Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2018-06-10

[] 山形のプレスにはまって1-2の敗戦

 ホーム2連戦の後のアウェイ山形戦ですが、1-2で敗戦となってしまいました。

 ただ、アウェイのここ3試合は1勝2分となっていますので、最近はそこまで酷いわけでもありません。

 山形戦も動き自体は、そこまで悪くなかったように思います。


 苦戦した一番の要因は、山形のプレスにはまったことでしょう。

 山口戦でもプレスには苦しみましたが、相手が前掛かりだったのでロングボールで打開できた。

 しかし、山形は3バックで後方のバランスもとりながらプレスに来ていたため、攻撃での打開策を作れなかった印象です。


 後半は2バック気味に攻め込んだので、何度かチャンスも作れていました。

 ただ、その分裏のスペースは空いてピンチになる回数も増えていましたので、あれを前半からやるにはリスクが大きい過ぎるということではないでしょうか。

■山形のプレスに苦しみCKから失点

 ジェフは茶島が負傷という情報もありメンバー外で、真希が右SBでサリーナスが中盤の左でスタメン。

 控えからはゲリア、鳥海が外れて、岡野、溝渕、乾が入りました。

 今回も4-3-1-2のシステムでスタート。


 山形は出場停止明けの栗山が復帰し、3バックの中央に入り松本怜大はメンバー外に。

 左サイドには山田が入って、北川は控えに回りました。

 ベンチには天皇杯岐阜戦で2ゴールを決めた汰木や、アルヴァロ・ロドリゲスが入っています。



 立ち上がりから、山形は積極的にプレスをかけてきました。

 攻撃時には3-5-2になるジェフ対して、3-6-1の山形は3トップ気味になって前からチェイシング。

 中盤の左右に関してはダブルボランチが中心に見る形で、対応していきました。


 7分には山形のチャンス。

 山形が左サイド奥でのプレッシングからボールを奪うと、小林が受けて中央へパス。

 南がゴール前でシュートを放ちますが、ゴールの右隅を逸れます。



 ジェフは山形のプレスに苦しみ、有効な攻撃を作れない展開でした。

 11分には、高木が左サイドからクロス。

 こぼれたところを船山がミドルで狙いますが、大きく左を逸れます。


 21分、山形が先制。

 左サイドからのCKを三鬼が蹴ると、阪野が中央離れたところからヘディングを合わせてゴール。

 増嶋の対応が遅れて、阪野がフリーになってしまった印象です。



 40分、ジェフの攻撃。

 中盤後方でボールを奪ったたところから、指宿とラリベイが繋いで右サイドの船山へ。

 船山がシュートに持ち込みますが、相手DFに当たってゴールならず。


 打開策が見いだせないジェフは、40分頃からシステムを変更。

 熊谷と矢田の2ボランチになり、右SHに船山、左SHにサリーナスが移りました。

 しかし、スコアは動かず、0-1で前半を終えます。

■2バックで攻めに転ずるも1-2の敗戦

 ジェフはハーフタイムに高木を下げて、為田を投入。

 左SHに為田を入れ、サリーナスを左SBにまわしました。

 また、攻撃時には熊谷を下げず、4-4-2のままビルドアップをする形に変更。


 しかし、後半開始直後には山形の決定機。

 山形が右サイド後方でボールを奪ったところから、小林が中盤でボールを受けます。

 小林が船山を交わすとそのまま持ち上がってシュートを放ちますが、ゴールの左を逸れます。



 52分にはジェフのチャンス。

 後方からのロングキックをジェフが拾い、ラリベイと指宿で繋いで右サイドの為田へ。

 為田がペナルティエリアの脇からシュートを放ちますが、バー直撃でゴールならず。


 55分にジェフは真希に代えて溝渕を投入しますが、その直後に山形が追加点。

 山形が中盤後方でのFKを三鬼が蹴ると、阪野がフリーで合わせてゴール。

 ジェフはラインで守っていましたが、その裏を取られた形でした。



 後半から積極的にSBを押し上げて、2バックのような状態で攻め込んでいくジェフ。

 その分、カウンターも受けて、攻め合いの展開となっていました。

 しかし、山形もジェフの変化に慣れていき、5-4-1のような形で守ることで、試合も落ち着いていきます。


 65分には矢田が思い切って、中盤からミドルシュート。

 しかし、ゴールの右を逸れます。

 70分、ジェフは船山を下げて清武を投入。

 


