイドでプレーした分、前後に動きやすくなりプレス面で貢献できる回数が増えた印象もあります。

 ただ、アンカーにアランダが入れば地味ながらも左右にカバーし、後方に下がって跳ね返す仕事もできるため、アランダが2人欲しくなるような状況ですね。

 もっともエスナイデル監督は、どちらのポジションでもこれまで起用してこなかったわけですが…(笑)



 山本の右SBは前節後半からも見られたものでした。

 先日話したように、金沢戦前半では真希がインサイドから下がってビルドアップし、北爪を前に上げ、清武が中でボールを受けるような仕事をしていました。

 しかし、その関係性によって失点したこともあって、それならばいっそ真希をSBで起用した方が無理がないということで後半からポジションを移したのではないかと思います。


 基本的には、"後方にパスを出せる選手を並べる"という発想の一環でしょう。

 長崎は後方のスペースが埋めきれていなかった分、真希のSBがうまくはまった試合だったと思いますが、後方が埋められた時にどうなるかですね。

 基本的にジェフの4-3-3はウイングがサイドに開くことが多いので、そこまでSBには縦へのスピードを求められないのかもしれません。



 岡野は昨年のようにアグレッシブなプレーを見せていたと思いますし、特に前半はスピードで裏への対応を見せていたと思います。

 やはりこのサッカーをするのであれば、岡野のようなスピードのある選手が欲しい気がしますね。

 ただ、岡野もたまにバタバタしてしまうところがあるし、ビルドアップの面では他の選手の方が良いという考えなのでしょうか。


 2列目からの飛び出しには苦労していた印象もありますが、まずまずのプレー内容だったと言えるのではないでしょうか。

 あれくらいのプレーが出来ることは、昨年の段階でわかっていましたしね。

 ただ、最後は足を釣ってしまいましたし、欲を言えばセットプレーでのチャンスも決めたかったところではないかと思います。



 指宿は30分にあったスローインからシュートまで持っていった場面のように、前へ強引に仕掛けられるのがウリですね。

 ラリベイの方が細かな仕事は得意でスピードはあると思うのですが、指宿の方が個人での一発は期待できるのではないでしょうか。

 長崎戦こそ大量得点をあげることが出来たジェフですが、基本的には得点力不足が大きな課題なだけに、個人技での一発を期待して指宿をスタメンで起用したのではないかと思います。


 ただ、要所要所で強さを見せてはくれましたが、ゴールは決められなかったので、大きなアピールとまではいかなかったのかもしれません。

 続く東京V戦は連戦。

 問題は熊谷、若狭などが帰ってきた時に、どういった選択をするのかなのかなと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20170515/1494799202