白須のブログ

2020-12-02 とうとう12月・・・・

電源は不思議な謎だらけ・・・・


今年は、リップ・ドライバーの検討から始まりました

リップ・ドライバーを変えると、音が変わる・・・・

デジタルだし、そんなモン「アリエナイっショ」と思いましたw

しかし、BDR−PR1Mの出現により、音の違いが明確になりました

ナンですが、途中で違いが分からなくなったりして、混乱しましたw

原因を探ると、電源ノイズ、特に整流ダイオードノイズ源だと分かり、FMCCはじめ色々アイデアが生まれた

半波整流にも挑戦しましたが、敗退・・・ダイオードを使った交通整理(逆走禁止)も実行したり・・・

無帰還Rの採用やら、スッタ・モンだで、全ての電源を作り直しましたw

PC駆動では、SW電源が必須でしたが、スタンバイ・バッテリーをプラスすることで、シリーズ電源化に成功

但し、巨大タワー(30Kg)になり、逝ってるマニア限定仕様・・・・

HDDに関しても、無帰還R+電気2重層コンデンサー(できるだけ大きく)が5V系には必須・・・・

WindowsのCPUから出る電源オーダーはトンでもなく重く、スグに気絶してしまう・・・

人間で言えば、貧血状態ですわ

原始的な無帰還Rですが、NFB電源と聴き比べると、晴れ晴れとした抜けの良さがモロに出て元に戻れない・・・

ツウわけで、リップ・ドライバー+専用PCの仕上げを行っています(年内に終わらせたい)

BD再生に於いても、既存プレーヤー(LX91)を大きく越える音質・画質が実現しそうですw


整理すると・・・


リップ・ドライバーを変更して音が変わる噺は、ナンとか理解できますが・・・・

CPUの電源を変更して音質・画質が変わると言う噺は、全く説明が出来ませんw

NFBと無帰還についても同様、アナログ回路ならナンとか理解できますが・・・・

CPUやHDDの電源だと、現代科学の範疇では理解不能・・・・正にオカルト

デジタルとして考えると、音が違う=データが違うと鳴りますが

電源を変えてもデータは変わらない、変わるワケがない、絶対に変わらないよ、コンピューターだし

DA変換のアナログ部であれば、電源を変えれば音は変わります、しかし・・・デジタル部だと・・・???

そんで、変化量がハンパじゃない、アナログ部の電源を良くした場合を1とすると、デジタル部は3〜5は変わる

音の透明感、情報量、リアルな生々しさなど、再生に求められる最も大事な部分が大きく向上します

つまり、アナログ部(下流)の電源に拘っても不毛ですが、デジタル部(上流)は手応え十分な変化に鳴る

そして、PCだけじゃありません、NASやルーターなどオールで考える必要があり、特に、NASは電源で決まる!

音を聴けば、誰でも分かる違いですが、理屈を考えると解決の糸口すら見つからない・・・・

まるで「ニャ〜」と同じw


SW電源を否定してますが、ブッチャケ、この先如何なるかはワガンネw

なぜなら、音のイイSW電源も在るには有るので・・・・電源は謎だらけ・・・・



一つ結論言えば


デジタルの音質・画質は、電源で決まる!


言い換えると、従来のデジタルAV機器でデジタル部の電源に拘った製品が全くありませんw

デジタル部の電源は軽視され、アナログ部の電源だけが重視注目されてきました

デジタルはどれも同じで、差が出ないと思われて来た・・・・


この観点でLX91を見ると・・・


デジタル部は、殆ど無対策だと言える

LX91の凄いのは、アナログ電源部であり、デジタル電源は普通のSW電源(6年前の常識)

だとしたら、音質・画質共に大きな伸び代があるハズ・・・

6年前のデジタルだとしても、電源部分に占める音質・画質の影響力のほうが大きい・・・・

デジタル電源の軽視は、致命的かもしれない・・・・

FM系投入によるノイズ対策は大いに期待が持てそうだ・・・


実は、プロジェクターも同じ


ブッチャケ、シリーズ電源のプロジェクターはありませんw

除電・イオン化で大きく画質向上しましたが、電源対策はFMチョーク程度で内部は手付かず

大きな見落としが有りそう・・・・


電源の良し悪しとは・・・・


電源の良し悪しは、掛けたコスト(物量)で判断していました

言い換えると、余裕の有る無し、必要量に対し供給量の余裕の有無で評価してきました

高速化したデジタルAVでは、輻射電磁波の処理が大きなポイントになりそう













電磁波対策と距離の関係


f:id:arcs2006:20141204225025j:image

SW電源を立てたのがNG、不要輻射には方向性があるように感じます


電磁波は距離の二乗で減衰する・・・・


電磁波発生量は減らせませんが、影響は距離を離せば減らせるのでは・・・

強力な電源=強力な電磁波発生

電源トランスやSW電源を本体基板(回路)の近くに置くと、ナニやってもダメかもしれない・・・・

例え、FMシートで対策してもスグ隣りに在れば焼け石に水かもしれない・・・

電磁波有毒ガスの様なモノ、クルマの排気ガス猛毒ですが、大気放出なら気にならない

ところが、囲われた狭いガレージで作業する際は大問題になる・・・・

練炭で発生する一酸化炭素と同じだと考えています

筐体内にトランスやSW電源がある場合、狭いガレージと同じに鳴るのでは・・・・

DCの電磁波は少なく、ACの電磁波は周波数に比例し、性質(タチ)が悪いと考えています

AC100Vから必要なDCを作り出す電源回路は、自ら発生する電磁波で音質・画質劣化を引き起こす



電磁波と誘導     http://www.netushori.co.jp/story2/pdf/03.pdf#search=’%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2+%E8%AA%98%E5%B0%8E’







光と電気の関係


LEDに光を当てると発電するそうですw

つまり、光と電気は親子関係みたい・・・・

今後、LEDの高効率化に従い、太陽電池の効率も上がると思います

ブッチャケ、光ってナニ、電気ってナニ、の答えはありません

光の正体、電気の正体は分かりません、そして電気と磁気は兄弟のように見えます

ツウことは、光・電気・磁気は親戚かもしれない・・・光・電気・磁気は音質・画質と密接な関係にあります

言い換えると、RitmoとDACをTOSで接続して電気的に絶縁したとしても

光と電気が親子なら、絶縁にはなりませんw

つまり、テスター測ると絶縁されているから、電気と光は別モノだと勝手に判断しているだけ・・・

絶縁は抵抗値でしか判断できません、人類の英知とはそんなモンでしかない


静電気で考えると笑えますw


除電ブラシは非接触が前提


除電ブラシは、非接触で使います・・・・


ブラシのコロナ放電で静電気を除電する時、ブラシを接触させると効率が下がります

ブラシが接触すると、摩擦で静電気が起きるのですw


つまり、微弱静電気は空気中を飛ぶ・・・・


ワケ分からないデショw

空気の電気抵抗は数百メガΩとか言われてますが、微弱静電気は空気中を流れる・・・・

冬場の静電気バチバチは、お馴染ですねw

単に静電気電圧が高いだけではなく、解明されていない隠れた性質があると感じていますw










素晴らしいw


f:id:arcs2006:20141210134104j:image

思わず追跡して撮影、チバットマンかと思ったw

私のクルマ(4WD)も子供に受けが良く、指差されて注目されたり、駐車場で他人に撮影されたりしますが

コレは、遥か上を行くゲテモノ・・・・平和な日本が何時までも続くコトを願っています




2014はオカルト弩壷へ堕ちた


例えば除電、除電ブラシで各所を撫ぜると音質・画質が劇的向上します

静電気の悪戯だと説明していますが、静電気の実態は解明されていないため、最もらしい妄想とも言えます

ケーブルにコアブリッドBフェルト巻くと、コロナ放電が起きて除電されると言いますが、科学的な検証は無く

微弱静電気は測定不可能で、コジ付けているだけだと言われても反論ができませんw

最もらしい理由を付けているだけ、勝手に納得しているだけ、ブッチャケ、妄想かもしれない・・・・

イオン放射線も同じw

PCの電源で音質が決まるツウ噺も同じ、電源でPCのデータが変わるワケないし・・・・

電源で音質が影響受ける原因は、全く分かりませんw

RitmoとDACはTOS(光)接続ゆえ、電気的にはAC100V以外共通部分がありません

つまり、事実は認知できますが、理由や原因は全く分かりませんw

オカルト最右翼は「ニャ〜」でしょうか・・・・

えびパンさん曰く「除電と同等の衝撃だ」と力説してますが、原因は全く分かりません、理解不能w

物理現象だと捉えても、原理の糸口すら皆目検討が付きませんw


つまり、オカルト撲滅とか言ってますが、気付くとオカルトまみれで生埋め状態w


ヘタな考え休むに似たり・・・・


凡人が考えてもムダw


オカルトは楽しんでナンボw


今年も色々と新たな発見があり、音質・画質が向上しましたが・・・・

全く説明が付かない対策が幾つもあり、弩壷へ堕ちて・・・・

利詰めのデジタルなのに、全く説明できないジレンマに呆れていますw

性格的には、魔法やオカルトは許せないタイプですが、深みに嵌ってスタック状態w


ウインチ出して〜〜


f:id:yajyu2006:20031124120851j:image


電気的に見ると、オーディオ技術は伝統工芸であり、懐古趣味に見える部分が多いですが

チョッと見方を変えるだけで、ワケ分からない未知な部分が山ほどある

音は空気の振動で伝わりますが、エジソン氏が発明した音ー電気変換理論は真相の極一部でしかないと感じます

大体にして、DC(直流)自体がよく分かりませんw

ACから整流したDCと、太陽電池(逆発光ダイオード)のDCは同じなのか??? なワケないよな

バッテリー(DC)駆動は違う(良い)と思い込んでいましたが、充電方法で音がゴロゴロ変わるため整理不可w

来年は、太陽電池(電気代0)を使ったオーディオ(フォノイコ)も考えていますw


今年はレコード1回も聴いてませんwww














USBパワーコンディショナー(パナソニック


よく見ると、22Ωで終端してディップ・マイカコンデンサーでパスっただけかな・・・・

USBバスパワー(5V)を終端しただけかな・・・・

それとも、5Vを終端して、信号ラインをマイカコンデンサーでパスったのかな・・・・

いや、5Vをパスって、信号ラインを終端したのか

どちらにせよ、USBの盲点を鋭く突いていそうだ・・・・


f:id:arcs2006:20141207231942p:image


USB端子は問題アリアリ


USB端子は、PCの信号入出力端子だと考えると、入力インピーダンスはハイだから問題無いとして

出力はオープンになるワナ、USBは2.0(低速)と3.0(高速)が有ったとして

2.0で240MHz(VHF)、3.0で2.5GHz(マイクロ波)というトンデモナイ周波数になり

矩形波ですから・・・・ブッチャケ、野放し高周波発振機と言っても過言ではありませんw

そんなモンが端子オープンで放置されたら如何鳴るよ、電磁波バリバリ撒き散らしだろ!

高周波だと考えれば、反射による猛烈な定在波(VSWR)が発生するワナ・・・・

適正Rで終端しなければ反射ノイズだらけに鳴るワナ



視聴会で使用して驚いた・・・


えびパンさんが持参「コレで遊ぼうw」半信半疑でPC(マザーボード)の空きUSBポートに差し込むと・・・・



バァ〜〜ン!



