白須のブログ____音と映像の趣味性 & 音質・画質の追求

2021-06-24 リファレンス・プリ・アンプ  完成

リファレンス・プリ・アンプ  完成


奇特な皆様、何卒よろしくお願いします


ヤフオク  http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e159128250



DBMチョークの追求


FMは、ビーズ・トローチ・シート・チョークと各種あり、適材適所だと理解していました

しかし、DBMとFMチョークを一体化したDBMチョークは、想像を超えるウルトラ効果を発揮します

従来のAC100Vノイズ対策は気休めだったのか、と思わせるほど強烈

其れは一聴でノイズ対策の重要性と、圧倒的パフォーマンスとして体験できます

色々トライしてきましたが、従来の対策を1とすると、DBMチョークは10だと言えます

私なりに仮説を考えてみました

DBMを、電流迷路だと仮定すれば、電流が迷路の中でグルグル回り、途中のFMコイルを何度も通過・・・

出口に辿りついた電流からノイズ成分が一掃される、従来の1回通過ではないので効果が10倍に鳴る

DBM自体、つまりダイオードにもノイズ抑圧効果があり、迷路を作ることでノイズ抑圧効果が上がる

DBMの一部にFMチョークが入ると飛躍的効果を発揮する


FMチョークは一般的ではありませんし、ダイオード選びは如何すれば良いか?

などなど、課題があります

FMチョークのライン・ナップを揃え、ダイオードの適宜選んで製作できるよう段取りしています

記事を読んでウズウズされていると思いますが、的確な自作実例と部品をご用意しますので、少々お待ちください

DBMチョークは、音質・画質を一変させるパワーがあります



DTMチョークの可能性


DTMとは、ダイオードトライアングルメビウス


DBMをよりシンプルにできないか・・・・そこで半分に割ってみましたw

DBMは電圧降下を伴うため、使用に際し若干の注意が必要・・・・もっとシンプルに、そして気楽に使えないか

今は激動期、日替わりでアイデアが出てくる、そして噺がコロコロ変わるw


f:id:arcs2006:20150703134400j:image



f:id:arcs2006:20150703142840j:image

f:id:arcs2006:20150703142735j:image

f:id:arcs2006:20150703143815j:image


DBMチョークが大変優れているので、DTMチョークが何処まで健闘するかイマイチ心配でしたレディーガガ



ドッコイ、もの凄い破壊力に大笑い



DBMチョークと比べて云々ではなく、DTMチョークはメチャ使える

実はダイオードモジュールを如何生かすか考えていて、その予備実験でもあったんすが・・・・

その効果を聴くと、トライアングル迷路が作用しているとしか思えんw

DBMのハーフがDTMですが、十分に実用に鳴るワナw


是非、お試しアレw














今更ですが・・・


f:id:arcs2006:20150630215111j:image

f:id:arcs2006:20150630215042j:image


度肝を抜かれたDBMチョーク、私のテストは特注FMチョークでしたが

量産型FMチョークでテストを行い、特注との差を調べようと思います

しかし、こんなコト始めると、市販電源ケーブルがアホらしく鳴りますw

完全な反則ワザであり、半田コテ使えないと蚊帳の外・・・・

しかし、言い換えると、半田コテ握れば、別世界へ逝けるw

まさか、この期(21世紀だよ)に及んで、半田コテ握って自作するなんざ、考えもしなかった・・・

オーディオは、原始的な電気遊びが原点かも・・・・



DBMチョークは電源対策の常識を大きく変えた


今まで、AC電源ノイズについては、散々語られてきましたし、有効な対策も数多くある

DBMは新参ですが、FMチョークは私自身も数多く使っています(もはや定番・・・・)

ブッチャケ、組合わせても其れなりに効くコトは想像できますが、一体化すると効果が10倍を超える


そんでブッチャケ、FMチョーク単体はホントに効いていたのか疑問に鳴った


たまたまスポットで入荷し、オモチャとして使って貰おうと・・・・そしたら大事件発生だよ

事件は馴れていますが、革命級の大事件ですわ、何故なら・・・・



AC100Vノイズは全く対策されていなかった!


対策したつもり、自己満、気休め程度だったのがバレちゃったw


メビウス・コイルの出現で、電源には現代科学では説明できない隠された部分があると感じ、発見して大喜びw

それも束の間、ダメ元で試したDBMで「ナンじゃコレ!」

DBMチョークで「ふざけんな!」 今までの対策はナンだったのよ・・・・

えびパン支部長と話ししたら


「うちのメビウスDBMタップはたった2週間で旧型かよ」   だって・・・・


ブッチャケ、分けワガンネ、そんで堪りませんw


そうだったのね・・・・


私はシアター・インストーラーをしている関係で、部屋の設計初め、電気設備の設計そして最期の音出しまで

1から10まで関わりながらインストールを行っています

音質に関して言えば、現場・現場で微妙に違っていて、同じコトを遣っても同じ音質に鳴ることはありません

「ナンで違うのか・・・・」大きな疑問でした、6年前、「気」にも留めなかった微弱静電気の悪戯に気付き

除電をすることで、音質ベクトルを揃えるコトが可能に、それからイオン化、そしてFM系の出現・・・・・

FMシートによる分電盤の電磁波対策で一つの区切りがついたと思ってました


それでも、ナンか違う!


ブッチャケ、同じに鳴らない・・・・

オーディオは不思議と言ってしまえばそれまでですが・・・・そんなコト逝っていたら、仕事に鳴らん

「気」対策も有効で、ご存知の通り、良いと分かればナンでも行ってきましたw

ナンとしても、違いが生じる原因を知りたい、形振り構わずヤルしかないw

不思議な現象を数多く体験しましたが・・・・共通点がある



全てAC電源絡み



電源質と言う新語を作り、各種検討を行ってきましたレディーガガ・・・・


メビウス・コイルで新たな亀裂を発見できたように感じましたw

電源にはまだ解明されていない要素があり、音質だとその違いが分かるw

そしてDBM,そしてDBMチョークに鳴るんですが・・・・


つまり、AC100Vが汚かった!   汚れに気付かなかった



対策山盛り、パラメーター無し、可視化できない、音聴いて自己満だった・・・・



AC100V(上流)が汚れていると、DC側(下流)でナニやってもダメなんよ


サイン波整流・SW電源などAC絡みの問題が大きく整理される可能性が高い

全てAC100Vが汚いコトが原因かも知れん・・・・汚れたままSWすれば、汚れが増大されるワナ































Ritmo DBMチョーク化


リッピング専用PCに続き、RitmoにDBMチョーク投入

f:id:arcs2006:20150629125633j:image


余談・・・・

このトランスは、パチンコ用24V50A(1000VA)EIコアのバケモノ

レギュレーション向上(低電圧降下率)のため巻き線も太く、ブッチャケ、唸るんです(ブゥ〜〜ンと)

コレがオーディオトランスと業務用トランスの違いなんですw

ACラインにダイオード・ブリッジ入れる手法は、トランスの唸り解消だと言われているので

DBMチョークには密かに期待してましたw

DBMは電圧降下を伴うため、唸りが減る可能性があると考えましたw

DBMチョークを使えば、業務用トランスオーディオに使えるかも知れん・・・・・


結果・・・・唸りはナンも変わりませんでしたw


だよな・・・


f:id:arcs2006:20150629125750j:image


一体ナニしたの?


呆れるほどの高音質、気味が悪い、ナンなんだDBMチョーク・・・・・

森高聴いて初めて、痺れた・・・・声がゾクゾクするほど可愛い・・・信じられん

写真のFMチョークは700VA用のオーディオ専用ですが、普通の使い方の10倍は高音質に鳴る


FMチョークはDBMで使わな、宝の持ち腐れだ


各自のお好みでどうぞ、と、纏めるつもりでしたが、単独使用じゃ全くお噺に鳴らないw


私はFMチョークを多用しているので、全部ヤリ換えるコト考えると・・・・「気」が重い・・・・

それにしても、トンデモナイ発見だ・・・

この変わり方から想像するに、画質向上にも相当効くのは明らかだ・・・・ヤバイよ・・・



アムクロン DBMチョーク化     地獄が始まった・・・


f:id:arcs2006:20150629185037j:image

f:id:arcs2006:20150629184938j:image

f:id:arcs2006:20150629185024j:image

f:id:arcs2006:20150629185651j:image



HDD DBMチョーク化


f:id:arcs2006:20150629225236j:image


HDDは製作して2年、初めは3端子Rを使ったシリーズ電源から始まりましたが・・・・・

何度作り替えたか、極めたと確信するも、新しいアイデアが生まれ・・・・

最初は内蔵SSDに敵わなかったHDDですが、今やSSDは敵ではありませんw

SSDが発展途上なのか、元々HDDが優れているのか・・・・

PCオーディオの肝は、PC本体そしてストレージの電源、音質にモロ出ます



>こんなにもノイズが残っていたことを実感させられました


正にこの表現しかありません

ノイズ一つ消えれば、次のノイズが出てくる、コレの繰り返しでした

「もう無いハズだ」「重箱の隅だろ」相当自己満してましたが、DBMチョークにはヤラレタ!



厚いベールがバサッと吹き飛んだ!



ベールなんか無いと思ってましたから、思わず大笑い! 




元はこんな音だったのかよ  コレで何回目?



最も効いたのは、HDDのDBMチョーク化



喉のツカエが取れてスッキリ!

アムクロンのDBMチョークも効きましたが、例えると、汚れが取れたけどシミが取れない感じ

シミが残って諦めかけた時、HDDのDBMチョークでシミが大方消えた・・・・

HDDは問題無いだろ、ブッチャケ、舐めてましたw

PCオーディオは、デジタル電源系で激変します、アナログ系は後回しでOK

PC・ストレージネットワークが特に大事、どれか一つ欠けるだけで台無し!



ベールが消えると



ムセ返るように倍音が部屋に充満、味で言えば口の中で肉汁が破裂したように広がる



音楽の旨味が大洪水のように押し寄せる



ベール(ノイズ)によって旨味が覆い隠されいた事実を知り、愕然とする



こんな音聴いたコトニャ〜がな     コラ、何度目だよw



ナニかに急き立てられるように遣って来ましたが

少し息抜きできそうな状態まで音質向上しました

極一部のソフトで、再生出来ていない部分が有りますが「気」に鳴らなくなって来ましたw

普通のソフトは、驚異的高音質で大満足(さて、何時まで続くやら・・・・)



ファイル比較


リッピングについては、いよいよ大詰めかな・・・と、考えています

ハード・ソフト両面からリッピングの良し悪しを検討する必要がありますが・・・・


ブッチャケ、音聴けばワガル


難しい噺ではありませんw

そこで、ファイル自慢イベントを考えています


CDを決めて、リッピングを行い、互いにファイル交換を行い、各々のシステムで独自に比較試聴を行う

ワケ分からないように見えますが、実は各々が抱える問題をファイルが見事に伝えると考えます

野次馬ではなく、自分のファイルを競わせたいと考える方、ご連絡ください

こうすれば、遠方からワザワザ集まる必要が無く、各自のシステムで比較が可能w









SLさんのアイデア


DBMチョークを検証


FMチョーク単体、DBM単体、ニコイチにしたら如何鳴る


f:id:arcs2006:20150628095840j:image


素晴らしいアイデア、単純ニコイチのように見えますが、コレって相乗効果が大きく出そうな予感・・・・

ご本人もレポートされていますが、是非とも追体験したくなりましたw

何処でヤルか悩みましたがw やはりリップ専用PCでしょう・・・・



余談・・・・


まだナンとも言えませんが、仮にdb powerampのapple OS 版が良かったら・・・・

OSが音質そして、ソフトの動作効率に関係しているのは間違い無い・・・・

可能ならZ97のマザボにMAC OSをインストール、つまりMACにしちゃおうかw

ナ〜ンて考えていますw

PCオーディオは、ハード&ソフト両面から山登りする必要がありますw(カッタルイw)

DBMもしかり、次から次へと日替わり定食?、ワケ分からん情報が飛び込んで来るので堪らんワ


f:id:arcs2006:20150628132508j:image


DBMチョークに変更



 「素晴らしい」 の一言!


最期の最期、僅かに残ったザラツキや混濁感に対し、確実に効いていて、脳から快感物質がでますw

やはり、AC100V自体に大きな問題が有ったとしか考えられない・・・・・


電源質とは、AC100Vの質だった


良く考えればト〜ゼンですわ

各種対策山盛りで其れなりに満足(イイ当たりのヒットは多数)していましたが・・・・

DBMチョークで初めてホントの真芯にヒット(快感物質ドバ〜〜)したように感じますw

まるでドラッグのような依存性があり、他の方法では満足できなく鳴る・・・・ドラッグオーディオ

しかし、ナンでリッピングPCの電源で再生時ザラツキや混濁感が減るのかは全くワガンネ

音楽データにノイズデータが重畳しているとしか思えん、だけどそんなコトあるんか?


DBMチョークを知ると、DBMだけじゃ満足できんワ



ハエ男も音楽全体の設計図が分かるように鳴ったw


当初はガチャガチャで音楽なのかノイズ(騒音)なのか理解不能でしたが、実は良く考えられた音作りが分析可能に

フルパワー再生を何十回も繰り返し、飽き飽きしてますが、オーディオ・トレーニングにはピッタリ!

音が悪いと言われるソフトを遭えて選び、再生に挑戦する楽しみが分かりましたw

高音質ソフトを再生して満足するようでは、システムの音質向上は成し得ませんw

高音質ソフトを選ぶのはダメ、鍛えに鳴らん、良く鳴ってアタリマエ、難しい再生に挑戦せなアカン!

オーディオ・システムを徹底的にイジメ鍛える、嫌な音が出る原因の大半はAC100Vに在る

フルパワー、フルボリューム、全開、長時間再生、Dレンジの無い音、ココに真実があるw


AC100VはダイオードとFMで浄化


まさかの組合わせだw



こうして鍛えると、マトモな音楽が・・・・


D


以前も紹介したパーシーフェイスですが、アリエナイ音で再生可能・・・・・

以前のファイル(初期のリップ専用PC)はザラザラ・ガサガサで聴けたモンじゃない・・・







高効率=高ノイズ、低効率=低ノイズ


ブルーLEDは問題ありそう・・・・


現用プリのセレクター・インジケーターは18年前のレッド・LED、「武蔵」はブルーLEDにしました

理由は、ノーベル賞なのは言うまでもありませんw

ナンですが・・・・コレって問題ありそう、つうか、相当問題あるワナ

定格は、Vf3.1Vで20mA、気楽に考え1.3KΩでドライブして見ると・・・・


ビッカビッカに光る


コレじゃ眩しいと感じ、22KΩに変更・・・・・それでも照明消すと部屋中が青く明るいワナ

コレじゃスクリーンがマズイ・・・・もっと驚いたのは、電源落としても電解コンだけで10分以上光ってやがるw

LED舐めてました、効率がハンパじゃない、俺の知ってるLEDの常識を超えている・・・・

ココで自分が浦島太郎だと気付いた・・・・照明系は高効率=高ノイズ電球蛍光灯を比べればワガルw

ナンでも想ですが、効率を上げるとノイズを出す、インバーター然り、気付けば周りはノイズだらけ・・・・

音聴いても、ナンとなく引っ掛かり、其れが取れない・・・・

武蔵」はLEDノイズ対策はゼロ・・・・・ヤバイわ


LEDノイズ対策


f:id:arcs2006:20150627095834j:image

LED系統の大元にトローチでチョーク作って入れました

最新LEDを舐めてました、効果的面、この時点で現用プリと音質が並びましたw

ナンたるコトか、LED1個で音質劣化するとは・・・・恐ろしく鳴った

知らぬ間に音質劣化の要因が身の周りに忍び寄る・・・・


高輝度LEDはヤバイわ・・・・


ランプ光源からLEDへと過渡期にありますが、高輝度LEDは要注意

思いも依らないノイズを出している・・・・PCのモニター消すと音質向上するのはLEDバックライトが・・・・

武蔵」もFMトローチ付けて音質向上しましたレディーガガ、相変らず眩しい・・・・

LED定格は20mAですが、1mAにしても眩しい・・・・・

アタマに来たので、0.11mA(1/180),200KΩまで抵抗値を上げたら・・・ようやくホタルw

それでも光ってるからビックリ! ナンじゃコレ・・・・効率高すぎw

ショールームの照明をLEDに換えようか悩んでますが・・・・要注意だと認識、やっぱロウソクがイイかもw

LED照明を否定するワケじゃありませんが、ノイズ対策は「気」にする必要がありそう・・・・足元すくわれる


抵抗換えたら・・・



繊細感が 「バァ〜〜ン!」 



一体ナンなんでしょw LEDが嫌いに鳴った・・・



あっさり「武蔵」が現用プリを超えましたw



オカルト現象・・・・


不思議な現象には馴れっ子ですが、マタマタ不可思議が現象を目の当たりにしました



武蔵」は通電しなくても音が出ますw コレには驚いた!


もう少し正確に書くと「武蔵」は外部電源で背面にDC入力コネクター(BNC)があります

DC入力が無ければ、MOS−FETは動作しません、ところが・・・・

電源無しで入力(ゲート)に入れるだけで、出力(ドレイン)に信号が出てくるw

当然ながら、超微小レベルですが、スピーカーから音が出るw

もっと凄いのが、レベルが低いだけで歪んでませんw

つまり、MOS−FETは超敏感な素子で、微小信号に強い・・・・・

言い換えると、電源次第で音質は如何様にも変わる可能性がデカイ・・・・



D







ココで種明かし・・・


先日スポットでご紹介したFMチョークはハイエンド・エアコンのインバーターノイズ対策用です

FMは、インバーターノイズ対策として重宝されているようです

言い換えると、相当なノイズを出しているw 知らぬが仏とは正にコレ

ノイズはお金で解決するのが業界の常識、高価なのにはワケがあるw

まさかハイエンド・エアコン(業務用)にFMチョークが使われているとは・・・

FMシートの元ネタは、太陽光発電インバーターノイズ対策ですw


SLさんからFMチョークの応用レポート


f:id:arcs2006:20150626160623j:image

f:id:arcs2006:20150626160611j:image


ブリッジの±にFMチョークを入れるとは大したアイデア


SLさんのインプレ・・・


ノーマルのDBMでも相当驚きましたが、更に上を行きます。

ノートPCのスイッチング電源のAC側に対策

(1)ノーマルDBM

(2)ノーマルDBMの上流にFMチョーク

 FMチョークの効果を実感するも、ヒリヒリが残り、ヘッドフォンのフルボリュームには耐えられず。


(3)FMチョークとDBMの合体

 再度リッピングを敢行

 これですと、ヘッドフォンをフルボリュームで聞いてもヒリヒリが気になりません。

 ただ、これ以上やると副作用が出そうな予感がしています。


アンプのAC側に対策


(1)ノーマルDBM

(3)FMチョークとDBMの合体


 こんなにもノイズが残っていたことを実感させられました。

 更部にベールが剥がれました。



高音質=AC電源ノイズが少ない音


ノイズ=ベール、だから分かり難い、無いと思っていたベールが剥がれて初めてノイズだと気付く










プリ・アンプ 武蔵 完成


f:id:arcs2006:20150626092853j:image

f:id:arcs2006:20150626093005j:image

f:id:arcs2006:20150626093417j:image

f:id:arcs2006:20150626090108j:image

f:id:arcs2006:20150626090207j:image

f:id:arcs2006:20150626090236j:image

f:id:arcs2006:20150626090250j:image

f:id:arcs2006:20150626090628j:image

f:id:arcs2006:20150626091509j:image

f:id:arcs2006:20150626094026j:image

f:id:arcs2006:20150626094038j:image

f:id:arcs2006:20150626094207j:image

f:id:arcs2006:20150626094233j:image

f:id:arcs2006:20150626094610j:image




    *** いざ進水式 ***



            D




f:id:arcs2006:20150626142657j:image


ナンチャって調整しました

信号源はIpod(テストCD代わり)で楽チン、各種信号が手軽に・・・・CR発振器は不要w

調整と言っても、ゲート・バイアス(DC)をテスターで計り、ドレイン出力がサチってないかオシロで見るだけw

ドレイン電圧を測ると、8Vと低かったため、バイアス抵抗を22KΩから20KΩに変更

8Vでは低域ブーストで底突きしてサチるのですw やっぱダメか・・・・バイアス調整

ドレイン電圧が12Vに上がり、波形はOKAY!   調整終わ〜りw



1石アンプは超カンタン・超高音質


よく考えれば分かりますが、1石が最もローノイズなのよ

ブッチャケ、この味占めると、高級オペアンプなんかバカらしくて使えませんw

理論派に歪率云々言われそうですが、そんなコト言ったら、真空管遣ってる人は耳がバカだと言うのと同じw

聴感と電気的歪率の相関関係は全くありません、音聴けば誰でも分かりますw


私のアンプはC(コンデンサー)カップリングを多用します

理論派自作マニアの方々はコレを嫌います、私も30年前は嫌いでしたw

カップリングにはコツがあります、其れはDCバイアスを掛けるコト

電位0同士のCカップリングは音質劣化の原因に鳴ります、コンデンサーがオカマちゃんに鳴る

どちらか一方にDCバイアスが掛け、コンデンサー内部で電荷整列させれば音質劣化は起きません

バイアス掛けて、チンチンの向きをハッキリさせれば、問題解決w

正にシングル・アンプには打って付けで、真空管アンプと同じ方式に鳴るのですw

トランジスタ・アンプは正負電源で作ると複雑に鳴る上、DCドリフトを気にしてCカップルで音が悪く鳴る

自作アンプのドツボがコレ、私もDCアンプから入りましたが、Cカップルに悩まされ、一切を捨てましたw

コンデンサーはDCバイアスを掛けて使いましょうw 大きなノウハウですw


この考えだと、スピーカーのネットワークコンデンサーがヤバイ・・・・

DCバイアスを使ったJBL4343がリバイバルで発売されたコトがあり、電池(9V)が付いてましたw

新しいヤツにも付いてますw


f:id:arcs2006:20150626142646j:image


アムクロン戦艦「ペンシルバニア」かも・・・



ファースト・インプレ・試験航海


ハム(リップル)が全く無い・・・・

オシロで見た時もオドロキましたが、音出して再度ビックリ・・・・

半導体シングル・アンプで素っ裸DC正電源のみとすれば、ハムがゼロなんて考えられん

スピーカーに耳つけても聴こえません、ハッキリ言って凄いワ

DCラインのDBMは凄い、現用プリはCRフィルターのみ、ホンの僅かハムが残ります

ブッチャケ、リスニング位置では聴こえないため、シカトしてましたが、DBMはハムゼロ、考えられんw

言い換えると、SW電源の入・出力にDBM+電解コンデンサーで凄いコトに鳴るかも(近日テスト)


音は普通に鳴るだけ、イイ・悪いは100時間後、可能性が高い音・・・・とりあえず合格!


