ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG) - ブログ版 このページをアンテナに追加 RSSフィード

"Ask not what the net can do for you - ask what you can do for the net."

インターネットの学術利用をテーマにした専門サイトACADEMIC RESOURCE GUIDEブログ版です。記事は主に以下の4点です。

1. 新着・新発見リソース - 最新の学術サイトの紹介と批評。
2. 編集日誌 - 編集長・岡本真の日誌。
3. イベントカレンダー - 順不同のイベント情報。
4. 産官学連携クリップ - ウェブ産業の産官学連携に関するニュース、講演情報等。
5. メルマガ版 - 本ブログを再編集したメールマガジンの発行情報。

New!【重要】サイト移転のお知らせ:2011年1月1日より、arg.ne.jpに移行します。過去の記事も移行済みです。本ブログ自体もアーカイブします。



好評販売中!『ブックビジネス2.0』

好評販売中!『これからホームページをつくる研究者のために』

 | 

2006-11-13 (Mon)

[][]著作権保護期間の延長問題を考える国民会議サイトを公開

2006年11月8日に設立を発表した著作権保護期間の延長問題を考える国民会議サイトが公開されている(公開日不明)。同会議は、著作権保護期間の延長問題について、権利者団体や利用者団体の間の議論に留まることなく国民的な議論を尽くすことを求めており、クリエイターアーティスト企業関係者図書館関係者研究者法律家なら64名の発起人によって構成されている。

もし著作権保護期間が70年に延長されれば、インターネットで築き上げられてきた電子テキストの中には、公開の継続が危ぶまれるものも少なくない。電子テキストを公開してきた研究者にとってもけっして他人事ではないはずだ。電子テキストに関わってきた研究者の方々はこの問題をどうとらえるだろうか。

なお、12月11日(月)の午後5時30分から午後8時まで、東京東京ウィメンズプラザ円形ホールでこの問題を扱う第一回目のシンポジウムが開催される。シンポジウムへの参加は無料だが、サイトで事前に申し込む必要がある。


著作権保護期間の延長問題を考える国民会議

http://www.thinkcopyright.org/

・「「議論尽くさない著作権保護期間の延長にNO」・作家弁護士らが団体発足」(IT-PLUS、2006-11-08

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITba002008112006

・「著作権保護期間延長に慎重論議を 別役実氏ら申し入れ」(朝日新聞2006-11-08

http://www.asahi.com/culture/update/1108/018.html

・「クリエイターら、著作権保護期間延長の議論を呼びかける国民会議発足」(INTERNET Watch2006-11-08

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/11/08/13870.html

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/arg/20061113/1163350833
 |