イキナリ、マルチTOSの音質が劇的向上・・・・     マジかよ



そうなんです、マザーボードでTOS端子(モジュール)の隣りにUSB端子があるのよ

TOSモジュールがUSBの出す輻射ノイズで汚されていたのか・・・・USB端子のオープン放置はヤバイわw

言われれば分かるコトでも、パッと見じゃ気付かない、PCは高周波ノイズ発散機だわw



視聴会のチャンプは、BDR−PR1Mでしたw



BDR−PR1Mは、世界最高のBDドライブかもしれない・・・

BD再生もPCVA新時代到来を感じさせる視聴会となりました

LX91と比較すると、秒殺され勝負にならん、メチャ可哀想・・・・

余興でUSBパワーコンディショナーを付けたら・・・大笑いw

電源に拘ったBD再生専用PCを自作したら、メーカー製BDプレーヤーは太刀打ちできないかも・・・・



LX91に追加対策せな・・・アカン


えびパンさんから「LX91が可哀想だよ、コレじゃ不公平だ」

なぜなら、LX91のデジタル部はSW電源の上、ノイズ対策ゼロだ

PCオーディオでデジタル部の電源を注目しましたが、LX91を弄っている時は無関心だった・・・

隣りに電源対策バリバリのBDR−PR1M置いて、比較されたら一溜まりも無いデショw

言われて見ればもっともだw

LX91に関してはFMシートを載せただけで、この1年PCオーディオで大騒ぎしていて、放置プレーだったw

ツウわけで、LX91弄りがまた始まりそう・・・・LX91にはもうチョイ頑張って貰わんと

PCVAへのバトンタッチにはま〜だ早い・・・



f:id:arcs2006:20141208205247j:image

電源ケーブルとHDMIケーブルに・・・・


「ニャ〜」ネタを一つ


視聴会に当たり、各種対策を何処までやるか、悩みましたw

弄りだすとキリが無りませんが、弩ノーマルの無対策と言うのも、流れとしてはヤリたく無いw

少しだけ悩んで、ボディーへのアンチスタH塗り、イオン化ガラスの上に載せる、FMチョーク挿入に留めました

HDMIは電線タイプで光ではありません、復元可能で、後付けできるモノを厳選して対策し、視聴して頂きましたw

「コレやればもっと良く鳴るだろ」という妄想を残し、HD90のポテンシャルを見て頂きました


視聴会の終盤・・・


えびパンさん「ナンかイマイチだよ、もっと良く映そうよ」とクレーム


どうやらHD90が気に入らない様子・・・・



アークスの視聴会でクレーム付けるとは・・・・相当なモンですw



そんだば「ニャ〜」付けんべ



ナンでも、千葉支部長はデカ「ニャ〜」を40匹購入したとか・・・・ちなみにアークスから一切購入していませんw

にも関わらず「ニャ〜」の効果は凄いと何度も力説していましたw

家中の電源ケーブルに付けると豪語してましたw

支部長クラスに鳴ると、結果が出てから購入するのではなく、先回りして結果を知らないと気が済まないようですw

ちなみに、クルマでも試したそうですが「ナ〜ンも変わらない」とボヤいてましたw

笑えたのは、終了後にFMシートを買いに来た方に「ナンで「ニャ〜」を買わないのか?」と延々説法してました

まるで押売り状態になり、仕方なく2個買われてお帰りに・・・・



さて、如何なった・・・・



その場で、コントラスト・解像度・音質が1ランクUP!



一同大笑いw


「ニャ〜」のウルトラ即効性には毎度ながら驚かされます

ナンで効くのか、全く分かりませんw 魔法です








オプトマ HD90


f:id:arcs2006:20141204152446j:image


近年に発売された民生用プロジェクター(200万以下)ではNO.1!


画質本命は、HD91ですが、HD90も驚くべき高画質


近年の電灯LED化でも分かるように、LEDには多くの優位性がありますが、ついにプロジェクター実用

ハイエンドのFL32(バルコ)の画質は圧倒的ですが、値段も圧倒的(450万)です

業務用プロジェクターはパワー重視ゆえ、LEDは不利な面がありますが、150インチ以下のホームユースでは

パワー取れて発熱が少なく長寿命なLEDには大きなアドバンテージになる

3LED・1DLP方式は、カラーホイールが無いため、カラーブレーキングが見え難く

1DLPが苦手な動体視力のイイ方にも対応可能

厳密に言えば、カラーブレーキングはゼロではありませんが、LEDの発光スピードが速いため無視できそう

カラーホイールの高回転化と同等の働きをLEDのフラッシュで行っています

ランプはアナログですが、LED発光はデジタルに近い・・・・イチロー級の動体視力だと心配ですが・・・・

最近発売になった1DLP(業務用)は一通り見ていますが、全てボツ!

パワーを追求するためにカラーホイールの一部が透明だとレインボー・バリで殆ど使いものに鳴り(見え)ません

ILA(反射型液晶)もかなり高性能になりましたが、DLPの自然な絵には勝てません

思うに、DLPも進化している、DLPはCRT画質に極めて近く、液晶では表現できない世界を魅せます

ブッチャケ、液晶しか知らばければ不満は出ませんが

キャリアの永いAVマニア(三管PJを知る方)には、DLPしかアリエナイと思いますw

オーディオに例えると、70年代の分厚いアナログ・サウンド(レコード)を知る人が復刻CDダメなのと同じ


年明けにHD91の視聴会を予定しています






2015はPCVAの幕開け・・・



ブッチャケ、A(オーディオ)だろうがV(ビデオ)だろうが同じデジタルなわけで、もはや垣根はありません

PCオーディオでAの優位性が分かったように、Vでも当然ながらPCが優位なのは自明の理

ディスク先導でVは来ました、Aのようなリッピングは、Vでは完全アウト(違法)

ハイエンドVは、本来ならファイル化へと進むべきなんですが、価値崩壊(コピー天国)へ直結するため

タブン、ハリウッドは認めないでしょうw


ナンですが・・・


エアチェック = ファイルのダウンロード(1倍速)    じゃネw


エアチェックが超高品質(劣化無し)だとすれば噺が大きく変わる



デジタル放送は、コピーガード無しのダウンロードAV



4Kや8Kのディスクは発売されるとは思えない、期待してもムダよ


その前に、エアチェックが主体に鳴るハズ・・・・つうか、最先端AVはTVから始まる

つまり、4K・8Kは大衆化のために生まれた技術で、もうすぐディスクの時代は終わる・・・

4K・8Kネイティブ再生は、エアチェックでしか実現しない・・・


だとしてだ、4K・8Kのパナレコがバンバン売れるとは鳴らない

なぜなら、大衆はフルHDで十分満足ができるから・・・・

ブッチャケ、放送は8K、録画はダウンスケール2Kに鳴るでしょうw


ハイエンドAVネイティブ再生を目指す時、PCは基本と鳴る



余談ですが・・・・うんと近い将来、ディスクのレンタル業も無く鳴ると思います



ブッチャケ、高画質再生を目指すなら、4K・8Kは忘れた方がエエ



f:id:arcs2006:20141204225025j:image


PCVAも電源で決まりそう・・・


組み上げて早速視聴した途端、電源ノイズによる画質劣化が判明し、作った電源が全てボツ!

そんで、FMビーズとネオジを使った電源対策を発見したり、大騒ぎですわ

PCVAは相当期待できますw

PCVAは、電源の良し悪しが一目瞭然ゆえ、噺が早いかもしれませんw

ブッチャケ、PCオーディオと全く同じ、電源=画質、今回製作した電源は、SS重連+NFBレギュレターゆえ

即行でボツでしたw「ヤッパだめカァ〜〜」

画質については、電源自作は無かったので整理できませんでしたが・・・・画質=電源、だけだった可能性大!

音質同様、PCの電源が画質を支配している・・・・LX88がダメな理由は、電源の手抜きだと思います

改めて、LX91の優秀さを再認識しました


f:id:arcs2006:20141204225222j:image


音質・画質はデジタル部の電源でナンボ・・・


従来の認識では、デジタル部・アナログ部と分けた場合、アナログ部の電源が重要視されて来ました

トランスコンデンサーなど、アナログ部の電源に関して贅を尽くした設計が注目されてきました

ブッチャケ、デジタル部の電源に拘ったAV機器は存在しませんw

デジタルは1と0(オン・オフ)だと考えられ、ナンでもイイと思われて来ましたw

かく言う私も同じで、デジタル部なんか如何でもイイ(動けば皆同じ)と考えていました


音質・画質はデジタル部の電源で決まる!


ブッチャケ、アナログ部の電源はナンでもイイ、暇つぶしで弄ればOK(大して変わらないよ)


音質の場合、大抵は最後にアナログ部があって拘る雰囲気を醸し出しますが

画質の場合は、デジタル部しかないので、方式やフォーマット、スペックが重要視されて来ました

デジタル=電源軽視、だと言えますw


PCをシリーズ電源にすると音質向上と聴いた時


「バカ言ってじゃネェ〜よ」


その後、自分がバカだったと気付いたw


ブッチャケ、誰も試したコトが無く、アタマで考え納得ができる定説を勝手に信じていただけ


AVの世界では、ゴロゴロある噺の一つだっただけ・・・・

「デジタルなんだから」と決めつけ、人に言われるママ信じていたw

デジタル部の電源は、アナログ部の電源の100倍大事ですわ


音質・画質は、デジタル部の電源(ノイズ対策)で決まる!














NFB電源で再挑戦


CDリッピング専用兼BD再生PC


期待したLX88が脱落、視聴会に穴が開いたので急遽製作中、視聴会でLX91との見比べを考えています


相当期待できます!


前回チラっと見た記憶では、LX91を超えていました

BDR−PR1Mの優秀性とデジタル系の進歩(高速化)がモロに出てましたw

BDR−PR1MとPCでBD再生を行うと、LX91で行うエアチェックBD再生のアルゴリズムは使えません

にも関わらず、LX91の画質を超えていると実感しました

エアチェック1080iをマンマ再生して、LX91のIP変換(1080/24P)を超えてました

PCオーディオ同様、映像フォーマットの違いによる画質差は存在しない可能性が高い

つまり、放送局が行うPI変換にエラーは発生せず、再生側の能力が低かっただけ・・・・




前回の視聴会でRitmoを使用したBD再生の問題点は、発熱によるヒート・ダウンでした


BD再生が始まると、Ritmo本体が急激に発熱して30分持たずにダウン・・・・

映像系の負荷は大変重く、ファンレス静音そのままでは使えません

何気にPCで動画再生していますが、電流バンバン喰っているコトが分かりましたw

今まで、ノートPCを使用していましたが、リッピングとBD再生を極めるために専用機を製作しています


f:id:arcs2006:20141202215103j:image


CPUはCOREi3をあえて使用し、ロースペック単機能特化を追及、詳しくは、後日公開します


問題は電源に絞られる



ブッチャケ、SW電源使えばOKなんすが、音質・画質を考えるとアリエナイ

かと言って、無帰還+バッテリーだと大掛かりになり、持ち運びが出来なく鳴るw

無帰還+バッテリーを使えば万全かと言えば、NGでして・・・・

変則的にCPUから電流オーダーが掛かると不安定動作が発生、徹底して割り切らないと使えません

正常に動作していれば音質は最高ですw

BD再生を考えると、長時間動作が求められるため、不安定要素は排除したい・・・・

せっかく時間作って見ている時にダウンされたら、興醒めですわ

Windowsは、変則的に電流がオーダーされるので、無帰還+バッテリーではコワイw

電源でトラブルと、視聴会がヤバイので・・・・


ノウハウを投入したNFB電源で逝きます


3端子Rの応用回路で考えましたが・・・

秋月の電源キットに実験室用と言うヤツがあるので、採用しましたw

秋月のキットは良く出来ていてオドロキました、解説・説明が丁寧、まるで教科書の様w

もし、上手く逝けば、PC電源自作のヒントや参考になると思いますw


f:id:arcs2006:20141202215024j:image

アタマの電解コンデンサーは、クルマ用高耐熱に変更・・・・

見ての通り、NFBのパス・コンが逆接で・・・この後通電したら破裂w   トホホ



不安的中!