音質は見る見る変わり、評価しようが無い、結構笑えるw

最初の24時間で大方の方向性が出るだろう

長期保管の電解コンデンサー、オイル・コンデンサーが如何に馴染むかで音質勝負が決まる・・・・・

電源質は人の手が出せない領域、熟成をじっと待つほかない

如何せん滑らかさが足りん、音が硬い、CDみたいだw

イオン化が効いて、音を押し出すエネルギー感はバッチリ!

如何鳴るコトやら・・・・


f:id:arcs2006:20140614172609j:image


電解コンデンサーの慣らしにはコレ




比べると、其れなりに劣化していると思ってましたが・・・18年使った現用プリの優秀性が光るw

武蔵」が何処で追い越すか楽しみw









目のテストでも・・・・ http://wvw.igame.com/eye-test/?fbs=17%7C%7CJP



目の(色力)テストと同時に、お使いのモニターの能力もしくは調整にも関わってきますよw



自作PCオーディオ


f:id:arcs2006:20150624223459j:image

f:id:arcs2006:20150624223501j:image


ブログは10年書いてますが、PC自体(特にハード)に全く興味がありませんでした

こんなモン、動けばOKだと思ってました・・・・

PCオーディオは知ってましたが、PCでイイ音出るワケないと思ってましたw

ところが、ココ2年で180度、イヤ、次元が変わりました

Aにしろ、Vにしろ、PC抜きでは全く考えられなく鳴った・・・・

コレ程まで高音質を追求できるとは、コレ程までオーディオが得意だとは考えもしなかった・・・

そんで、売ってるPC買えば済む世界じゃ無いのも身に沁みた・・・・

専用で作る、機能に特化したPCを作らにゃダメだ・・・・

その上、日進月歩で進化していて、誰かの後をついて逝けばOKじゃなく、新トライアルの連続だw

現在、リッピング専用PCで唸ってますが、次は再生専用PCに鳴るのは時間の問題だw



遣って見て分かったのは、「スゲ〜〜面白い」 



自作系オーディオ部門じゃNO.1


アンプやスピーカーは枯れてますが、PCは新芽バリバリ、目が離せないw


音質向上の手応え、成果は他の自作系を大きく上回る

ナンたらパーツを買えば良いワケじゃなく、自作電源はじめ売ってないパーツ作りは趣味性が高い

知識もハード・ソフトの多岐に渡り、老化した脳へのムチにも鳴るw

分野違いのため、初めは相当苦労(苦痛)ですが・・・・

全てを知らなければ出来ないワケじゃなく、ヤリながら覚えればOKw

自作PCも一時期の勢いは有りませんが、オーディオ専用PCと捉えればツッコミ処満載の宝島だ

驚くべき内容のマザボやCPUの価格が下がったのもポイント

現在は、試作の延長上で奇妙奇天烈ですが、ケース・デザイン含めオリジナルを追求できるw

まるでLEGOブロックみたい・・・

キリが無いのは仕方ない、進歩とはそんなモン、この先、30年以内に私も寿命が来るw(明日かも知れん)

極めたくても、体が先に朽ち果てる、重要なのは、何処まで先頭グループで居られるか?

先頭グループに居続けるコトが達成感(生涯現役)へと繋がる・・・少し深いデショw



リッピングPCの決着


さて如何するか・・・・

現状を良しとしてリッピングを再開しようかと、考えましたレディーガガw

如何にも踏ん切りがつかんゾ!・・・・

電源質の向上&ハイスペック・マザボ&CPUによる秒殺パフォーマンスを前に


「ナンでよ、ココで打ち止めかよ」



「オラ! もっと突っ込めヤ!」   悪魔が囁く・・・  ギャンブルだw



オリオのS氏に相談するも・・・



「もう、ココで止めたら・・・」



「止めたら・・・」   ナンだって・・・・



天邪鬼に火がついたw



延長戦決定!


だとしてだ・・・・


如何戦うよ・・・



X99&i7ハイエンド???


すると、S氏は囁くように・・・・


Xeon  デショw


整理すると・・・・


PC世界の一般常識として、電源・マザボ・CPUを変えても、リッピング・データは変わりませんw

リッピング・データを計算結果だとして、デジタル世界では条件が変われど答え(データ)は同じが常識w

だけんど、音は秒殺で違いが分かるほど違う・・・この問題を如何するか?



PC世界にも民生・業務用の棲み分けがある


もはや、PCオーディオの音質差は表面的スペックでは説明がつかない・・・・

データはCDリップ・データで同じハズ、BDドライバーはPR1Mで共通、ソフトはdBpで共通・・・・

唯一、電源が違えば音質差が生じても納得できますが(説明できませんが・・・・)

マザボやCPUの少々違いで、音質差が生じるとは考えもしませんでした・・・・全く説明不可能


其れは、音が出た瞬間、明確な優劣として(好みではない)判断でき、ファイルとして残せます


後から、何度でも比較が可能だから堪らんワ

「気にすんなよ」じゃ済まないw

明確な優劣ですから「コレならドッチでもイイじゃんよ」とは逝かない


そんな違いがマザボ&CPUで生じる・・・・・アリエナイ・・・・もの凄く厄介だ


如何すりゃエエのか、ワガンネ




作戦会議だ・・・・






中谷 彰中谷 彰 2015/06/28 00:15 db powerampにもapple OS 版が登場しました。音、良いですよ。

白須白須 2015/06/28 00:42 中谷先生のお陰でPCドツボに嵌りました「如何してくれるんですか」スゲェ〜〜困ってますw
冗談さておき、非公開でファイル比較試聴を一発やりましょうw

ご連絡お待ち申し上げます

富谷富谷 2015/06/28 19:54 コモンモードDMBですが、白須様の図だとチョークコイルになるのではないですか?白須様の写真だとダイオードは逆に入っているように見えます。はっきり見えませんがSL様は同じ向きに入れ、チョークコイルに成っているように見えます。

sl2tonsl2ton 2015/06/28 20:52 富谷さん、分かりにくい写真ですいません。
回路は、白須さんが公開して下さった物と同一です。

>まるでドラッグのような依存性があり、他の方法では満足できなく鳴る・・・・
リッピング、再生、増幅の過程にDBMチョークが、入ると更に良くなると思います。

富谷富谷 2015/06/28 22:30 Sl2ton様ありがとうございます。Sl2ton様はコモンモードコイルをノーマルモードチョークコイルとして使われたのですね。理解しました。白須様はコモンモードとして使われているように写真では見えます。どちらでもいいのかも知れませんね。

遅ればせながら、DMBを試しました。PCリニア電源のAC側ホットにシリーズで2つ新電源のダイオードブリッジをDC側の両極にそれぞれ1つファストリカバリダイオードブリッジを入れました。さらにリニア電源とdcdcコンバーターの間にSicダイオードを両極に入れました。

リッピングしてそのままPCで再生すると確かに音が良くなります。中でもsicは音質の違いをファイルとして区別できたように思います。しかし、色々と弄っているうちにファイルの差が殆ど分からなく成ってしまいました。9回のリッピングデータがありますが、今は皆さんが言われているような電源の変化をファイルとして残せることについてものすごく僅かな違いしかわかりません。またエージングも結構時間がかかるように思いました。

白須白須 2015/06/28 22:37 分かり難くスンマセン、DBMチョークはダイオードの向きは不問です
Dブリッジの±間にFMチョークを入れたカタチに鳴ります
まさか、こんなモノがコレ程まで効くのか! 劇的に効きますw
初めは、DBMとFMチョークをシリーズ接続すれば良いと考えましたが
SLさんにより合体されましたw
感想としては「アジャパ〜〜、ヤラレタ!」
富谷さんも是非試してください、耳が点に鳴りますよw

それにしても、変化デカ杉、スピード早杉、堪りませんw

白須白須 2015/06/28 23:20 >ものすごく僅かな違いしかわかりません

私も去年悩まされました、原因はSW電源ノイズを覚えてしまう場所があることです
ストレージ系・USB系・WiFiなど、必ず原因があります

白須白須 2015/06/28 23:28 追加ですが、ダイオードの後はデップマイカ1000Pでパスっていますか?
AC系はDBMチョークだけでOKですが、DC系は必ずパスってください
もし意味が分からなければ、sicは外してください

富谷富谷 2015/06/29 00:45 〉分かり難くスンマセン、DBMチョークはダイオードの向きは不問です
益々分からなくなりました。図ではホットとコールドに線対称にブリッジを入れていますが、白須様のリップドライバの写真は点対称に見えます。
線対称だとホットとコールドそれぞれ逆向きにチョークが入りノーマルモードになり、点対称だと同じ向きになるのでコモンモードフィルターになる。私の勘違いで、どちらでも結果は同じですか?
〉ただ、これ以上やると副作用が出そうな予感がしています。
ノーマルモードなので電圧低下が著しいからそのような予感をされているのかとレビューを見たときに思いました。一方で白須様はSL様よりずっと大型のチョークを入れていらっしゃるように見受けられますがコモンモードで入れたのでコモンモードフィルターの性能がアップしたのかなと。

〉私も去年悩まされました、原因はSW電源ノイズを覚えてしまう場所があることです
ストレージ系・USB系・WiFiなど、必ず原因があります

USBもモニタも使っていません。最も可能性がありそうなのはストレージです。OSのインストールのときにスイッチングのパソコンで何度も様々な種類OSを入れて試したのが原因かもしれません。とりあえずNASから複数回ファイルコピーしてストレージの癖を取ってみようと思います(もし癖が移るならwifiの癖が乗る可能性がありますが)。OSのインストールはかなり難儀だったのです。

〉追加ですが、ダイオードの後はデップマイカ1000Pでパスっていますか?
AC系はDBMチョークだけでOKですが、DC系は必ずパスってください

ちょうど1つ500v1000pがあるので試してみます。

dcはダイオードブリッジ→5600uf→dmb→5600→sic→コンデンサーアレイ(2200u+100u+4.7u+ファインメットビーズ)x10→dcdcです。
コンデンサーアレイも微妙だったので外してみます。

白須白須 2015/06/29 08:08 >点対称だと同じ向きになるのでコモンモードフィルターになる。私の勘違いで、どちらでも結果は同じですか?

コモンかノーマルかは、コイルの巻き方で決まると考えています、ダイオードの向きは・・・・
私がズボラして適当に接続したのが問題だと思います
結果は同じだと思います

NASはシリーズ電源でしょうか?
NAS(HDD)はコピー(書き込み)すると暫くは音ダメですw
コピーしてスグ試聴すると・・・・失望しますw(実力の半分)
24時間以上放置してから評価してくださいw

ダイオードの後は必ずパスってください
パスの有り無しでファイル比較すると唖然とするほど違います

デジタルですが、傷み易くまるで生もの、常識では到底理解できない変わり方をします
特に条件が揃ってくると、敏感に鳴り、大変ですが、ツボさえ押さえればOKです

sl2tonsl2ton 2015/06/29 16:57 小出しで申し訳ありません。

小技ですが、DBMチョークコイルのコア部分(凹み)にイオンボールを接着してみました。
たった2個入れただけですが、結構効きます。
静電気が影響しているようです。

白須白須 2015/06/30 00:11 >こんなにもノイズが残っていたことを実感させられました。

この一言が全てを表しています
スピーカー再生は擬似音響ですから実際の音とは違います
違ってアタリマエですが・・・・擬似+ノイズが加わる
擬似なら我慢・納得できても、ノイズは我慢・納得できない
人の聴覚は誤魔化せませんw

富谷富谷 2015/06/30 23:23 〉こんなにもノイズが残っていたことを実感させられました。
拙宅の問題はストレージのようです。wifiからのコピーはいまいち癖が取れませんでした。娘の結婚式のブルーレイを何度もリッピングしてファイルコピーたり消したりしたら大分癖が取れたようです。新型DMBも試してみたいですがまだまだ調整に時間かかりそうです。

白須白須 2015/07/01 00:15 コピーの癖という意味がよく分かりません
ストレージの読み込みは問題ありませんが、書き込むとクセ(ノイズ)が付いて微小レベルがベールに覆われます、つまり差が出なく鳴ります
各自の判断ですが、PCで良い音を再生しようとするなら、オーディオ以外の仕事は避けるべきだと思います

sl2tonsl2ton 2015/07/01 14:21 こちらの
http://www.soundden.com/

左メニューで
・チューニング
 ・FMフィルターの取り付け
に、FMチョークの事例が紹介されています。
電源ラインや、アンプ出力からスピーカーに使った事例まであります。
液体窒素にドブ漬け(自慢のSC処理)して差別化して音質改善を謳い、アコギな商売をしている店で有名です。
「ノイズは無くなってみなければ解らない」と謳っており、耳は良さそうです。


スピーカーのラインにも試したいのですが、頂戴した4個のの内3個は既に使っています。
再入荷が楽しみです。

白須白須 2015/07/01 15:15 DBMチョークのお陰で、FMチョークに対する認識が180度変わりましたw

再入荷の件、しばらくお待ちください

富谷富谷 2015/07/01 15:19 対策したPCでリッピングしても、ファイルを消した領域にあったファイルの癖が移ってしまうことがあると考えました。巨大ファイルのコピーと消去を繰り返し染み付いた癖を取ろうと試みました。ストレージ浄化みたいな感覚です。対策で明らかに音は良くなっていくが、リッピングデータごとの差がそれ程大きくなかったと感じたので。PCはスタンドアローンの専用機です。

白須白須 2015/07/01 18:26 HDDは書き込むと暫くは音が良くありません
人間で言うと、血圧が上昇する・・・・みたいな
再生は血圧が平常に戻ってからです、書き込んでスグ再生すると、差が小さく鳴ります
書き込んだら、最低でも半日以上は安静にしないと音質評価はできません
デジタルなのに不思議ですが、事実ですw

らんさぁ@蝦夷らんさぁ@蝦夷 2015/07/02 21:23 こんばんは。

DBMチョークが面白そうだったので先ほど秋月にブリッジダイオードその他発注、FMチョークは秋月モノをキープしてあり、更ににアークス通販でビーズも注文。
さあ、注文したし遊ぶか、と思ったら・・・・・・

>記事を読んでウズウズされていると思いますが、的確な自作実例と部品をご用意しますので、少々お待ちください

・・・・・・あれ?

ま、いいか(笑)

ちなみにその後の「お経DVD」(BDではない)、燃費の方も0.2〜0.3km/lくらい改善しているようです。
面白いのは、通勤路の往路と復路ではっきりと燃費が違う(往路14.3km/l、復路14.6km/l)ことで、何度確認しても復路すなわち仕事終わってヒャッハーの時の燃費がはっきりと良いです(笑)
多分高低差の関係なんでしょうけど・・・・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arcs2006/20210624

2021-06-10 リファレンス・プリ・アンプ  その3

リファレンス・プリ・アンプ  その3


f:id:arcs2006:20150623210049j:image


天板は山西黒


f:id:arcs2006:20150623210143j:image


18年ぶりに本気汁


このアンプの弱点は、ボリューム(100KΩ)の出力インピーダンスが高く鳴るコト

インピーダンス(R)が高いとチョッとした電流(I)の変化でノイズ電圧(V)が発生し易く鳴るw

正にV=R*Iでして、インピーダンス(R)を低く設計する必要がある

ナンですが、ボリュームは高抵抗なほど微小信号に反応(電流変化に敏感)するため、大きな矛盾が発生します

対策としては、シールドするしかありませんw

普通のシールド線使えばOKナンすが、オモシロク無いので3.5スケア錫メッキ網線を使用

もちろん、除電対策&制震を両立させますw

芯線は、2スケアのスピーカー・コードをバラして使用w オタク振りを発揮w

配線ウンチクは山盛り、詳しい自作マニアが見れば相当笑えるハズ・・・・

入力は銀メッキの太いジュンフロン線、電源ラインは2スケ、出力ラインは2スケ(磁気シールド)&1.2メッキ線

以前の私なら、全て同じ線を使う手法でしたが、少し賢く鳴って、材質を散らす手法を覚えましたw

野球で言えば、直球勝負に拘らず、緩急&変化球を混ぜる・・・・

配線&ハンダ付け技術は並以下ですが、ウンチク&ノウハウは30年分詰まっておりますw


シンプル=究極


あのな、こんなカンタンでイイのかよ!


f:id:arcs2006:20150624112007j:image


FETを使った高周波アンプの代表例ですが、コレをまんまオーディオに使っています

FETの代わりに、MOS−FETにしただけ、アンプはコレでOK、トランジスタの原理入門と言うレベル

コレじゃダメだとヤンヤ言われそうですが、音聴けば分かりますw

もっと言えば、反転増幅なので位相が反転しますが、「気」にしませんw

色々ヤリましたが、自作アンプの結論がコレ、25年前に解脱しましたw

当時の職場は、高周波通信機の開発で、趣味のオーディオに高周波アンプを使えないか?

