ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2006-09-27 (Wed)

[][]2006-09-23(Sat): 講演「図書館図書館員のためのWeb情報発信」@京都市国際交流会館

大学図書館問題研究会京都支部のワンディセミナーで「図書館図書館員のためのWeb情報発信」と題して報告と討論。約3時間のセミナーだったので、討論に多くの時間をとれたのがよかった。また、かねてからお会いしたかった方にもお目にかかれたこともうれしい。

ところで、会場となった京都市国際交流会館には桑原武夫記念室があったので、セミナーの前にのぞいてみた。故人の書斎が再現されていたり、文化勲章賞状が展示されていたりと、こじんまりとしたスペースではあるが、故人の生涯が凝縮されている。故人の年譜を見て初めて知ったのだが、桑原武夫日本東洋史研究の草分けの一人である桑原隲蔵の息子であるという意外な発見があった(無知ですよね、きっと……)。学生時代の指導教員の一人が東洋史研究の泰斗であった身としては恥ずかしいことだが、一つ学んだとしてよしとしよう。

さて、そこで思ったのだが、故人の記念室を一覧できる資料というのはあるのだろうか。記念文庫の一覧であれば、サイト日本国内の大学図書館関係個人文庫」があるが、記念室のデータはまとまっていないような気がする。もっとも文庫と記念室の何が違うのか、というご意見もあるだろうが……。

・大図研京都ワンディセミナー図書館図書館員のためのWeb情報発信」

(於・京都府京都市国際交流会館)

http://www009.upp.so-net.ne.jp/dtkk/event/20060923.htm

京都市国際交流会館

http://www.kcif.or.jp/jp/footer/02.html

桑原武夫記念室

http://www.kcif.or.jp/jp/footer/02_07.html

日本国内の大学図書館関係個人文庫

http://www.fitweb.or.jp/~taka/pcollect.html

CharlesexaloCharlesexalo 2017/07/20 08:00 wh0cd119325 <a href=http://buytoradolonline.us.com/>toradol cost</a>

 |