シリーズ電源では、NFB掛けてもPCは起動しません

つうか、100Hz脈動ではPCの電流オーダーに追いつかない・・・・Ritmoで苦労したのと同じ現象

タブン、NFBセンス・ラインの取り回しじゃないかと・・・・

現状は、基板内直結ゆえ、高い周波数でオーダーされると腰砕けになるかも・・・・

NFB前段の電圧降下をオシロで見るに、PC起動してスグにDC30Vが20V近くまで急降下・・・

PCはムズイ、と言うワケで



S・S重連の復活













ギロッシュギロッシュ 2014/12/09 20:41 >オカルト最右翼は「ニャ〜」でしょうか・・・・

いえいえ、最右翼は「お経」でしょう「お経」(笑
構成材料の「気」で音が変わることに「気」づいた時点で、
オカルトは楽しんでナンボどころか「オーディオ=オカルト」だと
悟りましたよ。
それまでは、根拠がないと許せない測定オタクのスペック派でしたが・・・

衝撃といえば、音的には「お経」が絶対正義だと「気」づいた時ですね。
これは、自分的オーディオ史上ぶったまげの最大衝撃事件で、
ちょっと世界感が変わりました。正に、この世は煩悩即菩薩かと(笑

ハッキリいって「お経」はオカルト弩壷から真に良いモノだけを選別させてくれる
ニャ〜や真空以上の道しるべになります。
そして、これに従って音的に悪いモノを系から除外していくと涅槃の世界が、
見えてくるのが・・・(笑

まあ、これまで良いと判断して積み上げたものがガラガラと
崩れることもあるかもですが・・・電源強化、帯電防止やFMは
間違いなく生き残りますよ(笑

白須白須 2014/12/09 21:38 千葉支部長がお経SD10枚作ってスタンバイしてるそうですw

ギロッシュさんの破壊力は相当なモンですね

ギロッシュギロッシュ 2014/12/11 09:13 >ACから整流したDCと、太陽電池(逆発光ダイオード)のDCは同じなのか??? 

これも、音質に大きな影響を与えるのは「気」のせいですよ(笑
電子くんは、「気」の記憶力が抜群なため整流系の構成材の「気」のせいで
音が変わります。整流特性が如何に平坦かなどもあるでしょうが、
結局ダイオードなんかより2極管が音が良いです。実用性に問題大ありですが。

電池もコンデンサと同じで、電極やらの構成材や充電系の「気」のせいで音が変わります。
太陽光線の「気」は素晴らしいので音的には太陽電池がベストでしょうが、
パネル自体の材料や充放電系・インバータやらの構成材の「気」のせいで・・・
電源強化としてどんだけパラったらよいのか・・・色々検討しだすと切りがないかも(笑

まあ、オーディオは伝統工芸というより工学とオカルトとの融合でしょうか(笑

白須白須 2014/12/11 09:45 来年は、太陽光発電(直流)が大きなテーマになりそうです
ブッチャケ、オーディオ機器はすべて直流で動作しているので、AC100VからDCを作る限り、ある限界点を超えられないと考えています
抵抗やコンデンサーなど枝葉であり、大元のエネルギーの「気」が重要ではないか・・・・
オシロで整流した直流眺めても、ナンも分かりません
せいぜいノイズの有無程度で、次への足掛かりが見えません
太陽から貰う電気が「気」から考えても「理」に適うように感じますw

まさに、オカル工学、直流味比べw

白須白須 2014/12/11 09:51 オーディオ・オカルト・工学


オーディカルト工学、ノーベル賞も夢じゃないw

ギロッシュギロッシュ 2014/12/11 12:27 太陽電池は、巨大なバッテリーが要るの目に見えてるし、検討しだすと
湯水のようにお金がかかりそうで、敢えて逃避してます(笑

オカルト工学の結晶として凄いのができたら、ぜひ買わせていただきたいです(笑

白須白須 2014/12/11 21:38 オール太陽光だと大掛かりになるので、AC整流とのブレンドを考えています
太陽光の「気」がブレンドすれば・・・・・
特に紫外線による浄化を期待しています・・・・

SL2tonSL2ton 2014/12/13 10:37 データ保存先と電源の影響、他

先日ご紹介したように、リッピングしたデータはMO経由でNASに送っています。
そこで、気づいたのですが、送る元データの保管先で音が変わるようです。
SSD、SDHCメモリ、RAMDISKを試したのですが、音質は、RAMDISK>SDHCメモリ>SSDの順で悪くなります。
RAMDISKから、MOに送るのが最善です。

次に気づいたのは、リッピングのドライブと、MOをバッテリー駆動すれば、音が良くなることです。
モバイル充電用のバッテリーから5ボルトを供給すると、音は更に良くなります。

このバッテリーは、一般的なスイッチング電源で充電していますが、これを無帰還回路で充電すればおもしろそうです。

そこで、アドバイスいただけるとありがたいのですが、
USB用のバッテリーパック(5v)の充電に使う電源を作りたいと考えています。
白須さんの無帰還回路を参考にして作りたいのですが、いかがでしょうか?

これが出来れば、リッピング用のドライブ、ラズベリーPIの電源等に使い回し出来そうです。

それとも、ソーラーパネルの充電器で充電したほうが良いのか思案中です。

白須白須 2014/12/14 22:06 Oh〜〜鋭いですね・・・
予想だけで書くと、ソーラーパネルに無帰還Rを付けた充電器がかなり良さそうだと思います
AC100Vからの整流電源だと、限界が・・・・
実は、新年企画で考えていましたw
USB電源はデジタル系の大きなポイントになると思います

SL2tonSL2ton 2014/12/15 08:48 おはようございます。今日は、休暇です。

市販のソーラーバッテリーを買おうと思っていたのですが、制御回路の影響が出そうなので躊躇しています。
アルカリ電池とソーラーで充電した充電池を比べてみたいです。

可能であれば、5V充電用の回路もご検討いただけると有りがたいです。

白須白須 2014/12/16 00:50 >制御回路の影響が出そうなので躊躇しています

音質を担保して、DC電圧を制御するほど難しいコトはありませんw
高が電圧制御、されど電圧制御・・・・そんで決まる
無帰還DC電源は、生卵を割って容器に複数入れたイメージ(混ざっていない)
有帰還DC電源は、溶き卵のイメージ(混ざっている)
根拠は有りませんが、イメージしています
同じ卵ですが、茹で卵と卵焼きの違いかも・・・・

アルカリ電池は蓄電できますが、太陽電池は発電機と言うイメージ

>5V充電用の回路もご検討いただけると有りがたいです

了解しました、音質重視の5V電源は大きなテーマに鳴ると思います
私の結果を待たず、ドンドン実践してくださいw

SL2tonSL2ton 2014/12/20 11:45 ニャーが無ければ始まらない。

遅ればせながら、NASから、ネットワークプレイヤー(PS3)、DAC、アンプ、スピーカーまでの
すべての電源ケーブルと電送ケーブルにニャーを付けました。
(未だ、ハブと、各々の筐体には、ニャーが足りないので付けていません。)

結論は、「全てにニャーを付けなければ音の評価はできない。」でした。

今まで、散々電線病、部品(抵抗、コンデンサー、コイル)病に病んでいましたが、
特効薬となるようです。

どこに、これだけの音(情報)が隠れていたのか???
ニャーが表に出してくれました。

電球は下流から上流に付けていけば、あるところから、それ以上上流に付けても効果が無いように聞こえますが、
ニャーは、ケチるとダメなようです。

白須白須 2014/12/20 16:24 >ニャーは、ケチるとダメなようです

そうなんですw ニャ〜の大群が必要です
千葉支部長から連絡が有り、40匹だと凄い! とか申しておりましたw

ギロッシュギロッシュ 2014/12/21 09:26 >結論は、「全てにニャーを付けなければ音の評価はできない。」でした。

マニアはよく機器の実力を100%引き出すなんていいますが、
ニャ〜とかFMとか変化の大きい改造をするとそれはもう音的に別物かと(笑

そして、ニャ〜設置の絶景ポイントはユニットのマグネットでしょう。
マグネットの磁場とユニットの直接震動でニャ〜の「気」が増幅されます(笑
シリコーン系の接着剤で固定すれば、後々、外すことも可能です。
大型のウーハには1匹では足りないみたいですが・・・

うちの巨大システム、ケーブルにはブレーカの主幹電源線以外付けてませんが、
それでも見えない所に40匹くらいです。
デカいの買ってみようかな〜(笑

ギロッシュギロッシュ 2014/12/21 09:34 >PC駆動では、SW電源が必須でしたが、スタンバイ・バッテリーをプラスすることで、シリーズ電源化に成功但し、巨大タワー(30Kg)になり、逝ってるマニア限定仕様・・・・


PCを取り入れると、音の調整にもの凄い苦労が要るのが火を見るより明らかなので
CDPで頑張った方が楽だし結果もよいと思いますよ。
なぜなら、デジタルといえどもコピーする度にソースの「気」の部分が劣化する
からです(笑

前に、ハイレゾ聞くためにPC接続してメゲてしまいました(笑

そして、電源強化はコンポを選びません。どこを強化しても音質改善します。
全てをどんどん強化くしていくとマイクの電源強化が一番効くのが分かるでしょう(笑

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arcs2006/20201202

2020-11-25 11月その3

11月も後半、今年あと1ヶ月チョイ・・・・

日々進歩しているとは思いつつも・・・・イマイチ区切りが付かない・・・

いよいよ、BDP−LX88が登場します

PC積んだ専用リップ・ドライバー(BD再生機)が完成しそう・・・

そして、スピーカー・コンテストも詳しくレポートします



f:id:arcs2006:20141201233646j:image


「手前、生まれも育ちも関東です」   ガキの頃よくマネして言ったもんですw 


仁義なき戦い」こそ代表作だと思いましたが、平凡なので、一捻り

「トラック野朗」にしようか悩みましたが「関東テキヤ一家」を選びました

不条理な世界に正義が爆発、お決まりの「殴り込み」は何度見てもスッキリ、絶対に死なないのも笑えますw

時代劇そのもの、痛快です、映画館の帰り道、その気に鳴ってるバーチャル感・・・・


ご冥福をお祈りいたします







自作スピーカコンテスト2014


今年はお手伝いなので、気が楽・・・・


f:id:arcs2006:20141130181815j:image


鈴木さん、音質賞おめでとうございます  ミューズの方舟最年少(28才)の快挙!