幸運なコトに高周波屋で働いていたから思い付いたんですが、オーディオ屋に居たらアリエナイ発想w

遊びで試したら、イイ音出たので、そのまんま成仏w

ちなみに、パーツが多く鳴れば鳴るほど音質劣化しますw

音質劣化し難いパーツは有りますが、音を良くする部品などこの世に存在しません、普通に考えれば誰でもワガルw



人は詳しく鳴るほど、余計な知恵が付き、シンプルとは縁遠く鳴るw

知りたいから勉強して知識を習得、より良くしたいから知識を得る・・・・人の発露そのものナンすが

知恵・知識があれば有るほど、オーディオは複雑怪奇な方向へ向かう性質があるんよw


知恵の断捨離が出来るか否か、膨らんだ知恵を何処まで捨てて悟りを開けるかw


クルマ買う時、必要の無いオプション選ぶデショw

カタログ並べて、機能の有る無い比べて優劣つけるデショw

良くある例が「コレは有っても悪くない」とか都合よく解釈して納得w


このアンプには其れが無い・・・


全てを捨てる覚悟が無いとこのアンプは作れないw



他のプリ・アンプに無いモノが一つ


富士山専用ロー・ブースター


現用プリは、前作ダイアナ用で18年前に製作、150Hzより下をオクターブ6dBカーブでブースト(ゲイン5)

日本のオーディオは、フラット信仰ですが、私はローブースト信仰へと18年前に改宗しています

何度も書きますが、スピーカーは低音が苦手、特にオーバーダンピングのSPユニットは顕著

F特云々では無く、空気の粘度・慣性(レイノルズ数)とユニットの動きが合わなく鳴り、空振りしてしまう・・・

タイヤのホイル・スピンと同じ、グリップせず前に進まない・・・・

スピーカー有ってのアンプだとすれば、スピーカーの苦手部分をアシストして当然デショw

市販スピーカーを自由に選んで、市販アンプの好きに選ぶなんて、オーディオマニアは相当な困難を強いられる

スピーカーは勝手に作られ、アンプはフラットが原則なんてイイ音出るワケ無いよ、普通に考えれば誰でもワガル・・・


今回は、100Hzに変えました  コンデンサー66μから94μへ


もちろん、試聴して最終決定しますがw



















祝!  惑星探査気「ヤマテツ」無事帰還


当教会から発射された惑星探査気「ヤマテツ」でしたが、途中で消息不明に陥り、コントロール不能へ・・・・

ところがドッコイ、3年経ち、電球に導かれ再び交信可能に鳴りました・・・・ 


「ヤマテツ」からのメッセージ


拝啓、白須様、そしてギロッシュ様。

電球の力に惚れ込み、仕事車のミラに投入した個数はゆうに200個を超えました。

個数に比例して除電効果が上がっていくのが面白くて激症化

マグと違い、付けすぎても極端な悪化等が起こらないのも手伝って、付ける所が無いくらいまでキています。

電球最高!!と…手放しで言いたい所なんですが、電球の作用は除電のようでして

僕の感覚としてはステンウール並かとも思うんですが、除電という事は当然湿度が絡みますね。

暑がりの私はエアコン切ると死活問題なので夏場は常に冷え冷え車内、

そしてバキバキの乾燥という訳で…電球ですら抑えこめないほど、何から何まで帯電がひどいようです。

仕事のために、湿気ムンムンの日にリアハッチを全開にして半日もたった日にはニヤける加速、

まるでDSPをかけたかのような立体音響なんですが!…仕事を終えてエアコン全開にすると持って15分、

冷え冷えと引き替えに音も走りも痩せて切ないことこの上なしです(^^;

電球で造りあげた基盤に、FMシートとFMビーズが加わるとどうなるか?

いよいよ、投入開始です!!


以下、投入予定箇所を告知します。


バッテリライン

キャパシタライン(自慢じゃありませんが、500F付いてます(笑))

オルタネーター系統

クーラント系統

インジェクター系統

フューエルポンプ

ショック系統

ブレーキホース

ACコンプレッサー

エキスパンションバルブ

ブロアモーター

セパレートアンプ電源部

サンプリングレートコンバータ用の正弦インバーター

HDMIスプリッター用の5V,SW電源ユニット

ECU中身のLSI

敵に不足はありません、応援よろしくお願いします(笑)


f:id:arcs2006:20150622215537j:image

f:id:arcs2006:20150619193003j:image

f:id:arcs2006:20150622215520j:image

オヨヨ! 電球が産卵してるぞw






また熱い夏に鳴りそうな予感w


ヤマテツとは、当教会の中国本部長(山口県在住)、特攻本部長の異名を持ちますが、3年間消息不明でしたw

得意分野は、クルマ壊し、過去にクルマに磁石付け過ぎて地球に貼りつき不動に鳴るという珍事件の前科がありますw

猪突猛進を信条とし、発射(劇症化)すると誰も彼を止められませんw












DBMはフラシボだったのか???


誠に恥ずかしい噺ですが、コメントにあるように、アムクロンのブリッジ・ダイオードリファレンス気2個

リファレンス兇1個で共に付いていました

私の記憶が間違っており、ジャンパーされてダイオードが無いと思い込んでいました

DBMの有無は、ファイル化されているので、飛躍的音質向上は事実ですが・・・・

ダイオードと言うより、FMの影響が大きい可能性、もしくは、複数ダイオード+FMによる相乗効果

ブリッジ単体のDBMはフラシボかも知れん・・・


だとすると


コレから行うアムクロンへのDBMテストが整理への試金石に鳴る


改造アムクロンには、FMトローチ・ビーズは相当数投入されており、今更追加しても五十歩百歩と言えます

其れ処か、電源ケーブルには、20AのFMチョークが入っており、その前(上流側)にDBMを付けるので

ブッチャケ、全く変わらない可能性も

変わったとして、「大差ない」と鳴る可能性も・・・・・



ドキドキしてきた・・・


嗚呼、墓穴掘ってるかも? イヤ、メビウスだって電気的には全く説明が付かんワケだし・・



f:id:arcs2006:20150622111431j:image


試聴結果・・・・



大して変わらなかったら・・・・ 切腹!」



f:id:arcs2006:20150602114543j:image



ヨガッタ〜〜 腹切らずに済んだワ


アムクロン 最高! パワー全開!


ココまで鳴るか!と言う圧巻のパフォーマンス


こんな音、聴いたコト、アラヘン

今までのDBMと同じベクトルで「バァ〜〜ン!」 ロック・フルパワー再生時に出る「キィ〜〜ン」が激減

「キィ〜〜ン」が出ると、再生が飽和したように鳴り、パワー感がアタマ打ちに鳴ります

飽和すると、分解能が著しく低下し歪団子に鳴る、ガチャガチャと音が壊れて逝く・・・・ウルサイだけ

エンジンで言うと、オーバーレブでトルクが抜け、ただ回ってるだけ・・・・パワーバンドを外れる感じ・・・

それが無くなり、さらに加速したような鳴り方、メッチャ・エエがな・・・・パワーインジケーターは全灯状態w

リニアに突き抜けるハイパーサウンド!

「ハエ男」がようやくマトモに鳴りだした、ZARDの透明で可愛いボーカルに涙・・・大橋純子金縛り・・・・

パワー・アンプにDBMはエンジンならNOS!


D








瓢箪から駒


勝手な都合の記憶違い、すがる思いで試したDBM、FM付けたのもオーディオ神のお告げだったのか・・・・

ココまで偶然が重なると、正直怖いわ・・・・噺が美味すぎ・・・・

ダイオードにポイントがあると考えていましたが、正に相乗効果としか言えません


「普通の斧」が「金の斧」に鳴っちゃった・・・・


逆言えば、FM無しじゃ大差無いだろうとしか思えません・・・・何方か試してくださいw



ACラインに、メビウス・DBM・FMチョークは奇跡(神)の組合わせ



限定のFMチョーク購入された皆様、是非試されてください、ウルトラ・コスパ間違い無し!


f:id:arcs2006:20150622155232j:image

音響迷路というスピーカーがあり、音が迷路を通り中高域が減衰して低域が増強(残るだけ?)されます

DBMは正に迷路でFM帯を何度も通過する間にノイズが消えるのかな・・・・


鋭いコメントに汗かきましたが・・・・結果的には、メチャクチャOKでしたw

もしもジャンパーじゃないと認識していたら、DBMをテストしようとは到底思いませんw

記憶違いが、功を奏した・・・こんなコト滅多に無いと思いますw

アムクロンデザイナーは、ダイオードに注目していたのは間違い無さそう・・・・・


整理すると・・・


ダイオード自体もノイズフィルターとして働いている

ダイオードとFMの組合わせは効果的で、ダイオード・ブリッジとFMの組合わせで「神」に鳴る


もっと言えば、AC100Vは相当酷い(汚染)状態だわ


以前も書きましたが、サイン波整流ノイズは耳まで消えない

今言えるコトは、整流前にノイズを除去しないと、お噺に鳴らない

SW電源がダメだと叫んできましたが・・・・・AC100V自体がダメだったんジャね



「電源対策は上流から」


定番のお題目ですが、今までSW電源(中流)を敵視していました

もしかすると、AC電源に問題があり、SW電源によって問題が炙り出されただけ、かも知れん

DBMはAC電源に内在する隠れたノイズを効果的に除去してくれるのかも・・・・

20A FMチョークは最強アイテムだと信じていましたが、その上流にDBM付けるとノイズが激減しました

信じられません、結果的にダイオード・ブリッジを複数通過しています

FMが有効だとして、AC電源が複数のダイオードを通過するコトにも意味がありそう・・・・











ついに、LX91の最終楽章が開幕・・・


回路図を入手できました

コレで大幅なリスク回避が可能に鳴り、電源系の大幅改造(電源セパレート)による目指した理想が実現しそうだw

パイオニア、最期の一滴、BDP−LX91が本性を現す時が来た・・・・






ホントにSW電源は使えないのか?


f:id:arcs2006:20150620220611p:image


PCオーディオは、電源さえ良ければ果てしなく音質向上する

もう1年以上、電源のコトしかアタマに無いワナ・・・・

しかしだ、シリーズ電源が良いとして、あんなバカげた電源を作らなアカンのか?

非合理的と言うか、カッタルイと言うか、あんなモン誰も作らんがな・・・・もっとスマートに出来んのか

ブッチャケ、音は良いとしても、大きくて・重くてイイ加減嫌に鳴って来たw

リッピング専用ルームで据え置きにするならOKですが・・・PC的にもリップ専用で他に使えずデカクて邪魔くさい

技術的にもナンら新しいモンは無く、言い換えると、アタマ悪いヤツ(単細胞)が作ったみたいだ・・・・

ひょっとしたら、問題の本質を見過ごしているのかも・・・・


SW電源はダメだけど、デコデコはOK


ココだよ、ココが引っ掛かるのよ、サイン波を整流するとノイズが出るが、擬似サイン波ならOK・・・・

目の前の現象を整理して辿りついた結論ですが・・・・


DBMで「待った!」が掛かった・・・・


聴感で分かるDBM効果とは、ノイズ抑制(フィルター)による歪み感の激減だ

DBMはAC・DC共にノイズ・フィルターとして働くみたい・・・・

ダイオードにそんなフィルター効果が有ろうとは、考えもしませんでした


整理すると・・・・


DBMはシリーズ電源にも効く


だとすると、AC100Vのノイズがまだ残っているとしか思えん

サイン波整流でノイズが出ると書きましたが・・・・其れってAC100Vノイズがスリ抜けているだけじゃ・・・

DBMを複数機器に増やすと相乗効果が出るのもクサイw

つまり、DBMは今までに無いフィルター効果があり、複数使用で多段(シリーズ)フィルターを形成可能

だとすれば、AC100Vに多段DBMを入れればSW電源が使える可能性が出て来る

SW電源はワイド入力ゆえ、多段DBMによる電圧降下はキャンセルできる


電源ノイズは、フォーク・ボール


ストレートだと思ってバット振ったら、ボールが沈んで空振り、バットをスリ抜け・・・・

ナンとかバットに当たっても、ヒットに鳴らない、簿手簿手の語呂・・・・

産業界でも電源ノイズは問題となり、各種ノイズフィルターが開発されましたが・・・・


ストライク・ゾーンが違うんよ


産業界では、バンバン、ヒット連発してても、オーディオ界じゃサッパリ当たらないw

FM登場で、この問題に解決の兆しが見え始めた・・・・正に救世主

ナンですが、少々過信し過ぎていたかも知れん、ナンせ、見えない・聴こえないノイズゆえ・・・・消える魔球

DBMはそんなノイズにピンスポットで効いてるのかも・・・


FMチョークはAC100Vノイズにクリーン・ヒット、多段DBMとの併用でホームランに鳴るかも・・・・


AC100Vノイズの正体


ブッチャケ、良くワガッテない

ノイズ・カット・トランスから始まり、ノイズ・フィルターは各種あり、さも解決しているように見えますが・・・・

サイン波にノコギリやスパイクノイズが載った写真は有名ですが、アレはトリックだった可能性が高い

「法螺、ノイズがあるデショ」よ〜く考えると、オシロで見えるノイズ低周波)は電解コンデンサーが食べちゃうのよ

一時期流行ったサイン波電源も、実はトリック、気休め・・・・

電源ノイズ、実は全くの手付かず・・・・ナンでか言うと、世の中のノイズ・フィルターは、偉く高周波対応なのよ

FMは救世主で、初めて「コレは効く!」と言う実感が得られました

FMシートは、可聴帯のスグ上までノイズ減衰効果があり、電源コードに巻いただけで効きます

ノイズにはツボが有り、デジタル機器の誤動作対策とオーディオ機器の聴感ノイズ対策には開きが有ったのは事実

実はこのノイズ可視化できていませんw


得体が知れない・・・


ノイズ特定キャリア(スプリアス)ではなく、ランダムだから得体が知れないw

だ〜から、理論派に言わせれば妄想だと言われて反論できん

流石に、説明できなくても存在は明白ゆえ、反論する方は極少数ですが・・・・


ノイズゴースト


ゴースト・バスターズでも結成しますかw  30年前だって・・・・歳取るワナw

D



DBMはノイズ・フィルターなのか?


f:id:arcs2006:20150621231937j:image

f:id:arcs2006:20150527231204j:image

f:id:arcs2006:20150621231949j:image


遅ればせながら、アムクロンにDBMを付けますw

大騒ぎして置きながら、本家本元で初テスト、写真の回路(DBM)はスタジオ・リファレンス気世院ΑΑΑ

現用はスタジオ・リファレンス兇罎─■庁贈佑鷲佞い討泙擦鵤

「ナンなんだ、このダイオード・ブリッジ」と思って1年、如何鳴るか、写真のように付け外しが可能

ご来店頂ければ、比較試聴が可能、さて、どれ程違うか・・・・・フル・パワーでGo〜〜

もう一点、DBMはHot側2パラ接続に鳴っており、コレも初テスト・・・

パラ接続の場合、電圧降下は抵抗なら1/2ですが・・・DBMなら如何鳴るかな?  まるでクイズだw

一般常識で考えると、ダイオードのパラ接続はNGでして・・・・流量バランスが崩れ片方が異常発熱ナンすが・・・

既に常識外の世界に居るので、ブッチャケ、如何鳴るかワガンネw








   オーディオ大鑑巨砲主義を貫く



プリ・アンプ命名   「武蔵



スピーカー「富士山」プリ・アンプ武蔵次作パワー・アンプ大和




     オーディオ連合艦隊だ!



f:id:arcs2006:20150618100406j:image

f:id:arcs2006:20150620135304j:image

f:id:arcs2006:20150620135253j:image

f:id:arcs2006:20150620135337j:image









f:id:arcs2006:20150619142624j:image


コメントの件確認しました


初めにHT設定をOFFにした処・・・・・少しだけですが、分解能が上がりました

「スゲ〜〜」ではなく、「ホ〜〜変わるネェ〜〜」逆にソフト設定より電源弄るほうが影響がデカイ・・・・



次に、CPUコアを1へ変更



コレは効きました!


HT設定の件もあり、テンション下がり気味でしたが、「ガツン!」と効いたw

エレキとシンバルが重なる部分に発ち込めるモヤモヤした付帯音や、ボーカルで喉のヒリヒリが減ります

ハイスペックCPUはマルチ・コアが前提ですが、シングル・コアのほうが良いとは・・・・意外でした

PCは不思議の塊、HT設定との相乗効果かもしれません・・・・また一歩前進

単なるPCではなく、オーディオ専用でPCを設定する重要性を実感します


PC奥深く潜入しなければ鳴りませんが、分かる方は実践してみてください


HPET設定はRitmoのBIOSにはありませんでした

BIOSにも種類があるそうですw

バイオスは、マザボメーカーのオリジナルだと思っていましたが、OSのような区別があるようです

つまり、バイオスに依って音質が変わる可能性があるかも・・・・PCは深いわ

バイオス指定、OS指定でマザボのチップ・セット指定でCPU指定、そんでメモリー指定w

指定だらけで音質評価せなアカンがなw


BIOSとは    https://ja.wikipedia.org/wiki/Basic_Input/Output_System


リッピングPCの設定が楽しみです


SLさん、ありがとうございました






f:id:arcs2006:20150618231802j:image

超シンプル、プリント基板も不要w


回路は、こんなモンですw


パワーMOS・FET1段(1個)ドレイン・フォロアと言う形式

スピーカーは8センチ・フルレンジ1発でかなりマトモな再生が可能なように、アンプも1石あれば十分w

真空管アンプみたいデショ、主役はMOS・FETですわ

真空管が進歩してトランジスタが誕生、真空管と置き換わるかと思いきや、複雑グチャグチャに鳴ったw

ブッチャケ、トランジスタは使い難い、何故なら、ゲインが高すぎるw

高いゲインを如何やって抑えるかで発展して来た経緯があります、ナンとも勿体無い噺・・・・・

高いゲインをそのまま使えばOKでは? モノは考え様デショw

このアンプは、真空管をMOS・FETに置き換えただけw

高圧電源やヒーター電源が必要ないため、究極のシンプルが実現w

ブッチャケ、MOS・FETが優れているワケじゃありません

真空管のように電圧で駆動できる(トランジスタ電流で駆動)ため、真空管から置き換えがカンタンw

8センチだと諦める音圧とか低域レンジがありますが、アンプだと全く関係ありませんw

23年前、人とは違うアンプ、個性的な音のするアンプを目指して設計した1石アンプですが・・・・・

残念ながら、個性は演出できていませんw 極普通に鳴るし、誰も音聴いて回路が特殊だとの指摘をしませんw

言い換えると、回路に凝っても意味が無い(私の体験として)

複雑・高度な回路図は殆ど意味が無い、DBMの件もそうですが、ダイオード付けるか否かでアレ程変わるワケですが

回路方式を変えてDBMのような音質向上は残念ながら起きませんw  理想回路を目指して来たんですが・・・・

オーディオ技術は、かなり見当違いなコトばかり遣って来たとしか・・・・・

音は、市販高級プリ・アンプと比較すると、チャルメラと本格トンコツ・ラーメンくらい違いますw

回路の個性より、電源の違いが著しい、15年以上カー・バッテリーで駆動してきましたが

去年、充電エラーが発覚、その後、D・R・C+エネループへと改善、そしてDBMの発見により大改善されそう・・・

ハッキリ言えるコトは、トランスを含めて電源と増幅回路が同一筐体で同居するのは無理です


電源と増幅回路は別居が前提


互いに干渉し合い、幸せに鳴れんわ


もちろん、対策は色々ありますが・・・・・残念ながら別居に適う対策はありませんw

特に低レベルの信号系(2Vrms以下)は、同居は不和への序曲そして不幸へ繋がる

実は、パワーアンプも同じでして・・・・今年の後半作り直す予定・・・・











ダイオードモジュール登場!


f:id:arcs2006:20150618002451j:image


DBMは逝き着く処、こう鳴るワナ


ブッチャケ、DBMが良いとしましょうw

ダイオードに因る違いは如何よ、と、鳴るデショw

どのダイオードがエエの?  そんなモン、ワガンネ! だよなw


だったら・・・ハイエンドダイオードは如何よ


業務用信仰・・・・


ナニを持って、ハイエンドと言うかについては色々あると思いますが・・・・

私の世代だと、業務用と言うカテゴリーに弱いw

民生用・業務用というカテゴリーが今でも存在しますが・・・・

民生はアマチュア、業務はプロ仕様、工具なんかその違いは大きいw

AVで言えば、プロジェクターがその代表例、リファレンスは常に業務用です

現用720Pと言うロースペックなプロジェクターが永きに渡り通用してきた理由は、業務用だからでしょうw

ナニが違うか言えば、手抜きの有無かな、プロジェクターで言えば、レンズの重要性に尽きる

スペックは、時代により進歩して逝くんですが、業務用はその時代の最高級仕様、信頼性・長期安定動作が前提

民生品は、コスト・ダウンが激しく、見えない処、目立たない処はじめ、長期安定動作は考えられていませんw

ドンドン売れて、ドンドン買い換えて貰わんとアカンw

デジタルAVは特にその傾向が強い、日進月歩、ユーザーはスペックしか見ていませんw

レンズが重要なのは、誰でも理解できますが、目立たないので・・・・・

悲しいかな、AV評論家でプロジェクターのレンズを語れる方は、誰も居ませんw

レンズが良いと、普通に見えるだけ・・・・しかし、この普通に見えるか否かがもの凄く重要でして・・・

全ての民生品のプロジェクターは、目立ちませんが、普通に見えません


全てが想なので、誰も気付かない、普通に見えるプロジェクターを見て初めて気付くw  「ヤッパ違うわ」


ダイオードに噺を戻すと、基板搭載型の部品(民生用)と産業機械で使われるダイオード単品(業務用)と

ダイオード単品を組合わせたダイオードモジュールがあります

DBMを評価する時、ダイオードモジュールは如何よ、と、鳴るんですw







ナ・ナ・ナンだコレは・・・・


f:id:arcs2006:20150617100059j:image

f:id:arcs2006:20150617100133j:image

f:id:arcs2006:20150617100122j:image


嗚呼、俺、完全に逝ってるわ



コレをPCオーディオ地獄と申します


こんなん見たら、誰もヤラねぇ〜な     だよな・・・・そのほうがイイ

言い換えると、PCオーディオはアタマが変に鳴るほど 音の虜 に鳴る

「もっとイイ音が聴きたい」「もっと気持ち良く鳴りたい」「どうにも我慢できない・・・」

オーディオドラッグと逝ってもイイ、頑張ればDIYでナンとか出来ちゃうのもマズイ・・・・抑えが効かなく鳴り

依存症・・・・途中で止められなく鳴る・・・・ツボに当たると音質向上が止まらないw


其れは、ギャンブルに似た快感・・・・


従来のオーディオは、其れなりの終点があり、どんなに足掻いても音質向上に限界がある

掛かるコストもドンドン跳ね上がり、その見返りを考えると「もうこの辺で・・・・」と、鳴るんですが

PCオーディオではまだ限界点が見えていません・・・・・

コストもそれなりですが、従来のオーディオと比べ激安、その代わりに、知識が必要&手間喰うので趣味性が高い

手間掛けて結果がイマイチなら、歯止めに鳴るんすが・・・・結果がイイと脳から快感物質が出ちゃうw

ブッチャケ「もうコレ以上良く鳴らないでくれ」と、試聴しますが・・・・次々裏切られるw

大して良く鳴らなければ「やれやれ・・・・ついに終わったかな」と鳴るんですが・・・・

最もヤバイのが、今まで絶対に聴かなかったジャンルが美味く鳴るとスイッチが入るw

「チッ、ホントはこんな音だったのかよ」 コレがヤバイ・・・・

人は知らなければ良いコトが沢山あり、知ってしまうと・・・・特に嗜好系はヤバイ、次々と連鎖する

この写真見て、ケラケラ笑える方は幸せ・・・・文章読んで「俺もヤバイ」と感じる方が相当居るハズ



驚愕のWiFiルーターBDM化


DBMはリップ系中心、再生系は、RitmoをDBM化しただけで様子見していますが

もしかして・・・・WiFiルーターが怪しく思いDBM化(AC・DC共に)してみました

以前も書きましたが、Ritmoの場合、組合わせるWiFiルーター(DLNAコントロール用)は鬼門ですわ

Ritmoの電源並みに音質への影響力がデカイ、ココでミスると音質が台無し

ブッチャケ、カンタンに出来る処から攻めてるだけですがw


一体ナンなんでしょうw と言う感じで「バァ〜〜ン!」 



ターゲットは ハエ男 ですが・・・


ナンと、男性バックコーラスが浮かび上がった!


