ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2005-09-18 (Sun)

[][]科学技術振興機構平成17年電子アーカイブ対象誌を選定(2005-09-16)

独立行政法人科学技術振興機構JST)が、科学技術情報発信・流通総合システムJ-STAGE)を使った電子アーカイブ事業で電子化する学術雑誌74誌を選定し、その結果を公表した(2005-09-16)。この事業は、「国内学協会の学術雑誌の国際発信力の更なる強化と重要知的財産の保存等を目的とし、特に重要な学術雑誌について過去の紙媒体論文に遡って創刊号から電子化電子アーカイブ)し、JST運用している科学技術情報発信・流通総合システムJ-STAGE)にて全文公開するもの」とされており、国内の学会組織が発行する約550誌を調査したうえで、英文誌を中心に今回の対象誌を決定したという。選定は、日本学術会議会長黒川清さんを委員長とする外部有識者で構成する電子アーカイブ対象誌選定委員会が行った。今後は電子化対象として選定された74誌と権利関係の調整、電子化する元データとなる雑誌の準備を行い、来週以降にJ-STAGEで本文を公開できるよう電子化作業にとりかかるという。なお、今回の発表にあたって、1)電子アーカイブ対象誌選定委員会の名簿が公開されていないこと、2)電子アーカイブ対象誌選定委員の議事録が公開されていないこと、3)来春以降、J-STAGEで本文が公開される際、閲覧は無料となるのか、有料となるのか、明らかではないこと、といった情報の不備がみられた。いずれも財源の9割を国庫支出金に依存する独立行政法人が行う事業として、今回の選定結果が妥当といえるのかを検討するうえできわめて重要情報である。これらの情報は早期に追加公開されるべきものだろう。JSTの対応を期待したい。

平成17年電子アーカイブ対象誌を選定

http://www.jst.go.jp/pr/info/info210/

科学技術情報発信・流通総合システムJ-STAGE電子アーカイブ事業

http://info.jstage.jst.go.jp/jarchive/

科学技術情報発信・流通総合システムJ-STAGE

http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja

独立行政法人科学技術振興機構JST)の事業予算

http://www.jst.go.jp/pr/intro/yosan.html

独立行政法人科学技術振興機構JST

http://www.jst.go.jp/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 |