会長はじめ、並み居るベテランを見事に抑え、ダントツで音質賞をGET!  凄い・スゴイw 将来恐るべしw


f:id:arcs2006:20141130165543j:image


いやはや、私の息子が25才ですから・・・ついに世代交代がはじまったのか・・・・音は正直ですw

自作スピーカコンテストで音質賞をとるのは、メチャ大変ですw

並大抵の経験では不可能です、特にユニット・ワン・メイクなら尚更ですw



今回のコンテストで驚いたのがコレ!


f:id:arcs2006:20141130165647j:image


私は音質賞に選びました・・・・

ナンと石膏ボードをくり抜いて積層したBOX、メチャクチャ音良かったです

吸音材・接着剤を一切使わず、バッフルはエンビ板だとか・・・・

自然な音で、余計な響きがジャストで抑えられている

BOXの材料は音質に直結しますが、内部損失が適正なのかな・・・・

相当オドロキましたw 石膏ボードは驚異の高音質材料だと認識しました

スピーカー材料としての石膏ボードには大きな可能性がありますw

ヘタに合板で悩むなら、石膏ボードを使ったほうが利口ですわ

私の次回作品は石膏ボードで決まりw


f:id:arcs2006:20141130165740j:image


前田会長の作品、アクリルで作られたBOXは美しい!

DIYレベルを超えています、聞いたらプロによる製作だとか・・・・

音質も良くて、音質賞逝くかと思ってましたが、音量上げるとアクリルの鳴き?が出るみたい・・・

高性能ホック・シートを使い、制振していますが、追いつかない・・・・「ニャ〜」付けたらイイと感じましたw

通常の音量なら品位もあり、ダントツでNO.1だと感じましたが、コンテストの大会場では難しい・・・・



上條氏の電源トランス差動接続


電源トランススピーカーに接続すると言うアイデアが凄い

原理がイマイチ理解できませんでしたが、聴感では、逆起電力をキャンセルしているように感じました

振動板にティシュ・ペーパーで製作したヒレを付けたり、ホッカイロスピーカ底面部に付けて加熱し

スピーカー内部温度を上げるようにするとか、ぶっ飛んだアイデアには驚かされました



谷本氏の平面バッフル


ポリカの中空板にユニットを付けてそのまま鳴らすと言うアイデア(2年目)にはオドロキました

正に執念で開発していらっしゃる・・・・












LX88の視聴会について・・・


ブログに書いた様に、現状ではLX88の画質・音質レベルは低く、視聴会を行う意味が無いと判断しました

メーカー担当者(営業)と同席して視聴を行いましたが「ブログの通り」というコトで認識が一致

このまま視聴会を行うと、LX88の良さではなく、ダメ出し視聴会に鳴ってしまいます

つまり、新製品のアピールとはかけ離れた前代未聞のダメダメ納得視聴会と鳴り

販売促進どころか「買わない方がイイ」と言う結論に鳴ってしまう・・・・


整理すると・・・


ホントウにBDP−LX88はダメなの?


ココが疑問ですわ・・・

LX91について書いた通り、パイオニアの製品には表と裏があると感じていますw

ブッチャケ、LX91についても、発売当初は全く評価していませんでした

言い換えると、私自身がLX88の実力を知らずに(使いこなせず)評価している可能性があります

パイオニアハイエンドAV機器は奥が深く、スグに理解できません

短時間の評価ですが、LX88は最悪でした・・・・


と言うコトで、パイオニア技術担当者と綿密にスリ合わせを行い



後日改めて、視聴会を行います



プログラムに穴が開いたので



BDR−PR1MのBD視聴会を行います


今年の課題をクリアする意味もあり、BDR−PR1Mの実力を探ります

現在、専用PCの製作、電源の製作を行っていますw

もしかして、上手く出来たらリファレンス交代も有りです

専用PCの製作、電源の製作(NFBを使います)を詳しくレポートします


裏切りのNFB電源でGO〜〜・・・・


NFBを悪の根源だと決めつけ、徹底的に排除してきましたが


確信が揺らいでいます












f:id:arcs2006:20141129000103j:image


嗚呼、再結成を見たかった・・・・


キャロルも70年代を代表する日本のロックンロール

大音量でレコード擦り切るほど聴いたオヤジさんも多いと思いますw

ナローだけど、分厚いロックンロール・サウンドはCDリッピングで当時以上に蘇る・・・・

当時、銀座NOWが立ち見で、キャロルが出る日は興奮したモンですw

この裏ジャケは何度見ても痺れるw 

ナンでCB750(OHC)なのか? 本来ならカワサキZ2(DOHC)だと思うのは私だけ・・・・

良く見ると、永ちゃんがノーヘルなのにグローブ嵌めてるw


f:id:arcs2006:20141129005740j:image


キャロルは70年代若者の象徴かもしれない・・・・




褒めたり、貶したり大忙しですが、パイオニア独自の素晴らしい技術を紹介


BDP−LX91の素晴らしさ


BD再生はBDレコーダー全盛の今日、高級BDプレーヤーの存在意義とはナニか?

TVの録画・再生、BD再生が可能なHDD/BDレコーダーはVHS並みの普及をしています

余ほどのコトが無い限り、BD再生専用プレーヤーは必要ありませんし、その性能差を出すのは大変です

デジタル全盛の時代、普及したHDD/BDレコーダーを差し置いて、BD再生プレーヤー所有するには

明確なメリットが無ければなりません


BD再生専用プレーヤーは、市販BDソフトの再生が主だと思われていますが


私は市販BDソフトを買いません


この5年間で購入した市販BDソフトは数枚・・・・

マニアの間では、レンタルBDのリッピング(コピー)が行われていますが、

私は、BDリッピング(コピー)は行いませんし、興味もありません


私は、TVのエア・チェックしか行いません



5年間で5000以上のエア・チェックを行いましたw



最高の画質はパッケージBDソフトではなく、TV放送



マニア的には意外かと思われますが、今後益々明確になります

なぜなら、最新デジタル映像はTV放送から始まるのが常識になりました

良い例が、4K放送、そして8K放送、最新のフォーマットは、すべてTV放送から始まります

つまり、画質に拘るならTV放送の記録がスタートになります


エア・チェックはイマイチ?


画質・音質を追求するAVマニアの一般的な常識では、エア・チェックはイマイチ・・・と言う定説がある

「ディスクのほうが上」「所詮TVデショ」と言う、上から目線で見てしまう・・・・

ディスク買えないから、TVのエアチェック(ローコスト)で代用すると言う考え・・・・

70〜80年代にブームとなったFMエアチェックにも通じる「レコード買えないからエアチェック」のTV版

実は、私も同様の考えでいました・・・・「エア・チェックなぞケチ臭いし、イマイチだろ」

ブッチャケ、TV録画したVHSのテープは画質・音質がイマイチだし、整理できないとゴミの山

エア・チェックに対して良いイメージは全くありませんでした


AVマニアは、ディスク再生で逝く、と言う王道論・・・・で遣ってきました


この考えを覆したのが、BDP−LX91


時代はデジタル放送の時代に変わった・・・・


LX91は最強エアチェックBD再生機



認識が甘く、デジタル放送とは言え、品質はイマイチだと決め付けていました・・・・

キッカケは、デジタルでWOWOWが始まり、スターウォーズの録画をD−VHSで見ました

絵(V)は綺麗だけど、音(A)がイマイチ・・・総合力ではDVDの勝ちだと判断・・・・

初期のAACエンコーダーの5.1CHはイマイチ・・・エア・チェックはイマイチと再度認識しました・・・・

その後、HDDによるHD録画が始まり・・・・HDD/BDレコーダーが開発されました

HD・DVD戦争とか色々あり、BD主導(勝利)が決定され、大きく動きだしました

ブッチャケ、私は騒動に巻き込まれたく無いので、静観していました・・・・

三管プロジェクターが終了し、デジタル・ビデオ時代になれば、アナログ時代のノウハウが使えなくなる

ブッチャケ、デジタル映像について「どれも同じデショ」差が出なくなったら・・・困るナァ〜〜と思ってましたw


HDD/BDレコーダーも4世代目だったか・・・・BD再生専用機が各社から発売になりました

デジタルだから大差無いと考え、BD再生専用機には興味がありませんでした・・・

HDD/BDレコーダーを買えば、再生専用機は要らない・・・拘っても意味無いデショ・・・・

進化の過程にあるデジタル機は、慌てて買うと損すると思ってました・・・

2008年11月にBDP−LX91が発売になりましたが


「値段が高いだけ」だと思ってました


当時はデフレの最中、値段が高い=悪い、と言う風潮でしたw

丁度、CINE・MAXと接続されたDV−AX10と言うハイエンドDVDプレーヤーが壊れた現場があり

早速、LX91を納入し、画質をチェックしましたが「ピン」とは来ませんでしたw

思い出すに「アナログ出力(色差)でも使えるネェ〜〜」と言う程度「悪くない」でしたw

DV−AX10は当時(吉祥寺)のリファレンスでした・・・・


2009年に入り・・・ブログでお馴染のえびパンさんから


「エア・チェックしたBDの再生が特にイイみたい」「よく分からない、調べてくれないか」との問合せが・・・


内心、そんなコトあるのか?

所詮エア・チェックだろ、良く鳴ってナンボでもないワナ


コレが始まり・・・・



「視聴会の予定があるので、当日、機器説明を含めてお願いします」


参加された方から、色々質問が出るのでよろしく・・・・


「どんな質問ですか?」



「エア・チェックしたBDの再生についてです」



「その質問には、答えられないかも」




「「ナンでよ!」」




「その事項は社外秘です」




「ハァ〜〜〜?」


購入前提で参加されるお客様に対し、「それは秘密です」は無いべ「アリエナイだろ!」「ナンなのよ」



ご想像のとおり、スッタモンだの末・・・



その場限り、口答だけで・・・  と言うコトで落着w


コレには驚いた、どう言うコトなの

つまり、BDP−LX91には表の顔と裏の顔があり、裏の顔は誰も知らないw

雑誌や広告には出ない独自技術があるのか?

口答だけでしか言えない技術とはナンなの?

思い出すに、コレほどオモシロイ視聴会はありませんでしたw


どんな新事実が飛び出すか・・・ワクワクw


大半の参加者は、こんな背景は知りません

BDP−LX91はドンなモンだか、というレベルだと思います

視聴会も進み、いよいよエア・チェックBDの再生のデモに・・・・

視聴に使用したBDは、WOWOWから録画したグラディエーターでした(パイオニアが持参)

BS放送は1080i、録画してBDにダビングしても1080iから変わりません

LX91には、解像度選択の中に1080/24Pと言う項目がオン・スクリーンにあり

ブッチャケ、意味不明な項目の一つだ


整理しましょう



WOWOWを録画すると、1080iで記録



市販BDソフト(映画)は1080/24Pで記録


グラディエーター」のBDソフトを買って再生すると、1080/24Pで再生され

WOWOWで「グラディエーター」を録画して再生すると、1080iで再生されます

ブッチャケ、デジタルの方式が違うと考えてください

同じ映画でも、TV録画と市販BDでは記録方式が違うのです


ココが大きな問題!



映画館で写される映像は、1080/24P


24Pと言うのは、1秒間に24コマというフィルム撮影の方式


つまり、WOWOWは1080/24Pの原画を1080iに方式変換して放送


デジタルBSのフォーマットは1080iであり、映画を放送する際に1080/24Pを1080iに方式変換



コレがヤバイ!



一定の規則データであれば、OKですが、ランダムな動画を方式変換すると



データ・エラーが発生


ブッチャケ、デジタルとは言えランダム・データになると計算値に誤差が発生してエラーになるw

誤差(エラー)は、計算スピード(回数)でも変わります

一般的にスケーラーと言われ、デジタルの進歩(高速化)により計算精度が向上します



誤差(エラー) = 解像度低下


TV放送と、市販BDソフトの違いがココ!