コレには魂げた、森高ソロ・ボーカルだとばっかり思っていたら、時折男性バックコーラスが鮮明に聴こえる

ゴチャゴチャ・ガチャガチャな音質だと思ってましたが、実は丁寧な音作りされていたw

ハエの音をイメージさせるために色んな音がゴチャゴチャ・ガチャガチャ・・・・

以前から、その部分は低音のエコーが掛かったように聴こえていましたが、実は男性コーラスだとワガッタ

だから如何したの、とも言えるんですが・・・・

次から次と、塊だった音がバラけ、砕かれ分解して逝き、それまで聴こえなかった情報が浮かび上がる

不思議な感覚、難所をクリアしていくような快感が得られる、コレは他の自作系オーディオではアリエナイ・・・・

リッピングは元の元ゆえ、再生全体の情報量・分解能を大きく決定づける

自作PCオーディオトンデモナイわ


私は、部屋の自作(設計)から再生装置全般全てに渡って自作を前提に遊んできました

性格上、嗜好を伴う自分用のモノは、1から10まで自分の思い通り、満足できないと気が済まないw

生来神経質ではありませんが、全てを把握できないと気が済まない性質

高価なモノは買えないので興味がありません、代わりに納得できるモノを作れば良いと考えていますw

ナニが言いたいか申しますと

自作系オーディオは色々ヤリましたが、自作PCオーディオが最もオモシロイ!

何故なら、コレ程まで手応えを実感し、整理しながらできる自作オーディオはありませんw

もっと言えば、従来は録音の良し悪しに左右された再生でしたが、その録音自体を換えるコトが可能

換えるワケじゃなく、PCを使って録音本来の音を掘り出せる

まさかPCがコレ程までオーディオが得意だとは考えませんでした












BDドライバーのDBM化


完成したと思っていたら、DBMの出現で・・・・


f:id:arcs2006:20150616152516j:image


D・C・R・CからD・C・DBM・Cへ


f:id:arcs2006:20150616152631j:image


DBMのスペースを確保


f:id:arcs2006:20150616185510j:image

AC100VにDBM

f:id:arcs2006:20150616185548j:image

DC12VにDBM

f:id:arcs2006:20150616185615j:image

DC5VにDBM


この1年で何度目の改造だろうか・・・・ウンザリだ・・・・俺は電源に呪われているのか・・・・

高が5V・12Vの電源、それもBDドライバーだよ、PCはもちろんですが、BDドライバーの電源も重要

大して違わないだろ、と、お思いでしょうが・・・・無視できるレベルじゃないw  嫌に鳴るワナ

完成したと思ってましたから、その違いは楽しみナンすが、違いが大きいと又もや改造ドツボに嵌るわ・・・・



チョイとインプレ・・・


ZARD・森高・大橋純子で3本勝負!


案の定、DBM効果はデカイ!

熟成してないため、とりあえずの参考試聴・・・・

ZARDは、いよいよ仕上げに入ったw

まるで音質評価ソースのようにシットリ滑らかな鳴り方・・・・普通に鳥肌・・・信じられんw


大橋純子はイントロから全身ブルブル・・・・声が全く違う・・・・


森高ハエ男は、相当イイですが、ま〜だ100点じゃない・・・・

ハエ男は、再生難易度番付け横綱だ、Dレンジが極端に狭く、同レベル・同音域の中高域がガチャガチャ・・・

まるで、ゴチャゴチャのオモチャ箱をひっくり返したような音・・・・相当手強いw


Dレンジが極端に狭く、電子楽器を多用された女性ボーカル


こんなソースが最も再生が難しく、録音が悪いとされているw

クルマやバイクなら、ジムカーナー、連続コーナーで1・2速全開・フル・ブレーキング


D

D


普通のオーディオ・マニアがあまり聴かないソフト、録音が悪いと思われているソフト、Dレンジが狭いソフト

をワザワザ選んで、フルパワー再生を行い、再生能力を試すw

普通のスピーカーは切れる可能性があり、パワーを上げるのを躊躇いますが・・・・・富士山は切れる心配が無いw










ポンプレス水冷PCの可能性って・・・・


PCオーディオの音質向上と言うたら、電質向上&ハイスペックCPUしか無いやろ


電質向上はナンとなく見えて来たw だども、ハイスペックCPUが問題なのよ

ハイスペックCPUはやたら熱いのよ、まるで電気ヒーターみたいだ、冷やさなアカン!

一般的には、CPUクーラー付けてファンで冷やせばOKナンすが・・・・・そんなモンは却下!

高がファン回すだけ、低速ならOKだろ、と思うデショw

スットコ・ドッコイ、DCモーター(ムービング・コイル)はスピーカーと同じで電磁波バンバン出すんよw

そんで、ファン・ハーネスを電磁波が逆流しマザボ全体にノイズが回る、原理はカンタンw

つまり、良かれと使ったハイスペックCPUはファン使用で自虐して逝く

アッパーフロア(天井)にぶつかり、ポテンシャル向上が果たせない、つまり飽和だよ


CPUは激爆水で冷やせ!


水は凄いよ、イオンだよ、強いラジウムが使える、激爆水だ    クルマと同じw


クルマのイオン化で最も効果が上がるのは、冷却水のイオン化、放射性物質は水の中に入れるのがイチバン安全w

放射線漏れを抑え、水を強イオン化できる


と、言うワケで


自然対流式ポンプレス水冷PCが出来ないかと思案中


X99のマザボ&i7、普通の設定では絶対不可ですが、オーディオ専用なら逝けそうな「気」が・・・・

X99でオーディオ専用なんて、黄金風呂・・・・


f:id:arcs2006:20150616191504j:image









新定義


    電源質 = 電質



音質・画質は電質によって決まる

音質・画質向上は、電質向上の結果として表れる


メビウス・DBMの登場により、測定はできませんが、電質(電源質)のナニかが変わるとしか説明が付きません

音質・画質はアナログ時代、SN比として測定できましたが、デジタル時代の今、SN比を測定しても同一で差が無い

ところが、音質・画質はゴロゴロ変わります、つまり、人が認識できても数値化できない

電質というパラメータは存在しませんが、定義を作り整理することで、この先新しい発見により明確な定義へ・・・・



電質向上へむけGo〜〜


従来の認識では、音質・画質は電源と関係している、と、されてきました

SN比がナンボじゃ、なんて時代は遠い過去の噺・・・・

現代においては、電源を如何すりゃイイのよ、と言う問題へと変わりましたレディーガガ

想は逝っても、ナニすりゃエエの? パラメーターが無いので手の出し様がナガッタw

最初に注目したのは、微弱静電気対策でイオン化へと進み、FMの出現で見えなかった電磁波が明らかに・・・・

「気」の気付きで「法華経」が台頭を表し、神秘の世界のメビウスでアタマ叩かれたw

アムクロン弄ったお陰で、ダイオードの重要性が認識でき、謎のブリッジ接続試したら、中身はメビウスだったw

DBMはAC・DC共にメチャクチャ効くから、サァ〜大変!


見直し&対策が山ほど有るワナ


自作電源系すべてのAC・DCだぜ、シンドイわ・・・・



DBMによってデジタル/アナログの軍事境界線が崩壊・・・・



DBMが凄いのは、デジタル/アナログどちらにも同じ効果が表れる


私が最初に驚いたのは、リッピング専用PCにDBMを付けて作成したファイルの音質

つまり、PC、それもライン・アウトではなくデジタル・ファイルでの噺

DBMは元々アムクロンのスタジオ・リファレンスのAC100V入力部に付けられたモノでアナログ・アンプだ

DBM体験レポートのアナログ・アンプからHDDまで、デジ・アナ混在ですが、音質向上のベクトルは同じw

オーディオ・マニア、いや、オヤジはアタマ堅いゆえ、デジタルとアナログを分けたく鳴るw

デジタルとアナログは違うモンだと信じているw

アナログで音が変わるのは理解できても、デジタルで音が変わると許せない


アナログはファジーな部分が認められるが、デジタルは1と0だけだろ!


言われればその通りナンすが・・・・

オヤジのアタマの中じゃ、PCと電卓の区別がデケヘンのや

電卓の電池変えたら、1+1=2.0000000001に鳴るんか

DBMに当て嵌めれば、アナログ・アンプの音は変わって当然だが、リッピングPCならアリエナイw

ブッチャケ、私もチョイ前まで同じ考えでしたw

PCをSW電源からシリーズ電源に換えると音質向上と言われ


「オマエはアホか?」とマジ思ったw


こう言うカルチャー・ショックが元でドップリ嵌ってますがw


メビウス・コイルもワケ分かりませんが、DBMはもっとワガンネ!


ナニが違うの?


だから〜〜電質デショ!


ココの理解を認めるか認めないか・・・・実は、分かれ道なのよ











凄ワザDBM・・・


驚異の低ノイズ・・・・


消えたリップルノイズ


プリ・アンプの電源が粗方出来たので、チェックを兼ねて負荷を掛けてリップルオシロで見てみると・・・・

完全に消えています、目を疑いましたw 裸電源でレギュレター・レスを考えると、アリエナイ

DC系DBMの前(D・C・D・C・DD・C)では、僅かに目視できますが・・・・

DBM後の電解コンデンサー出力は測定不可・・・・消えてます

オシロがチャッチイので、信憑性は定かではありませんが、1Div 0.1mVでリップルが目視不可


マジに相当オドロキましたw 寒気がしたほど・・・・


負荷無しなら有り得る噺ですが、300mA流した状態での測定、そんで、スーパー・ヌード電源ゆえ、JeJeJe

コレなら、NFBの超低ノイズ・レギュレターとタメ張れるワ



期待はしていましたが、ココまで凄いとは・・・・



ちなみに、スーパーヌードですから、AC100Vの電圧変動はモロに出ますw

逆言えば、電圧変動で揺らいでいるのに、リップルが消えている・・・・

電源設計に詳しいエンジニアなら、相当驚くハズw



無帰還でココまで低ノイズなら音が良く鳴って当然だわ


ブッチャケ、目指していた理想だよ

DBMは、SBDで電圧降下は1Vだぜ、こんなモンがブリッジ・ダイオード1個で実用化されれば


アナログ・アンプの救世主


世の中、一寸先は闇とか言いますが、この噺は逆で、一寸先は閃光煌く新世界と同じw

SLさんが言う通り、「革命」かも知れん・・・・

コレ、一気に大ドンデン返しが起こる可能性が有るワ



AC・DC含め、DBMは驚異のノイズ・フィルター


この性能を如何使うか・・・・・直感で


SW電源の大幅改善が見込まれるワナ



SW電源のAC入力とDC出力にDBMを付け、DC側はコンデンサーでパスる


SW電源の対策に大きな目処が立つかも知れん・・・・



どうやら、大変な事実が明らかに・・・・


電源に詳しい方は是非ともお試しくださいw

形見たら、腰が抜けるほど驚くかも・・・・




ナンかムラムラして来た・・・・


リップ専用PCのマザボは、Z97で打ち止め終了のつもりでしたが・・・・


ブッチャケ、続けてもキリが無いと一段落して様子見に入ろうかと考えていましたが・・・・


DBMにより電源の大幅改善が見込めれるとしたら・・・・



X99 & i7ハイエンドに逝きたく鳴るワナ


今までの体験から言えば、電源質あってのCPUグレードだと考えてきました

言い換えると、電源質が上がるなら、CPUも上げたいw



f:id:arcs2006:20150428161059j:image


以前紹介したX99ですが・・・・CPUクーラーが静音に鳴らない・・・・

オーディオに特化したマザボが存在しない現実の中で、如何に工夫するかがポイントに鳴る



PCオーディオはオモシロイw







DBMの実用


彗星のように突然現れ、もの凄い破壊力のDBM、支部長オーダーのスペシャル・タップも中断を余儀なくされましたが

たった1週間で、実用化の目処が立つというスピード出世を果たしましたw

毎度ながら、目まぐるしく変化するブログに振り回される、コレじゃ堪らんワナ・・・・

と言うワケで、全てのノウハウを投入したウルトラ・スペシャル・タップをご紹介します

最新情報として書いてますが・・・・何時何時ワケ分からない新ネタが登場するかワガンネ!

「もうコレで終わり」と何度思ったことか・・・次の瞬間に新ネタが登場してきて爆発する

オーディオ、特に電源なんぞ伝統工芸じゃないの? ナンで新ネタ来るかね・・・・


f:id:arcs2006:20150610180716j:image


アルミテープ(厚手)を5枚重ね、放熱板として使用、CPU用のヒートシンクグリスを使いDBMを固定

DBMはHot/Cold共に付けます、電圧降下が起こりますが、スルーしますw


f:id:arcs2006:20150610182836j:image


露出BOXを15mmスタッドで浮かせ、放熱性を確保、コンセントはWN1318(アースはカット)

DBMは温度フューズ(安全)機能も考えています、過負荷で温度上昇して切れる

瞬間的なショートは、ブレーカーが落ちるのでDBMは飛ばないw



音質・画質は電源で決まる


毎度お馴染のお題目ですが、DBMで分かったコトは、AC100Vの質が重要なこと

まさかダイオードに通すだけで劇的フィルター効果があるとは考えもしませんでしたw

マイ電柱とか言う噺は、大昔からあります、AC電源のノイズ対策はノイズ・カット・トランス、FMチョーク

FMシート巻き、トリタン制震(イオン化)、メビウス電球、「ニャ〜」など、効果があり満足でしたが・・・・

DBMはその上を逝く効果で圧倒される


半田コテ買いましょう!


残念ながら、お金を出して高音質を得られる人は、極少数になるのは必至・・・・

どんなに優れたアイデアでも、マーケットが小さく、製品化されるコトは無いと考えてくださいw

ソコソコで良ければOKですが、ホントにソコソコにしか鳴りませんw

特にPCオーディオの場合、最高音質ピン一人、その他大勢普通のCDよりチョイ上(キリ)だと考えてください


自分で作る覚悟、取組む覚悟、新しいコトを覚える覚悟


イイ音聴きたければ、決意が必要!

残念ながら、オーディオ市場の衰退は止まりません、商店街がシャッター通りに鳴るように衰退している

つまり、過疎化が進み、無人島に鳴る日は近い・・・・


ピュア・オーディオは自給自足が前提だと認識して


定期的に新製品が発売され、話題に鳴る時代は終わりましたw

技術は進歩して、より高音質化へ進んでいますが、母体となるマーケットが壊死しつつあり、時間の問題で死が訪れる

オーディオタイタニック、相当浸水している、もはや手遅れ・・・


PCは救命ボート


つまり、救命ボートには全員乗れない・・・・コレが現実

早めに乗り込んで次の目的地目指す人は問題ありませんが・・・・

PCなんか・・・と、言う人は残念ですが・・・・助かりませんw

レコード聴きますか、それともPC遣りますか? と書いた雑誌が休刊に追い込まれましたが

この先、レコード人とPC人しか居なく鳴るのは必至、ツウか、PC分からないとナンも出来ない時代が来る

PCオーディオが普及すれば、誰でもカンタンに高音質が聴けると思ってるオッサン、そんな時代は来ませんw

なぜなら、現在でもスマホで音楽聴くことは普及しているし、大衆はそれ以上を望まないw

カンタンPCなんてモンも出てきません、何故なら、若い人は皆さんカンタンにPC扱っているので必要が無い

つまり、PCを普通に扱えるコトを前提条件として世の中が動いている

最終的には、PCを扱えない方でも問題無く使えるように鳴るんですが・・・・それは大衆化であり

趣味性とか嗜好なんて世界ではありません、趣味は過程を楽しむ遊びだと解釈すれば、PCを覚える必要がある

シンドクても、PC覚えないと趣味の世界から追い出される・・・・オヤジは大変なのよw

高音質を追求するなんて原始人(オーディオ・マニア)は絶滅危惧種なのよ、その中でPC嫌ったら・・・・

救命ボートが無くなっちゃうよ・・・・知らないからねw


PCは言語と同じ


色んなPCがありますが、文法は共通、違いは単語だけ



単語だけ覚えても片言は喋れますが、まずは文法を整理して覚えましょうw

次に、自分に必要な単語を覚えればOKw

PCオーディオは自作PCの延長線上にあり、その過程に自作電源があるのです



オーディオ業界は衰退し、趣味のオーディオが開花


PCが世の中を変えたように、PCが従来型オーディオを崩壊させた

キッカケは、Ipodの出現、S・ジョブス氏のアイデアでしょう、大量のCDを圧縮させ携帯音楽プレーヤーで聴く

変なモンが出てきたと思いましたが、優れたアイデアは世界を変えた、子供騙しのオーディオだと毛嫌いしましたが

実際は素晴らしく、音質重視の設定をすればCDプレーヤーはゴミに鳴るw

アップルは、PCとの連携を前提としたPCオーディオと言うシステムが姿を表した・・・・

結果、CDが売れなく鳴った、CDプレーヤーの立場が厳しくなった、PCがあればCDプレーヤーは要らない

同時進行でSACDも始まりましたが・・・・大衆には受け入れられなかった・・・・


途中省略・・・・・


都市部の住宅環境も手伝い、大きなスピーカーでオーディオを楽しむ原始人が絶滅

オーディオ業界はタイタニックと同じ運命を辿る・・・・言い換えると、自然淘汰

タイタニックは沈没、乗客の大半は死亡、いち早く救命ボート(PC)で逃げた人達によって再興される

それは、過去の繰り返しではなく、超高音質音楽再生を楽しむ少数派趣味世界として開花するハズ

誰でも手軽、コスパ、なんて言葉は消滅・・・・

限られた人、DIY要素が高く、コツコツ楽しむ世界、趣味性が高く、敷居も高い


普通の高音質は、大衆化によって底上げされ、ソコソコの音質は誰でも楽しめる


言い換えると、オーディオは、趣味として本来の姿に再構築される


PCオーディオの宣伝してるみたい、ですが・・・・

ガキん頃から、オーディオやってますが、今がイチバン楽しいですわw

オーディオは始めるキッカケが夫々あると思います、キッカケの大半は再生音楽を初めて聴いた感動だと思います

人生の大半は、ガキん頃のスリコミに支配されるw 人生とはそんなモンでしょ・・・・

1972年、小学4年生(当時10才)、ラジオの海外短波放送を聴いてベリ・カードを集めるのが流行りました

そんな時、同級生ラジオ・カセットで録音したカーペンターズ「イエスタデイ・ワンスモア」を掛けながら

「コレからの俺たちは、こう言う音楽を聴かなければ逝けない」と説教はじめたw

「ナンでオマエはこんなモンを知ってるの?」「聴かなければ逝けない?」それは衝撃でしたw

自慢するならともかく、指導されたw

音聴いて感激していると「1日だけ貸してやる」と言われ、持って帰って親にオネダリしたのは言うまでもありませんw


PCオーディオにはコレに似た感激がある


言い換えると、CD再生ストレスからの開放だ!


