Hatena::ブログ(Diary)

ゆっくりいこう

[Twitter] [Facebook] [Bookmark]

2018-07-12

[] 大宮戦、為田のアシストからラリベイが先制ゴールも…

 昨日行われた天皇杯神戸戦は、1-6で大敗となってしまったようです。

 スコアからすると、力負けといったところでしょうか。

 1試合だけではなんとも言い難いですが、数年前は天皇杯でJ1と戦っても良い試合はできていましたし、ここ数年でまたJ1との差も大きく広がってしまったのかな…とも思ってしまいます。



 さて、話は戻って大宮戦ではラリベイが先制ゴールを上げましたが、そこから逆転負けを喫してしまいました。

 先制点は浮き球のボールを押し合いになったところから、中盤の船山が受けてダイレクトで左サイド裏へ供給します。

 ダイレクトで出したのが良かったのか、それまでのジェフはほぼ攻撃の形を作れていなかったためか、大宮の守備陣は対応が甘くなり、そこからゴールが生まれました。


 為田は持ち上がると、そのまま左足でグラウンダーのセンタリングを選択。

 為田の対面となった酒井の寄せも緩く、素早く為田が供給したことで、ニアのラリベイが受けてシュートを放ちました。

 ラリベイのマークを外してシュートを放つまでの動きもうまく、左足でダイレクトで合わせてゴールを決めています。



 カウンターで決まったこのゴールは良かったですが、一方でそこから3失点も浴びて敗れています。

 特にジェフの左サイドからやられることが多く、現状だと為田は"もろ刃の剣"となっている印象です。

 1失点目もボランチなどチーム全体の動きの問題が大きかったとはいえ、対面の酒井を空けていることになります。


 さらに2失点目も為田の寄せが甘く、酒井にグラウンダーのクロスを上げられたところから。

 確かにゴール前で富山のマークを見失った増嶋のミスが、ゴール前で決め手になった場面ではありました。

 しかし、あの早いタイミングで酒井に上げられてしまったから、ゴール前で準備できていなかったとも言えるでしょうし、相手への寄せが甘かったから酒井の選択肢が増えてグラウンダーのクロスを出されてしまったようにも思います。



 その他の場面でも為田の寄せが甘い場面が目立ち、簡単に前を走られてしまうことも多く、左サイドから何度も攻撃を作られてしまった試合でした。

 大宮も為田が守備をしないとわかって、酒井を右サイドの高い位置で張らせて、右SHのマテウスや茨田が乾と増嶋の間を狙う動きをしてきたのではないでしょうか。

 乾も守備が得意な選手ではなく、結果的に試合前に話した「高木が攻守にサポートしているからこそ、左SHが仕掛けやすい状況が作れていた」という話が早くも明るみに出てしまった印象もあります。


 守備に関しての為田のコメントは、意外な印象も受けました。

為田大貴「ノリくん(酒井 宣福)が高い位置を取ってきたときは乾(貴哉)がプレッシャーに行って、クロスを上げられたシーンは話したが、そこが緩かったから失点したわけではない。乾も良いプレーをしていたし、僕のポジショニングを下げる方法もあるが、下げて後半プレーしていた中で中途半端になったので、そこは修正するしかない。」(Jリーグ

 自分の寄せが甘かったから失点したわけではない…のであれば、増嶋の責任ということなのでしょうか。


 また、酒井が高い位置を取ることが多い試合だったと思うのですが、その酒井を為田が見ずに乾が見るのが基本だと言うのであれば、いったい為田は誰を見るつもりだったのでしょう。

 先ほども話したように、相手の右SHは乾と増嶋の間を狙ってきましたが、終始そこへの対応は出来ず仕舞いといった印象でした。

 先日も話した通り、ボランチは相手ボランチをそのまま見るのが基本だし、CBもFWを見なければいけない状況なので、為田が下がって来ないというのであれば、乾のところで数的不利になるのは当然ですし、そこからやれるのも必然だったと思います。



 ジェフ公式サイトによると、為田は自身が仕掛けることによって、相手を押し込むことが重要であると考えているようです

 実際、今のジェフのパターンはそれしかないような状況ですが、大宮戦後半のように為田は相手にスペースを消されると良さが出せないところがあります。

 縦への仕掛けしかないため、チーム全体も一本調子になりがちな弊害も出ている印象です。


 そのあたりの攻守の問題が、福岡で試合に出れなかった原因の1つなのでしょう。

 しかし、ジェフとしても他に攻撃が作れないだけに、為田に頼らざるを得ないところがあるのだと思います。

 実際、為田自身も守備面の課題に目を瞑ってもらえているからこそ、攻撃面に力を注げているところがあるのではないでしょうか。



 ただ、大宮のように力のあるチームが相手だと、守備面でのマイナスの方が大きく出てしまい、攻撃面ではお釣りが来ない状況だと思います。

 今まででも守備での甘さは目立っていましたが、高木のフォローや相手のミスもあって騙し騙しやれていたところがあったでしょう。

 けれども、チームとしても選手としてもより上を目指すのであれば、現状だと厳しいものがあると思います。


 日本代表のアタッカー陣が守備面での粘り強さを見せて、ロシアW杯で成果を出したばかり。

 あのレベルの選手達でも懸命に守備で頑張ってチームのために戦っているわけですから、いくらJ2レベルで攻撃面の違いを見せられたとしても言い訳はできないと思います。

 最近のジェフはサポも含めた周囲も守備面を指摘することが少なくなっているのかもしれませんが、為田本人の将来のためにも改善を期待したいところなのではないでしょうか。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/20180712/1531342818