つまり、エア・チェックした映画と市販BDソフトの違いがココ


方式変換に伴う解像度低下をパイオニアは見抜いていた!



つまり、BSデジタル放送(方式)の画質が悪いのではなく


放送する際に行う、方式変換に伴う誤差(エラー)によって画質低下が発生



「ヘェ〜〜」「ホントにそうなの」


録画した「グラディエーター」のスタジアム格闘シーンを1080iで再生、大観衆のロング・ショット

格闘シーンの激しい動き、画質チェックにはピッタリ・・・・

その画質は、普通のハイビジョンであり、如何こう文句はありません、普通に良く映っていました


この状態から、解像度選択を1080/24Pに変更した途端・・・


「バァ〜〜ン!」・・・・・一気に解像度が向上!


参加された皆様から「お〜〜〜」歓声が上がったw



パイオニアの独自技術とは、1080i(BS)を1080/24P(市販BDソフト)へのIP変換


エア・チェックした1080iを1080/24Pの市販BDソフトへ変換する技術

元々、1080/24Pの映画ですから変換によるエラーが少なく、劇的な画質向上が実現



「ま、ま、マジかよ」



この後、WOWOWから録画したスターウォーズを視聴


見ていたえびパンさんが



「コレ、買います!」  叫んでましたw



衝撃的な視聴会でしたw


なぜこのような技術が発見・開発されたのか

当時パイオニアでは、再生専用機を開発しながら、HDD/BDレコーダーも同時に開発していて

録画したBDを如何したら高画質に再生できるか、懸命に探っていたようです

市販BDソフトのように再生出来ないか、研究したそうで・・・

単純にIP変換すればOK、そんなカンタンな噺ではありません


詳しくは書けませんが、


放送局により、放送時のクセがあり、同じアルゴリズムではIP変換できないそうで・・・・


詳しくは書けませんが、


放送局のクセを全て調べ上げ、全てのエア・チェックに対応できるようにLX91は作られています



だ〜から、意味不明な設定項目が沢山あるのよ


コレだけではありません、特殊なMTVの録画にも対応していて、世の中にある全ての映像を最適再生可能


取説の中に出てくる、「上手く映るように設定を選んでください」が其れ・・・・

ブッチャケ、全く意味が分からない記述があり「コレ如何言う意味なの?」と鳴るw


BDP−LX91とは、エア・チェックBDを再生するために開発された



凄いデショ、LX91   パイオニア底力に驚嘆しましたw


もっと凄いのは、この機能はLX91にしか搭載されておらず

他のBDプレーヤーでは同じコトができない・・・・幻の技術なのです

そして、この技術が詳しく公表されることはありませんでした



一般論で言えば、録画ー再生はマンマが原則、再生時に方式変換したらアカン(違法性は無いと思います)




LX91は難しい機器


ブッチャケ、普通の人には使いこなせません、其れ処か、使えないと酷い画質になってしまう・・・

映像に詳しい超マニア向けですわ、パナレコとの比較をされますが・・・・

オートマのパナレコに対し、LX91はクロス・ミッションの6速マニュアル車

乗りこなせ無いと、酷い目に遭う・・・・乗りこなせるスキルが有ればサイコ〜なヤツ

ちなみに、LX91を理解し使いこなせるまで半年掛かりました

再生する時「コレなんだったっけ」とディスクの画像フォーマットを確認する必要があるのでメンドウw

AUDIO設定も同様でメンドウ・・・・いい加減馴れましたがw

ブッチャケ、普通に使うなら最新のパナレコがお奨めですし、高性能を享受できますw



だ〜から、LX88に期待するのよ



BDP−LX91はエア・チェッカーのためにある


言い換えると、コスパの高さは犯罪級でして

市販BDソフトを買わずに、エア・チェックすれば最高級の画質・音質を楽しめます

画質はまさに大画面(150インチ以上)で真価を発揮、TVで比較したらパナレコのほうが良く見える

AACについて書くと、放送用エンコーダーがドンドン進歩するお陰で、音質もドンドン向上!

現在のAACは、市販BDと区別できないほど音質向上しました

そして、ナニより毎日毎日、空から高品質なソフトがバラバラ降ってくる日本は、エア・チェック天国ですよ

海外で日本のような状況は、絶対にアリエナイ

そのお陰で、AVソフトの価値が暴落し、市販BDソフトが売れ無くなったけど・・・・



コレだけじゃない、技術と物量がギッシリ詰まったLX91


ココまでの噺は、一般に一切公開されていません

余ほどのマニアでも知らないと思いますw

「コレなんじゃ?」とパイオニアにシツコク食い下がって出てきたオドロキの技術

LX91には、コレ以外にも技術と物量がギッシリ詰まっています

改造に対する懐の深さは、想像を超えた底なし感がありますし、性能向上にも驚かされます

「こんなコトしてイイのかよ」と言う改造でも、受け入れてしまうし、画質・音質共に、現在でもNO.1



コレ読んだら、LX91欲しくなるかなw






こんな裏噺、今だから話せますw

当時、パイオニアの技術力はトンデモ高いと実感しましたw

画質・音質に拘る執念と探求には相当驚かされた記憶があります












BDP−LX88について・・・・


6年振りのハイエンドBDプレーヤー、相当辛く評価するつもりです

それだけ期待が大きいとも言えますが、ハズレだったら・・・・クソミソ書きます

LX91を絶賛してきましたから、その反動だと考えてください

画質は、160インチで見れば一目瞭然ですし、一切の誤魔化しが通用しません

いよいよ明日、デモ機が来ますw


f:id:arcs2006:20141126145426j:image


早速開梱し、LX91の隣へ・・・比べると余りに不公平なので、FMシートを敷いて、上に掛けました

電源ケーブル、信号ケーブルは共通ですから、機器単体比較に鳴ります

視聴会では、ノーマルLX91も加わり、三つ巴で比較視聴を行います


イキナリ画質・音質云々言うても無理があるので・・・・


壊れてないかチェックがてら、機器に馴れる意味で視聴を開始・・・・


画質・音質について・・・


そうは言っても、やはり画質・音質ですわ


そのための機器であり、ナニを差し置いても画質・音質が優先される宿命だ


とりあえず、チラっと・・・何気なく・・・インプレ






画質・音質、全くお噺に鳴りません!   酷い!






LX91とは、次元が違う!   ノーマルと比較しても・・・・



解像度・コントラスト・階調・カラー全てダメ、思わず「マジかよ!」


画質から透明感が消えた・・・・全体が霞んで、色がクスんでノッペリした絵


期待しただけに、見るだけで腹が立つ!




そんで音質が特に酷い!




キンキン・カンカンする付帯音が絶えず出ていて、音量上げると拷問だ





「ナニこれ!」 思わず呆然・・・・





実は、コレだけじゃ終わらない・・・・



ダメ出しの嵐が・・・・



リモコンが効かない


失望感の中で、各種設定のチェックをはじめましたが、リモコンのボタンに効きの悪い部分がある

何度も押してようやく反応する・・・・

電池がダメかと交換しても同じ、画質、音質、カーソル・キーが特に鈍いため、設定でイライラする

LX91のリモコンには照明が無く使い難い、照明付けて改善したのに効かないボタンがあるとは・・・ボツだ



言語設定の意味が無い


日本語・英語で言語設定があるにも関わらず、メニュー画面が英語だけになる・・・・典型的なバグ

画質調整では日本語表示はできませんw ナニ考えて作ってるのw

絵を見ながら丁寧な画質調整を行う時に小さな英語表示、絵を見る必要の無いオーディオ設定がデカい日本語表示

相当なアホが作ったとしか思えない



解像度表示がオン・スクリーンに出ない!


致命的です、解像度変更をしようとリモコン操作すると、本体ディスプレーには表示されますが

オン・スクリーンで情報が表示されない、つまり、画面を見ながら切り替えができない、相当アホだわ

パイオニアに確認したところ、元々の仕様だそうでバグではないそうです・・・・

呆れて言葉出ません、LX91を使ったコトあるなら、画面を見ながら解像度設定をするのは大きな楽しみだし

LX91の大きな特徴でした、つまり、LX91を全く理解していない人が設計したとしか思えない・・・

後継機と言いながら、情け無いやら、腹が立つやら、コレじゃ○○オニアだ!



分からない設定・・・・


毎度のワケ分からない設定だらけ・・・・

LX91のIP変換が進化して移植されていれば納得ですが、正体がよく分かりません

一連の流れから推測すると、期待できそうにありません



歴史に残る超大駄作!   ココまで酷いとプレミアかもw



既に発売されているようなので、期待して購入された方は大変だと思います

視聴していて、途中からアタマに来た

開梱してタッタ2時間触っただけ、コレだけ初歩的なバグが見つかるとは・・・・考えられん

企画・開発した後のチェックがズサン、いい加減だ、高品質・高画質・高音質を売りにするAV機器とは思えん

パイオニアの技術力を信じ、購入検討をしているユーザーをバカにしているとしか思えない、正に○○オニア

コレじゃSONYの4Kプロジェクターと同じだ

全体を通して感じる事は、まともな映像エンジニアが居ない、オーディオは自己満足だけで作った

そして、十分なテストや吟味がされていない






クソミソですが、1点だけLX91より良い処があります


横方向への動きはLX91より滑らか



せめて1個くらいは良い処があるハズだと必死に探しましたw


次期ハイエンドBDプレーヤーとして期待しましたが、ガッカリ!  



あまりの酷さにパイオニアに大クレーム入れました


返答は「不完全な試作機が行ってるかもしれません、早急に調べます」


だとしたら、事故の可能性もあるかも・・・・若干の期待が持てました


しかし・・・・答えは



「お送りしたLX88は、正規品です」



ダメだ・・・・終了・・・・日本のモノ作り低落を象徴しているようです

まさか・・・でした、パイオニアの低落は止まらないようです

起死回生の一打は無理なのか・・・・それにしても技術レベルが余りに低すぎる

LX88は現在のパイオニアのレベルを表しているのか・・・・

少なくとも、LX91の後継機を作ろうとするなら、自らLX91を使用している技術者でなければ無理だ

LX88の設計者は、LX91のコトを一切知らないとしか思えない

特に画質部分の主要部は、海外外注なのかな?

画質調整の画面は英語版をそのまま使っているとしか見えません、画質追求なんぞ一切無いと感じる

Vは海外外注もしくは、そのまま流用、オーディオ部分を国内の2流エンジニアに任せたのかな?

どちらにせよ、かなり悲惨な結果、パイオニア・ファンの悲鳴が聴こえそう・・・・

AVに興味が無いサラリーマンが設計するなら、LX91はハードルが高すぎる!

言い換えると、AVを趣味とするマニアでなければマニア向けの機器設計は無理だ


ブッチャケ、この先3年、BD最高級プレーヤーの希望を言えば


LX91のデジタル部とBDドライブをブラッシュUPすればOKであり

新しいプレーヤーをわざわざ開発する必要は無い、せっかく開発したIP変換アルゴリズムをドブに捨てるとは


パイオニア改め、○○オニア


青色LEDを開発した技術が台無しになるのと同じ!