諦めていたCD再生のストレスは相当なモノで、ヤッパ最期はレコード(AD)だと考えていました

もちろん、ADがダメだと言う噺じゃありませんw

ADからCDに換わり30年、絶えずADと比較して劣るCD、積もりに積もったストレスはパンパンだったw

当初、PCオーディオはCD再生の簡略化・軽薄短小の手段だと思ってましたが・・・・


PCを用いて、CDデータの実力・本領を発揮させる



失われた30年、遂にADからの進歩が感じられるCDサウンドが鳴りだした!



ナンとも皮肉ですが、弩級PCオーディオは大衆化ではなく、高い趣味性を持って開花する


何故なら、普通の高音質はゴロゴロ在り、大衆は十二分に満足しているw コレ以上の必要が無い

大体にして、オーディオマニアは、大して変わりもしないのに、音が如何だコウだと偏屈を並べる人種

普通の人は想思ってるでしょうw 実際この30年は想だった・・・


忘れられないADの音は沢山ありますが、忘れられないCDの音はアリマシェンw


スピーカーの前で鳥肌が立つ(痺れる)感動を永い間忘れていた・・・・絶えず我慢して聴いていた

音楽を聴くと言うより、音質を分析するような聴き方に終始していた・・・・

オーディオは進歩していない・・・・認めざるを得なかった


鳥肌(痺れ)は、立てようとしても無理、考える間もなく、脳から快感物質が流れだす・・・・

PCオーディオはあるレベルを超えると、意図もカンタンに鳥肌が立つような音が出てくる

耳が良い必要や、聴き方のトレーニングも必要ありません、直感で脳が感じる快感なのです

音聴きながら、その原因はナニか・・・・色々考えるに、演奏者の「気」が転写されて来るコトに気付いた

「気」はノイズに弱く、ノイズがバリアのように「気」を包んでいて「気」が伝わらない・・・・

ノイズが少なくなると、「気」が伝わり易く鳴り、頻繁に感動するように鳴るw

「気」は余韻の中に潜んでいるように感じます・・・・・

例えば、鳥肌が立つようなボーカルが有ったとします、相当素晴らしい声なんですが・・・・

実は、伴奏が始まった瞬間に鳥肌が立ちます、つまり、音楽全体に「気」が満ちている・・・・

だから、秒殺で良し悪しが判定できる・・・・演奏者が込める「気」は凄い・・・・

ところが、ノイズがあると「気」の出方が大きく減衰します・・・リッピングの違いがココに出るw だ〜から堪らんのよ


音楽再生の最も大事な部分が、リッピングに支配されている


正確には、リッピングで使う電源質に支配されていて、電源質の違いがファイルに記録される


ブッチャケ、電源質なんてパラメータは存在しませんが、想考えなくては説明が付かない・・・・

電源質を左右する原因は色々あるんですが・・・


森高勝負で、DBMの影響がかなり有るコトがワガッタ!



PCオーディオの音質は、電源が支配している


リッピングに関して言えば、アナログ回路は一切ありません

全てがデジタル回路、1(+)と0(GND)だけの世界ですが、電源によって音の余韻が大きく変わる

デジタル・オーディオは、DAC以降のアナログ回路で音質が左右されると言われましたが、デタラメでしたw

従来の常識を大きく覆す噺をしていますが・・・・・



リファレンス・プリ・アンプの電源


PCの電源さえ良ければ、プリ・アンプの電源なんてソコソコでOKだろ、と言いたい処なんすが

想も逝かない・・・・去年、リファレンス・プリ・アンプのバッテリー充電で苦渋を味わったw


電池は、充電器ノイズも記録(充電・記録)してしまう


電源質の元ネタ事件が明らかに鳴ったw

電池が重要ではなく、充電器の質(ノイズの有無)が音質を大きく左右する

電池は充電してナンボ、電池で音質が決まる(少しは有りますが)のでは無く、充電器で音質が決まる

電池音質について言うと、エネルギー密度が高い電池ほど音の鮮度が高いように感じます

12V密閉鉛バッテリーは、メモリー効果が少なく使い易いですが、エネループのほうが音の鮮度が高いw

とりとめの無い噺ですが、想感じます、安全で小さいし入手し易いのも大きな理由

コンデンサーを果てしなく大容量にすれば、=電池だと考えていましたが、電池の代用には鳴りません

エネルギー密度は高いですが・・・持続力(連鎖力)が違うみたい・・・腰が無い、ブツ切れ・・・・

電池エネループ)充電器(シリーズ電源)コンデンサー(一瞬の溜め・パスり)の組合わせ如何で電源質が決まるw




余談・・・・を一発


リッピングは、釣りと似ている


釣りに詳しくないので、噺半分以下で・・・・

釣りを魚との知恵比べだとすれば、得体の知れないCDデータを魚に例え、如何すれば完全に釣れるか考えるのと同じw

今までは、釣ったと思っても、胴体の半分が千切れていたり、原形を留めないほど傷付いていたり・・・・

釣り上げたと思ったら、途中で死んでいたり

無傷、完全な状態で釣り上げるのがとても難しいw

リッピング技術は、超アナログな膜で覆われている、だ〜からオモシロイw



D・C・D・C・DD・C + DBM


ナンともワケ分からん名称ですが、ついにココまで来たw


シリーズ電源、それもレギュレター無しで、スーパーヌード(丸裸)のシングル電源、1940年代かよ

21世紀に自作して、「音質最高!」とか叫んでいるコト自体が変態だわ・・・・

この先には、太陽電池が控えているw


f:id:arcs2006:20150527133241j:image

ダイオードだらけジャンw

f:id:arcs2006:20150606095851j:image


DBMはAC100VラインとDCライン共に挿入


シングルはリップルが命取り・・・・


両波整流で発生する100(120)Hzのリップルノイズ(ハム)はシングル電源では耳まで届く・・・・

レギュレター無しですから、AC100Vの電圧変動も低周波ノイズとして聴こえるw

PCのデコデコに入れるのとはワケが違う・・・・・

現用リファレンス・プリは、D・R・Cとして対策していますが、厳密にはハムが残って耳に聴こえるw

「気」にすんな、と、逝って誤魔化してますが、DBMによってハムが如何変わるか超楽しみw





DBMレポート


横浜のKさんから届きました


今、話題のDBMですが、これなら私にも出来ると思い、早速試してみましたが、スゴイ効果にビックリしております。

周りの家電の影響と思われる低音痩せがなくなり、音に重量感が増し、

中高域の解像度が格段にアップして、女性ボーカル等もより自然に、

バックのコーラスや同周波数帯の楽器の音もクッキリハッキリ!!

中高音のゴチャゴチャ歪み感が激減しました。


コスパ高過ぎですよ、コレは!!!



f:id:arcs2006:20150613123935j:image


。硲庁超酘依僂離轡蝓璽紺堕蟆重展擦裡腺奪ぅ鵐譽奪箸猟掌紊冒着


もう1台のPCのバッテリー充電用シリーズ安定化電源にも同じことを実施。

HDD駆動用は在室中しか使わないので冷却ファン外して裸で使っています。




f:id:arcs2006:20150613132532j:image

剣山が笑えましたw 除電&トランス唸り防止(音叉) 静電気は得体が知れないので、コアブリッドBだけでは100%除電はできません、そのためには複合対策が必要、剣山の針先はコロナ放電にピッタリw


アイソレーショントランスのAC100Vラインに装着


オーディオ(含PC、バッテリー)はすべてここ経由で電源を供給しています。




f:id:arcs2006:20150613130505j:image


パワーアンプのACインレット直後に装着


すべてAC100Vのホット側のみ1個装着で、同サイズのアルミヒートシンクを貼ってあります。

最初必ず△鯆未襪里如↓,鉢は直列に2個目ということになります。



ちなみにハンダゴテは、学生の頃からギターの内部配線変えたり、

ボリュームやピックアップ交換で必須技術でしたので・・・。

ホントPCオーディオはコレできないとやって逝けません!!



レポートありがとうございました


ナンでダイオード通すと音質向上するのか、ナンでクセ(副作用)が付かないのか、アレコレ考えてもワガンネ

ナンで今まで注目されなかったのかも不思議だ、もしもトランスの唸り対策で行ったなら音質変化に気付くデショ

いい加減な連中が、知ったかぶり、さも正しいかのように理論展開する現実を炙り出している

こんなコト知ってしまうと、他にも灯台元暗しな部分がありそうで逆に気に鳴るワナ

ブログ見て分かる方は、ドンドン試してチョンマゲw  相当笑えるコト保証しますw


ダイオードは電源質と大きく関わっている

ギロッシュギロッシュ 2015/06/15 12:28 >音質・画質は電質によって決まる

これは、「神は細部に宿る」現象で、「気」に活性がない人には認識できません。
割合は定かではないですが、約2割の一定枠の人に当てはまるようで、
彼らからすれば完全オカルトで詐欺師がなんかいってるとしか思えないわけです(笑

そして、「気」に活性があっても個人差が結構あります。
僕みたいに普通レベルだと、「気」的に無茶苦茶な環境では
FMやSW電源の差なんてサッパリです。
ここは、ちゃんと前提として押さえておかれた方が良いと思います(笑

前回、個々人の「気」的「力」と「思い入れの強さ」の話をしましたが、
これが正にプラセボ効果に繋がるところかと。

マニアの皆さんは、プラセボ効果をバカにしてる人が多いですが、
実際、病気が直ってしまたり音や燃費がよくなったりするわけで・・・
そして、思い入れの強さがこの「気」的「力」をブーストしてると思います。

僕は、素直じゃないので薬の効きが悪くて損をしてますが、
(薬にはどうしても思い入れが乗らない)
うちのオバハンはサプリなんかでもスコブル効きます。
たぶん、基本的な「気」的「力」は向こうの方が上で、
勝てるのは車の燃費くらいのような・・たぶん車は「思い入れ」で
カバーできてるのかもと・・
向こうはユルユル運転なのに、僕がぶん回したのと同じくらい。
恐らく、もっと強い「気」的アイテムをテンコ盛りにすると
逆転すると思われます(笑

まあ、「気」を活用できるつーのは、8割方の人が普通に持ってる超能力
といってもよいかもと・・(笑

白須白須 2015/06/15 23:00 と、マァ〜色々ありますがw

ギロッシュさんがPCオーディオ始めたら全てが解決するでしょうw

ギロッシュギロッシュ 2015/06/16 08:24 あと、PCでよさげのところはCPUの高エネルギー動作かも。
真空管や高バイアスアンプはソースの「気」を活性化するみたいで・・
ただし、CPUは白須さんが嫌いな高周波ノイズがジャブジャブ、
実際やってみないと分かりませんが、これが悪いとなると
そこでバンザイですね(笑

ぜひ、究極のPCを作ってください(笑

白須白須 2015/06/16 09:34 >CPUは白須さんが嫌いな高周波ノイズがジャブジャブ

私もつい最近まで想考えていましたw
デジタルはノイズの塊だと教わりましたし、実体験もあります
ところが、それは違うんですw
PCの音聴けば誰でも分かりますよ
ノイズの無い超アナログ・サウンド! 想としか言えないw
だ〜から困っちゃうのですw PC止めらんなくて・・・・

ギロッシュギロッシュ 2015/06/16 12:07 >ところが、それは違うんですw

そうならば、逝けるんでしょうが・・
たぶん、読み取り系もPCの方が高エネルギー(笑
しかし、系のモータはなんとかしないと・・・

まあ、CDPでもアナログと変わりなくなりますよ(笑
CDPの方がお手軽モードで、お金かけて必死にらなずに済みますし、
それに圧倒的なダイナミックレンジです・・

白須白須 2015/06/16 17:01 一言、しっかし相当な頑固オヤジですなw

sl2tonsl2ton 2015/06/18 11:57 PCの設定を試しています。
(1)高精度インベントタイマー(HPET)を使う
(2)CPUのハイパースレッディングを止める
(3)マルチコアCPUを止め、シングルコアとして動作させる

(1)は賛否両論ありますが、私の場合止めた方が良いです。
(2)を試し、音がすっきりしました。
擬似的にCPUの数を増やす技術ですが、ノイズの原因だったようです。
調子にのって(3)を試しました。

(2)(3)は、これまでの流れとは逆ですが、音がすっきりし、ダイオードでも取りきれなかったヒリヒリが改善されました。

私の感覚では、DBMで電源対策したPCにおいて、
・マルチCPUはノイズの元。
・動作クロックは早いほど良い。

ウインドウズでも可能です。
以下のページをご参照ください。
(1)(2)については、
http://ameblo.jp/pcau/entry-11552935190.html
白須さんより早く、PCの音質に気づかれていたようです。

(3)については、
http://technobrain.seesaa.net/article/189355729.html

ぜひ、白須さんのご感想をお伺いしたいです。

白須白須 2015/06/18 14:01 SLさん、何時も情報ありがとうございます

色々試してブログにUPしたいと思います

世の中マニアックな方々が居られるようですね
紹介頂いた記事の中でコモン・モード・チョークを自作されていますが、タイムリーにFMコア(大型)を紹介できそうです・・・お楽しみにw

sl2tonsl2ton 2015/06/18 20:57 連投で失礼します。

CPUの数が1/4になったおかげで、消費電力が大幅に下がり、内蔵バッテリー駆動でリッピング
(RAMディスク上でisoファイル作成、マウント、リッピング)が可能となりました。
PCオーディオの先達(現役バイオリン奏者)は、極めれば「バイオリン奏者の指運(指の動き)がわかる」と言われています。
それに、近づいたような感じです。
バイオリンは全くの素人ですが、ティンパニのリズムが聞こえるようになりました。

ファイルマネージャー オフ
ネットワーク オフ
バッテリー駆動
等々は、リッピング時のほうが効果があるようです。
再生時の影響はリッピングの半分以下のようです。

川上シンゲン川上シンゲン 2015/06/19 23:59 CDのリッピングについて、後で調べてみて分かったのですが、

?ドライブの負荷時に電圧降下する。
特に、バッテリー電源は、機器の負荷時に瞬時に電圧降下しますし、長時間の運用でも徐々に電圧が落ちてきます。電圧降下してしまうと、バッテリー電源とて音質劣化してしまいます。特に、ギタリストは負荷時に電圧降下するのをもの凄く毛嫌いする人が多いので。

従って、高音質リッピング時に求められる電源は、負荷時でも電圧降下を抑えながら、かつ、クリーンな電源であるのが絶対条件になると思います。

?CD(ディスクイメージ)がマウントされたディスクから、直接データをコピペしてしまう方法。
この方法はリッピングソフトが不要ですが、コピペしたデータをWAVやAIFFなどのコンテナに入れる必要があります。拡張子を書き込むだけだと思いますが。

リッピングソフトで音質がゴロゴロ変わると言われているのですが、リッピングソフトを使うだけで音質劣化してしまうということです。おそらくですが、余計な処理を行っているのではないかと思います。言ってしまえば、dBpowerampなどの高性能リッピングソフトは不要になります。この方法の欠点を挙げるなら、MacだとFinderが起動してしまうことですかね。

それから、CDから直接コピペするか、ディスクイメージを作成してマウントしてからコピペするか、についてですが、?にも書いているように、光学ドライブの負荷時に電圧降下してしまうので、どちらがベストかは分からないです。

sl2tonsl2ton 2015/06/20 10:27 白須さん、ありがとうございます。

徹底的に電源対策されたPCでも効果があったようで、なによりです。
我家の場合は、電源対策が不十分だったため、効果が大きく現れたのでしょう。
ご指摘のように、楽器の分離が良くなるのがおもしろいです。

追伸
でっかいFMチョーク&FMコア楽しみです。
AC側に入れると、何アンペア流せるのでしょうか?
パワーアンプのACか、DCラインにいれたいです。
また、車のバッテリー出力(+、GND)に入れる事は(容量的に)可能でしょうか?
マッチングトランスも作ってみたいです。

白須白須 2015/06/20 13:37 電源対策されてる言うても、道半ばホントにコレでイイのか分かりません、まだ見過ごしがあると思いますw
HTとコア指定は効きました、ありがとうございました

電流値は定格25A、インダクタンスは10KHzで10.3mHもあります
ACラインに入れたら・・・・楽しそうですw
クルマ含めナンでも恋状態でしょうw
バラして遊ぶのも笑えますw
インプレ楽しみにしていま〜〜すw

川上シンゲン殿、一度直メールください

ギロッシュギロッシュ 2015/06/24 12:13 >天板は山西黒

余計なお節介でしょうが、御影石はちゃんと効果を確認して使った方が
よいかと思います。
荒れた音を抑えてうるさいのを殺すにはよいですが、音が暗くなるというか
美味しいところまで死んでしまうというのがうちでの判決です。
「お経」で武装した環境には要らないと思います(笑

まあ、たいへん胡散臭い話ですが、昔、気功師に聞いたら、御影は「気」を
吸い込むそうで、霊を封じるのにベストなのでお墓に使われるって・・
間違っても玄関に使っちゃダメとかいってましたし・・・
百歩譲って霊が居るとしても、なんでご先祖様を封じないと逝けないの??
って思いはしましたが(笑

白須白須 2015/06/24 15:01 山西黒=御影石=花崗岩=溶岩=放射線=大地の恵みとして考えていますw
ブッチャケ、イオン化触媒として使用します
石に下には、イオン塗料をタップリ塗ってありますw
さ〜て、どんな音に鳴るやら・・・・

sl2tonsl2ton 2015/06/24 17:39 川上シンゲンさん

電池駆動は電圧降下がつきまといますが、CPUの負荷を減らせば影響は少ないと考えていました。
ただ、DBMを付けると、バッテリー駆動のメリットは聞こえなくなりました。
PCは、電源駆動で光学ドライブはバスパワーが良さそうです。

リッピングは、今のところ、ISOイメージを作成してマウントし、データは全てRAMディスク上でリッピングするのが良さそうです。
ubuntuの場合、ソフトによる音の相違は聞こえません。
ただ、ソフト(iso作成、isoマウント、リッピング、再生)は、優先度を最高(nice -n -20)にして、lanを切って動かしています。
面倒ですが、通常の場合より、音は確実に良くなります。

光学ドライブは、iso作成の時だけ使うのが良さそうです。

<DBMの件>
DBMのFMビーズの位置ですが、以下の4ケースを試しました。
(0)ビーズ無し
(1)DBMの上流
(2)DBMの下流
(3)DBMのブリッジの中
0,1,2,3の順で(3)のケースがダントツで最も良かったです。

大型のFMビーズが楽しみです。
これを試すまで、リッピングは再度中断です。

白須白須 2015/06/24 20:43 >(3)DBMのブリッジの中

「どうせだから、付けとくか」が良かったみたいw
偶然です、ラッキーでしたw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arcs2006/20210610

2021-06-01 ダイオード・ブリッジ・メビウス DBM

 ダイオード・ブリッジ・メビウス DBM


      驚愕のDBMフィルター



               *** 祝 ***



    ザ・森高1本勝負  大勝利宣言!



