Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2018-01-09

[] オフの動向まとめと今年の選手構成

 新年一回目のまともな更新となります。

 改めて今年もよろしくお願い致します。


 1月7日(日)にキックオフフェスタが行われました。

 例年より早いイベント開催となりましたね。

 ただ、トレーニングに関しては昨年も1月10日から実施していたので、チーム始動の時期は大きく変わらないのかもしれません。



 これにあわせて背番号も発表となり、大枠での選手構成が明らかになりました。

「もう2、3選手、何とか獲得してキャンプに迎えたい。DF、GKは、めどを立てて交渉している。いい選手がいたら(シーズン中も)獲得に動きたいと思っています」と語った。(日刊

 高橋GMがこう話していることからも、ネット上で噂になっているアルゼンチン人GKブラジル人DFを獲得して一先ずの補強は終了でしょうか。

 シーズン中の補強もあり得るようですが、キャンプまでは外国人選手2人と噂になっている日本人GKを取るか取らないか…といったところなのかもしれません。



 ここでオフの補強動向を、まとめてみたいと思います。

 あくまでも昨シーズンの最後からどれだけ補強できたかが重要だと思いますので、出入りのあったケースだけ記載していきます。

f:id:aratasuzuki:20180107150950p:image

 熊谷、為田、矢田とレンタルからの完全移籍が多かったので積極的に動いたオフだったようにも感じましたが、それを除くと意外と補強は少なかったようにも感じます。

 退団者の多くはキムを除けば主力とは言い難い選手達ではありましたが、大久保と多々良も出場試合数を足せば20試合になりますし、北爪もシーズン序盤はレギュラーで、アランダも出場した試合では重要な仕事を果たしていた印象です。

 もちろん補強もしましたが、出ていった戦力もそれなりにあったオフだったと言えるのかなと思います。


 ちなみに、キムは韓国2部の水原への移籍が決定、オヘーダもコロンビアのアトレティコ・ブカラマンガへ移籍が決定

 そして、アランダはパラグアイの古巣オリンピアなど複数クラブが興味を示していたようですが、ウルグアイの名門ペニャロールへの移籍が噂されています。

 アランダは日本のクラブへの移籍も検討していたようですが、南米で引く手あまたとなっているのかもしれませんね。



 続いて、今年のチーム構成を考えていきたいと思います。

 昨年序盤は3バックも実施したエスナイデル監督ですが、今年はCBの補強が少なかったことなどを考えても、4バックが基本となるのかなと思います。

 よって、4-1-2-3と4-2-3-1の2パターンで考えてみました。


 まずは4-1-2-3の場合。

f:id:aratasuzuki:20180107144934p:image

 細かなポジションは読めないところもありますが、吉田は昨年ジェフで途中投入された時に2トップの一角で起用されたためCFに。

 サリーナスは最後に起用されたのがウイングだったため、ウイングに。

 本田もドリブルが得意な選手ということらしいので、ウイングに記載しました。


 続いて4-2-3-1の場合。

f:id:aratasuzuki:20180109120129p:image

 こちらも起用法がわからないところがありますが、高橋はボランチ、茶島は2列目で使われる可能性が高いでしょうか。


 ダブルボランチをどう考えようか迷ったのですが、例えば矢田と小島がダブルボランチで組むという想定はどうなのかなと思い、ファーストボランチとセカンドボランチに分けました。

 ただ、昨年終盤は勇人を軸としてパートナーに熊谷と矢田を使い分けていたところがあり、守備のできる勇人とパスの出せる熊谷か矢田の組み合わせで考えられていたように思います。


 そう考えると、守備的なボランチは勇人1人で、他3人は攻撃的なボランチと振り分けた方がいいのかなと思わなくもありません。

 しかし、一方で勇人と矢田のコンビでは高さに問題が出ていましたし、ダブルボランチで考えていくと組合せに悩むことがあるかもしれません。

 大型の守備的ボランチを補強できれば良かったのではないかと思うのですが、守備的なボランチの補強は1人もなく、あまり重要ではないと判断されたのでしょうか。



 改めて全体を並べてみると、やはり前方に選手が多い印象です。

 特にウイングやインサイドを含めた2列目に選手が集中している印象で、戦力が豊富なのは良いことなのかもしれませんが、うまく選手たちを管理できるのかといった不安もあるように思います。

 一方で表の1枚目を見てもDFの退団が多く、今のところ後方の選手は少ない印象を受けます。


 総合した戦力という意味では豊富なのかもしれませんが、同時にピッチに立てる選手は限られていますので、選手構成のバランスが重要だと思います。

 また、選手層の薄いCBとGKに新外国人選手が入ると噂されているため、新外国人2人が当たるかどうかで補強の評価も大きく変わってくるのではないでしょうか。

 新人の鳥海と杉山がプロでどこまでやれるのかも含めて、DFラインは未知数なところが多いですね。

 昨年のようにシーズン中に積極的な補強をする可能性もあるかもしれませんが、現状でもレンタルからの完全移籍を含めれば十分リソースを使ってきているように思いますし、まずはこのメンバーで戦うことになるのかなといった印象です。

ああああ 2018/01/09 08:35 4-2-3-1 町田と高橋が抜けてますよ!

aratasuzukiaratasuzuki 2018/01/09 12:03 ありがとうございますー。
慌てて修正しました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20180109/1515448803