パイオニアが凄いのは、TV録画をパッケージBDソフトと同じ、其れ以上の画質に変換できるアルゴリズム

開発したコトですよ、ワザワザ捨てるバカが居ますか、だから○○オニアだ

こんな侮辱的なブログ書いても、意味の分かるパイオニア社員が居ない、だから○○オニア

自社で開発した独自技術を自社製品に生かせない、外で見てるとイライラする!



accuphaseaccuphase 2014/11/26 09:46 BDP-LX91の時よりお世話になっております。
やっとパイオニアよりハイエンド?と言える可能性のあるBDP-LX88が出るとの事で楽しみにしている、KRP-600MとBDP-LX91ユーザーの一人です。

白須さんのブログを参考にさせて頂いている者としては、非常に評価が気になります。

ブログアップ楽しみにしております。

白須白須 2014/11/26 17:20 ブログの通りです、相当アタマに来ました
まるでLX88を苛めているみたいでした
せめてLX91と並んでくれれば・・・・・残念!
言い換えると、デジタルAVは、スペックが皆同じですから、見て・聴いて明確な差を出すのは大変です
視聴会は予定どおり行います、お時間があればご参加ください

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arcs2006/20201125

2020-11-11 11月の第二部

毎度のお笑いブッ飛び企画w


酸素系漂白剤でパワーUPだ!



吸気の酸素濃度を上げるには・・・・


吸気の酸素濃度を上げれば、燃焼効率が上がり、パワーUP & 燃費向上 するべw


酸素濃度が上がると、爆発力(トルク)UPに鳴る、そんでO2センサーのデータも変わる(酸素が増える)

CPUは空燃比の変化に気付き、燃料を絞るw  と言うシナリオw



ブッチャケ、吸気で酸素を発生させればOKだろ!


そんなコト、簡単ローコストにできるんか?


f:id:arcs2006:20141122201903j:image



元ネタ・・・・


長山氏との雑談で「最近ナンかオモシロイのやってる?」



オキシドールでパワーUP



「ナニそれ?」「クルマが転んで怪我したの?」



過酸化水素水で酸素を発生させる



エアクリーナーにオキシドールを塗るんだとか・・・・



・・・・マジかよ・・・・



つうワケで・・・http://www.naruto-u.ac.jp/course/sci/sci/class/kyouiku_kadai_tankyuu/2005/2/oxygen.pdf#search=’%E9%85%B8%E7%B4%A0%E7%99%BA%E7%94%9F%E8%A3%85%E7%BD%AE++%E6%BC%82%E7%99%BD%E5%89%A4’


流石、国立大学付属中学校ですわ、レベルが違うw



そんだば、酸素を発生させましょうw


f:id:arcs2006:20141123095841j:image



お手軽NOSだぜ!



優秀な中学生の理科実験をパクり、過炭酸ナトリウムダイソー)を使用


成熟した社会に見える今日ですが、見方を少し変えるだけで、お笑いネタがゴロゴロ有るワナ


D


横に鳴っちゃったw


f:id:arcs2006:20141123110046j:image

f:id:arcs2006:20141123110108j:image

最初に実験した漂白剤(ダイソー)ですが、炭酸ナトリウム重曹)入りなので

どうやら炭酸ガス二酸化炭素)も出るみたいで・・・・イマイチでした


f:id:arcs2006:20141123193517j:image

f:id:arcs2006:20141123193611j:image


コチラは、過炭酸ナトリウムだけみたい・・・・


こんなモンで吸気の酸素濃度を上げられるとは考え難いですが・・・・


コレが凄いのよw


漂白剤を溶かした水溶液で色々弄ってみると


ブッチャケ、酸素系漂白剤=固形酸素として使えるみたい・・・・



水溶液が気化し続ける限り、絶えず酸素が出ているみたい・・・・



つまり、加湿器強制気化すれば、酸素発生器として使える



ナンチャって NOS



D


触媒選び・・・


過酸化水素水と二酸化マンガン触媒)を混ぜると酸素発生なんすが・・・・


触媒にあたる二酸化マンガンの入手がメンドウだ・・・・

マンガン電池を壊して・・・なぞ特にメンドウ・・・・

触媒として使えるモノに、ジャガイモやら生レバー(肉)があるそうですが・・・・ボツだわな

ブッチャケ、酵素が必要・・・・


f:id:arcs2006:20141124123645j:image


コレだよ、酵素入りだ


バッチリだ、凄い反応だ、酸素バリバリ、白い泡は全て酸素・・・・・

線香を中にいれると、爆発的に燃焼して大笑いw

ペットボトルが変形しているのは、線香が激しく燃焼し過熱変形したため・・・凄いデショ

ブッチャケ、酸素が発生したとして、燃焼が始まれば消費されるので、熱変形するほど持続するとは考え難い・・・

酸素発生量は、大したコト無いと考えていましたが・・・これならO2センサーを騙せるかも・・・








デジタル・ノイズ指向性・・・・


f:id:arcs2006:20141112171739j:image


FMシートのお陰で、ワケわからないデジタル輻射ノイズに対策が可能に鳴りました



FMシートを布団を掛けるように使う



ナンとも信じ難い対策ですが、数多くの体験が寄せられていますw

普通に考えると、覆い被せる=シールド だと考えますが、どうも説明が付きません

シールド=ノイズを封じ込める、つまり外部に漏らさない、と考えますが・・・・

写真の例を考えると、DACは離れているし、TOS(光)ですから電気的には絶縁されている

覆い被せて効果があるなら、ノイズ・シールドではなく、ノイズ吸収ではないか?

だとすれば、ノイズはデジタル基板に対し、鉛直方向に発散されているのでは?



ノイズには指向性がある


ノイズ=エネルギー だと考えれば、方向性指向性)があるのは自然だ

正体が分からないにせよ、指向性を前提に対策をする必要があると考え始めています

ノイズが強い方向、弱い方向がある










超弩級プリ・アンプの製作


f:id:arcs2006:20141120213022j:image


持てるノウハウの全てを注ぎ込み、超弩級プリ・アンプを製作します


プリは、ボリューム命!


音量調整するためのボリューム選定は、プリ・アンプの命ですわ

多接点セレクターによる抵抗切り替え式とカーボン抵抗をブラシで擦る方式があります

ギャング・エラーの無い、抵抗切り替えが有利だと考え、各種製作して使いましたが・・・・イマイチ

ブッチャケ、ボリュームはオーディオ最大の必要悪と言えます

アルプスの最高級カーボン・ブラシ・ボリュームを17年使ってきました

ボリュームは回した時に感じる、独特の粘りが大事で、アンプの質感に大きく影響します

高が音量調整ですが、ボリュームを回した感触はとても大事な要素になります

抵抗方式は、ガチャガチャ回す必要があり、高級感イマイチ・・・・

アルプスの最高級ボリュームは、ギャング・エラーがゼロではありませんが、指先の使い方で回避できますw

つまり、ギャング・エラー(左右の音量差)が出たら、微妙にツマミを粘らせればOK

17年使ってガリが一切出ないのも見事!  部品グレードの高さを実感!















久々ゴツイ視聴会に鳴りそう


プロジェクター視聴会


f:id:arcs2006:20141120140940j:image


LED・DLPプロジェクター HD90


製品の仕様は   http://asia.optoma.com/Product/ProductDetail.aspx?ID=MjM0&Category=SG9tZQ==&Type=Feature



f:id:arcs2006:20140916124036j:image


BDP LX88 徹底比較


フルチューンLX91、ノーマルLX91を使い、音質・画質の徹底比較を行います



6年間の進歩が音質・画質に如何反映されているか・・・・・楽しみです

もしかすると、ハズレかも・・・・パイオニアの現時点における実力が分かると思います



日時  12月 6日  13:30〜


    12月 7日  10:00〜   14:00〜 



参加をご希望される方は、ご連絡ください












鶴田浩二高倉健は理想の男


f:id:arcs2006:20141119231430j:image


鶴田浩二のような親分が居たら、この身を捧げたい


男が男に惚れる世界がスクリーンに展開、何度みても惚れ惚れする


f:id:arcs2006:20141119231429j:image


高倉健のような子分に鳴りたい


不条理を許さず、単身で切り込む高倉健は、何度見ても鳥肌が立つ!


二つの理想を映画に見るコトができます


何処までも正義を貫く親分と、信じて忠誠を尽くす子分

見事に一本筋が通った武士道に通じる哲学



そして、現代は・・・



f:id:arcs2006:20141119232448j:image


典型的な御都合主義、つまり人間の本質、現実を描いた仁義無き戦い・・・・

人間の多様性を見事に再現しています


同じ東映映画ですが、路線の違いが明確



ご冥福をお祈りいたします




たった、半世紀で男は変わりすぎ!












大きい「ニャ〜」入りましたw


f:id:arcs2006:20141119200033j:image


大きさによる効果の違いは、分かりませんが

NYA2による音質・画質向上は誰でも楽しめますw


分電盤、電源ケーブル、信号ケーブルに縛り付けてください


音質は柔らかくソフトに変わり低域が豊かに鳴ります、画質はコントラスト・解像度・発色など全て向上


付けてスグに変わります


理由や原理は、全く分かりませんが、効果が楽しめますわ、正に不思議な世界

他人に説明すると、人格を疑われるので密かに楽しんでくださいw

効果に感激しても、他人に話さないほうが良いと思います

ブログ読んで、一人で納得してくださいw


コレは、フラシーボではありません!



現時点では、魔法だわな



江戸時代の人が、新幹線や飛行機に乗ったと思えば分かり易いw

江戸時代の人に原理を説明しても絶対に理解して貰えないワナ

魔法を楽しむと考えればOKw

世の中には、不思議な現象が溢れていますが、その一例だと考えていますw


不思議を受け入れ、大いに楽しみましょうw


ゴチャゴチャ考えても、ワガンネw









際立つCDの高音質化


CD自体はナンも変わりません、CDリッピング改善による高音質化の噺


高性能リップ・ドライバーであるBDR−PR1Mではありますが

シリーズ電源化、無帰還R化でPC電源同様、著しい音質向上(自然で滑らか)しました


もしかすると、汎用CDドライバーでも電源次第では大バケする可能性があります


当初は、リップ・ドライバーの読取り精度が問題だと認識していましたが、様子が変わった・・・・

プリ・アンプのバッテリー充電のエラーでドライバーの音質差が分からなく鳴りましたが・・・

ブッチャケ、電源の違いが原因でした、言い換えると、ドライバーの性能差より電源の違いのほうが大きいのよ

もちろん、電源が良くなればドライバーの差がハッキリするとは言えますが・・・・

プライオリティーはドライバーより電源が上に鳴ると言う噺ですわ

こんなコトばかりしているので、CD音質が際立って向上してしまいましたw


電源に対する見方が大きく変わりました


シリーズ電源化、無帰還R化による音質向上は、視覚化やパラメーターによる違いが現代科学では不可能です

音を聴けば誰でも分かる変化を、スコープや数値で表せません

其れ処か、スコープで視覚化すれば、リップルノイズが増えて見えるのでワケ分かりません

つまり、視覚で悪く見えるにも関わらず、音質向上になるワケで、視点・観点がズレているのが一目瞭然だ


興味深いのは、底辺の底上げが凄い!


CDには優秀録音と言われるカテゴリーがありますが・・・

ココで言う処の音質向上は、底辺レベルが著しく音質向上しました

つまり、従来は優秀だとナンも感じなかったCDが別モノに劇的音質向上します


以前も書きましたが、優秀録音は其れ鳴りに良く鳴りますが


アナログ音源のCD復刻盤が特に大バケ


正確に書くと



昔聴いた音が再現します!