ヤリましたw 爽快300Wフルパワー再生! 打ち込み混濁感無し、可愛い自然なボーカル再生


森高にDBM無しで奈落に落とされましたが、見事に解決、ブッチャケ、信じられんw   DBM様様


再生系は、Ritmoにしか付けてません、今後はプリ、パワー(本来はコレ用)はじめプロジェクターにも

ココから良く鳴るかと思うとワクワクしますw

まさか、電源、それもダイオード・ブリッジの接続を変えて流すだけでコレほど効くとは・・・・

我々は、電気と音質の関係をナンら理解していないのかも知れん



其れ処か、大橋純子は信じ難いパフォーマンス、痺れて全身麻痺!「こんな音出るのかよ!」「マジかよ!」


f:id:arcs2006:20150610110223j:image


D


タブン、DCラインに入れたDBMがメチャ効いてる・・・・インピダンスが下がった音で引っ掛からないw


超滑らか、フワッ・フワッ、トロッ・トロ、箸で摘めないバブルサウンド!


f:id:arcs2006:20150610104813j:image


PCの音とは、余韻がきめ細かく柔らかい泡で全体を覆われたような・・・・

もちろん、脚色ではありません、超生々しい、音楽ジャンルとの相性は存在しませんw


CDプレーヤーは砂利砂利した音、精々良く鳴って、砂場かな・・・・



ファイル・コンテスト


ナニやってるか言うと、CDを決めてリッピングの仕方をあの手この手で変え、ファイルを作って聴き比べ

変だよね、CDは同じだから、リッピングして音が変わるなんてアリエナイよね

でもね、メチャクチャ変わるんよ、言い換えると、ファイル・コンテストが出来る


CD決めて、皆でファイル作り、集まって聴き比べて遊ぶ


腕に自信のある変な連中が集まれば、内容が濃く鳴るので、新たな発見があるかも知れんw

当然、ジャッジはファイル作成者ではなく、第三者が行えば普遍性が明確に鳴る

方式はナンでも有りで、DSD、ハイレゾ、同じダウンロード音源とも比べればより面白いw

デジタル・データだけで勝負したら、相当笑えるよw

ハード・ソフト(OS含め)一切の制限無し、CDと再生PCだけ決める

ツッコミ処が無数にあるワナ


誰かヤラない?

























ザ・森高 1本勝負!


f:id:arcs2006:20150608162657j:image


DBMで電源質向上作戦


理由は全く分かりませんが、DBMを使うと音が良く鳴りそうなので、勝負に出ましたw


コレで負けたら、もう手立てはありませんw

リッピングの良し悪しは、森高千里で全て決まり、リップ・再生共に困難を極めます

スリ・ガラスに爪を立てたような音が出ます、今までの努力が水泡に鳴りましたw

ブッチャケ、トンデモナイ音楽ですわ


f:id:arcs2006:20150608143722j:image


AC100Vラインは、Hot/Cold共にDBMを入れ、Vfは殆ど関係無いので、大型ブリッジ(FMトローチ)

DCラインは、Vfが低い新電元のSBDブリッジ(FMビーズ)を使用、+・GND両方にDBMを入れます

今回は、エネループ出力にもDBMを入れてみました・・・・気分で・・・ナンとなく

ブッチャケ、ヤマ勘です、こんなモン他には無い、結果は音出してみないとワガンネw  想像すらデキンw


f:id:arcs2006:20150608160443j:image

f:id:arcs2006:20150608160321j:image


出力電圧が2.5V下がりました・・・  1A負荷時   無負荷だと30V



電気がダイオードを通過しているようですw


f:id:arcs2006:20150608172648j:image


為書きをしました   現在200GB


f:id:arcs2006:20150608213955j:image


エネループのDBMは外しました・・・・必要無いかも・・・

エネループは、電池ですからノイズを出さない、ツウか、ノイズを溜めるコトはありますが・・・・

問題はエネループで起きるのではなく、エネループに入れる電気(充電系)に問題がある


f:id:arcs2006:20150608214019j:image


負けるワケには逝かないので、少しズルしますw

ちなみに、CDは100円でしたw  価値を1万円まで上げますw



試聴結果・・・・



一聴で分かるほど、歪み感・混濁感・付帯音が減りました


森高+大橋純子リッピングしてみました、メチャクチャ音イイですわ

タブン、他のリップも大幅に音質向上していると思います・・・・いよいよ完成か・・・レディーガガ!



耳が腫れ上がってゲイン・MAXゆえ「もっと良く鳴らんのか!」


音聴くと、ナンか少し引っ掛かる・・・・如何とは言えんが、引っ掛かるw

つうか、チョッと弄ればもっと逝けそうな気がする・・・

自作屋の勘と申しましょうか、イイんだけど、ナンかスッキリしない・・・・もしかしてインピが高い?



試しにスピーカーラインにダイオード入れてみました・・・



音がバラバラに砕かれ、ブツ切り、全く使いモノに鳴りません



例えると、FMビーズのスピーカーケーブル芯通しの数倍・・・・


普通の整流ダイオード


Vfが大きいのか、微小出力は全て吸収されてハイレベルの信号しか通過しません

音が変になるとは考えましたが、通過しないとは思いませんでした

ダイオードが障害になり、信号が通過できない(抵抗が大きい)・・・・つまり、インピーダンスが高い

想なんです、強力なフィルターとして作用していると思われます

音声信号をノイズに例えると、整流ダイオードノイズ抑圧効果が高い・・・・・

ダイオードはサイン波整流ノイズを出すと書きましたが、整合性がイマイチ取れませんがw



SBD整流ダイオード


Vfが小さいのか、普通のダイオードに比べ通過する信号が増えています

SBDのほうが、ノイズ抑圧効果が小さいのかもしれません



共通点は



ダイオードにはフィルター効果があり、同時にラインのインピーダンスが上がる


AC100Vを通過させるDBMは無条件に音質向上効果が得られると思います

ACラインのインピーダンス上昇は、ノイズ抑圧効果に直結、コレは凄いわ

こんな効果があるとは考えもしませんでした、FMとの併用により、相乗効果が上がる

チョーク(首絞め)コイルの半導体バージョンがDBMかな

L成分を持たない分、クセが少なく使い易い、超ノウハウだ



問題はDCラインのインピーダンス上昇(便秘


FMビーズ・トローチと効果が似ている、インピーダンス上昇を防ぐためにDBM通過後はパスる必要がある

トラブルに鳴らなかったのは、エネループによる電源改質のお陰かも知れん・・・・



パスらないと、電源が便秘を起こす



運個(電流)が固くなり思うように出なく鳴る



アジャパ〜〜


DCラインのDBMの使い方を間違えたw



DC出力に入れたDBMの副作用によって便秘症状を起こしている



ヤバイじゃん・・・


早速、手直しw


f:id:arcs2006:20150609211522j:image


DBMに放熱器、思いのほか発熱(PCは電流変化量が大)するのでアルミ板を付けましたw

DBMは、コンデンス・チャージの中間に挿入し、インピーダンス上昇をチャラにします(パスりを省略w)

DBMによって電圧降下するので、エネループを22セル(27.5V)に変更



コレで「森高」再リップ



完全勝利へ向け、GO〜〜〜






再生の難しいソースとは


録音が悪いのではなく、再生出来ないから録音が悪いと勘違いする


録音は相当正確に記録できていると考えられますが、再生が全くできていない

再生評価を録音評価と勘違いしていると仮定してリッピングを行ってきました

再生装置は変えていないので、再生ではなく、リッピングできなかったというのが正しいかも

再生系、特にPC電源をシリーズ化、無帰還+エネループにすると激変しますが

同じコトをリップ系で行うと、超激変しますw 再生系に興味が無く鳴るほどの超激変が起こる


リッピングが難しいソースとは


多数の中高域(楽器)マルチ・モノラルと甲高い女性ボーカルが合わさったソース


音が混ざり易く、混ざることでソースには入っていない付帯音が出てくる

「キィ〜〜ン」「カンカン」「チッ・チッ」と音が出て音楽と混ざる

合唱・大編成オケでも同じ現象が起きる、得てして、小編成は得意で大編成は苦手

マルチ・マイクは結果として音が混ざり易い、ステレオ・ペア・マイクは再生が楽w



ダイナミック・レンジが狭ソースの大音量再生


ダイナミック・レンジが狭く、音数が多いソースの大音量再生

音に抑揚が無いため、混ざって団子に鳴るw



ブッチャケ、煩くて喧しい音楽全般


つまり、森高なのよ



音量を下げれば問題は起きません


クルマやバイクと同じ、ユックリ走ればナンも問題が起きない

つまり、性能が低いとスピードが上げられない、スピード上げると怖く鳴るw

再生音量を実物大として捉える時、クラシックとJAZZ、そして「森高」のようなROCKでは次元が異なる

ROCKコンサートのPAは拷問ですから、元々そう言う音楽だと言えますが・・・・・


そんなコト言い出したら、スーパー・カーは必要無く鳴るw





噺を戻すと・・・


得てして、若者音楽に代表されますが・・・・音楽的にレベルが低いとか言う噺ではありません

色んな音楽が有って然るべきだし、人は誰でも若い頃があるもの

言えるコトは、オーディオ再生にはイイ音しないので向かない、皆さんガマンして耐えるしかない

それでは面白くないので、音を弄らず、ピュア・レベルで録音現場の再現を目指していますw



CDには完全なデータが記録されている


CDプレーヤーだと良くて60%(ヘタすると40%)、ファイル化して再生するとザックリ80%

残り20%の中〜大トロが眠っている、特に93%以上はドラッグ領域で全身の痺れを伴うw


MP3はオーディオ救世主


ブログで音楽動画を紹介していますが、ソコソコ聴けて驚いていますw

情報量はイマイチですが、嫌な音がしません、ロスレスだと嫌な部分が目立つw

特に若い方なら、AKB48はMP3と相性良さそうだと実感・・・・

つうワケでAKB48の「恋する・・・・」をテスト・リップする予定w


D



整理すると・・・・


リッピング専用PCの大元電源をシリーズ化し、丸裸で使い、FMとダイオードを駆使してノイズ対策を行うと



果てしなく音質向上して逝く


リッピングしたデータはナニ一つ変わりませんが・・・・

人が意図的に分けて保存しておけば、その大きな違いは何時でも比較試聴可能


比較するデータに違いはありません



違いは電源の質  「電源質の違いがパラメーターとして記録される」としか説明できないw



その違いは、オーディオ再生に於ける根幹部分に関わり、音質的には大トロに当たる



つまり、ココで得られた電源ノウハウを全てに転用すればOK









今年のコンテスト


f:id:arcs2006:20150607233958j:image






要注意!


オーディオにはワケ分からない事象が数多く発生します

だ〜からオモシロイとも言えますが、反面、私を含め、いい加減な連中が蔓延る温床とも言えます

俺は正しい! と言いたい処ですが、残念ながら証明できません、魑魅魍魎そのものw

オーディオは最先端自然科学、測定できません、脳ダイレクト・ハンマー

ちなみに、音は聴けば誰でも分かります、耳がイイとか悪いなんて世界は一切ありませんw

ところが 「自分は耳が良くない」と思っている方がオーディオ・マニアには相当居ます

言い換えると、自信が無いのかも知れません、でも大丈夫!

一目瞭然なんて言葉がありますが、耳も同じですよ

自分の目で見て差が無ければ納得するデショ、音も同じ

ところが、耳に自信が無いコトにつけ込んで、いい加減な評論を噛ますバカが相当居ます

あたかも大きな差があるような表現でウソを言う連中が多い

全く差が無いのに、差があるかのような言い方をする、その差が分からない時、自分の耳が悪いと思い込んでしまうw

差が分からないコトを自分の責任だと思ってしまうw  こう鳴るとヤバイw

他人が分かる差、でも自分は分からない・・・・つまり疑心暗鬼に鳴るw

私も若い頃悩みました、某有名オーディオ店の試聴室、長岡先生が評価するスピーカーが聴きたくなり逝きました

もちろん、買う気は無い(買えない)のでコッソリ聴くつもりでしたw

その店の常連の方が、たまたま試聴中でラッキーでした、ところが、スゲェ〜酷い音でした・・・・

「こんなモンか・・・」ガッカリ・・・・その後、常連の方がアンプの変更を希望され・・・アンプを換えました

コチラは興味深々、音が変わるか楽しみにしていると、全く違いが分かりませんw

ところが・・・・常連の方は


「流石ですね!」  大きな声を発しましたw


店員の方は「想なんです」


私は耳を疑いました、私には違いが全く分かりません、相当ショックでした


目の前で試聴する中、私には全く差が分からない現実・・・・・

この差が分からない自分は、耳に自信が無くなりました、オーディオ趣味には向かないとも感じました

同じ体験を、25年前、MJの自作アンプコンテストでも体験しましたw

自作アンプに興味が無くなったのは言うまでもありませんw

再び興味が湧いたのは、10年後、マランツ6100を聴いたから・・・・・

去年のBDドライバー比較試聴会の時も同様に鳴り悩まされた

考えなければ分からない差、瞬時に分からない差は、「気」にする必要はありません

つまり、差なんか気にして聴く必要がない、差が有れば誰でも瞬時に分かるから・・・・

ところが、「気」にしなくても、その差に打ちのめされるから厄介なのよ 「気」にすんな、ジャ済まない


一つ言えるコトは、差が分かり易い、差が出易い、差を拡大試聴できる環境作りに努めています


差が分かり易く鳴るコトは、必ずしも良いとは言えません


私のように割り切りが出来れば問題ありませんが、普通の人は想は逝きません

「雑誌に書いてあった」日本人はマジメな方が多く、騙され易い・・・・そして、其処に付入るヤツも多い


例えば、電線に方向性がある、アースで音が良く鳴る、いい加減な連中にマインド・コントロールされるよ

交流のDC成分も同じかな、交流のDC重畳をDCバイアスと普通は言いますw

と、言うワケで色んな方々が蔓延っているのがオーディオ世界、霊感(スピリチュアル)が平気でまかり通る

言い換えると、音質・画質には知り得る自然科学を超えた、まだ説明ができない現象が沢山あります

法華経」BDーRなんか正にその代表格、現象は誰にでも体験できますが、理由は誰も説明できない



ブログの内容は、ご来店戴ければ、その違いを明確(秒殺)に試聴可能です









ダイオード・ブリッジ・メビウス (DBM)


f:id:arcs2006:20150606095851j:image


上図の矢印は間違いです、サイン波は全て正電圧ですから、一旦流れ始めると順方向だけでメビウスが形成される

グルグル回る内に、電圧降下しそうだ・・・・左から右へ電流が流れる過程で一体ナニが起こるのか・・・・

ダイオードの数*Vfで電圧降下しそうですが、負荷無しの状態、テスターで測ったら電圧降下は無かった


f:id:arcs2006:20150606095932j:image


アムクロンダイオード・ブリッジの謎がアタマから離れなく鳴った


最近の注目は、ダイオード半導体)ですわ、私が知る国内オーディオ技術ではこの手のトライは知りませんw

スタジオ用最高級パワーアンプにだけ付けられている謎のダイオード・ブリッジ

ナンでこんなコトするんやろ・・・・ワガンネ・・・・でもナンかありそうだw

図を描いて見ていたら、コレってメビウスじゃね、てなコトに気付き・・・

ようやくヤル気が起きたので、作ってみましたw

ブッチャケ、ギロッシュさんから押付けられ実験する羽目になった「ニャ〜」「電球」「お経」と同じで

人のことアタマ固いとか逝ってますが、自分も相当に押されないと、もしくは納得しないと動きませんw

ブログ書くネタ、つまり、ブログが無ければ絶対に試しませんw  そんなモンですw

電気的には、ナンの理論も有りません、それどころか、ロス疑惑が発生するワナ

大抵のエンジニア(理論派)は、「アホか」ツウでしょうw

でもね、効果は知らんが、見方を変えれば、応用範囲が広く、スピーカーラインにも入れられるわさw

スピーカーに入れたら大事件が起こるかもよw  誰かやってレポートしてチョ



もしかスンと・・・・・・・だよ


f:id:arcs2006:20150606114931j:image

コードは束ねて使用しないでください、と書いてあるw

f:id:arcs2006:20150606114948j:image

f:id:arcs2006:20150606120151j:image



試聴結果・・・・


f:id:arcs2006:20150606130748j:image


D


ですわ


サブ・システム(CDヘッド・ユニット)で再生してみると・・・・


驚くほど艶やか、シットリ、色気のある音に変わり、ビックリ!


ブッチャケ、FMビーズ入れてあるので、良く鳴って当然とも言えますが

それだけでは説明がつかない変わり方、ダイオード・ブリッジに対する見方が大きく変わりました

アムクロン特有のノウハウなのでしょう、コレだけ変われば差別化ができるw

皆さんもお試しください、相当オドロクと思いますw 笑えません、なぜなら、知らないコトが多過ぎだから


f:id:arcs2006:20150606131941j:image


藤圭子・山口百恵・八神純子と来たので、大橋純子はどんなモンだかCD掛けていたんですが・・・

案の定、相当酷く、キツイ音、ペラペラなボーカル・・・・CDじゃこんなモンだと納得してたんですが

ダイオード・ブリッジ・メビウス(DBM)を入れたら・・・上記のように高音質に鳴った


変化の度合いは、初めてメビウスを体験した位の違い



リッピングPCには必須だわ




ダイオード・ショック!    疲れたw


f:id:arcs2006:20150527231204j:image


まさかこんな使い方で、コレ程変わるとは・・・・信じられん!

ダイオードは、ノイズ・フィルターに鳴るのか? そんなモン聴いたコト無いわ

テーブル・タップに仕込んだら、10万円でも売れるほど高音質に鳴るw

もっと早く試せばヨガッタ、最初に回路図見た時、思わず目を疑りましたが、こんな秘密があろうとは・・・・

ナンで誰も不思議に思わなかったのか、其れ自体が不思議だ、マネすら見たコトがないw

一体ナンなんでしょ、すべての機器の電源ケーブルに有効だと感じますw

今回は、AC100V電源ラインにDBMを入れましたが・・・・・AC100Vには相当問題があるとしか思えん

ダイオードって一体ナニ???



コレで森高が良く鳴るのか・・・・



パワーアンプ用に4パラで作ろうと考えています

同じアムクロンですから、その差が如何鳴るかが楽しみだ

もっと言えば、分電盤に付けるのも有りだと感じる

クルマで言えば、オルタネータの出力にシリーズで入れるとか・・・・またヤル事が増えた・・・



RitmoにDBM


少しは良く鳴るだろw とハードルを下げたんですが、見事にハイ・JUNP!