 79分、山形は小林に代えて汰木を投入。

 なかなかチャンスの作れないジェフでしたが、80分に1点を返します。

 為田が右サイドで何度も切りかえしてセンタリングを上げて、ラリベイが中央で競り勝って頭でゴール。


 84分にもジェフの決定機。

 CKの流れからジェフが拾い直して、再びゴール前へ。

 清武が折り返してラリベイがゴールかと思いきや、清武のところでオフサイド。



 88分、山形が南に代えて北川に変えると、その直後に山形のチャンス。

 浮き球のボールに阪野がうまく体を使ってマイボールにして、汰木に落とします。

 汰木が縦に仕掛けてシュートを放ちますが、ゴールの右を逸れます。


 後半AT、山形は阪野に代えて茂木を入れて時間稼ぎ。

 試合終盤のジェフはパワープレー。

 近藤を前に上げただけでなく、増嶋を右SBにまわしてロングボールの起点とし、CBには溝渕とサリーナス。

 しかし、同点ゴールは上げられず、1-2で終了となりました。

■山がったの4-3-1-2対策を打開できず

 得点シーンだけを見るとセットプレーの2発で沈んだことになります。

 しかし、ジェフの得点シーンも為田の仕掛けからラリベイの頭という極めてシンプルな形でしたし、チャンスの数で言えば山形の方が多かったと思います。

 守備も含めて山形の方がチームとして戦えていた印象で、完成度の差を感じた試合だったように思います。


 冒頭でも話したように、前半は山形のプレスにガッツリとはめられてしまった印象です。

 山形は3トップ気味にジェフの3バックを見て、中盤でも後方から前へという守備が出来ていた。

 ジェフはそこを打開できないままプレースキックから失点し、前半の45分が終わってしまったという展開でした。



 前節の山口も似通った守備をしてきましたが、山口の方が前掛かりで4バックへのフォローも少なかった。

 その分、山口の方が前で奪える回数は多かったと思いますが、相手のロングボール対策は苦手なところがありました。

 そこをジェフが突いたと言えるのでしょうが、山形は全体のバランスを取りながらプレスに行けていたため、ロングボール一発では打開出来なかった印象です。


 ジェフの3バックに対して山口が3トップで追ってくるプレスに苦戦していたため、後半からジェフは熊谷を下げずにビルドアップを実施しました。

 更にジェフは前半途中から中盤をダブルボランチに変更しており、CB2枚とダブルボランチでパスを散らしていきます。

 これによって相手は3トップで追うことが出来なくなり、ジェフが押し込む機会が増えていきました。



 しかし、SBは依然として高い位置を取っていたため、2バック気味に攻め込む状況となっていました。

 これによってカウンターを受けるリスクも高まり、後半開始直後は殴り合いに。

 そこで点を取れずに、0-2と差を広げられてしまいます。


 ジェフの変化への慣れもあってか、そこからは山形も冷静に対処していたと思います。

 5-4-1気味にスペースを消して、無理に前から追う形はとらない。

 特にサイドへの守備を重視していった印象です。


 ジェフはボランチがボールを持っても、なかなか縦への打開が出来ない。

 そのため、ある程度中盤中央では、持たせても構わないと判断したのではないでしょうか。

 その分、サイドをケアする方向になったのではないかと思うのですが、それでも為田はフレッシュな状況もあって、個人技で打開して見せていましたね。



 4-3-1-2に変更してここまで1勝2分とまずまずの成績で来ていましたが、これで4-3-1-2対策も1つ作られてしまったことになります。

 山口も3トップ気味に追う形を取っていましたし、似通ったプレスのかけ方ではあったと思うので、より対策が深まったと言えるのかもしれません。

 そして、その結果として1-2での敗戦があったという見方も出来るでしょう。


 その4-3-1-2対策を打開できずに、試合途中からダブルボランチの4-4-2に変更したとも言えると思います。

 ということは、これで4-3-1-2はもうおしまいなのか。

 また、次の戦い方を模索することになってしまうのか…。



 もちろんシステムが全てではないですが、それでも選手の配置によって細かな連動性や連携は違ってくるはずです。

 例えば船山のポジションもトップ下と右サイドではだいぶ違うでしょうし、それに周りがあわせる必要性も出てくる。

 守備なども同様で、少しずつ変化が求められて来る部分が出てくるはずです。


 昨年も「ダメなら変更」という形でシステムや選手起用を頻繁に変えてきた印象があり、その中ではまる形が見つかれば…という流れだったと思います。

 ただ、それではなかなかチームの軸が確立せず、ランダムで当たりを待つようなやり方では、限界もあると思います。

 木山監督の山形も攻撃面では物足りなさもある印象ですが、守備に関してはある程度熟成した形を積み上げてきた印象がありますし、この試合ではその差が出たとも言えるのかもしれません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20180610/1528617777