CD聴いて「俺の記憶じゃこんな音じゃなかった」ツウ音が「正にこの音だ!」 



音の記憶などと言うと、アヤフヤで不正確だと思われますが・・・・実は違います


オーディオの比較試聴と音の記憶は脳内メモリー領域が違う


人はイイ音を聴くと、脳内に快感物質が発生し、その快感を記憶します(平たく言うと感動)

脳内で光る部分が有り、強く記憶されます、言い換えると、麻薬的・・・・に近いのかも知れません

時間が経過して同じ音(曲)を聴いた時、同じ快感が得られないとナンも感じませんw

其れ処か、以前の快感と比較してダメだと、不満に「違うよ!」と感じたりしますw

人は、感情に大きく左右される動物・・・・

人は絶えず感動(本能)を求める動物なのかもしれません、イイ例が、恋愛w

恋愛とは、人間の本能そのもの・・・・そして、人間の欠点は感動に馴れてしまうコト

新鮮な感動を求めて・・・・浮気へ・・・・

浮気を肯定するつもりはアリマセンが、快感(感動)を求める本能なのかも知れませんw



オーディオ持続は倦怠期との戦い!


オーディオが快感目的になるとヤバイ・・・音聴いて快感物質が出ないと、欲求不満になるw

言い換えると、BGM的なオーディオではなく、絶えず真剣勝負でフルパワー再生・・・・

相当疲れますが、何時しかアタリマエに鳴ってしまう・・・・コレがオーディオ依存症・・・・

オーディオに興味が無くなる原因のトップは、音楽聴いても感動が無く鳴るコト・・・・馴れて飽きちゃうw



除電病・・・


除電もかなりショッキングな変化に鳴りますw

機器やケーブルを換えないのに、劇的な音質向上が起こると・・・・

ブッチャケ、機器買い替えより音質向上が大きい・・・


除電命!   とか鳴り


除電さえすれば機器を変えなくてもOKだ!   と思い込んでしまうw


D


ガソリンは、静電気インピーダンスが低いみたい・・・・放電の受皿になりスパークするみたい

日本のセルフスタンドは、トリガーを握らない限り給油の持続が出来ないため、こんな事故は起こらないハズ

乾燥の季節、静電気は偲び寄っていますw


D


除電の逆、静電気を起こすポイントが動画にあります、アルコールで拭く、コレがポイントw

表面を脱脂すると、帯電し易くなります、脱脂により摩擦係数が上がるコトで静電気が発生し易くなるw

ブッチャケ、手垢(汚れ)は帯電防止効果があるんよw

アンチスタHが凄いのは、表面に残る微妙な汚れが帯電防止に鳴る





CDの音質向上は目を見張ります!


ブッチャケ、CDリマスターとか必要無いわ・・・・


何故なら、ホームセンターCD(歌謡曲)でさえ、ハイレゾ真っ青な音で再生できます





自作スピーカー・コンテスト2014


f:id:arcs2006:20141115223825j:image


今年はエントリーしていませんが、ご来場をお待ちしています


今年は、自作PCオーディオに熱中してて、手が回りませんでしたw

来年はリファレンスのパワー・アンプ作る予定なので・・・・コンテストはパスる可能性大かも・・・・

今年はレポート側に回り、詳しくレポートさせて頂きます

相当なマニアが集まるので、濃いレポートに鳴ると思います

北欧フルレンジと言う、品の良い選択ですが、如何鳴るかな・・・・

ヤッパ・・・スピーカーはJBLからはじまり、最後はFOSTEXだわなw

個人的には好きなカテゴリーではありませんが、喰わず嫌いではショ〜も無いので、偏見を捨ててレポートします

クルマで言えば、JBLはアメ車でスキャンピークは欧州車・・・・

こんなコト書くと「ろくに知らないクセに書くな!」と言われそうですがw



余談を一発!


自作は○○茸が日本流


オモシロイ現象として、日本の自作マニアは○○茸さんが殆どです

スピーカー茸、アンプ茸、DAC茸、アンプ茸で見ると、真空管茸、トランジスタ茸に分類されます

私はMOS−FET茸(長岡派)ですが、無帰還Rで生まれて初めてパワー・トランジスタを使い感動しましたw

何故かと言えば、アイドリングと言う考え方が変わった!

電圧で制御されるMOS−FETの場合、アイドリングバイアス電圧で制御されます

一方、パワー・トランジスタはベース・エミッターに0.6V(ダイオードのVf)さえあれば普通に動く

言い換えると、MOS−FETは選別が必要ですが、トランジスタには其れが無い(設計が楽なんよ)

ナンだか笑えます「気付くの遅すぎ!」だよなw

ブッチャケ、MOS−FETの市販製品は絶滅したワナ・・・・

もう少し書くと、古い市販アンプには、バイアス調整(アイドリング)と出力ドリフト調整(DC漏れ)VRがあり

規定アイドリング電流に調整した後、DCドリフトを調整して生産されてきましたw

何故なら、アイドリング調整が重要視されていたから・・・・

A級・B級アンプの違いはアイドリング電流の違いでしかありませんw

スタジオ・リファレンスを改造して分かったのは、アイドリング調整が無いコト

つまり、設計側でアイドリングを重要視してない・・・・

クルマで言えば、キャブのスローニードルみたいなモンかな・・・・

EFIのクルマにアイドリング調整なんて無いデショw

噺を戻すと、コレと決めたら、○○茸をひたすら作り続ける・・・・

私は、入口から出口まで(部屋も含め)自分の考えがイチバンだと勘違い,ナンでも作る科、と言う超少数派

○○茸でも、途轍もなく奥が深いので、中々他に手が出せないとも言えますが・・・・

見事に何十年キャリアの○○茸さんが集まっていますw

逆言えば、手広く自作すると時間の関係で中途半端なモノしかできないのかも・・・・

批判するのではなく、手を広げれば新たな切り口が見つかるので○○茸に新発見があると思いますが・・・

○○茸から抜け出す方が殆ど居ませんw

色々と手広く手を出すとオモシロイですが・・・真面目で誠実な日本流には合わないのかなw


















半導体の「気」を使う


f:id:arcs2006:20141114225718j:image

1本25円の10Wの余ったツェナーダイオード半導体


元ネタは、ギロッシュさんのコメントから始まります・・・・


お経CDのSDカードコピーは超お勧めです


絵画同様、お経(経文)はその内容からして効果が有りそうだと推測できますw

だったら、コピーなどせずに経文をそのまま使えばOKじゃないの?

坊さんが読んでるお経本を、AV機器の上に載せるのが本筋ではないか?


ツウわけで、実際に載せてテストしました・・・・


・・・・・ナンも変わりません!


置き方を変えて、色々テストしましたが・・・・ナンも変わりませんw



普通に考えると、変わるワケ無いのが大人オーディオですが、何故か変化向上を期待しちゃう自分が居ますw

アレレレのレ〜〜、凄い見事な空振りですわ・・・まるで失敗の様な敗北感に襲われますw



でも待てよ・・・・


ギロッシュさんが、効果があるとコメントした内容で、今までスカは一度もありませんw

其れ処か、ブッ飛び、驚愕、魔法・・・・だとスンと、根本的な部分で「ナンか違ってない?」

お経をコピーしたと言うSDカードですが、中身はデジタル・データ(暗号)でしかないワナ・・・・

そのデジタル・データに、果たして意味あるんか?

絵画の場合は、絵葉書とは言え、ホンモノの縮小写真です、ミニチュアだと思えばOKですが

お経をコピーしたSDカードは、お経本とはかけ離れたモノ(暗号)で、関連性があるとは思えないw

もっと言えば、お経のCDをAV機器に載せれば音質・画質が向上するのか?

もっと言えば、お経の種類で性能差がでるのか?

デジタル化(暗号化)されたモノに果たして、「気」の転写が起きてるのか・・・・疑わしい・・・


紙に書いた文字の「気」とは・・・


文字1個に意味があるとは考え難い、何故なら1文字変えるだけで意味が逆転するケースがある

つまり、文章には意味がありますが、文字1個単位じゃパーツにしかならず、意味が無い・・・・



何らカンらと文句・・・ではなく考え方を変えてみましたw



もしや、SDカードに意味有るんじゃないの???


今までの経験、電球(真空)やらハロゲン(気体)やら・・・・


つまり、お経のコピーは如何でも良くて、SDカードの「気」じゃないの?



SDカードって何モノよ???


ブッチャケ、SDカード=半導体、ダヨネw


SDカード買って、ケーブルに付けたら如何鳴る?  と思いつき、近所のホーセン(D2)逝って見ると・・・



       結構な値段するんでボツ!



効果無かったら、勿体無いワナ・・・・



ブッチャケ、余ったツェナー・ダイオード半導体)で代用できるデショw



メチャクチャ乱暴な妄想ですが・・・大事件が・・・起こる???



f:id:arcs2006:20141115201511j:image


ダイオードとFMビーズを組合わせた FMD 


ピンと来た方は、是非ともお試しくださいw

電源ケーブル、各種信号ケーブルに3本まとめて縛り付けます

ケーブルに縛り付けるだけでOK、一体ナンなんでしょうかw



相当笑えますよw



以前、電源開発の中で、ダイオードで交通規制する噺を書きましたが・・・・

今回の件で、ダイオードを使うコトに意味があると分かりました

半導体による音質向上は、相当なモンですわ
















晩秋の富士山


f:id:arcs2006:20141114211943j:image


精進峠からの絶景


デジカメを換えたのでテスト撮影で山歩き・・・

富士山は、雁ヶ腹摺山からの眺め(旧500円札)が有名ですが、精進峠からも凄いですわ

マイナーな精進湖のバックに雄大な富士山が見事、現地で見ると大感動ですw

精進湖ー三方山ー精進峠ーパノラマ台を5時間掛けて歩いてきましたw











「音・質・命!」



Windows と Linux



Ritmo と Pi どっちが音イイのよ


ついにガチンコ勝負が実現しましたw


f:id:arcs2006:20141112165717j:image


最新モデルのB+


f:id:arcs2006:20141112170137j:image


従来モデルのBタイプ


Piは2種類あります

従来モデルのBタイプ、最新モデルのB+、主な違いは電源供給にあります

Bタイプは、3.3VがLDO(3端子R)で、B+がデコデコに鳴ります

B+の方が消費電力や発熱は小さくなります(高効率)


f:id:arcs2006:20141112165726j:image


電源は、RitmoのUSBバスパワー(30センチの自作ケーブル)を使用し、Ritmoの天板で動作

電源を共通化(差を無くす)し、USBの信号線はカット、ガチンコ精度を上げます


音源は最新のリップドライバーで直前にリップしたデータをUSBメモリーで共通化し

Ritmoは内蔵SSDにコピーして使い、SSD VS USBメモリーでガチンコ


DACは、リファレンスDSD・DACを使用し、44K 16Bit、伝送はマルチTOSで共通化


Piは5mm真鍮プレートの上にマウントされ、バッチリ!



CPU & OSの違いだけに絞ってガチンコ比較!