久々、再生系での大きなステップUPが実現しました

リッピング系で行えば、森高も見事に逝けそうな予感がしますw  コレ効くわ

中高域で電子楽器がガチャガチャ重なる部分が相当スッキリ分解するように鳴り、大満足w

情報量を減らすことなく、歪み感だけを減らすという神業が実現、アムクロンデザイナー殿に大感謝

このアンプを改造しなければ、こんな手法は絶対に気付かないと思います、めぐり合わせが良かったw

電子楽器の中高域のガチャガチャノイズ感)は、一体如何すれば良く鳴るのか想像もできませんでした

除電・イオン化・FM・メビウス・「法華経」を持ってしても僅かに残ってしまうノイズ

その他のソースでは、相当良く鳴って自己満でしたが、森高のハエ男に叩き落とされたw

他に手立てが無く、半ば諦め掛けていましたが、アムちゃんのダイオード・ブリッジを思い出して良かったw

ブッチャケ、最期に残った全く理解できない手法、まさにヤケクソ・神頼み・お祈り・・・・

コレはそう言うモンだ、絶対に良く鳴らないと思ってましたが、ナンとダイオードに答えが有りそう

ダイオードオカルトではありませんが、使い方はオカルトですわ、しかし、効果がデカイから誰でも分かりますよ

電源回路のDCラインにダイオード検波入れると音質向上しますし、手応えがありましたが・・・・


そんなモンを遥かに上回る音質向上



AC100Vラインにダイオード入れて流すだけ



アリエナイ   恐れ入りました









オマケ


f:id:arcs2006:20150606121530j:image

製作中のプリの乳首ツマミw(ステンレス削り出し)右は18年使ったのでレストアした現用品(真鍮磨き焼き付け塗装)








デコデコ・エネループ・アシストには逆流防止ダイオードが必要


f:id:arcs2006:20150510165138j:image


トラブルは起きてナンボ


如何見てもコレはダメだろ、つうパターンは仕方ありませんが、すべてが想とも言えないw

想定外とか言って言いワケしますが、原因が分かれば「オマエの考えが浅かっただけだろ」と、大抵の場合鳴るワナ

世の中、そんなモンですわw 失敗して初めて「想だったのか・・・」とワガルw

つまり、失敗しないと新しいコトはワガンネのよ、だから失敗を恐れる(しない)と新事実はナンも起きない

失敗しても懲りず(原因を理解できず)に、何度も同じ失敗するパターンもありますが・・・・

つまり、人生は知識だけでは実にならず、経験に勝るモノは無いw


失敗は宝


失敗しない代わりに、発見も無く鳴る、とか逝って、言いワケしてるんですが・・・・

言い換えると、失敗はチャンス到来w  モノは考えようだw  ブッチャケ、失敗するからオモシロイw

原因不明でPCが機嫌悪く鳴るんよ、コレって良くあるパターンでして、正常に動作しているのに突然フリーズする

今までもコレの繰り返しだった・・・・

今回のケースは、デコデコの12Vラインだけがフリーズするんよw

つまり、エネループ・アシストを入れたラインでフリーズが起きるw

エネループ外せばOKですから「外せばエエじゃん」ナンすが、そうは問屋が卸さない・・・

エネループ付けると音が良く鳴るのは事実、外すワケには逝かない

エネループ+コンデンス・チャージの時は頻繁にフリーズしてましたw

コンデンサー外して良しとしましたが、根本原因の対策ではないコトが分かりましたw

解決したと思った問題が、実は解決しておらず、問題が内在し、ホントの原因が見えて来たw

言い換えると・・・・炙り出されて来た


ビッグ・チャンス! 到来w


f:id:arcs2006:20150605154847j:image


1個のSBDですが・・・・逆流(誤動作)防止+検波ノイズフィルターで2度美味しいw


ようやく、ダイオードの使い方(ノイズ対策)が見えて来たわ

この考え方は、広く応用が効くワナ・・・・逆流=ノイズ、とくにNFB(SENS)ラインはかなりヤバイ

今まで、逆流するワケないと考えていましたが、逆流して当然だと気付いたw

図を見て分かる方は、お好きにお使いくださいw


CPUと書いてますが、CPU専用デコデコでして、デコデコでデコデコに電源供給しています

間にエネループ入れて時定数ダンパーにするつもりでしたが、良く分かりませんが、トラブルの原因に鳴ったみたい

いい時はイイんですが・・・ナンかの拍子に瞬逆流が発生し、ニプロンがハングUPしちゃう・・・・

エネループが入ったコトで三角関係に鳴ってしまったようですw

SBD入れることで、逆流が阻止され、エネループとCPU専用デコデコとの関係に整理される

エネループはCPU専用デコデコにのみ電源供給すれば良く鳴り、安定する

SBDに依って、ニプロンのATXデコデコが混乱せず、安定動作へ近づく・・・・SBDは救世主

PCオーディオの電源は、生き物みたい、突っ込み処満載だよw



リッピング・ハードル上げましたw


f:id:arcs2006:20150605195044p:image

D


折角イイ処まで来たと満足していたら・・・・・


森高にハエ叩きで落とされたw


Dレンジが狭く、打ち込みと言われる手法の音楽、バブルの頃の音楽

まさか、コレをマジで聴くとは考え難だw

PCオーディオは奥深いw


それにしても、ハードル高いわ


打ち込みの低音はかなりハードで芯があり、グイグイ突き上げられる、悪くありませんw

問題はボーカル、ワザと不自然に歌っているのか? 子音がキツクて声がペラペラ・・・

電子楽器だらけ、ガチャガチャ鳴って、ワイドレンジの大型スピーカーだと、伴奏にボーカルが埋もれそう・・・・

タブン、今の音でも相当イイと思いますが・・・・コレ以上良く鳴るのか・・・・


「悪い録音なんか無い、再生できないだけ」と言った手前、引けないワナ


コレが自然に鳴ったらホンモノだw


こんなモン、電源だけで直るんか???   音聴きながら、考え込んだゾ!   難易度高いわ


あと一体何処に見落としがあるんだ



f:id:arcs2006:20150605221911j:image


次にコレ再生したら・・・・


「嗚呼、なんてイイ音なんだろ」  再生がカンタンw
















リッピング絶好調!  完成したスーパー・ヌード電源使って本番リッピング直前のテスト


抵抗負荷で1Aを24時間流してエージング、より瑞々しく、滑らかなサウンドに変身!


JAZZ不朽の名盤リップ味比べ


CDやPCなんて邪道・冒涜だ!  この2枚、AD再生しかアリエナイと思ってましたw


ところが・・・・


CDのみならず、DVD−AUDIO、SACDなどが有り、今回3種のリッピング・データを味比べ

当然ながら、同じマスター・テープから作り出したディスクをリッピングして比較試聴

どれがイチバン美味いかなw


ブッチャケ、今回比較するためにCDを渋々購入しました

以前なら、この種のCDは絶対購入しませんでしたw 典型的なお金の無駄使いだと思ってましたw

CDしか知らない世代なら分かりますが、ADの実力を知っていれば買うワケがない、お金の無駄w

ちなみに、CDは44K 16ビット、DVD−AUDIOは96K 24ビット、SACDはDSD64

スペックだけ見れば、比べる由も無い・・・・


f:id:arcs2006:20150518232930j:image


CDデータは圧倒される空「気」感、熱気ムンムン


私の知っているAD再生を大きく上回る超アナログ・サウンド!

ナンなんでしょ、密度の濃い空気感、ライブの張り詰めた緊張感がビンビン伝わり、相当オドロキました

会場ノイズが話題になる録音ですが、リアルもリアル、そして其れを上回る素晴らしい演奏

耳タコ・ソフトで有名ですが、こんな音で録音されているとは知りませんでした

古い録音なので、少々舐めていました、ビル・エバンス素晴らしい!



DVD−AUDIOデータも大健闘!


CDデータに比べると、ホンの僅かですが情報量が減って、残念!

初めてハイレゾ(DVD−AUDIO)聴いた時、CD再生と偉く違うと思ったものですレディーガガ

それが今や・・・・・



残念なSACD


再生レベルが低く、こじんまりした会場で、大人しい演奏、オフに聴こえる、相当抑え、弄ってる音だ

この傾向は、復刻盤SACD全般に言えます、灰汁抜き、浄化、整理整頓、優しく大人しい音楽

ハナタレ・ヤンチャでバッチイ子供(昭和)と、清潔で綺麗な洋服着て大人しいイイ子(平成)の違いか・・・・・

現代的と言えば、そうなのか・・・・演奏会場の熱気がクーラーで冷やされたように聴こえる

「ほら、イイ音デショ」とでも言って貰いたいのかな・・・残念!



f:id:arcs2006:20150604173047j:image


f:id:arcs2006:20150604214918j:image

1954〜59 昭和29年〜


あのね、3枚組で900円かよ


お買い得と言うのか、投売りと言うんか・・・・著作権無いとこう鳴る



CDデータは素晴らしい!


コレぞJAZZだ、久々痺れましたw

AD再生でこの音出すの相当大変だわ・・・・ブッ魂ゲタ!

超弩級カートリッジで再生されるピリピリした演奏の緊張感がPCでも出るw

一発録りの良さがビンビン、当時の音のマンマ、安いから全く弄ってないのか? 弄る予算が無かったか?

部屋の空気が変わります・・・・恐れ入りました



ココでも残念なSACD・・・・


ビル・エバンスと全く同じ、現代の音? 綺麗な音?



今まで、JAZZは控えてましたw

なぜなら、当時モノのADが高価だから、復刻盤CDなんて買うモンじゃないと決めてました

CD聴いて失望する位なら、聴かないほうがエエと思ってました

JAZZはお金持ちしかホントの音聴けないと思ってましたw


ところが、違うんです!


CDデータ、メチャクチャ音がイイ、目が覚めた!


最近、AD再生はご無沙汰でしたので、JAZZもご無沙汰でした


コレ、イイわ


これで躊躇なく、古いJAZZのCDを買い漁れる・・・・楽しみが増えたw

PCオーディオは良く鳴れば良く鳴るほど、再生する音楽ソースの幅が広がる

オーディオ本来の姿、音楽ナンでもOKに近づいて逝く・・・・ナイス! 幸せオーディオ


















実態が無いPCオーディオ


PCオーディオには実態がありません、ですから分からない人にはサッパリ分からないと思います

PCで音楽再生すれば、全てPCオーディオ、バリエーションが沢山あります

例えば、A社のXXと言う新製品が良いと言う実態が無い・・・・・

ですから、大手メーカーは手が出せない、唯一USB・DACと言う実態がありましたが・・・・

ヤレば分かりますが、音質低下の元凶でした

つまり、PCならナンでもOK(ハード/OS)だし、再生ソフトも色々、ネットワークも絡む

単純にPCで音楽鳴らすだけですが、PCオーディオ全体がシステムゆえ、全て自ら構築する必要があり

如何とでも鳴るので、全体像が見えないとナニを如何したら良いか実態が見えません

ご自分でヤルなら、MACを使ってItunesで音出し、電源を良くすれば、相当イイ音でます

高級CDプレーヤーなんて意図もカンタンに鴨れますw

もちろん、アークスでRitmo購入戴ければリッピング含め全てインストール致します

昔のオーディオで言えば、バラ・コンポで揃えるのと、メーカー・シスコンとの違いですわ・・・・

ナンですが、私もそうでしたが、MACは一見すると軽薄に見えるし、若者向けに見えるw

昔、息子にIpodを買って上げた時、自分も野朗とは思いませんでしたw  其れ処か、否定してましたw


一方、バラ・コンポでPCオーディオ野朗とすると・・・

リーダー不在で「勝手にヤレば・・・・お好きにどうぞ」って鳴っちゃうw

まるで、太平洋に一人で船出するみたいなモン

ワケ分からない語句から覚えなアカンし、本読んでもも30秒で寝ちゃうし、CD入れれば音が出るのと大違い

ましてや、自作パソコンやら電源云々言い出したら宇宙語でしょうw

言語と同じで、分かってしまえば大したコトありませんが、分からないと「ありがとう」すら言えないw

ネット見たり、メールするのとはワケが違う・・・・

ましてや、コスパ・オヤジは無駄なお金使いたくないから、最短コースでイイ音出したいのは人情・・・・

世間から取り残されたPC難民オヤジは、キッカケが掴めず「指咥えて見てるだけ〜〜〜」の世界に鳴っちゃうw


Let’s PC AUDIO


まずは、決意しましょう

「ありがとう」「こんにちは」から覚えると思えば気が楽、誰でも最初は同じです

睡魔と戦い、1字・1句から覚えましょうw

若いモンから教わりたくないとか考えちゃダメよ、オヤジ(老人)なんだから威張っちゃダメ、知ったかぶりもダメ

PCは素晴らしい音が出ます、コスパもトップでしょうw 偏見を捨て素晴らしいオーディオ人生を得てください



PCオーディオ入門は言語習得と同じ    オーディオ・オヤジは辛いわよw



PCは専用化しましょう


私も最初は、勿体無いと考えましたが、今は、専用化しないほうが勿体無いと考えています

PCオーディオは、音楽再生専用PCのコトを言いますw

PCならどれでも同じダベ、と考えていましたが、汎用PCと専用PCでは音質に雲泥の差が生まれる

ネットに接続するのもダメ、兎に角余計なケーブルやオーディオに関係ない機能は全て捨てる

専用PCを外界から引き離し、引き篭もりをさせ、音質一本(ディスプレーOFF)で仕事をさせる

神経質なように見えますが、変な高級ケーブル(USB)とか買うより音質向上効果がデカイ

ブッチャケ、専用PCが最もコスパが高い、音聴けば誰でも分かりますよw









BSコンバーター電源を考える


エア・チェックをリファレンスとしているなら、BSコンバーター電源の良し悪しが音質・画質と関係してないか?

BSアンテナについて、もう少し深く考える必要があるのでは、と指摘されました・・・・確かに想だ

BSコンバーターは、エア・チェックで言えば、源流にあたります・・・・・関係無いワケないべ

しかし、全く注目されてきませんでしたw   真空地帯・盲点・穴場ですわ

パナレコの受信設定でアンテナ・レベルをチェックする画面がありますが、アンテナ・レベルだけではなく

C/N比も見ているようで、レベルを上げるには如何すんべ、と、以前から考えていましたw

アンテナ口径をUPするのが正攻法ですが・・・・家庭用では限界がある

ブッチャケ、BSコンバーターの電源を良くすればC/N比が上がる可能性が高いと考えていますw




リッピング専用PCのACアダプター



日本にも一人くらいはコレ程のバカが居ると言う証明だw


我ながら誇らしいゾ! トラクターにV8付けてレースするヤンキーみたいなモンだw

悔しかったら抜いてみw 喧嘩上等、とことんヤッタルぜ!

リッピングを如何に重視しているかの表れですわ、リッピングするPCのデコデコに究極のDCをブチ込んダル!

センター・タップ半波整流を除き、究極のスーパー・ヌード電源

成分無調整、スーパー・ミネラル自然水みたいなモン、東電発電所選べないのが難点ですが・・・・

この先があるとすれば、太陽電池で充電したRife(リチウムフェライト)しかないハズ(1年以内に作る予定)

脱原発(脱発電機)電源・・・宇宙の光エネルギーで聴くオーディオしかないw



電源とは、良質なDC(低時定数)を如何やって作り出すかが勝負!


本来、DCには時定数が無いとされていますが、AC(サイン波)から作るDCには時定数が隠れている

時定数は、エネルギーの斑としてDCの中に内在しています、見かけ上測定できませんw

電圧波形はDCでも、エネルギーの斑がACを整流したカタチで残ってしまう・・・・・見えないw

ところが、音だとそれが分かってしまう・・・・

シリーズ電源とSW電源の違いは、AC周波数(時定数)の違いでしかありません

SW電源はエネルギー斑が細かく鳴りますが、目に見えない細かな傷(高周波ノイズ)が付いてしまう・・・・


問題はココから・・・


ACから作り出したDCをどんな負荷に供給するかが問題


例えば、電球を点けたとしましょうw

電球は、フィラメント(抵抗)負荷ですから、時定数はありません、光輝くだけ

ところが、蛍光灯だと振動しながら光輝くため時定数が存在します、コレを時定数負荷とします



DCに内在する時定数 と 時定数負荷 が 共鳴して ノイズに鳴る


ブッチャケ、AV系全ての負荷には時定数が存在します

時定数負荷にDCを供給するからノイズの問題が起こると言えます

つまり、負荷は全てAC動作をしており、そこにDC電源を供給しているのですw

負荷がバイブレーションしていて、供給するDC電源が揺すられている



デコデコの場合


サイン波ではなく、矩形波なので、エネルギー斑ができ難い


大昔、教科書でサイン波はノイズが無く、矩形波ノイズだらけと教わりましたが・・・・

ナンと皮肉なことか・・・・サイン波が恨めしいワナ

エネループを使うのは、サイン波整流によるエネルギー斑を埋めるため


ブッチャケ、エネループを付けると、リップルノイズが減るんよw  (オシロで見て笑えるw)



f:id:arcs2006:20150601152210j:image


エネループは1セル1.25Vで計算していますw

1.2Vじゃ低いし、1.3Vだと過充電が心配、ブッチャケ、良く分かりませんが「エイ!」で決めましたw

今回は実測30Vで、24セル、正解か如何かワガンネ、そんなモンです、教科書はありませんw

塗装はナノ・イオン・ペンキをドバ塗り・・・


f:id:arcs2006:20150601212136j:image


メビウス(3コア)・FMチョーク(20A)・24V(1000VA)トランス・D・C・D・C・DD


クレージーDIY


全てのノウハウを投入! 相当な覚悟が要りますが、オヤジDIYで全て可能w


f:id:arcs2006:20150601211900j:image

f:id:arcs2006:20150601211928j:image


基本に返り、除電にウエイトを置きましたw 気分次第でコロコロ変わるw そんなモンです


永い道程でした・・・・全てを尽くしました・・・・ナンも残ってませんw


DC30Vのスーパー・ヌード電源、レギュレターはありませんが、1000VAトランスに委託(お任せ)しましたw

デコデコの入力電圧幅が広いと、アバウトDC電源でPC駆動が可能、リップル除去は甘いですが・・・・

エネループがそこそこ頑張って、天然(成分無調整)電源が構築できましたw

こんな古代化石のような電源で最新PCを駆動するなんて、結構笑える上、音が良かったら爆笑モン

負荷になるデコデコは、NFB(時定数)ガチガチなんですが、コチラの時定数が低いのでOKなのよw



果たしてホントに音良く鳴るのかよ?



あのな、チョッとの違いじゃ世間様が許さんぞ! 「覚悟しいや!」




    *** 試聴結果 ***


     f:id:arcs2006:20150602114543j:image


       ボキャあらへん!



     一瞬で全てのリップ・データがゴミ箱逝きだ


まさに「秒殺」もの凄い破壊力でビックリ仰天!

信じられん、ナンなんでしょ、と、同時に


狼オヤジに鳴らんですんだ  「内心、ホッ・・・・・」



CDデータお見事! 大したモンです、散々貶してゴメンナサイ


皆さん、ファイル再生頑張るより、ファイル作成頑張りましょうw

ファイル再生ガンバっても、ファイル作成に叩きのめされるよw

ブッチャケ、とりあえずファイル再生はナンでもエエんちゃうw

ファイル作成(リッピング)でココまで変わられちゃうと、お噺に鳴らんワナ

リッピングで音は決まる、後ろ(再生系)で拘っても不毛だわ

リッピングは専用PCを自作、ハイスペックCPU&マザボを使い、デコデコATX電源を使用

DC供給は、巨大シリーズ・ヌード電源+エネループ併設、そうするともの凄い音でリッピング可能

すべてCDの中に入っていた音かと思うと、ギョっとしますw



思い出は美しすぎて


D


例えばコレ

ボーカルの透明感は初歩の初歩、甲高いエレキがバンバン使われ、中盤にホイッスルまで吹かれる(レベルが高い)

ホイッスルなんて相当ムズイ(辛い)わけよ、ココをパワー全開(300W)でクリアできるかが大問題なのよw

普通は、ホイッスル鳴った途端に(キィ〜〜ン)・・・・コース・アウトでリタイヤw

キレ味を落とし、聴き易く鈍らせると、音楽から精気が抜けるw キレ過ぎるとスピンして脳ミソ掻き回されるw

しかし、パワー全開でクリアできる細いラインが1本だけ存在するんよw

70年代の分厚いサウンド、飛び抜けた歌唱力、エレキ演奏、ホイッスル、1年前はパワーを上げられない音でしたw

ブッチャケ、録音が古いだ悪いだ、とか責任転嫁してました・・・・舐めてたw



実は、もの凄い超HiFi&「本気」が満ちた録音だった   全身が痺れるドラッグ・サウンド!


再リップする度に、一皮づつ剥けてきましたが、ついに・・・・ワープw



女性ボーカルの老化・・・・


男性も含めて、声の若さ・瑞々しさには時限があるようです

オペラ歌手を見れば一目瞭然、特に女性の声は賞味期限が短い、男性のほうが長いですが、それでも限界がある

歌唱力(テクニック)は経験で上がる可能性がありますが・・・・・若さには勝てない

其れ処か、スポーツ選手と同じで体(声帯)が自然と動いて・・・・

言い換えると、ピークの時に録音した声は、何十年も生き続け、感動を持続できる



組んで通電、動作確認して即リッピング


イキナリ音出したら「バァ〜〜ン!」でビックリ仰天、素性も大変良さそうで一安心

と言うワケで、現在エージング中w

ダイオードとFMチョーク以外は全てジャンクコンデンサーは未使用ストック品だと思われます

全て大型部品ゆえ、100時間位は通電エージングせな本調子に鳴らんワナ

それにしても、PCオーディオは電源で決まるワ、問答無用で圧倒的破壊力だ!


ナニが違うか・・・


余韻の情報量が段違い


まさに「秒殺」音が出た瞬間から違う、余韻が豊かで粒子がより細かく聴こえる

チョッと前のデータがザラついて聴こえるから、あ〜もス〜モ無い

ファイル化はキッチリ区別できるので、一切誤魔化しが効かんw 何度聴いても瞬時に区別ができる

少しは考えながら聴かないとダメかな、と思いましたが・・・・

耳より体のほうが素早く反応し、痺れ方が違うので瞬時に判断可能w


痺れとは、鳥肌の激しいヤツ


つまり、理性ではなく、本能で感じている



味覚と同じ、口に入れた瞬間に分かる


どんな味?とか考える間もなく、脳内が感動でピカピカ光るのと同じw

コレって、オーディオドラッグですわ・・・この先、如何鳴るか・・・・より強い痺れを求め・・・・

ギロッシュギロッシュ 2015/06/04 12:14 >再リップする度に、一皮づつ剥けてきましたが、ついに・・・・ワープw

PC難民親父なのでPCには全然興味がなくて、ずっとコメントは超斜め読みで
申し訳ないですが、これは、重ね書きするということでしょうか?
別ファィルなら何回くらいやられてますか?
再リップ回数が多いほどよくなる可能性があって、前のデータも前に聞いた
時点より良くなってないですか?