PCは極めると、CPUとOSのセレクトへ逝きます・・・・

音楽再生が苦手だと言われるWindowsは、Macと絶えず比較され、Macの優秀性が語られてきました

MacはUnixから派生し、単純明快な仕組みが継承され、複雑怪奇なWindowsと比較されます

複雑=仕事が多い、ゆえに音楽再生に集中できずノイズが載り、音楽再生がイマイチ・・・

Linuxは、Unixから派生し内部が全て公開されているため、弄り回せる特典があります

スキルさえあれば、如何様にでもアプリが自作できますw (スキルがあればの噺ですよ)

特にプログラマーもしくは、詳しければ相当オモシロイ玩具になりますw

Piは元々、学生用の教材として販売(5000円以下)されていますw

今年に入って、身近で話題に鳴り始め、音楽再生専用PCとして、Ritmoを倒せと挑戦状が届きました

Ritmo応援団長として、挑戦を受ける決意で周辺整備を行って来ましたw

電源に拘ったのは、Piの挑戦がキッカケなのですw

負ければ戦力外通告される運命のRitmo、どうしても負けるワケにゃ〜逝きません

コスパで比較したら、全く噺になりませんが、せめて音質比較で同等もしくは「ビデオ判定」に持ち込みたいw



絶好調のRitmo   相手に不足はありませんw



ガチンコ・インプレ・・・・


最新モデル B+


オーナーY氏曰く、まずは2軍から逝くそうで・・・・

B+はデコデコ電源Rになるそうですw

LDOとデコデコのR比較と言っても良いと思います

デコデコはLDOに比べ落ちるのか・・・・


音はイマイチ、特に細かい音が苦手で音像密度が下がり大味な鳴り方・・・・


内心「大したコト無いジャン」コレならRitmoの敵にはならんw

オーナーY氏曰く「もう少し善戦できると思った・・・差がある」「マズイわ、モデルBでも心配だ・・・」

巷でもB+はオーディオに向かないとか言われているとか・・・



モデルB


真剣勝負は、コチラだそうで・・・早速試聴すると・・・・


B+よりはイイけど・・・電源Rの違いか?

イマイチだ・・・細かい表現が出来ない・・・・情報が少ない、物足りないわ

時間を掛け、Ritmoの試聴を間に入れて、ガチンコ比較しましたが・・・・



Ritmoの勝ち!   ブッチャケ楽勝w



ヤッパ5000円じゃ無理だべ



ブッチャケ、真剣に相手するほどのレベルじゃありませんでしたw

電源・データは共通ですし、Piにハンデは差ほどありません、逆に電源はRitmoのですから超弩級

PCは電源で決まる! とするならば、PiとRitmoの差は僅かだと思ってましたが

CPUとOSの違いなのか? 分かりませんが、 PiはRitmoの敵ではありませんでしたw

シンプルなLinuxはさほど高音質ではありません、買いかぶり過ぎだった・・・・

オーナーY氏も「完敗、敵わないと分かった・・・・・」



ココで終わりと逝きたい処ですが・・・



この違い「ナンでよ!」   せめてもうチョイ、Piを救済ができないのか・・・



即話題になったのは放射線が足りないべ!」


そうは逝ってもネェ〜〜、放射線上げてもスグ効かないべ、イオン化は時間掛かるし・・・


ふと横を見ると。。。


f:id:arcs2006:20141109122440j:image


FMシートとトリタン3.2を並べたシートが有ったので・・・・


「ダメ元で被せて見んべ」


f:id:arcs2006:20141112171739j:image

音が出始めた途端



    バァ〜〜ン!!!



マジック・ショ〜のように音質が劇的向上!



マジかよ 全員で腹抱えて大笑い!


Piのような基板剥き出しのPCは、もの凄い輻射電磁波ノイズを出しているようです

自ら出した電磁波で音質劣化を起こしていたようです


FMシート被せたら、細かい音が溢れ出し、Ritmoも真っ青w



   Piちゃん恐るべし!



一気に展開が変わり、作り方次第では、リファレンスが喰われそうだw


ちなみに、Piの下には、FMシートとサンドペーパー(180番)を敷いて試聴していました

つまり、基板上側に電磁ノイズが噴水のように撒き散らされていた、ツウことですわ

Piは電源とケースで勝負が決まりそう・・・


オーディオ専用とか逝って、金属削り出しなんて十分考えられるw









CD−DAは電源で音質が変わる!


CDデータには、デジタルの常識が当て嵌まりません

この世に真実のCDデータを聴いた人は誰も居ない可能性大・・・・

当初は、CDドライバーの性能差だと理解していましたが、PR1Mを使っても電源で音がゴロゴロ変わる

電源による音質差は、PC・HDDの場合と全く同じでNFBが最後に引っ掛かる・・・・

NFBによる付帯音がリップデータに載ってくる・・・・・

そして、単純な無帰還Rだけでは電流供給し切れない問題が出てきます


PC絡みの負荷(高速連射)は、途轍もなく重い


音が違う=データが違う、から始まりましたが

データが同じでも電源が変わると音質が変わります、つまりパラメータで表せません

PCの電源換えて、音が変わる噺と共通して、大変化であり非常に厄介です


f:id:arcs2006:20141111233209j:image

f:id:arcs2006:20141111233224j:image


5Vラインは、FMCC+5F電気2重層コンデンサーでアシスト



5V・12Vの電源ですが、ココまでヤルか! という内容


サンプル・リッピングしてみると・・・・


PCやHDDの流れと同じ、データは同じでも音が全く違う


自然で柔らかく、微小出力の情報量がアリエナイほど違う・・・・


f:id:arcs2006:20141113231817j:image


1970年代前半の録音だと思いますが、メチャメチャ音イイです、声がハモルとゾクゾク・・・・

ザ・ピーナッツのADは色々持ってますが、CDリッピングのほうが遥かに高音質

つうか、当時でも正確に録音されていたと実感、録音出来ても再生出来なきゃ意味無いワナ・・・

40年以上経って、今更ですが・・・正確に再生できれば凄い音!

オーディオ・デモで掛けたら、全員その場で釘付けになること間違いナシ!

当時はカラオケ無かったゆえ、録音の緊張感も伝わります・・・・


f:id:arcs2006:20141113231813j:image


オリビアにはブッ魂げた「ナニこの声」高音がハスキーになると美しい倍音バリバリで凄い魅力

素晴らしいボーカル、つうか、40年前の録音ですが、コレほどまでに美しいとは・・・・知らなんだw

ブッチャケ、今まで聴いていた音はゼ〜〜ンブ不正確な再生だったと分かり、愕然・・・

全て聴き直す必要があるかも・・・しれん


ウルサイ・マニアに聴かせたら「ハイレゾは凄い!」と叫ぶかもw

ギロッシュギロッシュ 2014/11/15 20:30 >お経をコピーしたSDカードは、お経本とはかけ離れたモノ(暗号)で、関連性があるとは思えないw

>もっと言えば、お経のCDをAV機器に載せれば音質・画質が向上するのか?

>もっと言えば、お経の種類で性能差がでるのか?

>デジタル化(暗号化)されたモノに果たして、「気」の転写が起きてるのか・・・・疑わしい・・・

それは、お経の種類でも変わりますし、お経を上げてるお坊さんでも変わります。
絵画も同じことで達人より上の人だとそれはもの凄いです。
しかし、元々の才能と身を削るような修行が不可欠なので、
そりゃもう希有な存在でしょう(笑
白須さんや僕がお経を唱えても音が変わるほどの効力はまずでませんし(笑

そういう意味でも人の「気」はほとんどの場合ロクなもんじゃないですが、
それを超越したのが超一流品ということでしょう。
それと、録音された場所でも違ってくるかと・・・多くの信仰を集めた開祖が選んだ
良い土地に建ってて長年手入れされてきた由緒ある寺の本堂なんかはいわゆる
パワースポットでしょう。開祖には本物の霊力があったんでしょね。
お経の内容・意味については、興味のある方は調べてみると面白いかも(笑

まあ、あの麻原だって多少の霊力はあったハズで、そうじゃないとあんなに大勢が
騙されることはないわけで・・・人の「気」には注意した方がよいでしょう(笑

たぶん、お経CDとか真空、ニャ〜、名画の一部、パワーストーンの一部、FMなどは、
邪「気」(笑)を浄化する能力があって、メディアに元から入ってる邪気も随分
浄化していると思われ、元音よりも分離能がよく心地よい音になってるのかと。
と、いうことでシステム全体の「気」の部分を上手いこと整合させると、フルレンジ+
真空管アンプの心地よさそのままで超HiFi再生が可能となって、ボリュームをグッと
絞り込むとフルレンジそのものと区別がつかなくなります(笑

それと、「気」はデータ的にアナログ・デジタルに関係なく効果を発揮するようですが、
コピーした場合、デジタルの方が劣化が少ないようです。
これはデジタルケーブルの構成材料や構造で音が変わることからも納得できるでしょう。
ちなみに、ご紹介したCDならトラポの上や下に置いても音は変わります。

もうひとついうと、絵画でもSDカードにコピーするとそのまま効力を発揮しますが、
カードの面積が小さいため、「気」的な有効面積は小さくなります。
そのかわり、多重にコピーすることで濃縮(笑)が可能となるので、
ピンポイントで使うのに都合が良くケーブルや能動素子に対してたいへん有効です。

SDカードは最近かなり安くなっているので色々応用ができて使い勝手がよいです。
うちではだいたい16Gを使ってますが、アマゾンで\1000みたいですよ(笑

SL2tonSL2ton 2014/11/23 15:59 SA17の感想の続きですが、
・ボリュームを上げても、うるさくない音
・所謂眠たい音ではなく、眠気を誘う音
 余りに、響きが自然なため、こたつに入って聞き流しながらうたた寝するのが気持ち良いです。
・水面に石を落とすと波が広がるように、音の広がりが聞こえます。
 コンサートホールの反響音がこれほど綺麗に聞こえるとは予想していませんでした。

バックロード以外のスピーカーで鳴らすとどうなるか楽しみですが、我が家にはバックローしか無いのが残念です。

追伸
以前、リッピングしたデータをMOに保存すれば音が良くなることをご紹介しましたが、あらたな発見が有りました。

気に入らない、音のデータファイルを一度、ZIPで圧縮し、それをMOに直接解凍すると音が良くなります。
その後、サーバーに移動させても音質を維持しています。

最初の保存先が、MOでなければ、対して音は良くなりませんがMOだと覿面です。

もし、MOが手元にある方には、ぜひとも検証していただきたいです。
WAVE以外にMP3でも改善されます。

白須白須 2014/11/23 22:40 嫁に出した17SAも無事に鳴っているようで安心しました

特徴が無いコトが欠点だった17SAですが
まさか丹精で綺麗な響きを再生することが特徴になるとは思いませんでしたw
手前味噌ですが、改造した17SAに匹敵する市販品はありません
優しく美しい音が出ます、まるで脚色したかのように感じましたが、見事な個性だと言えます
ソースを選びそうに感じますが、個性が欠点に鳴らないので、不満無く楽しめますw
色々作って、分かった気に鳴っていますが、オーディオは不思議の塊です
ナンとナ〜ク分かった気がスルだけで、ブッチャケ、ナンも分かりませんw

>眠気を誘う音

私も同じ体験をしました
フルパワーで試聴テストしていた眠ってしまった・・・・
眠気と音質については、整理できていませんが
ゾクゾク興奮する音と、眠気を誘う音が存在します
慌てて起きて、試聴を続けたました
脳の中で、反応が違って来るのかも・・・・
ちなみに、17SAはゾクゾクする再生も得意です


MOに関する情報、ありがとうございます
残念ながら、検証できませんがレポートとして記録いたします
将来大きな発見もしくは、点と点、そして点が繋がり面となる可能性が大きいと感じます
PCM−DSD変換の様な変化が起きているのか・・・

あと2台あるので、ご希望の方はご連絡ください

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arcs2006/20201111