しかし、PCなのに再生以外機能停止つーのはスゲーですね(笑

ギロッシュギロッシュ 2015/06/04 12:42 なぜ↑のようなことをお聞きするかというと、ファイルの積層によりソースの
「気」の部分の濃縮強化が起こってる可能性があるからです。

CDPで同じCDを2枚重ね再生すると結構音質UPするのと同じことかと。
これの面白いところは他のCDでも程度はまちまちですが、良くなる場合が
多いところです(笑
まあ、「お経」CD等は別次元ですが、悪くなることもたまにあってやっぱ
同じCDがいいみたいですが・・・

白須白須 2015/06/04 17:23 「いらっしゃいませ!」 NPO法人PC難民オヤジを救う会へようこそw

>これは、重ね書きするということでしょうか?

違います、電源を作り直し、CPUとマザボを交換して、改造する度に同じ曲のリッピングを行い、新しいファイルを作成
過去のファイルと比較試聴を行っています

「法華経」BDRの濃縮効果ではありませんw

PC難民オヤジの皆さん、ドンドン質問してください
私に限らず、質問の答えもジャンジャン書いてくださいw

ギロッシュギロッシュ 2015/06/04 20:12 >「法華経」BDRの濃縮効果ではありませんw

いえいえ、当然、読み取り系・書き込み系のハード系の「気」もファイルに
記録されて再生音に乗るわけで、これが良くなれば音も良くなります。
ただ、ずっーと読み取り系さえ究極的に良くなれば、書き込み系は邪魔だ
と思ってたんですが、ひょっすると濃縮強化かなと・・(笑

前に、デジタルでもコピーを繰り返す度に「気」の部分が劣化すると書きましたが、
1回くらいなら大したことないと思われるので・・重ね書きの濃縮強化が劣化を
上回って余りあるものなのか??・・・実はココが興味のあるところです。

CDPだとたった一回の積層で差が分かるわけで、PCならなんぼでも積層可能(笑

まあ、ハードディスク等の高密度メモリは狭いところにソースの「気」も集積してる
わけで・・「気」の坩堝状態・・「気」的にナニがどうなるのかわけが分かりませんが、
ココを裸にして評価できる人は白須さんくらいでしょうし・・・

試しに、まだ、リップしてないCDをリップして良く聞いた後、ファイルを複数
積層してみれば違いがでるかもと・・たぶん、うちのPCでやっても
さっぱりでしょうから(笑

白須白須 2015/06/04 23:42 凝縮効果については、事実を前に認めざるを得ませんが・・・・
整理も必要だと感じています
HDDについては、ナンとも言い難く、同じ容量ならBDRのほうが効きます
500GBのHDDなら、BDR20枚のほうが効きます
通電の有り無しも関係しています、通電しないほうが効きます
つまり、PC内部HDDに100GBの「法華経」を入れるより、25GB4枚のBDRをケースに貼るほうが効きます(PCがサクサク動くw)
ですから、常用HDDへの凝縮はイマイチ分かりません
CD2枚重ね再生はナンとも言えませんが・・・
たった2枚では凝縮に鳴るのか・・・・

ギロッシュギロッシュ 2015/06/05 12:26 >ですから、常用HDDへの凝縮はイマイチ分かりません

HDDでは1回目と2回目のリップファイルの音声データセクタが隣同士に
なることがまずないからかもですね。

ただ、たまたま隣り合ったデータとの相性が悪くなければ音質アップに
なるかもですが、ぱっと聞いても比較のしようもなくてさっぱりでしょうが・・
総体として「HDDは音が良い」に繋がったりして(笑

通電しない方が効くってのも・・・通常なんらかの刺激があった方が「気」は
増幅されますけど・・CDPと同じくモータからの磁気嵐がよくないのかも・・
SSDの方が音がよいかもですよ(笑

>たった2枚では凝縮に鳴るのか・・・・

現象としてはそうとしか考えようがないような・・・
物質自体ならその高次構造の構成単位が小さいほど「気」が強くなるようですが、
作品になると集積度より面積の場合もあったりして・・ワケが分かりませんね(笑
ぜひ、ビシッと整理してください(笑

ギロッシュギロッシュ 2015/06/06 10:55 >森高にハエ叩きで落とされたw

ちなみに、モータの磁気嵐は「気」的にSW電源並に悪いので対策されると
随分よくなると思いますよ(笑

例の水晶如意宝珠にしてもステージに回転機能があるんですが、
回すと逝けませんし、電源がSWでも・・(笑

白須白須 2015/06/06 11:11 >モータの磁気嵐は「気」的にSW電源並に悪いので

その通り、だからファンレスに拘るのです
DCモーターは、スピーカーと同じ、逆起電力(電磁波)が発生し撒き散らす
つまり、エアコン・冷蔵庫・給湯器・洗濯機などモーター内蔵の家電はオーディオの敵なのです

電気ヒーターもだめよ、温水便座なんかノイズ便座です、電気の床暖・ホット・カーペットも・・・・

ちなみに電気炊飯器の電源コードにFMシート巻くと・・・・
それから、底面に「法華経」BDRで健康生活w

ギロッシュギロッシュ 2015/06/06 14:38 >その通り、だからファンレスに拘るのです

モータノイズもあるでしょうが、信号ラインの近くで磁石をぶん回すことが、
電気的にじゃなくて信号の「気」に対して逝けないようです(笑

トラポ等では、読み取りのスタート時点で既に、磁気嵐を至近距離で存分に
浴びてるわけで・・
まあ、PCドライブではモータを外してシャフト伸ばすしかなさそうで、
かなり骨が折れるでしょうがやってみる価値は大きいと思いますよ。

うちじゃ、ナンジャコリャ〜ってレベルで視界が開けて・・・
家電製品のノイズ対策も効きますが、まあ、木っ端ですよ・・(笑

千葉県のTさん千葉県のTさん 2015/06/06 19:47 仕事が超忙しい部署に回されてオーディオ遊びがままならない毎日、ブログを見るだけの悶々とした日々を送っていましたが、超簡単なDBMを試してみました。

白須さんはAC100Vの片側だけですが両側にブリッジダイオードを入れて見ました。早速パワーアンプに接続。

トロッ、ットロだぁっ!!!
しかし、コントラストはくっきりはっきり!
何じゃこりゃ!の世界!

ダイオードは使い古しの普通の600V耐圧のブリッジダイオード、捨てなくてえがったぁ〜

皆さんこれは、試すしかないぜよ!

白須白須 2015/06/06 21:09 ナルホド、両側ですか
ジャンク箱の中にブリッジが2個しかなくて・・・
しかし、変わり方がハンパじゃない、変わらないと思っていただけに余計に効果が大きく感じますw
電気流しただけでナニが如何鳴っちゃうのか? ワガンネ
ブッチャケ、AV機器でACインレットが付いてるモノは全て改造可能ですw
ウルトラ・コスパ、相当オモシロイ噺になるのは必至・・・・・

千葉県のTさん千葉県のTさん 2015/06/06 22:40 ブリッジダイオード1個は試してないので2個でも1個でも変わらないのかもしれません。アンプは左右合わせて2Wにも満たない真空管アンプです。ACの電圧降下は約2Vでした。

集合住宅なので電源事情が相当悪いのかもしれません。勿論、分電盤にはニャー、FMシート、お経で対策済みですが、このダイオードの使い方によってこれまで以上に激変しました。白須さんに感謝です。

テレビに入れたらどうなるんだろう!?
明日は仕事なので来週以降になりますので、良かったら白須さん、試してみてくださいませ。

富谷富谷 2015/06/06 22:49 どなたかが、トランスの唸り防止だと仰っていたと思いますが、
交流のDCカットの回路図に似てますね。
http://www.mizunaga.jp/ptrans.html
パラじゃなくてシリーズに入れたらどうなるのでしょうね。
早速部品手配しました。

白須白須 2015/06/06 23:58 そうなんですか、確かにVfを使ったDC吸収とも言えますが・・・・
AC100VにDC成分なんてあるのかな?
電柱はトランスだし、電線もそれなりに長いから抵抗値あるとすれば・・・・説明が付かないのでは
トランスの唸りは電圧降下率を下げるための磁束密度を上げる反作用だと大昔に説明を聞きました
元ネタは、大昔パワーアンプを設計してトランスを巻いて貰った事があり、究極を目指して電圧降下率を目一杯下げて巻いてもらいました
結果、トランスが唸る・・・・クレーム逝ったら・・・・丁寧に教えて頂きました

ブッチャケ、トランスにDC入れても唸りませんよ、遣れば誰でも分かりますw
真空管アンプの出力トランス見れば・・・・・
DC成分ってナンですかね、DCは電圧・電流で表すのが常識でしょう

ゴメンナサイ、富谷さんのコメントの批判ではありません

富谷さん、コメントありがとうございました
テスト結果楽しみにしております
ナニより音が激変しますw

千葉県のTさん千葉県のTさん 2015/06/07 00:15 なるほど。

ACのDC成分カットですか。

音質に影響(機器への影響)があってもおかしくないかもしれませんね。

sl2tonsl2ton 2015/06/07 08:08 CPUへの電力ラインにSBDを入れる対策ですが、1000Pの上流にSICのSBDを入れてみました。
白須さんのお勧めなので、変化するとは予想していましたが、
我が家では、所詮、ノートのスイッチング電源なので、大したこと無いと邪推しながら、話半分で入れました。

SICのSBDが、スイッチングのノイズを減らすことは調べたのですが、回路の外に入れても効果あるのかな???でした。
本当に、どっかんと音が良くなりました。

次は、AC側にDBMを入れるのが楽しみです。
なかなか、リッピングを再開できません。

川上シンゲン川上シンゲン 2015/06/07 10:10 エアチェックもPCオーディオ同様に、電源とケーブルなどの重要性は大きいですね。

ただ、映像に関しては、電源周波数が関東では50Hz、関西では60Hzなので、この点は考慮した方がいいかもしれないです。テレビ放送では、日本やアメリカなどではNTSC、欧州ではPALないしSECAMが採用されてきた歴史があるので、ハイビジョン放送もこのような流れは継承しているのではないかと思います。アナログ時代の放送方式は、フレームレートと電源周波数に何か関係があるのかもしれないですね。

日本に限ると、映像のフレームレートは(ip問わず)30ないし60が主流なので、関東よりも関西の方が画質面では絶対に有利でしょう(電力会社の影響は受けますが)。
おそらくですが、電源周波数と1秒あたりのフレーム数が整数で割り切れる数字でないと時間軸がブレて画質劣化するのではないかと思います。60Hzの電源周波数環境なら、日本では主流になっている30pと60p映像であれば時間軸がほぼ揃いますが、50Hzだと時間軸がブレて画質劣化してしまいます。

映像での電源対策ですが、100V以降の電源の取り方は、

電源周波数変換器で60Hzに設定(関西などの電源周波数が60Hzの地域では不要)→アイソレーショントランスで周波数変換に伴うノイズを除去(前述の電源周波数が不要な場合は、アイソレーショントランスの選択は任意)→常時インバーター方式UPSなどのバッテリー系クリーン電源等で電源周波数の時間軸を揃える→必要があれば高音質タップで電源分配

しかないかと思います。UPSを使った場合は、アイソレーショントランスの使い方には注意が必要です。価格は高いですが、ソニーから発売されているホームサーバー電源あたりが便利です(但し、電源周波数の選定には注意)。

あと、エアチェックの場合は、放送局ごとにマスター送出のメーカーが違うみたいで、地上波の放送局の殆どは東芝製かNEC製のどちらかを採用しているみたいです。中にはパナソニック製のマスター送出を採用している放送局もありますが、パナソニック製を採用している放送局は少ないと思います。

それ故に、僕の場合は、PCオーディオでは東芝製の記録媒体を使うケースはほぼ皆無(あっても金リアか青リア、白芝を使って録音する程度)、逆に、画像や映像では東芝製の記録媒体を使っていますが。

余談ですが、オーディオの場合は、ほぼ全てのサンプリング周波数は50Hzでも60Hzでも割り切れる数字なので、電源周波数については映像ほど深追いする必要はないかと思います。トランス電源のオーディオ機器だと60Hz電源の方が余裕があるので音質向上するとか、製造する工場の影響もあるとか、そんなオカルトもあるみたいですね。

白須白須 2015/06/07 22:05 CPUへの電源供給と音質はかなり関係があると感じています
変なコトしたお陰で、色々分かって面白いですw
SBDを入れたら、PCの反応(マウス)も良く鳴ったように感じます
まさかのDBM、アムクロンのアンプ改造から1年経ってようやくですから、気付くの遅すぎですw
私も、ようやくリッピングできると考えていましたが、DBMの検証で足止め、森高問題も解決してくれることを期待していますw

エア・チェックの検証は始まったばかりなので、ナンとも言えませんが、大元のアンテナ対策が効きそうに感じています
アイソレーション・トランスなど検証すべきポイントの提示ありがとうございました

sl2tonsl2ton 2015/06/08 18:35 居ても立ってもおられず、DBMを試させていただきました。

最初にノートPCの電源に適用
ドッカーン以外に表現のしようがありません。
音を聞きながら、アンプの電源にもDBM。
またまた、ドッカーンです。

三端子レギュレーターを排除して、ツェナーダイオードや、LED、チョークコイル等で電圧を制御した場合にも
似たような傾向になりますが、DBMの方が遥に容易で効果があるようですね。

これで、再度リッピングをすると、どうなるのか?
楽しみです。

追伸
メビウスコイル、DC側にダイオード、ファインメットのコモンモードチョーク、AC側にDBMを入れると、
スイッチング電源でも、電圧が下がり、電圧を下げる要素の微調整が必要になりますね。
起動時や、CPUの負荷が大きい場合で、バッテリーの充電量が少ない場合には簡単に落ちます。

白須白須 2015/06/08 23:42 事件発生は鳴れてますが、今回も難事件ですわ
一体ナンなんでしょ、ダイオードを通過させるだけ・・・・
アムクロンの回路図見た時、この人、ダイオードが好きなのね、とは思いましたが
コレほどまでのノウハウが隠されていたとは・・・・
自作される方なら、ブリッジDなんか幾らでも周りに転がっていると思います、是非お試しください
相当驚くと思いますw
今、マジでスピーカーに入れようと考えています
ネットワークはおろか、スピーカーにダイオード使った人はタブン居ないハズ・・・・
ブッチャケ、逆起電力(逆流)のストッパーに鳴るのは自明の理・・・・
今まで、逆流性食道炎で悩んでいて、其れに気付かなかった可能性が高い
前後干渉は逆流によって起こるなんて考え自体が無かったw

試聴結果は明日です、HDDはスグはダメw
チラっと聴きましたが、相当イイ・・・・

通りがかり通りがかり 2015/06/09 00:08 こんなん、あります。

ClassicProのスピーカーネットワークでFETが使…
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13108965088

白須白須 2015/06/09 07:21 情報ありがとうございます
私には理解できませんでした

ギロッシュギロッシュ 2015/06/09 08:31 DBMやってみました。イイですね〜(笑
音の滲みが全帯域に渡って取れて音像定位がビシッとなりました。
音が細くなるとか、どこかの帯域を強調するとか、音色が変とか・・
副作用がありません。
もっと増やしてみたくなりました(笑

白須白須 2015/06/09 14:45 デショw
ナンでもっと早く試さなかったのか、後悔しきり・・・・
変な頭デッカチは損ですわw
それにしても、アムクロンのデザイナーは大したモンです

ギロッシュギロッシュ 2015/06/09 17:09 DBMは、順・逆が協調してメビウスが形成されるところに
意義があるのかも・・・しかし、よく頭のなかでメビウスと
リンクするもんですね(笑

メビウスは強すぎて巻数を減らしたことがありますが、DBMは
あっさりしてて、やてみないと分かないけど数増やしても
逝けそうな「気」がしてます。

随分前ですが、ダイオードを順・逆に並列接続したブロックを
直列に並べた「TVスッキリー」って、特許までだして
ノイズキャンセルを謳ってるオカルト商品がありまして・・
熱電ダイオード素子の「物気」とばかり思ってましたが・・(笑

ギロッシュギロッシュ 2015/06/10 12:15 >ダイオードにはフィルター効果があり、

そもそも、ダイオードは抵抗と似たようなものでノイズフィルター能力があっても
大したことなくて、逆に整流ノイズが出るのでフィルターとして使うのは???
と思ってましたが・・

まあ、「TVスッキリー」さんをオカルト呼ばわりするのは間違いかもですね。
ゴメンナサイです(笑

なんか、SBDでやるともっと音がイイ「気」がしてきました。
しまった・・追加分のブリッジを発注してしまいました(笑

白須白須 2015/06/10 12:51 DBMはACラインなら副作用が無いので安心して使えそうです

メビウス・コイルと組み合わせると、驚異のコスパでしょうw

DCラインは、自作経験者向けですが、適正なコンデンサーでパスればもの凄く効きますw
コストが安く、効果がデカいゆえ、市販品に搭載されるのは必定、使えば差別化が行えます
ナンだかアムクロンの秘密をバラしてるような気もしますが・・・・

こう鳴ると、次はクルマでしょうw
オルタネータにDBM入れたら・・・・・
アキバの某所でダイオード・モジュールのジャンク買っちゃいましたw
こんなコト書くと、すぐ漁りに逝くオヤジが出そうw

sl2tonsl2ton 2015/06/10 14:10 法華経クラブの活動報告
BDRのディスクは、キッチンハサミで切れることに気づきました。
早速、SPユニットのマグネットに90Φの二枚重ねを作って張り付けました。

予想以上の効果でした。
鉄板(デフォルト)の対策です。

好きな形状に切れるので、機器の内部にも適用(貼付け)できそうです。

車については、試行錯誤の途上ですが、燃費は、
17km/Lが20km/Lを越えているので、20%以上は確実に向上しています。

ギロッシュギロッシュ 2015/06/10 17:19 >こう鳴ると、次はクルマでしょうw

車は・・うちでは、諸々の「気」的対策で、元からすると約3割程度
UPしてますが、たぶん限界だろうと思ってます(笑

昔はメカ的に大改造して遊んでたけど、長らくドノーマルです。
「スポーツカー買うっ!」って叫んだら「アホか」の一言で終了(笑

白須白須 2015/06/10 17:47 切ってカタチを変えるんすか? アイデア合戦ですね

>約3割程度UPしてますが

あの〜〜、低すぎません?
仲間内では3割程度だと誤差範囲だと思われていますw
最低5割、100%で「良く出来ました」の通過点、最終目標は150%UPです!

白須白須 2015/06/10 17:58 4年前、ノーマルで満タン(65L) 330Km前後
現在、満タン630Km前後 普段使用・コンスタント
目標は、満タン770Km以上・・・・

sl2tonsl2ton 2015/06/10 20:31 BDMですが、友人宅におしかけ、ノーマルの20年前のローコストのコンポと、
10年前のAVパソコン(液晶の横にスピーカーが付いた物)に入れてみました。
コンポはじっくり(数分)音が変わっていきました。
AVパソコンは一瞬でした。
どちらも、BGM程度の音でしたが、メインに聞くに耐える音になりました。
ベースの音、和音、倍音まで聞こえます。
BDM恐るべしです。

ギロッシュギロッシュ 2015/06/10 21:00 >4年前、ノーマルで満タン(65L) 330Km前後
>現在、満タン630Km前後

ほ〜、約倍ですかそれは凄いですね(笑
セコく走れば5割増し位になりますが、元のセコ記録が分かりません(笑

たぶん、現状が僕の「気」的容量の限界のような「気」がしてます。
これ以上やるとドライブフィールもカーステも快感から外れます。

ぶっちゃけますと、個々人の「気」的「力」みたいなのがあってこれでも
結構変わってきます。
僕の場合、「容量」と「感度」はうちのオバハンに大負けみたいですが、
「力」だけは勝ってるような「気」がします(笑
っても、「力」ってのはどうも思い入れの強さもかなり関わってるようです。

白須さんの場合は、たぶんどれもが最強レベルと思われます(笑

白須白須 2015/06/10 21:04 凄い噺ですね、おしかけられた友人もさぞや驚いたのでは
SLさんの勢いと情熱は凄いですね、相当ドラッグが効いてますねw

SL2tonSL2ton 2015/06/11 17:41 BDMですが、コンセントの極性に敏感なようです。
テレビの音の改善がいまいちなので、コンセントのホットとコールドを入れ替えると満足できる音になりました。
これならば、大きい音で聞かないときには、わざわざ、アンプ経由で外部スピーカーで鳴らさなくても、テレビに付いているスピーカーで充分です。

本当にオーディオの常識を覆す革命ですね。

白須白須 2015/06/11 18:57 最近、革命だらけw
アレもコレも・・・それにしても、ハイテンションですね

小出しにヤルとメンドウなので、分電盤に付けるタイプを製作予定しちょりますw
それにしても、メーカー試聴会でDBMを陰でやられたら堪らんわ、ナニ聴いてんだか分からなく鳴るw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arcs2006/20210601